投稿作品

実録官能小説
「静香 湯の香 色香」
前編

作:Shy さん

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




作品を投稿して頂いたShyさんのサイト

愛と官能の美学
愛と官能の美学


ロマンティック+いやらしい〜官能小説を大量にアップされています。
その他、名コーナー「夜学問」が、凄く面白くて+勉強になりオススメ。
読んでいると、何故か妙にSEXしたくなるという魅力的なサイトです。




「静香 湯の香 色香」前編

陽が西に傾く頃、僕たちは城崎温泉に到着した。
東西に街を横切る大谿(おおたに)川には石造りの太鼓橋がいくつも架かり、
せせらぎの音や、河岸のしだれ柳が温泉情緒をかきたてる。
城崎温泉の歴史は千四百年前に遡る。
コウノトリが足の傷をいやしたという伝説を持つ鴻の湯。
ほかに御所の湯、柳湯、まんだら湯、地蔵湯、一の湯と元々外湯は六つであったが、
近年さとの湯が誕生した。
もちろん旅館内にも立派な大浴場があるのだが、
銭湯感覚でこれらの外湯に足を運ぶ人が非常に多いようだ。

一九〇九年に山陰本線が通るまで、交通の便に恵まれたとはいえないが、
平安時代にはすでに貴顕の来訪記録がある。
その後も上田秋成、柳田国男、有島武郎、島崎藤村、志賀直哉、司馬遼太郎……と
数多くの文人たちが足を運んでいる。

僕たちは到着後すぐに外湯を巡ることにした。
ところがまるでカラスの行水のうような早風呂の僕は、
どの湯でも静香より早く出るため温泉の外で待ちぼうけ。
静香は濡れた髪を拭きながら出て来た。

「待たせてごめんね」

浴衣に丹前姿の彼女に近づくと、ぷうんと甘い湯の香りが鼻孔を刺激する。
七つの風呂すべてを巡る予定だったが、
静香の芳香のせいでにわかに良からぬ衝動にかられてしまう。
でもあまりズバリ言うのも気が引けたので、ちょっぴり嘘をついてしまった。

「ねえ、まだ3軒目なんだけど、残りの風呂は明日にしようよ。ちょっとのぼせたもので」

「それはいけないわ。うん、じゃあ旅館に戻ろうか」


カラン、コロン、カラン、コロン……
『カラコロと 下駄を鳴らして 湯の街を』

なんて下手な一句が浮かぶ。
本来ならばうるさく感じるはずの下駄の音なのに、この街ではやけに似つかわしいから不思議だ。
歩きながらチラチラと浴衣姿の静香に流し目を送る。

「私の顔に何かついてるの?」

「何もついてないけど」

「じゃあどうしてそんなに見るのよ?何か恥ずかしくなるよ〜」


心が逸る。
一刻も早く旅館に戻って浴衣を脱がしたい。
静香を畳に押し倒してあられもない姿にしてみたい。
そんな光景を想像していると、何やら身体の芯が疼き出した。

今度は静香が僕を見つめた。
もしかしたら僕の考えていることを、静香は感じ取っているのかも知れない。
その証拠に何だか静香の瞳もほのかに潤んでいる。

思い切って静香に尋ねてみることにした。

「ねえ静香。今、エッチなこと考えてなかった?」

「もう、シャイったらあ。やだ〜、そんなあ……」


否定しようとしない。
静香は心を見透かされた恥ずかしさからか照れ笑いした。

「やっぱり。顔が赤くなってるよ。でもね、これからもっと赤面することをしてあげるからね」

「もう、シャイったらあ」


障子をいっぱいに開けば、春の夜風が心地よくふたりを包み込む。
川のせせらぎを背にしながら静香を抱きしめて……
この後の行動を思い描いてみたものの、表通りではまだ温泉客が行き交い、
川向かいの旅館でも窓辺に人影がうごめく。
こちらから見えているということは、向うからも見ていると考えてよいだろう。
やむをえず障子を閉めて、照明を消して……

静香を膝に乗せるとそっとくちづけをした。
洗い髪のいい香りが心をくすぐり、男の本能を蘇らせてくれる。
浴衣の胸の合わせ目から指を差し込みふくよかな胸をまさぐる。
乳首をつまむと静香はぴくりと身体を震わせた。
くちづけが濃厚になっていくに連れ、乳首が硬くなっていく。

浴衣の裾から手を差し伸べると、さわさわと春草が触れる。
浴衣も含め和装は本来下着をつけないのが正装とされているが、
現実に下穿きを着用していないとドキリとしてしまう。

「うわっ……ノーパンじゃないの」

「やん、恥ずかしいから言わないで……」


割れ目を指でなぞってみると、わずかだがすでに潤っているのが分かる。
指を往復させていると次第に水音が聞こえてきた。
何だか楽しくなってきて、わざと静香の耳にも音が聞こえるように強く擦ってみる。

「いや…恥ずかしいからそんないじり方をしちゃ嫌……」

横座りで僕の膝に腰を掛けている静香は、身体を捩って甘えていくる。
指が肉豆を探し当てると、静香は身体をびくつかせる。

「あぁん、そこは……」

縦に擦ったり、横に擦ったり、円を描いたり、あるいは摘まんでみたり、と
あらゆる方法で肉豆を攻め立てる。
すぐさま静香は反応し身体を小さく波打たせる。
時折甘い声を奏でるたりもする。

いきおい畳に押し倒し、浴衣の裾をめくり上げ、春草に顔を埋めてみた。
反射的に脚を閉じようとするが僕は腕をこじ入れ決して閉じさせない。
こそぐように谷間を這い回る舌。
溢れ出る蜜はいくら吸っても枯渇しない泉のようにすぐに湧き出てくる。
わざと品のない音を立てて吸ってみた。

「あんっ…恥ずかしいよ〜……ああっ……」


後編へ続く)




← 投稿小説に戻る ↑ 淫声メインページへ