CM-017

21cm君の女貝食べ記 17
相武紗K 似の女のコ・後編

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





マン舐めと言っても、正確には「クリ豆舐め」だな・・・。
だって、発情交尾ヌル汁がドロンチョと垂れ流れてるマン穴の周辺なんて、
気持ち悪くって&臭すぎて、とても舐められやしないよ・・・。
マンコ豆を舐めるのでさえ、マン臭を嗅がないように息を止めてるくらいだからね(笑)。

豆をベロでコリコリしてやると、「ハァ〜、いい〜」と、エロ熟女みたいなセリフを吐きながら、
腰をクネクネとうねらせて、“スケベ舞踊”を舞い始めやがった。
清純そうな顔してるくせに、マン舐めされるのが好きみたいさ、この娘。
きっと田舎の彼氏に、毎日のように洗ってない未洗浄のクセぇ〜マンコをしゃぶられて、
「ハァハァ、イクイク」言ってたんだろうな・・・。
で、上京して、たった1か月ちょっとで、マンコが疼いて疼いて我慢できず、
結局、僕に舐められて、ヒィ〜ヒィ〜よがりまくってるわけ。

次は、チュ〜っと吸ってみる。すると、カチコチにおっ勃った肉豆が、
僕の口の中に、ツルっと吸いこまれてきたので、それをベロでコロンコロン転がしてあげたんだ。
おぉ〜、スゲぇ〜豆反応!首&背中をのけ反らせ、足はツッパって痙攣してやがる。
腰も、動く動く。激しくウネり踊る“マンコ・ダンス”のせいで、
せっかく口内で転がしていたセックス豆が、口から外れちゃう・・・。
マンコの移動に合わせて、僕も顔と口を移動させて豆を追いかけるマヌケぶり(笑)。

あんまり激しく動くと、マンコ豆に歯が当たって、“クンニ事故”を起こすといけないので、
彼女の骨盤をつかんで、腰の位置=マンコの位置を固定してから、セックス豆食べ再開。
ものの2〜3分、豆を吸い転がしてやると、「ダメっ!イクっ!イッちゃう〜!!」と、
全身を硬直痙攣させながら、豆絶頂アクメに達しやがった模様。

それにしても、男に、しっかりと「イクぅ〜」と、アクメ宣言、絶頂報告するあたり、
地元では、相当のハード・ヤリマンだった可能性も・・・。
いるんだよね、セックスの「セ」の字も知らないような、真面目そうなツラしてるくせに、
すでに、ケツの穴まで体験済みだったり、体験チンポ本数が100本を超えていたり・・・。
でも、あんまりメラニン色素が沈着していないマン肉のピンク具合から見ると、
せいぜい体験チンポ本数、2〜3本ってところかな・・・。
もしかすると、付き合った男に「イクときは、ちゃんと教えろよ!」と教育されて、
気をやる時は、必ず「イクぅ〜!イクぅ〜!イクぅ〜!」と叫びまくってたのかもね。

こんな風に、女と初めてハメッチョする時に、その女の「オマンコ癖」を知るのも、
楽しかったり、ビックリしたり、ガッカりしたり・・・(笑)。
今までで、一番ビックリしたのは、それまで、「あぁ〜、ダメ、イキそう・・・」などと、
割と普通にあえぎ声を出してた女が、達する瞬間に、突然「は〜い、マンコイキまーす!」とか、
「今、イッってまーす!」みたいに、妙なナレーションっぽい絶頂報告を聞いたときかな・・・。
「マンコ、イッてま〜す!」って、エレベーター・ガールみたいな口調で、
白目ムキながら、しょんべんをジョロジョロ漏らしてやんの(笑)。
あれにゃ、タマゲタなぁ・・・。チンポが、一瞬、縮んだもん(笑)。
ホントに頭がイッてたみたい、その女。仲間Y紀恵によく似た、色白の美人だったんだけどね・・・。




