CM-010

21cm君の女貝食べ記 10
友達の姉、女体から漂う性臭

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





チンマン・モロ出し画像を見て、性興奮しまくる友達のお姉さんの話の続き・・・。

きっと、自分の熟れた体、使い込んだマンコで、僕のチンポを“デビュー”させる喜びと、
スケベな“セックス癖”をたっぷり教え込んで、自分だけのチンポ男に仕立て上げて、
己のセックス肉欲を満足させてもらおうと、オマンコ心がウキウキするんだろうね。
「女はみんな、こんなに凄いのよ〜」と、さも「これが普通」と言い訳しながら、
使い込みすぎてドス黒く色素沈着して、豆もビラビラもビロ〜ンと成長肥大した
卑猥な黒マンコあわびを、平気で僕に見せつけて、
中には、マンコの各パーツを丁寧に解説するおせっかい熟女や、
「男と女は、みんな、これするの・・・」と、いきなり上に乗っかってきて、
デカいケツ肉を顔面に押し付け、クセぇ〜液出しベッチョ貝を僕の口に命中させながら、
テメぇ〜は、「あなた、顔に似合わず凄いの持ってるわ〜」と、
チンポをパックンチョ尺八。
カリ裏のヌメり汚れは舐め取るし、カウパー汁はチュ〜チュ〜吸い飲むし、
タマキン袋の表面に浮き出た『脂(あぶら)』は、ベロベロ舐め取るし・・・。
「みんな、これするの・・・」って、そんな変態フェラチオ、どスケベ熟女しかしねぇ〜よ!

極めつけは、ファック交尾中に、僕の尻を手でつかんで「こうやって、動かすの・・・」と、
ハメ腰の使い方、チンポ出し入れピストンの方法までレクチャーしやがる。
自分のオマンコが気持ちいいように、マンコ絶頂を迎えやすいように、
チンポ・ピストンの動きやスピードを制御しようとする、とんでもない性欲熟女だよね。

でも僕、オマンコ・タイムにおける、女の情熱的なセックス本性を見るのが大好きなんだよ。
僕のことを、「ウブな初物チンポ君」と思い込んで、えげつないセックス痴態を晒しやがる・・・。
まるで、タイガー・ウッズに説教しながらゴルフを教えたり、
イチローに「素振り1000本!」と、ペナルティ練習させたりするようなもんだよね(笑)。

最後は、エロ熟女の“ハメ腰コントロール”を無視して、
やんちゃ坊主みたいにメチャクチャ激しく腰を振りまくって、
強烈なチンポ・ピストン攻撃をカマしてやるんだ。
すると、ほとんどの女が「うギョっ!わギャっ!うぉッ!凄いッ!」と、
バカ丸出しのあえぎ声をわめき叫びながら、黒マンコ貝から得体の知れない
クッセぇ〜謎の交尾汁を漏らして、最後にゃ、白目をムイいて達しまくるんだけどね。
中には、口からヨダレまで垂らしながら気をやって失神する金持ちバカ・セレブ熟女も・・・。
一番腹黒いのは、僕かも知れないな・・・(笑)。




さて、僕の「するの、初めてです・・・。」というウソ答えを聞いた友達のお姉さん、
「まぁ!そうなの!?」と、もの凄く嬉しそうなニヤニヤ・セックス・スマイル顔。
まるでスケベ中年男が、処女メコを頂く時のようなスケベづら(笑)。

僕が、遠慮がちにムチ豚巨乳をナデナデしてると、彼女、
「もっと、胸・・・、触っていいのよ・・・」だって。
何が『胸』だよ、何が『触って』だよ。「乳(ちち)揉んでぇ〜」って、正直に言やいいのに。
これが僕の必殺・焦らし作戦なんだよ。
初めてのフリして、女がイライラするくらいに、超優しく女体にタッチして、
女のほうから、「もっとしてぇ〜」とリクエストさせる作戦。

どれどれ、お言葉に甘えて、デカ乳をわし掴みにしてモミモミ。
すると、彼女の口から「はぁ〜、アハぁ〜ん・・・」と、生臭いスケベ吐息が漏れ出す。
1〜2分ほど、服の上から乳揉みマッサージをしていると、彼女、直に触って欲しくなったみたいで、
「ねぇ、見てみる?」と言いながら、自分からストリップ開始。
僕が、「見る」って返事もしてないのに、自ら服を脱ぎ出すインリン似の豚お姉さん。
女が自ら裸になる様子は、興奮するよ〜。だって衣服をまとった「人間の女性の姿」から、
素っ裸の「動物の交尾メス」の正体を晒すようなものだし・・・。

