DR-004

Dr.エロ子の
SEXカウンセリング
Vol.4

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





さぁ今日も、迷える子羊ちゃんをDr.エロ子が料理して、ラム・ステーキにしちゃう(笑)。
今日の相談は、静岡のトモちゃんからです。

エロ子先生こんばんは。この前ちょっとパパとママの寝室に入ったんです。
そのとき、ママの化粧台に、なんとコンドームが置いてあるのを
目撃してしまいました。
そこで質問なんですが、パパとママ、いまだにセックスしているんでしょうか?
だって2人とも、もう36歳になるんですよ・・・。
なんか、ちょっとショックです。先生よろしくお願いします。



うふふっ、ウブなトモちゃんね。結論から言うと、やってるのアレ、セックス。
パパもママも、トモちゃんにバレないように、こっそりオマンコしているのよ。
パパの生レバー色の黒光りチンポと、ママの毛の生えたヌレアワビを、
ネッチョリと結合させて、愛を確かめ合うの。
お互いに汗ダクになって、腰を振って、セックスのいい気持ちを味わうのよ。
ママったら、あまりの気持ちよさに我を忘れて、もの凄い大声を出して喜ぶの。
オマンコ好きドスケベ夫婦のセックス交尾コミュニケーションなの。

ちょっとショックだったかな?でも、別にショックを受けることはないの。
だって2人、夫婦なんだもの。思う存分、おセックス・ハメハメができる、
素敵なオマンコ肉体関係なの。
パパとママがファックマンコするのは、夫婦の仲がうまくいっている証拠なの。
破局離婚寸前の男と女が、チンポとマンコを丸出しにさせちゃって、
ヌルヌル汁を出しながら合体させたりしないもの。
そう、夫婦円満の秘訣は、気持ちいいハメッチョ交尾をすること。
特に女は、夫のチンポを定期的に自分の生殖ベッチョで咥え込まないと、
メスのセックス・ホルモンのバランスが崩れて、
愛に不安を感じてしまう、セックス好き生き物なの。

それから、36歳とか言ってたけど、ママのほうは、今が一番、
マンコセックスのヤり盛りなのよ。
男の場合、タマキン睾丸のザーメン製造能力のピークは25歳くらいで、
マラチンポの勃起度も、実は、その頃が一番なの。
それを過ぎると、ザーメンチンポ液の量も、勃ち具合も少しずつ衰えてくるの。
と言っても、全くセックス性欲がなくなって、種無し状態の、
インポ・チンポになってしまうってワケではないの。
ただ、パパは肉体的なセックス・ピークを過ぎているって話なの。

女は違うのよ。女は30代が、オマンコ感度のピークなの。
若い頃とは違って、チンポの味を十分に知り尽くしてしまった
三十女のセックスは強烈。
毎晩でも、夫の黒〜いマラチンポでオマンコを愛されたくて、
いつも、発情興奮状態のメスの生牡蠣から、生臭〜いマンコセックス愛液を
トロトロろ垂れ流しているの。
トモちゃんのママも、やりたくてやりたくて、オメコの肉穴から、
いやらしい女のセックス・ジュースをこっそり出してるの。
ママであると同時に、オマンコするのがたまらなく好きな、
ひとりのスケベ熟女でもあるのよ。
きっと、ママのほうからおファックを誘うの。「ねぇ〜アナタぁ〜ん」と、
いやらしい声を出して、パパのチンポをモミモミ握ったりして・・・うふふっ。

ところで、トモちゃんも当然知っていると思うけど、
セックス性交は本来、子供を作るための生殖行為なの。そう、交尾ね、交尾。
本当は、メスの生殖マンコの奥に、オスの勃起したペニチンポを
ちょっと突っ込んで、妊娠子種精液をピュッピュと発射すれば、
それで終わりのはずなの。
だから、動物の交尾は、だいたい2〜3秒で終わるでしょう?
ところが、人間の交尾セックスは違うのよ。
女のマンコあわびの肉ホールに、男が硬直チンマラを突っ込んで、
腰を振って、お互いの生殖パーツの粘膜を何十分も刺激しあって、
淫らなチンポマンコ交尾快楽を貪り味わうの。
特に女は、気持ちよすぎて、もう本能のままに、人間の言葉とは違う、
動物のメス本来の声を発しながら、激しく喜び乱れてしまったりするの。

「愛してる」とか、スカしたことを言いながら、
お互いの生殖パーツでヌルヌルベチョベチョなコトをやっているくせに、
子供は作りたくないので、チンポに薄〜いセックス・ゴムをかぶせるの。コンドームよ。
おチンポサラミとマンコ魚貝類の粘膜が、生臭いセックス粘液にまみれながら、
ヌルチュポと絡み合う気持ちよさを散々味わっておきながら、
最後に、たまきんザーメンがオメコの中にドクドクと流れ込むのを防ぐために、
チンポにいやらしいゴムのバリアーをかぶせるの。
トモちゃんのパパとママも、もう子供は欲しくないんだけど、
おファックマンコ交尾はやりたくてやりたくてしょうがないので、
(特にママのほうがね・・・。)パパのチンポに、いやらしいセックスゴムを
付けてからアレする、好きもの夫婦なの。




あっ、でも、チンポカルピスをオマンコの奥にドクドクっとお射精しても
大丈夫な日もあるの。いわゆる「安全日」よ。
月に何日かは、このチンポ汁中出し安全日があるの。
スケベぇ夫婦にとって、中出し安全日は特別なオマンコ・デーなの。
生チンポと生マンコで、心ゆくまで愛を確かめ合う、スケベな夜のひととき・・・。
生の粘膜遊戯の快楽に酔い痴れる、どスケベ・カップル。