豆オルガでボ〜としてる彼女の顔に、僕の21cm砲を、さり気なく近づけてみたんだ。
「チンポ見て、彼女どうするかな?」って、チンポ接近の実験さ。
すると、すぐにチン肉をつかんで、手馴れた手つきでズリズリとしごき始めちゃったよ。
しかも、「すっごぉ〜い、大きい・・・」とか呟きながら・・・。
比べてんだよ、陰茎サイズを。田舎の残してきた彼氏と、チンポのデカさを比べて、
思わず、「大きい」とか言ってしまう、恥ずかしい娘さ。
可愛い顔しちゃってるくせに、脳内では、“チンポ・サイズ比べ大会”を開催しちゃうスケベっぷり。

で、「その後、とうずるかなぁ〜?」って思って、それ以上、チンポを近づけなかったんだ。
すると、彼女のほうから、顔を、口を、チン肉に接近させてチンパクだよ、チンパク(笑)。
のろまなカメにイライラして、己の栄養摂取器官=口唇を、自ら移動させて、
カメ肉をペロリンチョしちゃういやらしさ・・・。
この娘、ちゃんとマナーを知ってるよ、チンポマンコ遊びの。
そう、「マンコを舐められたら、チンポを舐め返す。」という、チンポマンコ・マナーを。
きっと、田舎の彼氏のチンポ肉を、ほぼ毎日のようにしゃぶりまくってたんだろうな・・・。
生理でオマンコできない時なんか、「口で抜いてあ・げ・る・・・」とか、
スケベぇ〜なツラで囁いて、ズボンのチャックを降ろして、チン肉をつかんで取り出し、
洗ってない生チンポを平気でパックンチョ尺八・・・。
最後にゃ、彼氏に口内ドピュドピュ射精されて、それを微笑みながらゴクゴク精飲ドリンク・・・。
ホント、女は見かけじゃ分かんないよね。
真面目そうな娘ほど、チンポ好きで、性欲旺盛だったりするからね・・・。

うぅ〜、彼女のチン舐め、スゲぇ〜上手・・・。
テクニック的に、特に優秀ってわけじゃないんだけど、なんと言うか、舌使いが丁寧なの。
そう言えば、本物の相武S季が出てた、グ○コのアイス「ジャ○アント・コーン」のCMで、
彼女が、コーンをクルクル・クルクルと指で巧みに回転させながら、
舌をベロベロ使ってる、放送禁止寸前の超卑猥な映像があったけど、
まさに、アレのチンポ・バージョンって感じ。
相武S季似の、ボーイッシュで清純そうな女のコが、チン皮をセンズリながら、
舌をペロペロ・レロレロ使って、敏感な亀頭に粘膜攻撃を仕掛けてくる・・・。
うぅ〜、たまんねぇ〜や、このポルノな光景。清純そうな女のコが尺八する顔、まさに絶景なり。
いかん、その様子を見てたら、なんだか、キンタマ・カルピスが飛び出そうになって来ちゃった。

あまりにも調子に乗って、チンポにベロベロと舌を絡ませてくるから、
彼女のフェラッチョ集中力を散漫にさせる目的で、もう一度、クリ豆吸い転がしをしよ〜っと。
チュ〜&ペロペロ&コロコロ・・・。イッた直後のマンコ豆は、超敏感でくすぐったいんだけど、
チン舐めタイムで少しインターバルを置いたおかげで、豆感度が復活してやがる。
ちょっと吸ってベロで転がしただけで、気持ちよさのあまり、
それまで巧みに動いていた尺八演奏がストップするほどの感じっぷり。イッヒッヒ〜。
でも、僕のほうも、あんまり調子に乗って豆を吸い舐めすぎると、
“味わい”はじめて、完全にチンポ尺八演奏会を終了しちゃったり、
逆に、感じすぎた彼女に、チンポを噛まれる恐れもあるから、そのヘンは、適当に加減して・・・。
時々、いるんだよね。シックスナインのとき、マン舐めの気持ち良さに、
歯を食いしばったついでに、思わず、チン肉に歯を立てちゃうバカ女が(笑)。

