CM-002

21cm君の女貝食べ記 2
女の子のチーズ貝をいじりまくる

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





僕のあだ名の元になった、『21cmちんちん』は、まだまだ登場しない。
女の子たちのチーズ臭いヤング・マンチョをいじりまくった中学時代の話・・・。

スケベぇ女子に、半ば強制的にマンコ貝をいじらされた僕だけど、
それ以来、何故か、女の子の貝を“ヌチョいじり”するのが好きになってしまったよ。
僕の場合、『セックス欲』とは、ちょっと違う気もするんだけど、
どんな女の子でも、股に手を持っていって、柔らかいワレメ肉をヌチョヌチョするだけで、
強烈に乱れまくって、いやらしい顔+声+体の動き+クセぇ〜匂いが漂う、
その、はしたないザマを見るのが面白くてさ・・・。
女の勃起豆、マンコ・ボタンをコリコリと“操作”するだけで、
可愛い女の子が、ヒ〜ヒ〜泣いて喜ぶ姿を鑑賞するのが楽しくて、
無償にマンコをいじりたくなってきたんだ。

とにかく、マンコをいじられると女は大喜びするってのを知ってから、
デートの帰りに、キスだけでなく、必ず手マンコ・サービスしてあげることにしたんだ。
最初は、僕も「こんなHなことしちゃって、いいのかな・・・」と、
ちょっとためらう気持ちもあったんだけど、実は、女の子たち自身が、
僕にマンチョをいじってもらうことを望んでいることが分かったんだよ。
だって、キスしたあと、みんなトロケた目をして、モジモジと、
“何かを期待して待ってる”ようなエロいツラを晒しちゃってるもんな・・・。
それからは、もう、デートの帰りに、赤貝、しじみ、はまぐり、あわび、
女の股に付いている、卑猥なオマンコ魚貝類をいじりまくる日々だよ。

でも、最初にマンコを触らせてくれた女の子みたいに、積極的なスケベ娘は少なくて、
ほとんどの女の子が「そんなの、イヤ・・・」と、一応、抵抗するそぶりを見せるんだ。
ホントは、僕の指で、マンチョをヌチョヌチョされたくてたまんないくせにね(笑)。
僕も、無理矢理ってのは嫌だから、「分かったよ。」とか言いながら、
服の上から胸モミ&乳首くすぐりを繰り返したり、腰を撫でたり、ケツ肉を揉んだり、
太モモをナデナデしたり・・・合意の上での痴漢行為をするわけ。
『発情状態の女体は、全身、これ性感帯』。
それだけで、みんな興奮しまくって、ス〜ハ〜・ス〜ハ〜呼吸を荒くしちゃって、
自ら、僕の唇に吸い付いてきて、ベロを突っ込んできたり、
あと、全身が動く動く(笑)。まるで、ベテラン・ストリッパーみたいに、
腰をクネクネうねり回して、エロ舞踊を踊っちゃう。
面白いよ、可愛い女の子の発情セックス踊り。

普通、セックスでは、女が「イヤ」と拒否して、それを強引に「やる」のが、
一種のプレイというか、ルールというか・・・。
よく考えたら、女の子も本当にイヤだったら、悲鳴を上げるなり、
逃げるなりすればいいんだよね。
なのに、再び乳をまさぐれば、鼻息を荒くし、ケツをモミモミすれば、
腰をクネクネうねらせる始末。
実は、待ってるんだよね、マンコへをヌチョヌチョいじられるのを。

それを5分も続けると、女の子たち、完全に発情興奮状態、“できあがってる”状態さ。
もう、オメコをいじくって欲しくて我慢できなくなって、股を固く閉じて、
太モモをズリズリすり合わせる女の子もいたよ。マンコ貝の肉を閉じ合わせて、ズリズリさせて、
“こっそりオナ”、“隠れマンズリ”してやんの(笑)。
マンコが疼いて疼いてたまらなくなって、僕のバレないように、
太モモこすり合わせ内緒オナニーをやらかすの。とっくにバレてるって。

