AV-006

女流AV監督のスケベぇ〜なアイデア 6

タカビー女優ハメごろし

※このシリーズは、一部、ノンフィクションでお届けします。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





【タカビー女優ハメごろし】

別に、女優さんの悪口を言うわけではございませんが、
カメラの前で、平気でマンチョ丸出しファックを披露している彼女たちにも、
やはり、心の中に、暗い“闇”の部分があるようです。
結局、彼女たちも、ひとりの人間だという事でございます。
女に生まれて一番恥ずかしい、毛生え魚貝類=オマンコを晒して見せて、
生チンポを2本3本と咥えしゃぶったり、オメコの中にチンポ液をドクドクされたり、
ケツの穴までズボズボされたり・・・男だちのセンズリ用のスケベ仕事をしている、
ただのチンポ大好きヤリマン・バカに見えても、
やはり、乙女として、様々な葛藤・苦悩を抱えているのでございます。

その証拠に、AV女優の4人に1人は、うでにタバコの火を押し付けた跡、
いわゆる「根性焼き」や、カミソリで自傷した“リスト・カット”の
傷跡が痛々しく残っております。
今、超売れっ子の女優も例外ではありません。
DVDなどの鮮明なデジタル映像のおかげで、その傷跡がバッチリ映し出されてしまい、
チンポを咥えながら微笑んでる女優の別の一面を垣間見る思いがいたします。
その他、酒に溺れる者、薬物に手を出す者、ちょっと出演が途切れた間に、
過食で激太りする者、その結果、精神科に通院する者など様々でございます。
中には、倉沢七海ちゃんのように飛び降り自殺してしまうケースも・・・。

これと全く違うタイプが、完全にプロの仕事と割り切って、
「見せるオマンコ交尾」に徹する女優たちでございます。
世のチンポ男どもの精液抜き取り作業の“スパイス”、“おかず”になる使命を受けて、
日夜、ポコチンをしゃぶり、ハメッチョ性交にいそしむのでございます。
この手のタイプは、若い頃に活躍して、一度引退した後、
カムバックしてきた「復活組」の女優が多いのが特徴でございます。
確かに、若い頃と比べると、顔に小じわが目立ったりしますが、
今度は「熟女の魅力」として売り出せば、最初の頃より人気が出たりするものです。
実際、20年近くもこの業界をウロウロしている女もいるほどでございます。

このように、AV女優と一言に言いましても、色々なタイプの女がいるのでございますが、
制作者として、一番使いにくいタイプが、異常にプライドが高い女優でございます。
その1つが、“NG多すぎ女優”でございます。
「NG」と申しましても、撮影中にミスを出すという意味ではなく、
プレイ内容に禁止事項が多いと言う意味でございます。

女優さんには、人によって、あらかじめ所属事務所から禁止されているプレイがあるのです。
例えば、精液を顔面にぶっかけるのダメだとか、肛門アナル責めはNGだとか、
生チンポ尺八はダメだけど、ゴム付きチンポならOKだとか・・・。
その最大の分かれ道となるのが、「本番交尾」か「擬似ファック」かでございます。
このご時世にもなって、まだいるのでございます、本番NG女優が。
そりゃ、初期AVのほとんどは、擬似オマンコ交尾でございました。
大きなモザイク越しに、腰と腰を絡めて、チンポマンコ結合をやっているように
ピコピコ動かしせば大丈夫の時代でした。
だから逆に、「本当に本番ファックしている!」というのを“売り”にしたAVが
大人気になったほどでございます。

しかし、今や、時代が変わったのでございます。
アイドル並、いや、それ以上に可愛いスーパー美少女が、
男のチン肉棒をベロベロ舐めしゃぶり、ケツの穴にまで出し入れする時代でございます。
先ほど申しました「復活組」も、若い頃は擬似交尾だったのが、
復活後は、しっかり、チンポの抜き差しファックを行っているのでございます。
その逆のパターンもございまして、新人の頃は、本番OKだったのが、
売れ出した途端、急にNGになってしまう高飛車女優もおります。
所詮、男どものチンポ・センズリのおかず女の分際で、
プライドだけは異常に高いのでございます。

実は今、私のところに、あるプライドが高い女優を撮る企画が
舞い込んできているのでございます。
このバカ女、どう料理してやろうかしら・・・うふふっ。楽しみでございますね。




