熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像
熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像



「母のずかしい声」スピンオフ企画
【 母と若い男…妄想編 】

某リスナーさん 作

母の恥ずかしい声 アナザーストーリー 5



母の恥ずかしい声日記

6月10日

今日も寿司屋の裏で母のアノ声を録音。
今日も凄そうだ。
時々外まではっきりと聞こえる。
「ああっ! うおっ!」などなど。
家に帰ってからが楽しみ。
今日もオナニーするぞ。

----------------------------------------

6月11日
母が「今日は寿司屋の慰安旅行なのよ。日帰りなので夕方3時頃には帰ってくるね。」だと!
店が忙しくて丸一日の休みが取れないため、温泉に浸かり癒して半日で帰ってくると。
そして夜は寿司屋のパートだとか。
癒されないんじゃない!? むしろ疲れますよ!母さん!
まさか混浴露天風呂とかで、雄也さんとセックスしませんよね?
もう一人のパートさんも居るし、大将も居るからそれはないだろうな。
なのでこの日の夜、僕は店に行かなかった。

----------------------------------------

6月12日
今日はパートさんが休みなので、僕が店の裏に出勤!
今日の母さんはどんな声を出すのだろう。
いつものように換気扇にカセットレコーダーを入れて録音ボタンをオン!
今日はハァハァ声が凄い。
今日は何回オナニーすることになるのかな。

----------------------------------------

6月13日
今日は友達の家に行ってた。
帰り際に念のため寿司屋に寄った。
パートさんの自転車が無かった! パートさんが休んだのかも。
これからエッチが始まる!?
突然のことだったので、今日はカセットレコーダーを持って来ていなかった。残念。

この時間帯は普通だったらエッチは始まるはずなのに、いまだに始まらない。
店の明かりがそのまま。
不思議に思い、店の裏口に行ってみた。
母の声、若大将の声が聞こえる。

再度、店の正面に行く。
突然誰かが出てきたらヤバいので、道路向かいの電柱に隠れた。
ん? 大将が大きな荷物を持って店に来たぞ。
なんだろう?
え!? 5分ほどしたら店の明かりが消えた!
これはもしかして3Pか!?
大将も母さんとやっちゃうのか!?
また店の裏に移動した。
母の喘ぎ声が聞こえた。
「あーん! 素敵よー うおっ! オマンコ突いて!突いて! アハハーン!」
母は大将にもマンコを貸していたのか!
しかも3Pだとは・・・・・

ポケットにティッシュがあったので、僕はチンポを出して、その場でオナニーをした。
人通りが少なくて良かった。
いつもの録音の時のように、ビールケースを踏み台にし、換気口を開いて耳を当てる。
更に良く聞こえる。

30分ほど激しいセックスが続く。
「うおっ! おっ!おっ! あっ! ハァハァハァ・・・」
母がイク前に僕がイッた。大量に出た精液をティッシュで拭いた。
そして声が聞こえなくなったので、遠くに移動し裏口を見た。
大将と若大将、そして母が出てきた。
「お疲れ様ー」と挨拶しているようだ。
僕は急いで帰宅した。
まさか、母が3Pしてるとは思わなかった。今日は本当に驚いたなぁ。

----------------------------------------

約1年半後の日記・・・・・

12月29日
僕は受験勉強の忙しさで、年末も勉強をしていた。だからオナニーどころじゃなくなった。
母のアノ声の録音は飽きもきていたので止めた。
昨年で「母の恥ずかしい声日記」は終了していた。だけど今日は新たな1ページになった。
今日は特別な日になったので、記すことにした。
母は相変わらず寿司屋に勤務し、恐らく今日もセックスをしているはず。
それはいいんだけど・・・・・

勉強の合間、少し息抜きをしようと茶の間のTVを付けた。
年末恒例のロマンポルノがやっていた。
新聞のTV欄を見たら一本目が「五月み●りの悪女かまきり」だ。
これは前にも見たことがある。
五月み●りの喘ぎ声はエロいなぁと再度見ても思った。
ストーリーはなかなか面白いが、抜くほどでもない。
ポルノってよりも、普通の映画って感じがする。エッチがおまけなのだ。
これは五月み●りの悪女ぶりが非常に面白い映画だ。

二本目に期待。
TV欄には「パート妻の咆哮!我が子よ・・・許して・・・・」
なんか良く分からないポルノのようだ。
気になったので、最後まで見ることにした。
TVにはババーン!っと、ピンクの背景に白地でタイトル名がそのまま表示された。だけど画面の下に「自主制作」と書かれている。
自主制作のためなのか、画面にはノイズが多い。
大人にしか分からないようなムード曲が流れる。
途中途中に「アハン!」と喘ぎ声が聞こえるエッチなムード曲だ。

画面が切り替わり、寿司屋の店内・・・・・?
見たことがあるような寿司屋・・・・・
まさか!!!
若大将と母が画面に映った!
若大将は寿司を握り、客に提供。
客からは見えないカウンターの裏では母のお尻も握った!
いやん!って感じの顔をする母。
不思議なことに大将は全く映っていない。
あっ!
もしかして大将が撮影してるのか!?

