過去ログ
Vol.21 (No.116 〜 No.121まで)




2007/10/29
No.121 オリジナル投稿音声
淫乱熟女 こっそり隠し録り


久しぶりの更新に相応しい、最高級のネタが届きました〜。

「No.109 おばちゃんが「女の声」を出すとき」で、 マッサージ熟女との一戦を隠し録りした古〜い音声を公開しましたが、 なんと、それと同じような「内緒でこっそり録音」をしておられる匿名の方より、 素晴らしい音声を投稿して頂きました!(しかも、最近の音源です。)

まずは、投稿者さまの解説メールより〜

自分は熟女のエロマッサージが好きで、ホテルでマッサージを呼んではよからぬサービスを期待しつつ、 こそこそと録音に勤しんでおりますが、○○のホテルで出合ったマッサージが、 すごい淫乱でクモさん好みのうなり声の持ち主でしたので、拙作ですがお送りすることにしました。


原版は、全部で42分ほどありましたが、投稿者さまの声や無音部分などをカットして、 26分にまとめてみました。それでも26分の大ネタです。
(一部、声が不自然に繋がっているのが、カットした箇所です。)

まず冒頭、この熟女の素のおしゃべりを入れております。 実は、これ、行為が終わった後、エロ談笑している部分なのですが、 原版は、いきなりチンポ尺八演奏から始まっていたので、 ユーザーのみなさんの期待を高める意味で、あえて先頭に持ってきました。

1分30秒から、いよいよ尺八シーンでございます。 ホテルの空調の音で、多少、聴きづらい部分もありますが、 それでも、チンポ肉を咥え吸う、♪しゅるペロチュるチュパっ という、 妖怪ヘビ女のごとき、えげつない尺八サウンドが響いてまいります。

マンコをいじってみると、すでにグッチョリ濡れ濡れ状態・・・。
お客さんのチンポを咥えているだけで、マンコから興奮汁をドロっと垂れ漏らすスケベ熟女。 大量マン汁分泌について、本人は、「休み明けだから、濡れるの・・・」などと、 何度も何度も言い訳しております。 ババァになっても、マンコの濡れ具合、汁の分泌ぶりを見られるのは、やっぱり恥ずかしいのでございましょうか・・・。

次に、いよいよ本番でございます。
もはや説明不要!とにかく聴いて下さ〜い。<(_ _)>
マッサージに来たのか、お客さんにオマンコされるために来たのか、 どっちか分かんないほどの激しい乱れっぷりを披露してくれます。 投稿者さまの説明にありました、「うなり声」を出す部分では、 あまりにも声がデカすぎるせいで、完全にレベル・オーバー!音が歪(ひず)んでおります(笑)。

さっきまで、「休み明けだから・・・」などと恥ずかしがっていたくせに、 「オマンコが〜」「カリ首が〜」などの淫語も平気でペラペラ。 仕舞いにゃ、客に向かって「バックで〜」とハメハメ体位を指図する始末。

もっとえげつないのが、ラスト。
なんと最後は、口内発射してもらって、精液をゴクゴク飲むのでございます! 飲んだ後、「ごちそうさま」と、食後のあいさつを忘れません(笑)。 「結構、(量が)あったね〜」と、ザーメンで腹いっぱいになって大満足のご様子・・・。 さらに、その後も、チュパっと音が聴こえるところをみると、 最後の一滴まで搾り吸い出して飲もうとしているのでしょうか・・・。

しかも、飲んだ後、「私の栄養源」、「高タンパク質なのよ」、「高カロリー」、 「(成分が)タマゴだもん」、「お肌が綺麗になる」などと、独自の精飲理論を展開。
私がよく書く、“ごっくん”をテーマにした小説の何倍もえげつない【 リアル精飲熟女 】でございます。 事実は小説よりエロなり・・・。