NG多すぎ女優のS木 麻奈美。この女、元レースクイーンというのを売りに、
かれこれ、もう6〜7年もこの業界で生き延びておりますが、
いまだに、擬似ファック、ゴム付きフェラ、顔射NGのふざけたアマでございます。
もう歳も30が近いというのに、まだ本番チンポ入れを許さずに、
交尾ファックしているふりをして、世の殿方を騙し続けるオマンコ詐欺師でございます。
それでも人気があるのは、この女が、結構美形だからでございます。
しかし、彼女のファンの殿方は、密かに心の奥底で、
極太チンボを突っ込まれて、激しく抜き差しされ、本気のオマンコ声を出しながら、
よがり乱れる姿や、いつもツンと澄まして気取った顔が、
ドロドロのゼリー状濃厚スペルマで、真っ白くコーティングされる凄いポルノ絵巻を
見てみたいと思っているのでございます。

以前、「彼女の本当の姿を撮る」という作品が、いくつか発売されたようですが、
どれも大手メーカーによる予定調和的な内容で、さっぱりのダメ・ビデオでございました。
とにかく、ポコチンを突っ込まないことには話になりません。
半ばレイプ状態でもいいですから、この思い上がった詐欺女のオメコに、
肉チンポをイレッチョ&ハード出し入れピストンのお仕置き交尾をするのでございます。
その為には、有名メーカーでは、まず無理な企画でしょう。
もう倒産寸前のインディーズ・メーカーに、夜逃げ覚悟で撮影させるしかありません。
制作費は私が出しますから、どうぞ、ご心配なく。うふふっ。
この女、擬似オマンコのくせに、やたらとギャラが高いのに腹が立ちますが、
「あの高飛車な本番NG女優が、ホントにちんちんを入れられてオメコしている!」
というのが話題になって、十分、“元”を取る自信がございます。
な〜に、DVD販売がヤバそうだったら、ネット配信すればOKです。
さらに、海外サーバから無修正バージョンを流す作戦も有り。
あのプライドが高い女が、マンチョから汁を漏らしながらチンポを抜き差しされる
衝撃映像が拝めるチャンスかも知れませんよ。うふふっ。

さて本日、AV女優生命が絶たれるかも知れない作品を撮影されるとも知らずに、
いつものように、威張り腐った態度でスタジオ入りするアホ女優・S木 麻奈美。
名前も聞いた事がないようなインディーズ・メーカーということもあって、
完全にスタッフをナメきっている様子でございます。

撮影が始まると、適当に「アン、ア〜ン」とわざとらしいあえぎ声を出して
まさに“やっつけ仕事”的ないい加減な絡みをやっております。
そして、いよいよチン入れシーン。
普通なら、男優がハメッチョ結合したふりをして、この女も、「ウゥッ!」とか、
チン棒がオメコに入ってきたようなふりをして、擬似交尾ファックがスタートするのですが、
なんと、ここで、男優がチンポ・ゴムを外し、本当にマラチンポをおマンチョに、
ヌチョっと侵入させるのでございます。
いきなりの不法“チン入”に、当然「えッ!何?ちょっと!契約と違うでしょ!!」と
大激怒してわめき出す麻奈美でございます。
「やめて!契約違反よ!マネージャーを呼んで!マネージャー!!」とか騒いでも、
マネージャーは、眠り薬入りのお茶を飲まされて、グゥ〜グゥ〜と熟睡状態・・・。うふふっ。

チンポを抜こうと、必死に抵抗して暴れるはずですので、
スタッフ総出で、このオマンコ詐欺女を押さえつけて、
チンポ抜き差しピストンを続行いたします。
言い忘れましたが、記念すべき、この女優初の本番ファック作品ですので、
スペシャルなビッグ・チンポを引っ提げた、とっておきの巨根男優を
用意いたしておりました。

マンチョ粘膜の薄皮が張り裂けそうなくらいのデカマラでピスられて、
この女も、とうとう観念して、だんだん気持ちよくなってきたのか、
「イヤっ!やめてッ!」とか言いながらも、時々「あ〜ん・・・」と、
演技とはひと味違う、いやらしいオマンコvoiceを出し始めるかも知れません。

