CM-020

21cm君の女貝食べ記 20
ベッKー似のバカ女をよがり泣かす
【1】


※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





あのハーフの能無しタレント、「可愛い〜」とか言われてるけど、よく見りゃ、ただの白豚・・・。
ベッKー似のバカ女の貝穴に21cmチン棒をぶち込んでやったよ。

ベッKーと言えば、先日、「裁判沙汰寸前!」とまで騒がれてたんだけど、
あの件は、その後どうなったのかな・・・。
なんでも、ベッKーの特技(?)は、電車の中で痴漢を捕まえることらしくて、
今まで、数十人の痴漢「容疑」の男を警察に突き出したそうな。
ところが、その事案の中には、冤罪(えんざい)も含まれてるらしいの。
つまり、実際に痴漢行為をやってないのに、ベッKーから痴漢呼ばわりされたが為に、
警察に捕まってしまい、挙句の果てに、それが原因で、会社までクビになってしまった
哀れな男もいるらしいんだ。
その被害者の男衆が団結して、ベッKーを訴えようとしてるってニュースが
飛び込んで来たんだけど・・・。

男の一生を台無しにしやがって、ホントとんでもねぇ〜女だぜ、このベッKーとかいう白豚女。
だれが、オメぇ〜みてぇ〜な脂豚女のクセぇ〜マンコをイジるもんかい!
ホントに痴漢されたとしても、豆をコリコリされて、もう気持ちよくて気持ちよくて、
マン汁をべっとりヌルヌル分泌してるくせによ・・・スケベ女が(笑)。

で、今回の“貝”は、そのベッKーに、スゲぇ〜よく似た娘の話さ。
その女も、ハーフでさ。瞳が青くて、ツラはモロ白人。女体も、白〜い豚だしね。
しかも、その女も、本物のベッKーと同じような、
いや、それ以上にひどいことをやらかしてるんだよ。

自分のほうからチンポマンコ遊戯を誘ったくせに、男のチンポが小さすぎたり、
セックス技術がヘタクソで、全然気持ちよくなかったりすると、
行為の後、「レイプされた!」とか騒ぎ出す、とんでもない女なんだ。
男がデカマラで、ヘトヘトになるまでオマンコ・サービスを施してやって、
ベッkー似が、しょんべんをジョロジョロ漏らすくらいにイカせてやったとしても、
決して油断はできない。
オマンコ後、2週間くらいたって、「生理が来ないの・・・」と、
男をどん底に突き落とすキメゼリフをのたまい、多額の中絶費用を請求する始末。
例え、男がチンポゴムを付けてハメッチョしたとしても、
「(精子が)漏れる可能性だってあるわ!」と、わけの分かんない反論をしてくるし・・・。

簡単に言うと、『恐喝売春婦』ってことになるかな。
マンコからヌルヌル液を出しながら、甘〜いムードでチンポをおねだりして、
一旦チン入れしてしまえば、男の精も金も絞り取る、オマンコ暴力団娘(笑)。
どうせ金を取られるんなら、本当に、不純な混血女の腐れベッチョに生チンポをぶち込んで、
マンコ中身、女の“はらわた”に、純粋な日本男児のDNAが詰まった子ダネ汁を、
どくどく注ぎ込んでやればよかった・・・と、悔しがる男が多発さ。

僕の友人なんか、チンポが小さすぎて、レイプ呼ばわりされた挙句、
「妊娠した!」のダブル・パンチで、精神的に弱っちゃって、
大学を休学して、実家の田舎に帰っちゃったもんね・・・可哀想に。

だから、今回は、復讐チンポマンコ対決なのさ。
彼女にレイプ犯扱いされたり、金を取られたりした男たちの無念を晴らすべく、
他の女とのオマンコをお断りして、タマキンの中にセックス・カルピスを満タンに補充して、
ベッKー似とのチンポマンコ勝負に挑んだのさ。
おけで、前日の朝、久しぶりに夢精しちまったけどね(笑)。
キンタマ貯蔵タンクから溢れたタネ汁が、チン先からニョロっと出て漏れちゃってさ・・・。