それから・・・なんと、母のパンティをずり下げお尻が画面いっぱいのドアップ!
恥ずかしいことに尻毛が生えてた。処理しろよと突っこんだ僕。
母がTVに映って興奮はするが、これが全国に流れてるかと思うと非常に恥ずかしいなぁ。

しかし僕はいつの間にかパンツを脱いでいた。
母が動くたびにアソコが見えちゃうのだろう、粗いモザイクがアソコを追いかける。
僕はアソコを擦る。
こんな興奮は初めてだ。

1年半前の6月13日の日記を改めて見た。
大将が荷物を持って店に来たり、変な日だったな。この日の撮影のためだったのだろうか?

画面は突然切り替わり、薄暗くなった。
変なナレーションが聞こえる。
「パート妻の松子は大将に惚れていた。大将も松子に惚れていた・・・・・」
このドスの利いたハスキーな声は大将の声じゃないのか!?
声が少しうわずっていて笑った。

薄暗い画面の中に松子が現れる。僕の母さんだけど。
そして、雄也さんが真剣な顔で現れる。このポルノでは大将の設定になってるけど。
お互いに抱き合い、母さんのオッパイをしゃぶる雄也さん。
僕が最後にしゃぶったのは何年前だろうか。
なんか無性に腹が立ってきたなぁ。
音声だけじゃなく、行為を見たいとは何度も思ったけど、実際に見てしまうと本当に腹が立つ。
しかもTVだぞ! あぁぁ!

画面はまた突然切り替わったぞ!
オッパイはどうなった!?
ヘタクソな編集で笑うわ!
なんでこんなのがTVで放送出来るんだ?

そして今度は、どこかの混浴風呂のシーン!
あ!これは、前に母さんが「慰安旅行に行く」とか言ってたな!
日記に書いてあるじゃん!
この日が撮影だったんだな!

真昼間での混浴風呂。。。。
左から雄也さん、右から母さんが現れた。
浅い湯なので、お互いのアソコにはモザイク処理されている。
中央に寄って、お互いに抱き合う二人。
母さんは淵の岩場に手をついてバックの体制に!
雄也さんは、母さんのお尻に挿入した!
さすがに挿入はしていないだろうと、タカをくくったのが間違い。
モザイク処理が甘く、動くたびにモザイクが追い付いていないので、一瞬だけちゃんと挿入されているのが見えた!

松子・・・もとい!母さんが喘ぐ。
「大将!大将!大将の素敵よーーーん! あはーん アンアン もっと突いてぇ!」
母さん・・・母さんはそんな可愛い喘ぎ声じゃないでしょ。
パンパンパンと母さんのお尻を突く雄也さん。
お湯がパシャパシャと跳ねる。
「松子さん!俺!いきます! ああっ!」
「出してぇ!中に全部出してぇ! あんっ!」
いったようだ。
母さんのアソコがドアップになり、わざとなのか分からないけどモザイクが一瞬だけ外れ、アソコから精液が垂れてるのが見えた!
あぁぁぁぁ! 種違いの弟か妹が出来ちゃう!

また本当の大将のナレーション。
「松子は大将を愛していた。大将も松子を愛していた。」
前のナレーションと、同じような内容だろ! しつこい!
その汚ない声をなんとかしろ!

そして画面は突然切り替わり、また寿司屋の店内が映った。
この適当な編集は大将がやったんだろな。
僕が編集したいわ!

薄暗い店内でいきなり抱き合ってる二人。
既に挿入しているようだ。
「あーん! 素敵よー うおっ! オマンコ突いて!突いて! アハハーン!」
母さんが喘ぐ。

また大将のナレーション。
「松子の息子は全てを知っていた・・・母が大将に惚れていることも・・・」
うん? え!?
画面が今度は綺麗にフェードアウトした。
その瞬間、画面は切り替わり店内の裏口と思われる場所を映す。
そこにはアソコを一生懸命に擦ってる僕の姿があった。
大将、僕にもギャラをくれるんですよね?

[完]





『母と若い男…妄想編』トップ 『母の恥ずかしい声』 『淫声』メインページ