母のずかしい声

【 音声編 Vol.1 】

MS-011 (1988年9月録音テープ・その3)

中出しされながらイク四十女


音声編のテキストは、水門寺さんからの状況説明+音声から得られる情報を元に、
管理人のクモが告白文スタイル(=水門寺さん主観の設定)で書いております。
※一部、過剰な表現や、推測・フィクションも含まれます。<(_ _)>



熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像
熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





【 中出しされながらイク四十女 】

♪音声 → ms011.mp3 (12分00秒:5.49MB)

※可能な限りヘッドホン or イヤホンでお聴き下さい。



88年9月下旬(前回から約1週間後)の録音になります。
なんと、この月は3回もセックスしたことになります。
(もしかすると私が知らない場所で、もっとやっていたかもしれません…。)

この半年ほど前、「母がセックスしているのでは!?」と疑念を持った時、 使用済みコンドームの数=セックス回数と思い込んでいたのですが、 実際は、生のチンポマンコでハメ合うことも多かったわけで、 結局、ほぼ毎週のようにオマンコしていたことになります。
ほとんど、20代カップル並のハメハメ・ペース・・・
発情しすぎでございます。

男が20代後半だったので、当然かも知れませんが、 男のキンタマ種汁製造 → 貯蔵 → 出荷 ペースに合わせてオマンコする40代半ばの女=母もいやらしすぎます。
その様子をこっそり盗み録りし、それを聞きながら毎日毎日オナニーし続けた私は、 もっとスケベ・・・と言いますか、情けない限りですが・・・。


この頃から、またゴミ箱(アパートの自室のドアの外に置いてあるポリバケツ)を漁って コンドーム探しを再開していました。
母のセックスの秘密が分かったので、もうゴミ漁りをする必要もなくなったのですが…、 新たに2つの目的があったのです。

1つは、その日のセックスが「生(なま)」だったのか、それとも「ゴム付き」だったのかを確認するためです。
もう1つは・・・これは、かなりエゲツない内容ですので、また次の機会にでも書いてみたいと思います。

※このテープから録音の日付に加え、避妊の有無もテープのラベルに書き込むようになりました。
ただし、前にもお話しましたように、途中で飽きて+興味が薄れてきてしまい、 1年後の89年秋頃のテープからは、避妊データはおろか、 日付さえも書かなくなってしましいました。



生ハメだったかどうか、それを知ることによって私の興奮度も違ってきました。 (もちろん、生かゴム付きかが判明するのは録音している時ではなく、後からになります。)
録音したテープを聞きながら「今、母のマンコにゴムをしてない生のチンポが入ってきた!」とか、 「この瞬間、男がドクドクと濃厚な精液を母の体内に注入してるんだ・・・」とか…。
ザーメン中出し=“本当に種付け”されていることを考えると異様に興奮するのです。

それでは、やっている当の母はどうだったか…
生のほうが、ゴム付きセックスより燃えるかと言いますと、決してそうではないのです…。

「昨夜は凄い声を出してたから、きっと生でハメ狂ったはずだ!」と思いきや、 ベトベトに濡れたコンドームが出てきたり(つまり、避妊セックス) 逆に「今夜の母は、あんまり燃えてないな…」と思っていたところ、 実は、生チンポマンコ交尾だったり…それが面白いところです。

もちろん、その逆もあります。
生ハメで中出しされて狂うほどに乱れたり、ゴム付きで燃えなかったり…。
きっと、その日の体調・気分などによって、母の感度、性欲にも差が出るのでしょう。


さて、この夜のセックスですが…、最初にお知らせしておきますと、
ズバリです。
避妊なしのオマンコ、若い男にチンポ樹液を中出しされ放題です。
ところが、母の燃え方が、いまいち低調な様子なのです。
低調とか言いながら、しっかり2回、いや恐らく3回アクメに達してるようですが…。







前回の録音ミスを踏まえて、 この夜から60分以上(片面30分以上)のテープを使用するようになりました。
最初のハァハァが微かにしか聞こえない部分、 または数分間、何も聞こえない部分(恐らくチンポに尺八を吹いていると思われる部分)などは、 大幅にカットしています。


冒頭から卑猥なハァハァ呼吸がしばらく続いた後、 2分46秒ごろ、「うォっ!」という、 おっさんが驚いた時のような野太い声が聞こえますが、これ、男の声ではなく母の声です(笑)。
恐らく、チンポの先っちょがマン肉穴の入り口にちょこっと“お邪魔”した瞬間だと思います。
その直後の「うっウゥ〜」という不気味な喉声は、 硬〜いチン肉棒がマンチョ穴の奥までメリメリと侵入してきた時のものでしょう。
1週間ぶりのチンポ、 若い男の生チンが四十路のバツイチ女の生ベッチョにめり込んで来た瞬間です。