ここで、普通の男だったら、「どれどれ、そろそろ・・・」と、早速、マンいじりタイムだよね。
女の子も、心の中で「そろそろ、手マンチョしてシテぇ〜」と思っているはず。
でも、僕は一言「もう、帰ろうか・・・。」究極の焦らし作戦さ。
すると、女の子たちは、明らかに物足りなさそうな顔で「えっ?」って言うわけ。
だって、マンコを触られるのをイヤって言ったんだから、帰るしかねぇだろう(笑)。
女の子も、最初に「イヤ」って言ってしまった手前、しぶしぶ「そ、そうね・・・。」と、
返事するしかないわけ。ザマみろってんだ(笑)!

帰ろうとすると、女の歩き方が、明らかにヘンなんだ。
絶対、マンコから興奮発情汁がドロドロ漏れ出て、それがパンティーをベットリ濡らして、
気持ち悪くなってる証拠なんだ。なんか、クセぇ〜マン臭も匂ってくるし・・・。
例えば、脱糞してパンツの中でウンコ漏らしたら、歩きにくいでしょ?
それと同じようなものさ。
そう言えば、帰る途中に、「ちょっといい?」と言うなり、公園の公衆トイレや、
駅のトイレに駆け込む女の子もいたな・・・。
多分、紙で拭いてるの、マンコを。マンコから垂れ流れてるヌルヌル・セックス液を、
紙で拭き拭きして、さらに、パンティーにこってり付着したマンコ汁も拭き拭き作業。
ついでに、しょんべんもジョロジョロ〜(笑)。




で、帰り際に、次のデートの約束をするのを忘れないよ。
ズバリ言うなら、次は「マンコをたっぷりいじってやるから、覚悟してなよ〜」宣言。
女の子も、「次は、マンコ触らせてあげる・・・いじらせてあげる・・・、
いや、いじってもらいたい・・・ヌチョグチョされたい・・・
勃ったお豆をコリコリされたい・・・。」って思ってるもんだから、
「うん!いいよ!」って、快く約束してくれる(笑)。スケベ契約だよ。

さぁ、この女の子たち、家に帰ってからが大変。速攻で強烈マンズリ開始(笑)。
母親に、「ちょっと疲れたから、ご飯、後にする・・・。」とか言って、
自分の部屋に駆け込み、パンティーに手を突っ込んで、ハード手淫に耽るのさ。
なにしろ、ヘビの生殺しのような興奮発情女体のまま、僕と別れたもんだから、
汁がヌルヌル出まくって、豆はコチコチにおっ勃ちまくり、
もうマンコが疼いて疼いて、セルフ手マンコせずにはおれない発情状態なの。
男で言えば、あと2〜3回ちんちんをしごけば、海綿体がドクドク脈打って、
キンタマ汁がピュッピュと飛ぶというのに、手コキを中断されたようなもんだよね。

さっき、トイレでマン汁を拭き取ったと言うのに、マンコの中身に溜まっていたエロ液が、
帰る間に、またドロンチョと垂れ漏れてきちゃって、その粘液を指につけて、
マンコあずきに塗りまぶし、コリコリ・コリコリと激しくしごきまくるのさ。
強烈サネズリ、マンコ豆転がし方式によるマンズリング・スタイル。
いつもは、こっそり手に入れた、チンポマンコ丸出しのハード交尾場面が
モロに描かれている女のマンズリ用エロ本=レディース・コミックを見ながらマンズるんだけど、
今日は、すでに完全発情コンディションが整っているので、そんなもん、見る必要なし。
僕の手でケツ肉をモミモミされたり、太モモをナデナデされた感触を思い出しながら、
または、マンチョをヌチョヌチョいたずら痴漢されていることを妄想しながら、
自分の綺麗なお指で、すでに大人の女みたいにグロテスクに成長した毛生え生牡蠣の、
ヌメヌメ粘膜をいじり&しごきまくるんだよ。今夜は、『ズリネタ要らず』さ(笑)。