出た出たムチムチ女の巨乳・・・。
う〜ん、たしかに乳がデカいんだけど、女体そのものが肥えてるもんだから、
巨乳と言うよりも、「胸囲が大きい」って言ったほうがいいかも。
別に、こちらから頼んでもいないのに、エロ画像を見て興奮して、上半身丸裸になるバカ女。
「ほら、直接触ってみて・・・」と、乳揉みをオネダリするスケベっぷり。
おぉ〜、さすがにデカパイは柔らかいなぁ〜。でも、なんだか「質量」があって重いな、これ。

僕、優しくモミモミ作業をしながら、さりげなく乳首をにチョコチョコっとタッチすると、
彼女、その度に「あっ!」っと、ひときわ高くて短い声を出しちゃう。
ほ〜らほらほら、乳首が勃ってきたぞ〜。おっ勃ってきやがったぞ〜。うっひっひ・・・。
僕、「調子に乗ったセックス初心者」を装って、乳首にチュ〜っと吸いついてやったよ。

どれくらいの“強さ”で乳首を吸い舐め転がせば、女がヒ〜ヒ〜喜ぶが十分知ってるんだけど、
あくまでも、今日は『初心者』で、女体慣れしていないウブな少年の役だから、
いつもの30%〜50%程度の強さでチュ〜チュ〜・レロレロ・ナメッチョ攻撃。
すると女は、もっと刺激して欲しくてたまらなくなって、「もっと、もっと」言い出すってもんさ。
男で言えば、チン慣れしていない女にチンポをしごかせたところ、
“握り圧”も弱く、スピードも、まったりとして遅いスロー手マンコで、
思わず、「おい、もっと強く握って、速くしごいてくれ!」と、言いたくなるようなもの。

彼女も最初は、
「あッ!も〜、君っていやらしい・・・うふふ・・・。いいわよ、好きにして・・。」と、
余裕をカマしていたけど、僕のあまりに優しすぎる乳首吸い舐めに、
だんだんイライラ焦ってきたのか、「ね、もっと強くしてもいいのよ・・・、ねっ。」と、
もっとシテして状態の卑猥なオネダリ娘。
リクエストに応えて、チュ〜っと強烈に吸引して、口の中に吸い込まれた乳首を、
ベロでコロンコロン転がしてやると、「あぉ〜、いい〜、いいわ〜、上手よ〜」などと誉めあえぐ。
当たりめぇ〜さ、いっつも、女のサクランボ乳首を、こうやって吸ってるもん!えっへっへ・・・。
あとで、マンコの豆、マンコ貝の“貝柱”も、これと同じ方法で口マンコしてやるぜ!

それにしても、クセぇ〜。さすがムチムチ女、体がクセぇ〜。
濃厚なメスの発情フェロモン体臭がプ〜ンと漂ってきやがる。
きっと、脇の下は、卑猥な匂い成分を多量に含んだ、生臭いセックス脂汗でビッショリのはず。
性興奮すると、脇の下から、ムッとするような動物臭を放つ、黄色い色のついた、
特殊な脂汗を分泌する変態体質の女がいるけど、このインリン似のお姉さんも、
もしかすると、そうかも知んない。だって、スゲぇ〜クセぇ〜んだもの。

はしたなく勃起したエロ乳首を舐め転がしながら、得意の尻&太ももナデナデの痴漢攻撃さ。
“オマンコ初体験”のはずの、僕の大胆なスケベぇ〜おさわりプレイに、
さすがのお姉さん、一瞬「ハッ!」と驚いた様子だったけど、すぐに「うふふ・・・」と、
意味深なスケベ笑いを浮かべながら、僕の痴漢おさわりを許してくれて、
さらに、その気持ちよさを味わってる様子。
だって、だんだんと腰が浮いてきて、例の「陰茎チンポ欲しがり、クネクネ・オマンコ舞踊」を
踊り出しちゃうんだもん。

でも、彼女が自ら濡れマンコを丸出しにするまで、絶対にマンチョ本体にはタッチしない。
女が、マンコ肉が疼いて疼いて我慢できなくなって、とうとう自らの意思で、
女に生まれて一番恥ずかしい粘膜パーツ、スんゲぇ〜臭くてウニョウニョして気味悪い、
ヌメヌメ液出しベッチョ粘膜を晒してしまうまで、マンコ本体に触れないのが、
僕の女体料理の流儀なんだ。

男によっては、キスの後、すぐにマンチョをいじって、「この女、全然濡れてねぇぞ」とか言いながら、
テメぇ〜のツバでマン粘膜を湿らせるバカ野郎もいるけど、そんなのはセックス男失格さ。
僕の場合、女がマンコを丸出しオープンする時には、パンティーにはベットリ・ヌルヌル、
ケツの穴にまで濃い〜貝汁が漏れ出てるよ。
女が、マンコが、自ら交尾セックス液を漏らし分泌するまで、
忍耐強く、ただひたすら女体をいじりまくるってことが大切なんだよ。
すると、いきなり精液みたいな特濃白濁マン汁をアナルまで垂れ流しちゃってる女もいて、
さすがの僕も、イヤんなっちゃって、ティッシュで拭いてやることも・・・。