それにしても、凄く汁を出しまくるシューシー・マンコだなぁ〜。
さっき達した瞬間に、マン穴から濃い〜白濁した“イキ汁”が、ドロリと垂れ漏れちゃったみたいで、
ケツの穴まで、完全にヌルヌルに濡れ汚れちゃってる状態。匂いもキツいし・・・。
こりゃ、マン内に、相当溜まってるはずだぞ、「女の精液」が。
上京してから1か月以上も、マン穴にちんちんを突っ込んで“お掃除”されてないもんだから、
ドロドロのマンコ・ヨーグルトがどっさり溜まってるんだよね。
さらに、今回のチンポマンコ・タイムでの発情興奮汁や、さっきの“イキ汁”もミックスされて、
こりゃ、チンポ突っ込んだら、大変なことになりそうな、ジューシー・オメコ。
シーツまでベットリ垂れ漏れ出して、僕のチンポより大量のエロ汁を分泌しちゃうぞ、きっと。




とか思いながら、コリコリ勃ったお豆をペロチュ〜してたら、
彼女のチンポ尺八演奏が完全にストップしちゃったよ(笑)。
そろそろ、チンマン合体のお時間さ。

彼女をあお向けにして、股を開いて、チン入れの体勢にする。
そして、ベットリ垂れ出ている凄い粘度のヌルヌル液を塗りまぶし、
まずは、先っちょのカメ肉をマンコの裂け目にめり込ませてみる。
僕のが巨チンすぎるのか、それとも、1か月以上ハメハメ・ファックしてないせいで、
メコ穴が縮んで狭くなったのか・・・ちょっぴりキツい感じ。
でも、全然痛がる素振りも見せず、すぐに亀頭が飲み込まれちまったよ。

たった4〜5cmのチン肉挿入なのに、彼女、まるでイク瞬間のような凄い乱れ様さ。
手でシーツをつかんだりかきむしったりしながら、「あぅッ!ひウッ!」っと、
10代の女とは思えないような、熟女風の低〜い唸りあえぎ声を漏らしてやがる。
寂しかったマンコの肉穴に、久しぶりにチンポが訪ねてきてくれて、
マンコが嬉しくってしょうがない感じ。
首をグイーっとのけ反らせてるもんだから、顔がよく見えないのが残念だけど、
きっと、相武S季似のニコニコ・フェイスを、化け物のように醜くド変形させて、
お久しぶりのチン肉の感触を味わってるんだろうな〜。
オマンコ最中の、そのエロ顔、後で、たっぷり拝ませて頂くぜぃ!

チンポマンコ・セックスご無沙汰状態が続いて、塞がり気味だった“マン道”を
チン先で少しずつこじ開けて、“マン穴リハビリ”をしてやるのさ。
でも、僕にこんな面倒な手間をかけさせやがって・・・。
男とデートする前には、マン肉を綺麗に洗うのはもちろん、
マン穴に、指でも、すりこぎでも、魚肉ソーセージでも、なんでもいいから突っ込んで、
マン内にチンポ収納スペースを確保して、いつでも、
“チンポお出迎え”の準備をしとかなきゃ、ダメだよね。
挿入&出し入れ用のクセぇ〜濃厚マンコ・ローションだけ、やたらドロドロ分泌しやがって、
肝心のチン入れ用の肉穴が閉じ気味じゃ、オマンコ女失格だよ。

それにしても、地元に残してきた彼氏を裏切って、他の男の生チンを入れられてるというのに、
罪のかけらもないのかな・・・この女。
きっと、夏休みに帰省した時なんか、「逢いたかった〜」「淋しかった〜」とかなんとか
ヌカしながら、僕とチンポマンコ・ファックしたことを内緒にして、
彼氏とオマンコやりまくるんだろうな・・・。
そんなウソツキ女は、お仕置きじゃ〜!(笑)
その彼氏に、「あれっ、気のせいかな・・・マンコの穴が大きくなってるような・・・」って、
バレちゃうくらい、僕の巨チンポを激しく出し入れピスりまくって、
マンコの穴を広げちゃおう!マンコをガバガバにしてやろう!マンコ穴の「型」を、
僕の21cmチンポ専用に作り変えちゃおう!うっひっひ〜(笑)。