30秒も、マンコ真珠をコリコリしごきあげれば、すぐに「イクぅ〜」と豆絶頂に達するエロ少女。
でも、たった1回の豆オルガでは、全然満足できないで、“クリ痺れ”が治まるまで、
休憩をはさんで、何度も何度もサネしごき作業に励むのさ。
中には、サネズリだけではなく、マン穴に指やら、“ヘンテコな器具”を突っ込んで、
ヌチョグチョ出し入れセルフ交尾ピストンをやっちゃう、まるで熟女マンズリスト並の
ハード手淫オナ遊戯をやってる女の子もいるかも知れない。
そして、心配して様子を見に来た母親に、パンティーに手を突っ込んで、真っ赤な顔をしながら、
セックス・マンコ貝をしごいているオナ現場を見つかっちゃったりして・・・。
極太バイブを抜き差ししてる変態性欲処理シーンが親にバレて、説教タイムさ(笑)。




さて、次のデートの日。
女の子、気合入ってんだろうな〜、「今日は、マンコに触らせてあげるわ・・・」って。
なんだかギラギラと濡れ光る、発情熟女のような目をしてるもん。
なんか体も妙に生臭いし・・・。女の脂身の匂いがプーンと香ってくる。
多分、興奮マンコからエロ粘液がドロンチョ分泌しまくりなんだろうね。
デート中、生理でもないのに、何度もトイレに行ったりするもん。
きっと、マンヌル液を拭き拭きしてんだよ。

だんだん暗くなってきたので、人けのない場所に連れ込んで、恒例のキス&乳モミ&ケツ撫でタイム。
10分くらいかけて、ベロをレロレロ絡めながら、ゆっくり女体をまさぐると、
もうハァハァ〜ハァハァ〜、口を吸いながら、例のセックス呼吸を始めちゃって、
僕の顔に生臭い息を吹っかけやがるわ、唾液は流れ込んでくるわで・・・、気持ち悪ぃ〜。

パンティーの中に手を突っ込んで、お待ちかねの、マンコ貝いじり儀式に入ろうとすると、
またもや、このアマ「ダメ・・・」とかヌカしやがる。
でも、「ダメ」とか言いながら、全然抵抗しないの。
反対に、マンコをいじりやすいようにするためか、ガニ股で腰を突き出して、
僕の手に、マン肉やら豆やらを自ら押し付けてくる始末。イッヒッヒ・・・このスケベ娘が。

触ってみると、もう、ヌチョヌチョ。凄いヌチョヌチョ・マンコ沼。オメコ湿地帯・・・。
何度もトイレに行って、紙で分泌マン汁を拭いて『ドライでクールなマンコ』を装っていたのが、
たった10分間、ベロを絡めて、乳をモミモミされて、尻をナデナデされただけど、
NEWマンチョ液を分泌しちゃう、このはしたないザマ。
僕、中学・高校と、何十人もの女の子のエッチ貝をいじりまくったけど、みんなこうだった。
イヤイヤ言ってても、いざ貝をいじり触ってみると、みんな出しまくってるの、マン汁を。
ダメダメ言いながら、ちんちん挿入用のスケベ体液を分泌しまくってるわけ。
もう、ヌチョグチョ・ネバネバ、マンコが“ひきわり納豆”状態なんだよね。
マンチョをいじり終わった後、指の匂いを嗅ぐと、匂いも“納豆級”の臭さ(笑)。

その『ひきわり納豆マンコ』をヌチョグチョ+豆をコリコリしごいてやると、
その女の子、たった30秒で達してやがるの。たった30秒の手マンコで気をやっちゃってるの。
「イヤっ!ヒ〜!」と、表を歩く通行人にバレちゃうほどの大声を叫んだあと、
全身をビクビク痙攣させて、そのあと、腰が抜けたようにグンニャリなっちゃって・・・。
僕の体につかまっていないと、自力では立っていられないような絶頂アクメ女体弛緩ぶり。

