CM-011

21cm君の女貝食べ記 11
友達のお姉さんの強烈なマン臭

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





インリン似の友達のお姉さん(ムチムチ女体)とのマラベッチョ遊戯の続き・・・。

女がちんちんを見たくて見たくて仕方ないタイミングを見計らって、
マラチンポを披露するのがコツさ。
もはや世捨て人級のよほどのハード・ヤリマンや、プロの女、
もしくは、チンメコ結合作業を10回ほど行った男女の仲でない限り、
いくらセックス大好き好色女と言えども、いきなりのチン出しはご法度(はっと)。
そんなことしたら、せっかく発情オマンコ・モードに突入して、
股が開いて、交尾よだれを垂らし始めたセックス赤貝も、貝のフタをピタっと閉じちゃう。

女にとって、チンポマンコLOVEは、あくまでも『愛し合う』という行為なもんだから、
最初のうちは、(って最初だけなんだけどね。)ロマンチックに迫れば、
最後にゃ、あ〜ら不思議、男でさえ顔をしかめたくなるような、
えげつない変態チンポマンコ行為を、女のほうから求め出し、
自らも何食わぬ顔で、それらのチンマン・ポルノ・プレイを平気でやらかすのさ。
まぁ、愛し合うとかなんとか言っても、結局、やることは、同じなんだけどね・・・。
クセぇ〜液出しマラベッチョを舐めしゃぶり合ったり、
汁まみれになって、ヨイショ、ヨイショと腰振って、それをニチャネチャ結合させて、
イクイク言いながら喜ぶスケベポルノ行為なんだけどさ・・・。

彼女の表情をうかがいつつ、チンポ初デビューを装って、
恥ずかしそうに僕の21cmチンポマラを取り出して見せつける。
すると彼女、あまりのデカさに、思わず「あっ!」と、悲鳴のような声を出す。
僕が女みたいな顔をしてるから、女性ホルモンの多い体質で、
当然チンポもミニ・サイズを想定してたところ、今まで味わったことがないような
長くて太いチンポ陰茎の突然のお出ましに驚いてしまった様子・・・。

でも、今日は、あくまでもチンポマンコ遊戯初体験の設定の僕に、
彼女がオマンコの作法を教えるという『偉い』立場なので、
心の動揺を悟られたくないと思ったのか、「ちんちん、結構、大きいね・・・」だなんて、
上ずった声でヌカしやがる。
何が「結構」だい!こんなデカちん、初めて見るくせに(笑)。
彼女こそ、巨根チンポ初体験さ。後で、これを、あんたのクセぇ〜おマンチョにぶち込んで、
強烈な出し入れピストンをカマして、ヒ〜ヒ〜言わせてやるぜ!

と思っているうちに、彼女が手でチンポを握ってきやがったよ。
見た目だけでなく、実際に握って、チン肉の太さを実感して興奮したのか、
ゴクリと生ツバを飲み込む音が聴こえてきたよ。
ド発情して、早くもチンポに尺八吹きたくなって、口の中にツバが溜まるのさ。
『手コキ物』のAVなんか見てると、仕事だというのに、ホントは、手マンコではなく、
口マンコ=フェラッチョしたくてたならなってきて、
生ツバをゴクゴク飲み込んでる、はしたない女優がいるよね(笑)。
彼女も、今握っているチンポ肉を口に含んで舐めしゃぶりたくて、
ウズウズしてるんだろうな・・・。

まずは、チン皮をズリズリ・ズリズリと上下にスライド移動させるセンズリング手淫開始。
おぉ〜、年上の女のチンポしごきはひと味違うぜ。
同級生、または年下の女の子の場合だと、
まずチンポに対する恐怖感みたいなものがあったりして、
弱々しくおずおずとチン握りして、全然気持ちよくなかったり、
反対に強くしごきまくりすぎて、チン痛を伴うこともしばしば・・・。
でも、さすがチンポ慣れした彼女、チン握り圧も、皮のスライド移動速度も完璧。
自分でセンズるより、遥かに気持ちいいよ。
まさに、手がオマンコになった感じ=手マンコさ。