もっと気持ちよくさせるため、マンコ豆の皮をグイーーっと上にずらし、
ズルムケ状態にして、飛び出したセックス豆の芯に、肩こり用の強烈電動マッサージ器を
ゴリゴリ押し付けて、巨根ファック・ピストンを続けるのでございます。
すると、この女、レイプされながらも気持ちよすぎて、
思わず、“豆絶頂”してしまうかも・・・。
しかし、イッた後も、エッチ豆のブルブル刺激を止めないのでございます。
男も、チン液射精をした後もマラを刺激されると、異常にくすぐったく感じるように、
女もイッたあとに、なおも豆を責められると、くすぐったくてたまらなくなって、
「ウヒョッ!ウギョ〜、アヒ〜ィ!」などと、素っとん狂な交尾声を出しながら
腰を暴れさせて、ジョロジョロ〜としょんべんを漏らす女も・・・。




ほら、見て下さい。この女も、とうとうチビり漏らしてしまったようですよ。うふふっ。
男優のマラ陰茎に、しょんべんをひっかけてしまうはしたなさ・・・。
世の中をナメて生きている、嘘つきオマンコ女優の恥ずかしい失禁のザマを、
カメラは容赦なくバッチリ捉えます。
それでも、メコ豆ブルブル振動を続けていると、再び淫核クリッチョの感度が甦ってきて、
連続絶頂&しょんべん漏らしを繰り返すのでございます。

続けざまに豆オルガ昇天して、全身がダラ〜んと弛緩して、
アホ〜のような状態になったら、今度はケツ方向からの交尾でございます。
体がグンニャリとなって、もはや抵抗することもできなくなったバカ女優を叩き起こし、
後ろ向きにさせて、デカチンポを再びイレッチョ&ハード抜き差しをいたします。
小ぶりな尻の肉を手で掴んで割り開くと、紫色した肛門アヌスがお出ましに。うふふっ。
もちろん、この女、普段はアナル・プレイもNGなので、今がチャンスでございます。
しかし、この可憐なパープル・クソ穴に、本日の巨根男優のビッグ・チンポを入れると、
肛門の薄皮が張り裂けて、出血多量で救急車を呼ぶ事態に陥る可能性もございますので、
今日のところは、とりあえず指を突っ込むだけで勘弁してやりましょう。
チンポにベットリと付着している、この女が漏らした白っぽい交尾ヌル粘液を指に付け、
ケツの穴にイレッチョ&指ファックをしてやるのでございます。
恐らく、プライベートでもやったことがない、マンコ+ケツアヌスの
強烈同時ピストン責めに、達しすぎてパ〜状態だった女も、
再び、スケベぇ〜なオマンコ声を漏らし始めます。

あらあら、彼女が抵抗しないように押さえつけたスタッフの1人が、
我慢できなくなったのか、チンポをビロ〜ンと丸出しにして、
アホウ状態の女の口元に持っていくと、なんと彼女の方から、パックリ生尺開始。
そう言えば彼、仕事が忙しくて、3日くらい風呂に入ってないとか言ってました。
生チンポ尺八NGの、あのS木 麻奈美が、3日も洗ってない不潔な汚れマラを、
自らパックンチョして舌をベロベロ使う、衝撃的口マンコ・シーンでございます。
もう、見るからに臭そうな、ちんカスまみれの生ちんちんを口に咥えるくらいだから、
彼女、オメコ&肛門クソ穴の同時ピストンが、気持ちよすぎて気持ちよすぎて、
もう何がなんだか、ワケが分からなくなっているのでしょう。うふふ、バカ女よ。

さ〜て、そろそろ仕上げに入りましょうか。
再び、正常位の体勢に戻します。
あらまぁ!ケツの穴から抜いた指に、このプライドが高いカン違いAV女優の
クソがベットリ付着しております。これが、あのS木 麻奈美のウンコでございます。
普通、アナル・プレイOKの女優は、直腸内に“残りグソ”がないように、
撮影前に自分で浣腸をして、肛門アナルのコンディションを整えるものですが、
この女の場合、まさか、今日、本番マンコされて、しかもケツの穴にまで、
指を突っ込まれるとは夢にも思っていなかったので、このザマでございます。
スカトロ物が苦手な方も、あの美人AV女優・S木 麻奈美の
恥ずかしいクソ汚れと思うと、結構楽しめるのではないでしょうか。

再び、肩こり用電動強烈あんま器を、皮をズルムケにしたマンコ豆に押し当てながら、
デカマラをハード出し入れ連続ピストンをして、口には、スタッフの汚れチンポを咥えさせます。
すると、調子の乗った別のスタッフが、なんか怪しい液体を持ち出してきて、
勃起マンコ豆にヌリヌリし始めました。
媚薬か何かでしょうか・・・?もしかして、ヘンな麻薬では・・・?
アンタたち、調子の乗りすぎでございます。
今まで、弱小インディーズ・メーカーとしてバカにされ続けたストレスを、
この時とばかりに爆発させるスタッフ連中でございます。
それにしても、麻薬はマズいでしょう、麻薬は。うふふっ。
まぁ、好きなようにおやりなさいな。どうせ夜逃げする予定でございますから。
しかし、これで、また見所が増えました。マンチョに麻薬を塗りまぶされながら
おファックされる、人気AV女優の非合法な姿でございます。