それにしても、さんざんオマンコを気持ちよくしてもらって、最後に、 お客さんの大切な「男の精」まで、チュ〜チュ〜ゴクゴク飲んで・・・。 逆に、金を払わないといけないのは、この女の方でございます(笑)。

私の説明の他にも、味わい深い瞬間、言葉などが盛りだくさんの26分です。
秋の夜長に、ゆっくりじっくりお楽しみ下さい。<(_ _)>



今回、極上の音声を送ってして頂いた匿名の投稿者さまに、 心より感謝申し上げます。どうもありがとうございました!<(_ _)>


(26分58秒:12.1MB)

(この音声は、投稿者のオリジナル録音のため、再アップはありません。)





2007/10/13
No.120 夫婦セックス音声  だんだん盛り上がってくる熟妻


ラブホテルでの中年夫婦セックス盗聴音声です。
「ラブホテル+中年夫婦」ときますと、いつも同じような説明になりますが、 初めて訪問された方向けに、今回もしつこく解説します・・・(笑)。

家には、セックスに敏感な年頃の子供がいて、安心してオマンコできません。 そう、嫁さんのあえぎ声がで、「セックスしてる!」というのがバレてしまうのです。 だから、わざわざ金を払ってホテルまでやってきて、心置きなくオマンコするのでございます。

せっかくホテルに来たんだから、嫁さんも、大声を張り上げていいはずなのに、 いつも家庭内で、必死に声を押し殺しながらハメハメしているものですから、 つい、その癖で、あえぎ声を我慢してしまうのでございます。

今回の音声も、前半は、「ムぅ・・・」という、口を閉じたままの、 地味ぃ〜&微かなあえぎ声が延々と続きます。
本当は、この部分をすべてカットしようかと思ったのですが、 (私も含め)世の「夫婦セックス音声マニア」に言わせると、 「この部分が最高に興奮する」「まるで夫婦の寝室を盗み聞きしているようだ」・・・ との声を聞きますので、あえて収録しました。

※ただし、ホントに地味なあえぎ声ですので、初心者の方は、前半は飛ばして、 後半部分のみお聴き下さい。<(_ _)>

その後、だんだんと少しずつですが、嫁さんのあえぎ声の頻度&激しさが増してきまして、 チンポマンコ合体開始の11分40秒以降は、結構、大きな声を漏らし始めます。 まるで、「ここはホテルだから大丈夫なの・・・」と、自分に言い聞かせるように・・・。

旦那も旦那で、普段、家の中のセックスでは聴けないような、 嫁さんの「女の声」を聴きたくて、いつも以上に激しいチンポ出し入れピストンをサービスしているのかも知れません。 嫁さんも、それに応えるがごとく、最後などは、思わずエキサイトして、絶叫に近いような大きな声を出してしまいます。 この時だけは、「母の顔」から「1人の女」に戻り、旦那の情熱的なチンポ肉の出し入れ作業を味わいつつ、 決して子供たちには聴かせられない、恥ずかしい「女の声」を出すのでございます。

前半は駄ネタですが、後半は傑作音声の部類に入るのではないでしょうか・・・。


(16分26秒:3.54MB)

音声ダウンロード (淫声ブログのエントリーに飛びます。)








2007/10/7
No.119  KYONの2乗のあえぎ声(フェイク)


さて、「KYONの2乗」とは、→「KYON KYON」 → 「キョンキョン
→女優・歌手の「小泉今○子」のことでございます。
(わけの分からない、遠回しなタイトルでごめんなさい。)
ただし、タイトルにありますように、「フェイク」、つまりニセモノ・・・ モノホンのKYONの2乗のあえぎ声ではありません。
実はこれ、インチキお宝サイトなどで、「小泉今○子AV出演疑惑」などと称して、 公開されております元のAVからの音声キャプでございます。

元ネタは、「ナイスですね〜」でお馴染みの某M監督が、10年以上前に撮った、 いわゆる「椅子モノ」シリーズの中の1作でございます。 なので、いつものように、チ ョ サ ク ケ ン 的にはまずいかも知れませんし、 みなさんの儚い夢をぶっ壊してしまうような問題ファイルになるかも・・・。