ママの汁出し生ベッチョの奥で、パパがチンポを弾けさせてドピュドピュやっちゃうの。
ママのいやらしいヌルヌル・セックス穴を生ハメファックできる気持ちよさに、
パパも大ハッスルして、普段より5割増しで、凄く激しいウルトラ・ハメ腰を使って、
ママのオマンコを交尾サービスしてあげるの。
お射精チンポのドピュドピュ液を、マンコ内臓の奥で受け止めたママも、
パパと一緒に達しちゃったりするの。チンポマンコ同時アクメ絶頂昇天よ。
愛の証であるタマキン子種汁を、メコベッチョの中で直接放たれている淫らな自分に
異常興奮して、思わず大声を出しながら、強烈なマンコオルガ絶頂に達してしまうの。

ハメッチョ大好きエロ夫婦は、毎月、チンポザー汁中出し安全日を楽しみにしているの。
ママなんか、チンポゴム無し生セックスできる日が近づくと、嬉しくて、
大人のくせにワクワクしたりするのよ。
きっと寝室の中に、トモちゃんには見せられない秘密の「オマンコ・カレンダー」があって、
中出しピュッピュできる日には、ハートマークが付いてたりして・・・うふっ(笑)。
36歳熟女が、エロ・セックスのコトでウキウキしてるの。

あと、ちょっと気合の入ったセックス・ベテラン夫婦になると、
旦那が、カルピス汁射精の瞬間に、マラちんちんをヌレメコの穴からスポッと抜いて、
なんと奥さんの口に咥えさせて、チンポ液をドピュドピュする、
凄いポルノなことをするの。
ポコチン精汁を口の中でブッ放された奥さんは、大喜びしながら、
旦那がタマキンで製造してくれた愛のカルピス原液をゴクゴク飲み干すの。
旦那のタマ汁が、濃くて量が多いほど、女は勘違いして愛を感じる生き物なの。
どうせ、ほかの若くて綺麗な女だったら、海綿体の興奮勃起チンポ圧がアップして、
もっと大量にチンポ液を出すのよ。うふっ(笑)。

ところで、トモちゃんのパパとママ、一体、いつオマンコしているのかしら?
当然、トモちゃんにばれないように、夜中にこっそり、ハメッチョしていると思うの。
パパの休みは土日でしょう?だからきっと、金曜日の夜中、
トモちゃんが寝た後に、こっそりハメるの。フライデー・ミッドナイト・オマンコよ。
普通のサラリーマン家庭の場合、休みの前日、
つまり、金曜日か土曜日の夜にオマンコするの。明日は休みだから、
旦那さんがフラフラになるまで、奥さんから男の精を吸い取られるの。
男は哀れな生き物よ。1週間一生懸命働いて、やっと休みが来たかと思うと、
自分の奥さんにタマキンの精を抜き取られて、ヘトヘトに疲れ果ててしまうの。
週末の夜に日本国内で、一体、何トンのザーメン液が射精されるのかしら・・・。
そして女たちも、どれだけの量のオメコセックス液を分泌するのかしら・・・。
週末の夜は、日本全体が淫らなセックス液で洪水になっちゃう・・・。

多分、トモちゃん家では、金曜日の晩ごはんにスタミナ料理が出るはず。
豚肉のニンニク炒めとか・・・。それをパパに食わせて、チンポ海綿体の勃起力を
アップさせる魂胆なの。もちろんママも、それをモリモリ食べて、
その夜のハードなオマンコ作業に備えて体力を付けるえげつなさ・・・。
その時、ママの顔をじっくり観察してみるといいわ。
一週間ぶりに、パパの黒マラを味わえるうれしさで、ウキウキしながらも、
目は本気(マジ)で、オスの精を吸い取る発情メスのごとくギラギラしているはず。
精液バンパイア状態よ。睾丸の精を吸い取って生き延びる女妖怪なの。

そのあと、トモちゃんに「早く寝なさい。」と、やたらとうるさいの。
トモちゃんだって次の日は休みだから、夜更かししても構わないはずなのに、
「早く寝ろ」と、やかましく言うの。
一刻も早く、パパとオマンコしたくて、娘に「早く寝なさい!」と命令しちゃう、
いやらしいママなの。母親だと言うのを忘れて、
ひとりのマンコセックス大好き女に成り果ててしまっているの。

次の朝、パパが昼まで起きて来ないで、反対にママは、
もの凄く機嫌がよかったら、もう間違いなく、きのうの夜中、
しっかりハードなベッチョ交尾をやっちゃった証拠。
女は、好きな男のチンポでたっぷりオマンコされたあとは、
もの凄く機嫌よくなるものなの。
何度も何度も、死ぬほど気持ちいいマンコオルガ絶頂に達したおかげで、
女のドロドロとしたエゲツないエロ性欲が発散されて、爽やかな顔になって、
ウキウキ上機嫌になるの。
きのうの夜の、ギラついた、いやらしい顔をしたママとは大違い。うふふっ・・・。

もし、今度チャンスがあったら、2人の寝室のゴミ箱を漁ってみるといいわ。
使い終わったコンドームが、パパのチンポ汁が漏れないように口を結んで、
ティッシュに包んで捨ててあるはず。もしかしたら、2個も3個も捨ててあるかも。
ママが何度も射精おねだりをして、朝まで、たっぷりオマンコした証拠なの。
その中には、パパの1週間分のキンタマ液が大量に入っているはずよ。
もし、セックスゴムを発見できなかったら、ママの生殖ベッチョの奥に
ドピュピュッピュとお射精したか、ママの口で、パパのちんちんジュースを
ゴクリと飲み干したのかも知れないわ・・・。うふふっ。

(とりあえず、完)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




里中亜矢子,野宮凛子,山咲わかな アナルファックイベント