そうこうしているうちに、巨根男優ったら
「あの憧れのS木 麻奈美と本番オメコしてる!」と超エキサイトしすぎて、
チンポ射精のコントロール制御が効かなくなったのか、
なんと、マンちゃんの中でタマ・ザーメンをお漏らし射精してしまったようです。
「中出し」でございます。マン内でタネ汁をドクドクとやっちゃったのでございます。
いくらなんでも、いきなりの中出し射精はヤバすぎ・・・。
普通、中出しモノの場合、女優さんの安全日に、さらにおマンチョーの中に、
精子を皆殺しにする薬品を入れてから行うものなのです。
もしかすると、この男優のタネで孕(は)らんじゃうかも・・・。
スーパー受精AVでございます。
ほ〜らほら、ピスられすぎてただれたようになっているコーマンの肉穴から、
新鮮な妊娠カルピスがドロドロ垂れ流れてきました。うふふっ。
それにしても、もの凄く濃い〜特濃ザーメンでございます。
きっと、この巨根男優、今日の撮影のために、1週間、他の仕事を断って、
きんたまが満タンになるまで、タネ・ザーメンを溜めまくって、
今日の本番交尾撮影に望んだのでしょう。
それにしても、白いトロロ芋みたいの濃厚な粘液が出る出る出すぎ状態。
もしかすると、男のチン液だけではなく、この女が気持ちよくてマン内で分泌した、
白濁オマンコたれ、いわゆる「女の精液」が混じっているのかも知れません。

もう、このバカ女、完全にオマンコ・トランス昇天状態で、
白目をきながら、夢の中をふわふわとさ迷っている様子。うふふっ。
でも、これで終わりと思ったら、大間違いでございます。
別室に控えていた、厳選汁男優7人が登場して、超特濃ゼリー状ザーメンを、
「せーのっ!」の掛け声とともに、同時にドピュドピュっと、
彼女の美人だけど性格が悪そうなお顔にぶっかけまくるのでございます。
一瞬にして、あの綺麗な顔が真っ白いゼリーでコーティングされて、
もう、どこが目で、どこが口かも分からないほどの、もの凄い惨状でございます。
誰ですか?調子に乗って眼球に射精しやがった汁男は?うふふっ。

「濃厚精液7人分同時顔射」の様子をたっぷり撮った後、
さらに、このたっぷりの精液で顔をこすって、ケバい化粧をぜ〜んぶ落として、
彼女の「すっぴん顔」を暴き晒すのでございます。
ザーメン・クレンジング洗顔作戦でございます。
ほ〜ら、見てください。やっぱり眉毛がないでしょう?うふふっ。
これが、この高飛車AV女優のブサイクな素顔でございます。
普段から「化粧が濃い女だなぁ〜」と思っておりましたが、
すっぴん顔は、想像を遥かに超えるほどのブス顔でございました。うふふっ。

それにしても、今日は、凄い作品が撮れましたね。
プライドが高くて、NGプレイだからけのカン違いバカAV女優・S木 麻奈美が、
凄い巨根デカマラで本番交尾され、ズルムケ豆に電気アンマされて、
しょんべんをチビり漏らしながら激しく豆絶頂して、
さらに、マン肉に覚○い剤溶液まで塗りまぶされて、
洗っていない不潔な生ちんちんを尺八フェラッチョして、
ケツの穴にまで指を突っ込まれ、えげつないクソ汚れまで撮られて、
とどめは、濃厚ゼリー精液の同時多発ぶっかけで、お顔が真っ白のザーメン漬け状態。
最後には、マンコを見られるより、もっと恥ずかしいすっぴん顔まで晒されて・・・。
明らかにヤリすぎでございます。と言うより、もうこれは、立派な犯罪でございます。

ヤバい!マネージャーが目を覚ましたわよ!
ほら、逃げるわよ!トンズラよ!うふふ・・・。

(つづく)




← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 最終回 へ →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




里中亜矢子,野宮凛子,山咲わかな アナルファックイベント