僕、わざと「あぁ〜、お姉さん、気持ちいいよ〜」とを出してみたんだ。
『男のあえぎ声』を聴かせて、彼女をもっと興奮エキサイトさせて、
もっとえげつないチンメコ・プレイを引き出す作戦。
どんなに澄ました顔した女でも、男が感じてる声を聴くと、
もっともっとチンポ気持ちよくさせて、キンタマの中のDNAタネ汁を
ピュッピュさせようと企む、メスの生殖本能が疼いちゃって、
とんでもない不潔でお下劣な変態プレイでも平気でやっちゃうもんさ。
ベテランAV男優が、病的なまでにうるさく『男のあえぎ声』を出すのは、
女優のオマンコ気分を高めてハッスルさせて、交尾メスの本性を引き出すための
テクニックなんだよね。
見てる方は、うるさくてうるさくて、たまったもんじゃないけどさ(笑)。

僕のあえぎ声を聴いた彼女、とうとうチン握り&しごきだけでは、
我慢できなくなったみたい。
自分の“粘膜”で、男の生殖肉を味わいたくなってきたみたい。
つまり、口でチンポを食べ味わう=口マンコ=フェラチオさ、フェラチオ。
「ねっ、こんなの知ってる?」と言うなり、チンポに顔を近づけて、
亀頭をパックンチョと丸呑みしてきやがったよ。
とっくに知ってるよ、“こんなの”(笑)。
チン肉が女のヌメヌメした口内粘膜に包まれて、生温かくて気持ちいいよ〜。

「すっ、凄いです・・・気持ちいいです・・・。」と、一応、僕が感想を述べると、
ますますチンポの出し入れが激しくなり、ベロのレロレロ作業もせわしくなってくる。
普段の生活でも、「ちょっと痩せたね。」とか、「その髪型、似合うよ。」とか
誉めまくると、女は調子に乗るもんだけど、それはオマンコ作業中でも同じ。
誉めおだてると、清純そうなツラした素人娘でも、まるで高級コールガールのような
凄いテクニック、というか、女の中に眠ってる交尾メスが正体が姿を表してしまうのさ。




うぅ〜、それにしても凄い尺八フェラッチョ・・・。
メスという名の粘膜スケベ生物が、僕のチンポの精を吸い取ろうと、
ヌメヌメ絡んでくるみたいだ。
油断してると、あっという間に、キンタマ汁を吸い出されちまう・・・。

と、その時、彼女が、またもや卑猥なお誘いを・・・。
「ねっ、私のも、ちょっと舐めてみない?うふふっ・・・。」
ヤだよ(笑)、マン舐め。だって、さっき手マンチョした時、凄く臭そうだったし、
実際、顔を近づけてもいないのに、超クッセぇ〜マン臭が、
モワ〜っと漂ってきたしね。
でも、とても「臭いから、イヤです。」なんて言えないよ(笑)。
そんなこと言った日にゃ、「私に恥をかかせる気!?」などとヒステリーを起こして、
仕舞いには、後で「レイプされそうになった。」なんて、騒ぎだす女もいるしね。
だから僕、仕方なく、「は、はい・・・」って答えてやったんだ。

その返事を聞いた彼女、ニヤニヤと好色な“オマンコ・スマイル”を顔に浮かべて、
僕をあお向けに寝かせると、顔をまたいで、テメぇ〜のセックス魚貝類を、
目の前に押し付けてきやがったよ。参ったなぁ〜・・・。