両方の勃起乳首を交互に舐め転がした後、口を離して、再び、首筋に吸いついてみると、
この女、やっぱりムチムチ豚女だよ、早くも首に薄っすらと汗を浮かべてやがる。
今度は、手で乳首をつまんだりしながら、片方の手は、相変わらず、
デッカくて肉付きのいいケツを撫で撫でし続けていると、彼女の口から「ハァハァ、ハァハァ」と、
マラソン途中のランナーのような荒くて、生臭い吐息が漏れる。口がクセぇ〜・・・。

きっと、一刻も早くオマンコを触ってもらいたくてたまらない状態になってるはずさ。
でも、女のほうからマンコいじりを要求してくるまで触ってやんない。
だって僕、今日は“オマンコ初心者”ってことになってるしね(笑)。

すると、彼女の口から、お決まりの言葉が・・・。
「もっと、いろんなとこ触ってもいいのよ・・・。」だって。
『いろんなとこ』っつても、もうマンコ以外、全部触ってるよ。残りはマンコだけだよ、マンコ。
こんな“ぶりっ子スケベ女”には、お仕置きが必要さ。
と言っても、おらおら!言って責め立てるんじゃなくて、逆にもっと焦らすのさ。
オマンコを生殺し状態にして、とうとう我慢できなくなって、自分から股を開いて、
気味悪い生殖ワイセツ魚貝類を僕の目の前に捧げ出すまで、もう少しの辛抱さ。

まず、パンツの上から、マン肉を優し〜くナデナ〜デしてみる。
マンコ肉に刺激を与えると言うよりも、くすぐるような軽〜いマンコ・タッチ。
うぉ〜、パンツが湿ってるよ、このインリンお姉さん。
恥ずかしいマンコのヨダレ汁が、まるで、しょんべん漏らしたみたいに、
パンティーの布から染み出しちゃってるの。ムチムチのジューシー女体ならではの、大量マン汁分泌。
こりゃきっと、パンティーの裏地、クッセぇ〜ヌルヌル粘液でベットリ濡れ汚れているはずだぞ。

僕のソフトなマンコ・タッチに耐え切れなくなったのか、彼女、腰を浮かせて、
僕の手・指に、マン肉をグイグイ押し付けて来やがる。でも、その手には乗らないもんね〜。
彼女がマンコを押しつけてきた分、僕が手を引いちゃうもん。
ハァハァ〜あえいでいる彼女の口から、「もう〜」という、ため息混じりの焦れったそうな
セリフを聞き逃さなかったよ、僕。イッヒッヒ〜、マンコが疼いて、イライラしてやんの(笑)。

そんな、手とマンコのスケベな“かけひき”をしばらく続けていると、
とうとう彼女の口から、「ねっ、本物・・・見てみる?」と、いやらしいお言葉が・・・。
『本物』って何だよ!本物って・・・(笑)。
まぁ、最初に2人でチンポマンコ・モロ出しエロ画像を見たわけだから、
その本物、つまり生のマンコを見せるってことだけどね。

スケベぇ〜な笑いを浮かべて、「ね、本物見るの、初めてでしょ?」と、
ねっとりした口調でしゃべりながら、マンコ貝を包む布を自ら脱いで、
太〜い太ももを、少しずつ開いていく、インリンお姉さん。
もう、マンコをヌチョヌチョいじってもらいたくて、たまんないんだろうな。
女の秘宝、女の正体、女の気味悪い粘膜オバケを、僕に平気で丸晒しにしちゃうんだもの・・・。

うわぁ〜出てる出てる、汁がたっぷり出てる。ケツの穴にまで垂れてる。
凄く濃い〜半透明の精液みたいなのが糸引いてやがるぞ。
それに、匂う・・・。僕の鼻、マンコから離れているのに、濃厚なメスの性臭・マン臭が
モワ〜っと匂ってきやがる・・・。こんなの舐めると、食中毒を起こして下痢しちゃうぞ(笑)。