復讐の機会をうかがっていたら、ラッキーなことに、彼女のほうから接近してきてね。
飛んで火に入る夏のオマンコさ(笑)。
彼女からすれば、「あの男(僕のコトね)、女みたいな可愛い顔してるけど、
どんなチンポ、どんなセックスするのか、ちょっと味見してみようかしら・・・」って、
軽い気持ちで近づいてきたんだと思うんだ。
まさか21cmのロングチンポをぶち込まれて、気絶するまで
マンコをピスられるとも知らずにね。バカ女(め)が・・・(笑)。

彼女の噂=恐喝売春娘っていうのは、すでに一部の男たちの間で流れてたもんだから、
勇気のない男は、いくら彼女にチンポマンコ遊びを誘われたとしても、断ったりしてたんだ。
中には、彼女のとんでもない正体を知ってても、性欲に負けて、思わずチン入れをしてしまい、
結果、地獄に堕ちるバカ・チンポ男もいるらしいけどね。
男には、心の奥底に、超ド悪女とオマンコして、精も魂も絞り吸い取られたいって、
マゾ的欲望があるのかもね・・・。
実際、彼女の青い目をした“白人ヅラ”、透き通るような白いムチムチ肉を目の前にすると、
「もう、どうなっていいから、マンコにチンポを突っ込みてぇー!」って思ったりもするけどね。
また、「白人のDNAが入った特殊な女肉を味わってみたい・・・」っていう、
“洋モノ趣味”な男にとっても、実にたまらんオマンコ・アイテムだったりするしね・・・。

で、初オマンコの話なんだけど、彼女、都内の実家から通学してたから、
いつものように、「地方出身娘の1人暮しのアパートでオマンコ」って具合にはいかない。
しょうがないから、ちょっと高めのシティー・ホテルに行ったんだ。
何なんだよ、シティー・ホテルって(笑)。
ちょっぴりシャレた装いにして、名前を変えただけで、結局は、ラブホテルと一緒、
『オマンコ場』なんだよね(笑)。
バカ女になると、「ラブホテルは絶対イヤ!でも、シティー・ホテルならOKよ!」と、
たわけたことをヌカしやがるからね・・・。女の扱いは難しいよ。
でも、最初に凄く強烈なオマンコしてやっただけで、2回目からは、場末の安〜いラブホテルでも、
公園のベンチでも、草むらでも・・・平気で股を開いて、僕のチンポを求めてくるからね。
もう、チンポが欲しくて欲しくて、マンコが疼いて疼いて、場所なんかどこでもいいから、
一刻も早くオマンコしたくてたまらないんだろうね。うっひっひ〜(笑)。

でも、このベッKー似の場合、最初のチンポマンコ合体作業場がヘンな所だと、
いきなり、「無理やり連れて来られた!拉致監禁だわ!」って大騒ぎしかねないから、
無理して、シティー・ホテルにしたってわけさ。
まぁ、僕のことを好きみたいな感じだったから、最初から、BGMに演歌が流れているような、
前の客の『汁』がシーツに残ってるような、盗撮カメラが仕掛けてあるような(笑)
そんな、怪しいホテルでもホイホイ付いて来たかも知んないけど・・・。
僕にオマンコされたくてね(笑)。

部屋に入って、とりあえず、意味のない世間話をするんだ。
ホントは2人とも、早くオマンコしたいくせにね(笑)。
でも、この会話から、絶好の“オマンコ・タイミング”を掴むのも大切。
女が急に静かになったり、「眠くなってきちゃった〜。」などと、わざとらしいことをヌカせば、
それは、「早くオマンコしてしてッ!」の合図なのさ。