せっかく、この前から、何日も僕の手マンズリを待っていてくれたのに、
1発イカせただけでは、なんだか可哀想な気がするので、2発目3発目の豆オルガに
導いてやることにしたんだけど、イッた直後のマンコ豆は、くすぐったいことを知っているので、
とりあえずは、メスの生殖粘膜の他の部分をいじりまくる作戦。
手マンコされてイッたあとの女の子は、何故か、もう全然抵抗しないの。
肉まんじゅうのような盛り上がり大陰唇を激しくモミモミしても、
ビラビラ小陰唇を指でつまんで引っ張っても、マン穴らしき肉のワレメに指を突っ込んでも、
ついでに、クソひり出し用肛門穴の周辺をいじっても、さっぱり抵抗しないばかりか、
僕のスケベ手マンコ痴漢を味わってる様子。いやらしい女の子だよ。

“絶頂豆しびれ”が治まった頃を狙って、再び、マンコのピーナッツ豆を、
コリコリ・コリコリ激しくしごいてやると、またもや、すぐに豆絶頂に達しやがるバカ娘。
しかも、1発目のオルガより女体反応が強烈。
完全なるガニ股で、びくんびくん全身痙攣しちゃって、「うッ!オっ!」っと、
まるで、おっさんのような声を出しちゃうの。首がのけ反ってるもんだから、声帯が変形して、
男みたいな声になっちゃうんだろうね。マヌケすぎるよ。
イッてる最中の、その白〜い首筋に吸い付いてやったら、今度は「あヒ〜ッ!」と、
急にカン高いメスの泣き声を出しやがるの。
女が達する時の、何オクターブにも渡る声域の広い絶頂声を聴くのは、楽しいな〜。
女によって、イキっぷりも、声も、ついでに言うと、指に付いたマン汁の匂いも違うし。

だいたい、僕の経験から言うと、割と“遊んでる風”の女の子のほうが、
『達し方』が地味だったりするから不思議だね。
いつも、ギャーギャーうるさいバカ女が、急にロリ・アニメ声になって「あぁ〜ん・・・」とか、
可愛い声を出すと、僕も凄く興奮するよ。
反対に、普段はおとなしくて、成績もよくて、真面目そうな女ほど、
マンコをいじると乱れる乱れる(笑)。
「オッ!ウわ〜!」と、驚いちゃうくらいの大声を張り上げて、
大暴れしながら豆絶頂するのさ。もう、嫌になっちゃうよ。
きっと、真面目なのは仮の姿・・・。家に帰れば、ズリネタのレディース・コミックを
貪り読みながら、指にマン臭が染み付いちゃうくらいに、
マンコ貝の粘膜をズリズリ・ズリズリ、ハード・マンズリ・しごき作業に励んでるんだろうね。
ホント女って、頭ん中じゃ、一体何考えてんだかワケ分かんないよ、全く・・・。

ただ、どの女にも共通してるのは、キスのあと、マンコをいじると、
みんなヌルヌル汁を漏らしまくっていることかなぁ・・・。
どいつもこいつも、マンコがひきわり納豆状態(笑)。ヌルヌル・ベトベトで糸引いちゃう。
それに、スんゲぇ〜クッセぇ〜し・・・。みんなクセぇ〜んだよ、マンコ。
さっき話した、優等生タイプの子は、特にマン臭がハード。
明らかに、しょんべんした後の“マン拭き”がいい加減っぽくて、
風呂に入っても、マンコをきちんと洗ってない感じ。
勉強ばっかりしないで、ちゃんと洗えよ、汚(お)マンコ。
逆に、遊びまくってるタイプの娘のほうが、マン肉をゴシゴシ洗っているらしくて、
さわやかなチーズ臭だったりする。でも、クセぇ〜のには変わりないなぁ〜。
一度、女の子のチーズ臭いマンコをヌチョヌチョいじって、家に帰ったら、
その日の晩ご飯のおかずが、なんと『鶏のささみのチーズはさみ揚げ』(笑)。
僕、気持ち悪くて食べられなかったもん。

(つづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 21cm君の女貝食べ記 3 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




四十路熟女 母子相姦