うわッ!クっ、クセぇ〜!マンコが超クセぇ〜!予想以上にクセぇ〜!
チーズ臭としょべん臭に生魚の匂いをミックスしたような、強烈なメスのセックスの匂い!
一応、覚悟はしてたけど、これほどまでとは・・・。こりゃ、たまらん・・・(笑)。
だいたいさ、おマンチョはゴシゴシ石鹸をつけて洗っていても、
いざチンポマンコ遊戯を始めると、体内から、ドロドロと濃厚で生臭いスケベ汁を垂れ漏らして、
それが、手マンコなんかして、泡立つほどに激しくシェークされて、
スンゲぇ〜強烈な臭気を放ってしまうもんだよね。
洗ったマンコでもそうなのに、彼女の場合、こりゃ、もしかすると、
昨晩、風呂に入ってねぇんじゃないかってくらのハードな激マン臭なの。

「こんな不潔な生ベッチョ舐めたら、お腹壊すかも・・・」と、
僕が舐めるのをためらっていると、彼女、
「さぁ、勇気を出して舐めて・・・女の味を確かめてみて・・・。」と、
口マンコを要求しながら、再びチンパク&尺八オーラル開始。
こんな不潔な濡れ腐りあわび貝舐めるの、ホント“勇気”がいるよ、勇気が(笑)。
だいたい、“マンコ味”なんか、とっくに知ってるよーだ!
ちょっぴり苦味のあるチーズっぽい塩味だもんね〜(笑)。

女に顔をまたがれて、マンコ貝を口元に押し付けられたら、もう観念するしかないよ。
だって、マン舐めリクエスト逆レイプされてるようなもんだしね。
もう明日のことなんか知らない・・・下痢したら、学校ば休めばばいいだけさ。
実際は、どんなクッセぇ〜不潔なマンチョを舐めても、下痢したことなんかないけど、
舌に、マン汁特有の、なんとも言えない後味(あとあじ)が残っっちゃて、
1〜2日、ご飯がが不味いっていう“マン舐め後遺症”が残ったことはあるけどね(笑)。

僕、勇気を振り絞って、マンコに口をつけてみたよ。
肉まんじゅうの扉を指で開いて、ヌメヌメと濡れ光るマンコの中身も舐め舐めサービス。
その瞬間、チンポを丸呑みしてる彼女の口から、「んグぅ〜・・・」と、唸り声が聴こえてきて、
チンポを吸い舐める口の作業が中断してしまったよ。
マン粘膜を舐め舐め愛されるのが、よほど、気持ちよくて嬉しかったみたい。

僕、時々思うんだけど、フェラチオって、男を気持ちよくするためにしてるんじゃなくて、
女自身が、ちんちん肉を口に含みたくて、チンポマラ肉棒を舐めしゃぶりたくて
自らの意思でやってるんだよね、多分・・・。
だって、セックス汁だけでなく、しょんべんも出す、一石二鳥な汚ぇ〜男の生殖器官を、
平気で口でペロペロ舐め愛すなんて、相手を喜ばせようとするサービス精神だけじゃ、
決してできやしないだろう。
だから、どんな女でも・・・ブスでも美人でも、少女でも熟女でも、
みんなパックンチョと口に咥えて、ベロんベロん舌を使いやがるのさ。
みんな、チンポを咥えたくて咥えたくて、もうたまんねぇんだよ(笑)。

それに比べて、男がするマン舐め=クンニリングスは、
完全にサービスボランティア精神でやってるようなもの。少なくとも、僕の場合は、そうさ。
こんなにもクッセぇ〜&不潔なマンコの生肉を舐めてみたいなんて、絶対に思わないよ。
まぁ、超ド級の美女や美少女を見ると、さすがの僕も「是非、この女のマンコをモロに見て、
レロレロ舐めて貝の味を確かめてみたい・・・」と、思ったりすることもあるけどね(笑)。
実際は、ブスも美人も、マンコの味は一緒なんだけどさ・・・。
いや、美女のほうが、意外にもマン臭が強烈だったりもして、腹が立つこともあるけど・・・(笑)。