あと、「ほら、虫に刺されて、凄く腫れてるぅ〜」とか言いながら、
マヌケな虫刺されあとを、男に触らせる作戦なんかもそう。
虫刺されのあとじゃなく、股の間のワレメを触ってみれば、すでに交尾用のヌルヌル体液を
分泌しまくり状態で、ワレメの上の“コリコリと腫れた部分”を触れば、さらに粘液漏らしまくり。
虫に刺された後は、今度は、チンポを挿されて大泣きしちゃうってパターン(笑)。

このベッキー似が、その虫刺され戦法できやがった。
「ほら見て、ここ。蚊に刺されちゃって、かゆ〜い」とか言いながら、
透き通るように白〜い太ももを、僕にチラチラと見せつけてくるんだ。
それにしても、綺麗な足してやがる・・・。
これに惑わされて、スケベな男どもが、彼女の『オマンコ罠』にハマっちゃうんだろうな・・・。

僕も、罠に堕ちたふりして、彼女の太ももをナデナデすりすり・・・。
すると彼女「イヤ〜ん、エッチぃ〜」と言いながら、大喜びしてる感じ。
男とホテルまでやってきて、何が「イヤ〜ん」だ、この白豚めが。
だけど、彼女の太もも、もの凄く触り心地がいいんだ。
まるで、手に吸いつくように、しっとり滑らかな、太ももの感触・・・。
女は、10代後半〜25歳くらいまでが、一番、肌が綺麗なんだよね。
これが、歳とともに女性ホルモンが減ってきちゃって、水々しさが失われていくのさ。
でも、40過ぎの脂ぎったブヨブヨ熟女の、まるで霜降り肉のようなプルプル肉も気持ちいいけどね。

ダメ男だと、太ももをナデナデしたあと、たまらずマンチョにタッチしたりすると思うけど、
僕は、そんな野暮なことはしない。一旦、マンコに近い部分から手を離して、
女に「このまま手マンコを開始して欲しいのに・・・」と思わせるのがコツなんだ。
第一、このベッKー似の娘の場合、この時点で、マンコいじりしようものなら、
レイプだ何だと大騒ぎされるのがオチだと思う。
彼女のほうから、たまらなくなって、『女の宝物=マンチョ』を、僕に捧げだすまで、
ひたすら焦らしまくる作戦さ。



そう言えば、まだキスをしてねぇ〜や、キス。
と言うわけで、白人の血が混ざってる女の口を吸ってみる。
前から言ってるけど、僕、あんまりキスが好きじゃないんだよね。
だって、発情&性興奮してる女の口って、唾液がネバネバしてて、異様に生臭せぇ〜んだもん。
このベッKー似の女も・・・う〜ん、やっぱりクセぇ〜(笑)。
なんか『お口のエチケット商品』を食べてるみたいで、ミントの香りもするんだけど、
女体から出てくる、ちょっぴりハァハァしてる“セックス吐息”が妙に生臭いんだよね。

などと考えて油断してると、彼女のほうから、ベロを絡めてきやがった。
男と女が、味覚を味わう器官=舌をレロンチョと絡めあって、お互いの『味』を確かめ合う、
人間だけの変態エロ行為・・・キス。だって、動物はしないもんね、キス。
チンポマンコ舐め舐め愛撫は、犬とかでもするけどね(笑)。

でも、彼女のベロ絡めキス、なんと言うか、そんなにいやらしくないんだよね。
恐らく、幼少の頃から、「ママ、おやすみ〜。チュッ!」って感じで、
家庭内で、習慣的に挨拶代わりのキスをしてたからかも知んない。キスに慣れてる感じ。
どちらかと言うと、アメリカ人よりも、日本人のキスのほうが卑猥な感じがするよね。
だって、日本人がキスする時=オマンコする時ぐらいだもんね、普通。