この女、確かにKYONの2乗(若い頃・泣)に、よ〜く似ております。 本人よりも美形だったりします。
それよりも、私が「似てるな〜」と感じたのが、「声」です、「声」。 今回のファイルでは、しゃべりっ放しのM監督の声を徹底的にカットしたので、 肝心な「素のおしゃべり」が、あまり入ってないのが残念ですが・・・。

顔の造りが似ていると、肉体的な構造が似ているということで、やはり声も同じような感じになるのでしょうか・・・。
そして、おしゃべりの声が似ているということは、当然、性交時のあえぎ声も・・・ウッヒッヒ〜。 ただ、KYONの2乗本人が、実際にオマンコしている時の声を聴いたことがないので、 なんとも言えませんけど・・・。

KYONの2乗と言えば、旦那のN瀬と離婚後の去年、 「K○T-T○N」のカメ梨との熱愛スキャンダルが発覚! 年の差20歳、熟女と青年のえげつないチンポマンコ・カップルでございます。 四十路熟女・小泉今○子の使い込んだ淫水焼け黒あわびに、 カメ梨が元気な若マラをぶち込み、メチャクチャに腰を振られるままに、 続けざまに気をやりまくる姿を想像しながら、今回の音声を味わうのも、またよろしいかと・・・。



どうでもいい話ですが・・・
確か1983年だったと思います。今は亡き「月刊・平凡」に、 KYONの2乗の、もんのすげぇ〜ハイレグ水着姿のグラビアが載ったことがありまして、 クモ少年は、半年ほど、センズリ手淫のおかずにさせて頂きました。
ある日、あまりにも海綿体がハッスルしすぎたのか、 スペルマが飛びすぎて、ページに引っかかってしまい、一応、拭き拭き作業をしたのですが、 拭きが甘かったのか、数日後、ページを開くと、見事にくっついており、 大切なズリネタがパ〜でございました・・・。
我が青春の、情けない「精液糊」事件でございます。



(14分53秒:3.25MB)

音声ダウンロード (淫声ブログのエントリーに飛びます。)





2007/9/30
No.118  27歳の女、内緒でこっそり録音


久しぶりにユーザー様から投稿して頂きました!NH「音声好き」様による、出会い系で知り合った 27歳の女とのセックスを内緒でこっそり録音! 本当のセックスが持つ“響き”が伝わってくる、臨場感溢れる素晴らしい音声です。


まずは、音声好きさんの解説を・・・。

彼女はかわいい顔をしてちょっと恥ずかしがりや。 ベッドに入るときもかなり部屋を暗くしないと恥ずかしがってしまいます。 そんな彼女があのようなあえぎ声を出すので、こちらもついつい興奮してしまいます。


「恥ずかしがり屋」というのは、ちょうど1分目あたりからの、この女性の素のおしゃべりで、よ〜く分かります。
この時間、音声好きさんが、チンポにゴムをセットしているのでしょうか・・・。 その間を持たせようと、とりあえず、何かおしゃべりをしてしまうあたりが、 やっぱり「27歳の女」でございます。

「な〜に・・・いやだ・・・恥ずかしい・・・」などと、小娘のごとき甘いセリフをのたまっておりますが、 いよいよ、チンポがめり込んでまいりますと、すぐにハァハァとあえぎ始める始末。 特に、4分過ぎからの凄まじい乱れ様は、ほんのちょっと前まで、 「いやだ&恥ずかしい」とヌカしてた女とは思えないほどの激しい変貌ぶり。 (恐らく、この辺りでイッているものと思われます。) オマンコ二重人格レディーでございます。このギャップに世の音声マニアが萌えるのでございます。