うわぁ〜!出てる出てる!マンコから白〜いトロロ芋がベットリ・・・。
彼女の漏らし出したマンコ・ヨーグルトでチンポの肉竿が真っ白けにコーティングされてるよ。
僕の巨チンポ肉で、マン内にたっぷり溜まってた『女の精液』が溢れて、
漏れ出してきちゃったみたい。マンコをピスればピスるほど、滲み出てくる感じ。
全くぅ〜、可愛い顔してるくせに、ババァが出すような白濁マンコ汁を出しまくりやがって・・・。
それに、なんだかクセぇ〜。マンコの“中身の匂い”が、モワ〜っと漂ってきて、
部屋中に充満しちゃってるよ・・・。たまんねぇ〜や、この匂い・・・。
なんで、女はオマンコする時、こんなえげつない匂いを放ちやがるんだろうね・・・。
どんな美人でも美少女でも、チンポ出し入れを始めた途端、結合部分から、
もう信じられないようなクセぇ〜匂いをモワモワと漂わせはじめるからね・・・。
下品すぎるぜ、女って生き物はよー!(笑)

チンポの出し入れスピードをアップさせると、なんと「もっと!メチャクチャにしてぇ〜!」と、
わめき出しやがった。あの、いつもニコニコ顔の女のコとは思えないエロ・セリフさ。
よっしゃー!リクエストに答えて、ハード・チンポ・ピストンをカマしちゃえ!
1秒間に3ピストンもの、もはや肉眼ではチンポの抜き差しが確認できないほどの、
ハイスピード交尾ファックに、彼女「うギョ!あギョ!もっと奥!オク!奥ぅ〜!」っと、
なんと、セックス・ベテラン熟女にならないと知らない、
マンコのラストをチン先で突かれる快感、『マン奥ポルチオ責め』をリクエストしてきやがったよ。
この女、清純そうなツラして、もの凄いオマンコ回数をこなしてきたのかも・・・。
だって普通、10代だと、まだマンコの奥よりも、豆をコリコリ・コリッチョされるほうが、
感じるって娘のほうが多いもんね。
それが、まるでスケベ熟女のような、マン奥チン突き要求・・・。

そう言うなら、やってやるぜぇ〜!
もう、彼女の体がズリ動くくらいに、奥をグリグリ突いてやるんだ。
だけど、打ち付けるみたいなチンポの動きだと、どんな黒マンコ熟女でも痛がったりするから、
(AVなんかでも、アホ男優が時々やらかすよね。「おらッ!どうたっ!」とか言いながら、
瞬間的にマンコのラストにチンポを打ち付けちゃったり・・・。)
そうじゃなくて、マン奥の子宮口をチンポの圧力でグイッ、グイっと
押し上げるように刺激するのがコツなんだ。

うわぁ〜、スゲぇ〜や!チンポが根元まで入ってら!21cmのチン肉が、
ぜ〜んぶマンチョ穴に飲み込まれちゃってるよ。
さっき、チン先が子宮口に届いた時点で、7cmくらい余ってたから、
それを根元まで飲み込んだってことは、この女の子宮・内臓もろとも、
7cmくらい上に押し上げられたって計算になるぜ!
女体内臓ズリ上げ作戦・・・ロングちんちんならではのファック秘技さ。うっひっひ〜。

「あグぇ!ゲほっ!グギョっ!」
ほ〜ら出た出た、マン奥を突かれた女が出す、カエルが鳴くようなマヌケあえぎ。
でも、これを、相武S季ちゃん似の微笑みガールが出してるって考えると、
つくづく、女って、誰も見てないところじゃ、とんでもない痴態を晒す生き物だなぁ〜って、
なんだか虚しくなってくるね・・・。

と、思いつつ、強烈チンポ・ピスり交尾ファックを続けてたところ、
「ダメぇ〜んギョっ!イグぅえ〜!」と、これまた、おマヌケな絶頂報告をしつつ、
マンコ・オルガに達しやがった模様。
そのイキっぷりが、超強烈!絶頂女体痙攣が30秒近く続いたあと、全身がピーンと硬直して、
固まっちゃって、それが、またなんと30秒くらい続いて、その間、全然息をしてないんだよ。
もしかして、心臓も停止して、ホントに1回『あの世』にイッちゃったのかも・・・って勢いなんだ。
まるで、40代〜50代のチンポ狂い熟女のような達しっぷりだよね、これ。