それに、粘膜がやたらとゴチャゴチャ複雑に絡み合うマンコ器官の場合、ベロで刺激するより、
手や指で、ヌチョヌチョ、コリコリといじりしごいた方が、
感じるポイントへの『命中度』が高いような気もするんだ。
でも、舐め舐めマンコ・オーラルされると、手マンコよりも、女の感激度が違うのも事実。
どいつもこいつも、マンコに口をつけた瞬間、もの凄いよがり泣き声を出しやがる。
最近オマンコした、45歳の脂身セレブ熟女なんか、使い込んだブラック・オメコに
“ボランティア舐め”してやったら、涙を流してヒ〜ヒ〜喜んでたもん。
オマンコ終了時には、「おこづかいをあげる・・・」なんて言い出すし・・・(笑)。




ちょっと話がそれたけど、とりあえず、こんな時は、鼻で匂いを嗅がないように、
例の、口で呼吸をしながらのマン舐め作戦さ。
でも時々、マン肉で口がムギュっと塞がれてしまって息苦しくなり、
思わず鼻呼吸しちゃって、強烈なマン臭をモロ嗅ぎするアクシデントも・・・(笑)。
あまりに激しいマンチョ・アロマを嗅ぎすぎたせいか、
最後にゃ、嗅覚がマヒして、鼻がバカになったみたいで、平気で鼻呼吸してたけどね。

それから、精液みたいに白濁したコロイド状の生臭いマンコ糊(のり)が、
マン穴から、ドロンチョと滲み漏れ出てくるので、そのマンコ有毒エキスが口に入らないように、
細心の注意を払っていたんだけど、仕舞いにゃ、口の中に入ってきちゃって、
不覚にも飲んじゃったよ(笑)。
ちょっぴり苦くて塩っぱい、女体ネクター・ジュースさ。

こうなりゃ、ヤケクソ。めちゃくちゃベロを使って、マン舐めクンニ奉仕をしてやるしかないな。
インリン似のムチムチ豚女と思ってるから、マン臭が気になるんだよね。
彼女、よく見ると、女優の山口智子にもちょっぴり似てるような気も・・・。
だから、「今、俺が舐めてるクッセぇ〜濡れ腐りマンコは、インリンのモノではなく、
あの山口智子のモノなんだ・・・」と思い込めば、このえげつない匂いも、
妙(たえ)なる高貴な香りに思えたりもするから、想像力って大切だよ(笑)。
でも、そのせいで、最近テレビのCMに出てる山口智子の顔を見るたびに、
オメコが凄く生臭そうに思えてきちゃうという副作用に悩まされる日々・・・。
いくら山口智子のマンチョだと思っても・・・、やっぱりクセぇ〜や。
それに、あの女、ババァだし、人妻だし、スゲぇ〜チンポが好きそうなスケベづらだし・・・。
ハードに使い込んだブラック・オメコに違いないよ、きっと。

ニチャニチャ・チュポチュポと、チンポとマンコを舐めしゃぶりあう、
卑猥な粘膜サウンドが部屋中に響き渡る。
ここで、もし友人が帰ってきたら、大騒動になるぜ、きっと。
だって、自分の部屋で、姉と友人が、69の形で体を絡ませて、
風呂にも入っていない不潔なマラ&ベッチョを舐め舐めしてるんだからね。
って言うか、こいつらの両親、今、家にいるのかいないのかも分からないし・・・。
スリル満点のチンメコ食べ大会に、彼女も異常に興奮してる模様。
チン肉を頬張った口から、んグんグ、あえぎ声を漏らしながら、
マンチョの裂け目からは、半透明のネバネバ液が、絶え間なく分泌どろんちょ状態。