それから、思わずしゃべってしまった感じの「大っきい〜」というセリフ(4分1秒頃)にも 興奮いたします。 誰も聞いちゃいないのに、自らチンポのサイズを報告してしまういやらしさ・・・。
女27歳・・・10年ほど使い込んだ(多分)マンコ肉穴で、 無意識のうちに「陰茎測量」をしてしまうスケベな一面を見せるのでざいます。


今回、素晴らしい音声を投稿して頂いた巨根の(笑)音声好き様に、
心より感謝申し上げます。
<(_ _)>


(6分18秒:5.69MB)

(この音声は、投稿者のオリジナル録音のため、再アップはありません。)




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





2007/9/30
No.117  強烈ポルチオ・アクメ熟女 後編


往年の名作盗聴音声。マンコの奥をチン肉でグリグリされて、悪霊が取り憑いたような不気味な唸り声を出しながら何度も達しまくる 「ポルチオ・アクメ熟女」の後編でございます。(詳細は、前編の解説をお読み下さい。)

前編より、尺は短いですが(それでも15分)、 男の最終チンポピストンに合わせて、これまで以上に強烈なポルチオ絶頂に昇りつめる様子は圧巻!
まるで、オマンコ・エクソシスト・・・恐ろしい音声でございます。


(15分37秒:3.38MB)

音声ダウンロード (淫声ブログのエントリーに飛びます。)





2007/9/23
No.116  強烈ポルチオ・アクメ熟女 前編


20年ほど前の名作盗聴音声です。「名作」と言いましても、決まったタイトルなどはついてないのですが・・・。 その為、私の古い友人ごきに至っては、誤って同じテープを2度購入したそうでございます。 どアホでございます。

さて、「ポルチオ」とは、マンコの奥の子宮口の出っ張り部分のことです。 (私が淫語小説で時々書く「女のはらわた」とは、実は、このポルチオのことなのです。)
この「ポルチオ」、特に性感帯というわけではなく、どちらかというと、人体の中では鈍感なパーツに入るそうですが、 男にチンポを抜き差しされる味を覚えてから数年経ちますと、 だんだん感じるように“発達”して、仕舞いにゃ、チン先でグリグリされただけで、 この熟女のように、不気味な声を上げながら、スーパー大絶頂に達してしまうのでございます。 (そのため、若い女より熟女のほうが、ポルチオの味を知ってる場合が多いようです。)

その気持ちよさと言ったら、一説には、豆をコリコリしごいて達する『豆アクメ』の 数十倍とのこと・・・。この女の、まるで内臓が口から飛び出そうな勢いの、 もの凄い唸り声をお聴きになれば納得できます。

昔、ある女が、何かのインタビューで「ポルチオ性感」について語っているのを見ましたが、 一度この味を覚えると、もう女は最後・・・。前戯も何もされなくても、 いきなりチンポを突っ込まれて、マンコの奥をグリグリされると、30秒もしないうちに、 ワケの分からないまま「イクぅ〜!」となってしまうとか。

今回の音声でも、ベッドがガタゴトと軋んで、明らかにチンポの出し入れをしてると思われる場面なのに、 女が余裕の表情で談笑してる部分もあります。つまり、この時、チン先がポルチオに当たってないのでございます。

ところが、一旦ポルチオにヒットし始めると・・・ほんの十数秒で、 断末魔のような恐ろしい唸り声を放ちながら、強烈なアクメに達してしまうザマでございます。
その後、女の声が、何事も無かったかのように、すぐに平静に戻ってしまうのも、ポルチオ絶頂特有の現象でございます。



男のおしゃべりがうるさい場面など、不要な部分をできるだけカットしましたが、 それでも、トータルで35分ほどになってしまいましたので、前編・後編の2回に分けてお届けいたします。


(20分39秒:4.47MB)

音声ダウンロード (淫声ブログのエントリーに飛びます。)





過去の音声リスト 女がアレしてる声 音声投稿板 淫声メインページ





無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




里中亜矢子,野宮凛子,山咲わかな アナルファックイベント