で、その後は、もうダメ。イキすぎて、達しすぎて、女体が復活しないんだよ。
全身がグンニャリと弛緩しちゃって力が入らないし、当然、マン穴もユルユルで、
全然、チンポを“接待”してくれないんだ。
もっと、絶頂ペース配分をしっかり管理してから、気をやって欲しいよね、全くぅ・・・。
まぁ、それだけ、久しぶりのチンポがうれしかったのか、
それとも、7cmも内臓が上に移動しちゃって、マンコ女体が、バカになっちゃったのか・・・。

このまま、緩んだマン穴でチンポをピスっても、僕、イケそうにないや・・・。どうしよう・・・。
まぁ、せっかくのオマンコ・タイムなんだから、せめてケツ方向からチン入れさせてくれよぉ〜。
と言うわけで、グンニャリ弛緩した女体を後ろ向きにして、バック・ハメハメ開始。
後ろ向きハメは、正常位の時とは、また違ったマンコの中身の部位を刺激されるらしく、
チンポを差し込んだ瞬間、「あウっ・・・」っと、マンコ復活の兆しを見せはじめて、
それまで、緩んでいたマンチョ粘膜が、微かにウニョウニョと活動を再開した模様。

それにしても、綺麗なケツしてやがるぜ・・・このアマ。
青春のシンボル、尻の肉の吹き出物=「ケツにきび」もなくて、ツルツルしてやがる。
高校時代、何かスポーツでもやってたのか、脂肪が全然付いてない筋肉質で締まったケツ肉。
ケツから腰に脂身が乗ってて、腰をパンパンとヒットさせる度に、
波打つように、ぷるんぷるんと揺れ動く尻肉もいいけど、
こんなに締まって硬〜いケツも、時にはいいな・・・。

どれどれ、ケツ肉を揉み揉みしてやる。
うぅ〜、硬ぇ〜!この女のケツの肉、スゲぇ〜硬てぇ〜!!モミモミするのに、力がいるぜ(笑)。
やっぱり・・・、脂身が適度についた“霜降りケツ肉”のほうが、女らしくていいかも・・・。

そのうち、彼女、マンコが復活したらしく、またもや「もっと、お願い・・・」などと、
チンポ・ピストンをおねだりし始めやがった。
また、やってやるぜ!高速チンポ抜き差しファック。
バックからのほうが、ハメ腰のスピードを出しやすいんだよね、実は。
彼女の腰を、グイっとつかんで、さっきの秒速3回よりも、もっと速い、なんと秒速4回オマンコ!
これやると、もうヨダレ垂らしながら、白目むいて気をやりまくる女もいるんだから(笑)。

パンパン!パンパン!肉と肉がヒットし合う、ファック餅つきサウンドを響かせながら、
秒速4回の高速、いや“光速”チンポ出し入れピストン攻撃!
あまりに激しいスピード・ファックのせいで、彼女のマンコ液が“しぶき”になって飛び散るよ。
マン汁スプリンクラー状態(笑)。

3分間も続けていると、僕のほうがダウンしそうになってきちゃった。
全力疾走してるのと同じようなハードな腰振り運動だから、
もうバテバテ状態。心臓マヒ寸前だよ(笑)。
それに、彼女のマンコを喜ばせると同時に、僕のチンポも、
超高速でしごかれまくってるようなもんだから、キンタマ・カルピスが出そうになってくるし・・・。
彼女がイク前に、僕が先にチン液をピュッピュしたら負けだな・・・いざ、チンポマンコ勝負!

