投稿作品

あたしの本性 3
彼とのエッチ

作:くるま さん

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




あたしたちはこんなエロプレイするんだけど、もちろんエッチだってしてるわよ。
ラブホや、あたしの下宿、彼の下宿でヤルのはもちろんだけど、
実はもっとすごいエッチしてるのよ。

一つ目は、彼よほど生理好きなのね、生理中のエッチ。
血出てるにもかかわらず、マンコに指を入れてズコズコ突いたり、マンコをベロベロ舐めたり。
あたしも彼にフェラしてあげて、そのあとはチンポコンドームをかぶせてエッチしたわ。

あたし、イキにくい体質みたいで、オナニー以外ではまだイッたことがないの、
だけどこのときのエッチは、バックでしたのが一番気持ちよくてすごく感じてたわ。
彼はあたしの中で気持ちよさそうにイってたわ。
あたしの腰をつかみながら、体を震わせて、ゴムごしにチンポがビクビクなってたわよ。
よほど気持ちよかったみたいで、大量にザーメンが出てたわ。
あたしもいっぱい血とマン汁出しちゃった☆

二つ目は、大学の教室で。
さっき、授業の後に空の教室で逢って抱き合ったりマンコいじられたりしてるって話したでしょう?
もちろんそれだけじゃないわ。

あるとき、彼は教室でいきなりローターを出してきたの。これもあたしのために買ったみたい。
もちろんダイヤルを回してスイッチ入れて遊んだわ。
クリに押し付けたり、マンコに入れたりして。

でもあたし、はるかに指のほうが感じるの。だから彼に指マンしてもらったわ。
彼、あたしのスカートの下にもぐりこんでパンティーずらして下から攻めるのが好きみたい。
下からマンコ舐めたり、クリをいじったり、
真下から浣腸するみたいにマンコに指をズボッと入れてくるの。
それがエスカレートしちゃって、あるときエッチに展開したわ。

興奮した彼が、あたしを教室の机の上に押し倒してきたの。びっくりしたわ。
そしてニヤニヤとうれしそうに笑いながら、あたしの服の襟のほうから手を入れて胸を触ってきたり、
ジーパンのベルトをはずして脱がせようとしてきたの。
あたし、イヤって抵抗したんだけど、結局やられるがままよ。
そのまま胸を攻められながらマンコをいじられたわ。
彼もチンポ出してきて、あたしにフェラさせたの。

あたしたち、だんだん服を脱いでって裸になって、69に展開したあとは、
とうとうエッチしちゃったわ。
あたしが机の上に仰向けに寝た状態で彼にチンポを入れられた正常位や、
床に4つんばいになった状態で後ろから入れられたバックでエッチしたわ。
あたしたち夜間の生徒だから、いつも教室でヘンなことするときは夜の授業のあとなの。
それも決まって暗い教室で。だから結構堂々としてるのよ。

でも一度だけ、やばいところを危うく見つかりそうになったことがあるわ。
彼にマンコを舐めてもらおうと、ジーパンを脱ごうとしていたの。
そうしたら校内を見回っている教授がやってきて。
あたしたち二人を暗い教室の中に見つけてびっくりしてたわ。
教授は驚いて、「わぁ、びっくりした!あなたたち、早く帰りなさい。」って言ってきたの。
そして出て行ったわ。

教授は戸をガラガラとあけて入ってきたんだけど、
そのときにかなりいそいでジーパンを上げてベルトを止めようとしたのよね。
あまりにあわててたから、ちゃんとできなくて、
中途半端にベルトを直したから、明らかに服装に違和感があったの。
いくら暗い中でも、教授にはちゃんと見えちゃったと思うわ。
あたしたちの行為がばれちゃった可能性もあるし。
もう、あたしたちって、何やってんだか。笑
でも、きっとこのスリルに燃えるのよね☆

三つ目は、部室で。
部室でオナニーをしてるって話はさっきしたわ。でも、実はエッチもしてるのよ。
彼とは同じ部活なの。
よく部室でエッチな話をしたりしていちゃついてるんだけど、
たまにそこからエスカレートしちゃうのよね。笑

あるとき、誰もいないのをいいことに、あたしたち、
キスしたり抱き合ったりかなり濃厚にいちゃついてたの。おっぱい出して彼に見せたり。
そのうち彼がおっぱいを揉んできたの。そしていきなり押し倒されちゃったぁ。
しばらくモミモミされて、今度は彼、パンティーを完全に脱がせてアソコをいじってきたわ。
あたしがクンニをおねだりしたから、クンニまでされちゃって。
彼も我慢できなくなっちゃったみたいで、チンポを出してきて「しごいて」だって。笑
しごいてあげると、すぐに我慢汁が出てきてたわ。フェラももちろんしてあげたわよ。

お互いに濡れ濡れになったので、二人とも下半身だけ丸出しの状態でエッチ開始。
正常位とバックでやって、彼すぐにイッちゃったわよ。あたしもすごく気持ちよくて。
誰か来るかもしれない、見られるかもしれない、そんな中エッチするのは、
やっぱり興奮して、快感も増すみたいね。
部室で手コキやフェラ、手マンやクンニをやり合うのに、ますます病みつきになっちゃうわ。

ちなみにあたし、子供ができたら絶対に困るから、ヤル時は絶対いつでもゴムつけるの。
だって、エッチって、チンポとマンコを結合させて快楽を得るためだけの
卑猥でドスケベなアソビなんだから★
彼はいつも財布の中にチンポコンドームを隠し持っているし、
あたしも彼に襲われるのをいつも少しだけ期待している、
二人はとんでもなくドスケベなカップルなの。

(つづく)



← 投稿小説に戻る ↑ 淫声メインページへ あたしの本性 最終回 →