彼女、コーマンを見せつけながら、僕の反応をうかがってるよ。マン見せ変質女だよ。
そして、「ねぇ、どう・・・?初めて見る感想は・・・。」と、
モロ・マンコを見た感想まで言わせるよ、この女。
ここで、「スゲぇ〜クセぇ〜」とか、「キモい!」なんて言っちゃいけない。
こんな時は、必ず「き、綺麗です・・・」と感動したフリをして言うのがマナーだよ。
実際、彼女のおマンチョ、ムチムチ女の体質で、マン毛も薄くて、マン色も色素沈着が少なくて、
結構きれいなマンコかも。豆も小粒だし、ビラビラも小さくて、全体的にキュートなオメコさ。
でも、こんな女に限って、驚くほどマン臭がキツかったり、
激臭トロロ芋マン汁を出したりするから注意が必要だよね。

僕、マンコを見て、興奮してたまらなくなったフリをして、彼女の口にキスをしながら、
マン肉ヌチョヌチョいじり開始さ。
垂れ漏れてる液をマン肉全体にまぶして、まずはマン揉みから。
おぉ〜、さすがムチムチ豚女、このマンチョ貝、柔らかい手触りだよ。
粘膜がフニャフニャしてる。マンコがぷよんぷよん、ムニョムニョ・・・。
「あぅッ、ハぅ・・・」と荒い息を漏らして、もの凄い勢いで僕の口を吸いながら、
ベロを絡めてきやがる。これじゃ、酸欠になっちゃうぜ・・・。口も息もクセぇ〜し・・・。

ぷりぷりマンチョ貝をいじっていると、その上部に、コリコリしこり勃つ“貝柱”を発見。
小粒だけど、硬さはスゲぇ〜や、このマンコ豆。
ここで、いつものように、マンコ豆コリコリしごきをやっちゃうと、
「あんた、初めてじゃないでしょー!」と、僕がオマンコ・ハンターというのがバレちゃうので、
さっきの乳首と同じように、チョコチョコっといじる、焦らし豆戦法さ。

乳首の時は我慢できても、さすがに豆を焦らされては、女は、たまったもんじゃない。
(あと、チン入れ挿入焦らしも。狂ったようにおねだりしてくる。中には、泣き出す女も・・・。)
「ね、お願い・・・その硬いところ、触って・・・」と、マンコ豆のコリコリ手マンコをリクエスト。
あんまり焦らすと、機嫌を損ねてオマンコ・タイム終了の憂き目にも遭いかねないので、
ここは一つ、要求どおりに、コリコリ・コリッチョと、マンコ豆しごき開始さ。

ほ〜ら、どうよ、僕の豆いじり。中学ん時から、女の子のマンコの快楽ピーナッツを
しごき続けて、何十人もの若いメスを豆オルガに導いた、華麗なるフィンガー豆コリコリ。
彼女、「うミョっ、がヒュイッ、んグっ」と、僕の口を吸いながら&ベロをヌチョヌチョ絡めながら、
もう笑っちゃうような変態あえぎ声を出しちゃうの。
あまりにも激しく、口にチュ〜チュ〜吸いついてきて、唇が腫れそうだったから、
今度は再び、乳首を吸い舐めペロチュ〜しながらの、ハード・マンコ豆しごき作業。

どんな澄ました顔した高飛車な女でも、乳首&マンコ豆を同時に刺激してやれば、
2〜3分で達しちゃうってもんさ。
ほ〜ら彼女も、ハァハァあえぐスピードがアップしてきて、豆オルガ・カウントダウン状態。
でも、どうしようかな・・・。ここで、1回イカせちゃうと、今回のチンポマンコ大会の主導権が
僕に移っちゃって、なんだか面白くなくなるかも・・・。
「初めてのフリをして、女を大ハッスルさせて、オマンコの作法を習う」というのが、
今回のテーマだから、やっぱり、豆絶頂中止に決定。

案の定、彼女「え〜っ?どうしてやめるのぉ〜!もうちょっとだったのに・・・」と、
イク寸前のリビドー・マンコ状態で生殺しにされて、明らかに不満なご様子・・・。
なので、「僕も、気持ちよくして欲しい・・・」って意味&フリで、
ジーンズの上から、自らチン揉みする姿を、彼女に見せつけたんだ。
すると、「あっ、ごめんなさい・・・。私ばっかり、気持ちよくなっちゃって・・・。
さぁ、あなたも、ほら、出してぇ〜」と、チンポを出して見せろと迫るインリンお姉さん。
僕がモジモジするフリをしてると、
「ほ〜ら、恥ずかしがらないで。私も見せたんだから、あなたも・・・、ほら。
大丈夫よ・・・。“する時”は・・・、男も女も裸になるの・・・。」
『する時』って、すんのかよ!?オマンコ(笑)。

そんなに見てぇ〜んなら、見せてやるよ、僕のスーパー巨根チンポ、スペシャル陰茎マラ。
ほ〜ら、ビヨ〜ン!!

(つづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 21cm君の女貝食べ記 11 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




工藤朱里 無修正動画 上原光子 無修正動画 五十路