彼女が、「ダメっ!またイキそ・・・、イキ・・・イキそ・・・」と、
マンコ・オルガ予告宣言をして、達しそうなのは分かったけど、
い、いかん・・・僕も、出そうだ、チン先のワレメからスペルマが漏れ飛び出そうだ・・・。

と、その時、ベッドの側面の鏡に映った彼女のヨガリ顔を、偶然見ちゃったんだ。
これが、もの凄い顔してやんの!あの相武紗K似の面影が完全に消え失せちゃって、
まるで、どこぞのババァか、妖怪オバケみたいに、ツラを醜く変形させてやんの!
うわ〜、あの可愛い顔した女のコが、こんなにもマヌケ&恐ろしいバカづら晒して、
チンポマンコ快楽を味わってやがるぜ・・・。
『顔フェチ』『よがり顔マニア』の男なら、ここで一気に海綿体がヒートアップしちゃって、
あれよあれよという間に、精をピュッピュと漏らし放つところだろうけど、
僕の場合は、逆に、「なんて、怖い顔してんだぁ〜!!このバカ女!」って感じで、
急に興醒めして我に返っちゃって、それまでザーメン出る出る噴出寸前だったチンポが、
思わず、萎んでしまうほどのチンポ・クールダウン・・・。

すると、彼女が「あガ!うギャー!終るぅ〜ッ!イグイグぅ〜!」と
変態動物のようなアクメ奇声を叫びわめき、なんとか僕より先に、
ファイナル・マンコ絶頂に達してくれたんだ。
このチンポマンコ対決、なんとか僕の勝ち・・・ふぅ〜、ギリギリ・セ〜フ・・・。

僕はと言うと、さっきはあれほどチンポ海綿体が大ハッスルして、
カルピス液がチン先まで昇りつめて、射精ピュッピュのスタンバイまでしてたのが、
彼女のバカづらを目撃しちゃったせいで、せっかくスタンバっていたスペルマが、
またキンタマの貯蔵タンクに逆戻りしちゃった感じ・・・。
あの顔を見た瞬間、海綿体がちょっぴり縮んで、
チンポ・サイズが、21cm→19cmに小さくなっちゃったみたいだし・・・(笑)。

しかも、よせばいいのに、達する瞬間の彼女の顔まで見ちゃって・・・。
まるでホラー映画に出てくるような強烈変形バケモノづら・・・。
「これ見たら、絶対子供が泣き出す!」ってくらいのド変形ぶり。
例えて言うなら、般若(はんにゃ)面みたいな感じかな。
眉間に、深〜いヨガリじわを刻んで、鼻の穴も北島三郎以上に開いちゃって、
口も∞の形のように激しく変形しまくり大会。
彼女に対して、相武S季ちゃんみたいな、『いつもニコニコ爽やか笑顔娘』って
イメージしかないから、余計に絶頂変形づらが、醜く不気味に感じてくるんだろうね。
これが、最初から超ブスだったら、そんなにビックリはしないと思うんだけどさ・・・。

それで、僕、彼女のイキ顔を拝んでるうちに、なんだか腹も立ってきちゃってさ(笑)。
「あのいつもの笑顔は、一体、何なんだよ!これがオメぇ〜の正体かよ!」とか
怒りさえ覚えちゃって・・・。
で、達しすぎてぐったりなってる彼女を、まるで、精液液放出用の肉人形のように、
メチャクチャに扱って、その“おもちゃ”でチンポを強烈にセンズリしまくって、
なんとか射精までこぎつけたんだ。
最初は、怒りに任せて、マンコの中身にキンタマ汁を放ちまくって
『種付け』してやろうと思ったりしたけど、それじゃ、あんまり酷なんで、
スペルマが出る瞬間に、チンポをヌチョっと抜いて、ケツの穴にひっかけまくってやったよ。
ドピュっ!ドピュっ!っと、結構、勢いよく撃ちまくったもんだから、
ケツ穴が感じたんだろうね。スペルマをひっかけられた瞬間に、
彼女、“プチ気絶”してるくせに、一瞬、ピクッ、ピクッっと女体が反応してやんの(笑)。

(つづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 21cm君の女貝食べ記 18 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




これが熟女の食べ方?50代の貪欲なSEX? アヌス,アナル,ケツの穴,アナルファック