僕も負けじと、彼女のベロを舐め返してあげたんだ。
と言っても、能無しAV男優がするような、ベロ肉を吸いちぎるような激しいバカ・キスじゃなくて、
舌同士を優しくね〜っとりと絡めて、女をトロケさせるような、スローなベロSEX・・・。
男が、チュ〜をすると、興奮してチンポがおっ勃ってくるように、
女も、上手にキスしてやるだけで、マンコ豆が硬〜くシコり勃ち、
交尾用のエロ粘液をマンコの中身からドロドロと滲み漏れ出しちゃうんだよ。
中には、キスだけで軽く達しっちゃう、敏感な女もいるほどなんだから。

ベッKー似のたわけ娘、キス慣れしてると言っても、
僕の、まるでマンコを舐めるようなねっとりキスのせいで、
さすがに性興奮が高まってきたらしく、鼻息がだんだん荒くなってきちゃって、
♪スピ〜、スピ〜なんて、『鼻笛』まで吹いてやがる。マヌケな女さ。

エチケットの用の液かタブレットか何か知らないけど、そのミントの爽やかな香りに混じって、
この女のメス本来の生臭い発情吐息が、だんだん強くなってくるよ。
唾液もネバネバと粘度が高くなって、性興奮してるのがバレバレさ。
う〜ん、これが白人のDNAが混じったバカ女の唾液の味か・・・と思うと、
なんだか、僕の中の日本男児としての血が騒ぎ出してくる感じ。
い、いかん、味わってちゃダメだ。今日は、復讐のオマンコなんだ。
今まで、この女に散々泣かされまくった男たちの無念を晴らす為、
日本人のDNAがたっぷり詰まったザーメン子ダネ汁を、この白豚のマンコの中身に
ドクドクと注入してやるのが、本日の僕の使命。チンポマンコ・ワールドカップさ。

性興奮に伴い、白い頬っぺたが、上気してほんのり赤く染まってきやがる。
色白の女とオマンコするときの楽しみの一つが、女体が赤くなる現象を見ることさ。
似たようなので、酒を飲んで、酔って顔が赤くなってる女を鑑賞するのも楽しいよね。
まぁ、人間誰でも、興奮したり運動したりすると、肌が赤くなるもんだけど、
色白の女の場合、その変化が余計に目立っちゃって、卑猥に見えるんだよね。
凄いのになると、上半身が、まるで茹でダコみたいに真っ赤になっちゃう女もいるけどね。
もう頬っぺたから耳たぶ、首筋、胸にかけて、焼酎を飲んで酩酊してるように真っ赤っか(笑)。

このベッKー似も、耳だぶ&首筋まで真っ赤に染めちゃって・・・。
もしかすると、最近、罠にハマる獲物=チンポ男が減って来ちゃって、
チンポマンコ合わせがご無沙汰気味だったのかもね。
もう、やりたくてたりたくて、たまんなかったのかも(笑)。
でも、油断は禁物さ。
噂によると、何度も何度も射精おねだりをして、男のタマキンをスッカラカンにした挙句、
あとで「レイプされた!」って騒いで、多額の慰謝料を請求するらしいからね。

口&ベロが疲れてきたので+彼女の吐息がクセぇ〜なってきたので(笑)、
今度は、ちょっぴり汗ばんだ首筋やベロを這わせてみると、
「ハァ〜ん・・・」と、いやらしいオマンコ声を漏らしやがる。
まだ服を脱がしていないのに、発酵乳製品のような甘酸っぱい香りの発情フェロモン体臭、
白人のDNAが入った若いメスの卑猥な性臭が、モワ〜と漂ってきやがる・・・。
もう完全に、女体が“出来あがってる”状態だな、こりゃ。
きっと、マンチョからは、ちんちん挿入用のクッセぇ〜濃厚ワイセツ液を漏らしまくってるはずさ。
マンコの状態を見るのが楽しみだな〜。あとで、じっくり拝んでやるぜ。
男をコケにしやがる、恐喝女の生殖肉、しょんべんやらクソをひり出す恥ずかしいパーツを・・・。

(つづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 21cm君の女貝食べ記 21 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




宇田道子 無修正動画 天海ゆり 無修正動画