ウニョグニョと柔らかいマン粘膜を、無理して舐め舐めクンニ奉仕してると、
その中に、ひときわ硬くコリコリとしこり勃つ“貝柱”を発見!マンコ豆さ。
これを、ベロの先っちょで押し付けるように刺激したり、コロコロ転がしたり、
または、チュ〜っと真空吸引しながら、口の中にツルっと吸い込まれた豆の実を、
ペロペロ食べてやると、ほ〜ら、インリン似のお姉さん、
僕の上で、そのムチムチ女体をクネクネと動かし、チンパクしている口からは、
「うグっ!んグぅ〜」と、苦しそうな声を漏らし、完全に尺八演奏停止・・・。
女が、咥えているチンポへの舐めLOVE奉仕を中断するのは、本気で感じてる証拠。
でも中には、感じすぎて、思わずチンポ肉に歯を立てやがるバカ女もいるから、注意が必要さ。

チンポの吸い舐め作業が可能な程度に、こちらも、ソフトな豆舐め刺激を心掛けると、
相変わらず「んん〜、うぐぅ〜・・・」とうめきながらも、尺八演奏プレイ再開。
さっきよりも、彼女の舌の使い方がペロペロ・レロエロと激しくなって、ちんちんが気持ちいい〜。
シックスナインでの適度な豆舐め刺激は、女のフェラッチョ欲をそそるみたいだ。
って言うか、ただマンコ豆が気持ちよくて、無我夢中で口に含んだチン肉を、
あえぎを堪えながらモグモグやってる気もするけどね。




マンコ豆を5分も舐め転がせば、どんな女でも、豆アクメに達してしまうものさ。
上に乗ったムチムチ女体が、時々、ビクッと痙攣しはじめたので、
彼女も、もうすぐ達するみたい。豆で気をやるみたいさ。
なので、ソフトな豆舐めクンニから、最初にやったような、チューっっと吸引して、
口の中で伸びきった豆の本体を、これでもかというくらいに、レロレロ・チュパチュパと
吸い舐め転がしてやったんだ。
すると彼女、クネクネうねっていた脂身女体を、ピ〜ンと硬直させて、
チンポを咥えたまま、「うぃグっ!いぬ!(イクイク)」と絶頂イクイク宣言。
普通の女だったら、イク瞬間、あまりにも気持ちよすぎて、思わずチンポを口から抜いて、
(マラソン中のように、呼吸が荒くなって、チンポを咥えたままじゃ息苦しいので)
「イクイク!」って言うのに、彼女の場合、チン肉を頬張ったままのイクイク報告。
偉いというか、健気(けなげ)というか・・・。単に、食べているちんちん肉のご馳走を
口から出したくないっていう、貪欲なエロ根性かも知れないけど・・・。

ところが、ここで、とんでもないハプニングが発生!
マンコ豆オルガに達する瞬間、全身がビクンビクン痙攣して、
ケツ&マンコが僕の顔の上で大移動。
なんと、彼女のケツの穴が、僕の鼻にビタっと密着してしまって、
不覚にも肛門アロマをモロ嗅ぎしちゃったよー!
ウォっ!くっ、クッセぇ〜!ムチムチ女のケツの穴、クセぇ〜!
インリン似のお姉さんの肛門アヌス、くそクセぇ〜!マンコも臭けりゃ、クソ穴もクセぇ〜!
まぁ、口に命中しなかっただけでも、不幸中の幸いと言えるかもしれないけど・・・。

やっぱり女は、シックスナインする前に、シャワーを浴びて、
マンチョ&クソ穴に石鹸を塗りたくって、ゴシゴシ洗うべきだよね。
超美人&超美少女だったら、逆に、1週間くらい風呂に入らせないで、
そのえげつないハードマン臭&濃厚なメスの体臭を嗅ぎながら、
ケモノのようなチンポマンコ交尾をカマしたいと思うこともあるけど・・・。
でも、どんな美女でも、そんなことしたら、やっぱスんゲぇ〜クセぇんだろうな・・・。

(つづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 21cm君の女貝食べ記 12 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




里中亜矢子 村上美咲 無修正動画 松木さやか 無修正動画