その後、母のねっとりしたハァハァ吐息が聞こえ始めます。
男がゆっくりと腰を動かして、 スロ〜なチンポの抜き差しを行っているものと思われます。
性興奮したマンコ粘膜穴が分泌したクセぇ〜発情粘液が、 男のチン肉竿をベットリと汚しているかも知れません…。

3分50秒、「オっ!」という鋭い声。
チン肉がマンコの中身の感じるポイントにヒットしてしまったようです。
母のハァハァ声も、だんだん激しく&速くなっていきます。
チンポを出し入れされる速度、「オマンコ・スピード」が呼吸だけでバレバレになってしまう、 恥ずかしい四十女でございます。


断続的に若い男のチン肉棒が、マンコ・ポルチオにヒットしてしまい、えげつない喉声を漏らします。
「どうせなら男はもっとチンポをヒットさせて、母を悶絶させてやればいいのに…」と思ってしまいますが、 どうも、母のマンコちゃん内部の感じるポイント・範囲が、結構狭いようでして、 音声を聞く限り“偶然、当たる”場合が多いようです。

ただし、いつも最後(射精する前後)は、男が全力でチンポの杭打ち作業を行うため、 マンコ内臓もろとも突き上げられ、否応なしにポルチオに大ヒットしてしまい、 母もカエルのような変態喉声を連発してしまいます。


交尾汁垂れ漏らし状態のマンコ粘膜穴を、若い男の太っとい(あくまでも推測)生チンチンで 出し入れボーリング工事されているうちに、母もだんだんと昇りつめていきます。
(途中で体位をチェンジしてるような様子も聞こえます。)

7分42秒、「オっ!アっ!」という鋭い喉声を放った直後、 本日1回目のオルガズムを迎えてしまったようです。
達している最中、まともな呼吸=「吸う吐く」ができず、 ただ、カエルの鳴き声のようなマヌケな喉声を発しながら、ひたすら女の喜びを味わいます。
そして、イキ終わった後、息が苦しくなって激しい深呼吸を繰り返す・・・これが母の絶頂パターンです。


通常、母は1回のセックスで1〜2回 (最初に1回、最後に男の射精タイミングに合わせて1回)達してしまうのですが、 なんとこの日は、途中でもう1回イッてしまったようなのです。
やはり、ゴム無し生チンポのパワーでしょうか…。

9分53秒あたり、 マンコ・ポルチオにヒットした時の「うッ!」という唸り声が聞こえます。
その声を聞いた男が「このババァの弱点はココか!よっしゃー!うひひひ・・・」とばかりに、 集中的にチン肉を押し当て&突き上げてしまったようで、 またもや、「あ”ぁぁ〜」「ア”っ!」「おォ・ォ・ォ・・・」という イッてる最中特有のえげつないカエル声を連発します。
恐らく、母の全身からは酸っぱい匂いの「絶頂脂汗」が噴き出し、 女体をのけ反らせて硬直&痙攣を繰り返しているものと思われます。


この後、本当なら先ほどと同じように激しい深呼吸が聞こえるはずなのですが・・・、 何故かシーンとしたままです。
どうやら、プチ失神してしまったようなのです。
マンコの中身の最高ポイントにヒットしすぎ、女の芯・本体を愛されまくって、 あまりの気持ちよさに意識がぶっ飛んで気絶してしまったようです。

この夜以外にも「もしかすると、ちょっと失神したのでは・・・?」と思われるテープが、 いくつかあります。

少しの間、母の無反応状態が続きますが、 10分30秒すぎから、またハァハァ呼吸が始まります。
どうやらこの男、母が絶頂天国に昇りつめて、フワフワ夢心地を味わってる最中にも関わらず、 チンポの抜き差しを再開した模様です。
男のノンストップ・オマンコ作業に母も蘇生して息をぶり返し、またハァハァ呼吸を荒げていきます。
若い男にチンポを出し入れされるがままに女体が素直に反応してしまう、パートのエロ・ババァ…。

男も、そろそろ射精しそうになって我慢できなくなったのでしょうか、 チンポ・ピストンのラストスパートに突入した様子です。
ヤング・チンポの情熱的な出し入れでマンコ・ポルチオをグイグイ刺激され、 またまた変態カエル喉声を漏らし続ける母。

11分05秒、母の「ぉアぁ〜・・・」という声を聞いた男が、 「よし、直接この部分に射精してやる!」と(思ったかどうか分かりませんが・笑)、 母のマンコ内部、女の芯にチン先をセット完了して、 キンタマに1週間貯蔵した濃厚スペルマぴゅっぴゅピュッピュと発射しまくります。

11分10秒あたりから約15秒間続く、 若い男に種付けされながら達しまくる母のバカ声をお楽しみ下さい。
20歳近くも年下の男に、濃い〜妊娠液、DNA種汁マンコ内臓の奥にドクドクドクドクと注入されながら大喜びして一緒に気をやるバカ女。
その一部始終・えげつない声を息子に盗み聞き&録音され、 さらにはズリネタに使われる恥ずかしい母親なのです。








『母の恥ずかしい声』トップ 『淫声』メインページ





無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)