HU-005

白人女 と ウタマロ
5

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





非現実的な妄想オメコばっかりしてても、憧れの白人女のチーズ・ベッチョに、
チンポをハメッチョする夢は実現できないから、
ここからは、より実践的な、白人メス豚への交尾法を教えてあげるわ。
さっき一発、タマキン・スペルマ液を抜き取り出したから、
チンポも頭もリフレッシュして、また新たな気持ちで、
白豚レディーの桃色マンコ・プッシーを目指しましょう。

まずは、白人女をゲットする方法から。
これは、意外と簡単。ナンパするのよ、ナンパ。
意外に思うでしょう。でも、これが一番手っ取り早いオマンコ・ゲット法なの。
チンポとマンコ、もしくは、マラとベッチョの素敵な出会いの基本は「ナンパ」なのよ。
世界共通、世の女どもは、カッコいいチンポ男に誘われるのを、
いつも待ち望んでいるものなの。

チンポを咥え込み盛りの、発情ベッチョ世代の若い娘はもちろん、
結婚してても、子供がいても、熟女になっても、
女は、男に声を掛けられるとうれしいものなの。
ウキウキしちゃって、心の奥底で、その男との素敵なチンポマンコ合体作業を夢見て、
さっそく、オメコから興奮生殖液を滲み漏らすの。
女が、化粧をしたり、エステに通ったり、整形をしたりするのは、
実は、カッコいい男に声を掛けられて、最終的には、その男のマラちんちんで、
身も心もとろけるような華麗なるオマンコをされて、
きんたまの中に貯蔵されている、白くて濃〜いタネ液、おザーメン精液を、
チンポ陰茎の尿道口から、ドピュドピュとお射精させて、
己の体内に取り入れようと企む、メスの生殖セックス本能からきているの。

だから、「ウタマロ特攻隊」になって、勇気を振り絞って、
白人オマンコ・レディーに声を掛けてみるの。「カミカゼ・チンポ」よ。
と言っても、ここは日本・・・。
そんなに白人女が、通りをウロウロしているわけがないでしょう。
間違っても、国籍不明のニセモノ白人女が在籍しているような、
怪しげな外人バーに行ったりしちゃダメ。
髪の毛は金髪でも、いざオマンコしようと、パンティーを脱がしてみたら、
黒い剛毛の陰毛マンゲだったりするの。
ついでに、マンコ肉も、強烈なブラック・マンチョだったりして・・・うふふっ。
だから、本物の金髪マン毛のピンク・マンコ白人女をターゲットに絞るの。

そう言えば、駅の近くに英会話スクールがあるでしょう?
あそこで講師をしているアメリカ人の女なんかどうかな・・・。
年は20代後半みたいだけど、結構美人だし、目は青いし、背も高くて肉付きもよくて、
髪がブロンドだから、きっと陰毛もブロンド・マン毛なの。
それに、オメコもスゲぇ〜臭そうだし・・・うふふっ。
あなたの性欲チンポが、十分反応するレベルだと思うの。
思いきって、あの英会話教室に入会しちゃいなさいよ。
そして、プライベートでデートに誘ってみるの。
男の生徒も、結構いるみたいだけど、みんなビビっちゃって声掛けたりしないのよ。
そこで、あなたが「ウタマロ特攻隊」になってデートに誘ってみるのよ。
あの講師も「何よ、日本人の短小チンポ男のくせに!」とかバカにしながらも、
『小さいけど、硬くて素敵』と評判の、ウタマロ・チンポをちょっと味見したくて、
マンコセックス欲が疼いてしまうものなの。
あなただって、例えば、よその国に行ったら、現地の女の肉体を
味わってみたくなるでしょう?それと同じことなの。
彼女も、日本に来たからには、1発でいいから、ウタマロ、
つまりジャパニーズ・チンポでオマンコされてみたいと思っているのよ。




実は、彼女みたいな外人女の場合、日本に来て、
1度もオマンコしていないことが多いのよ。
さっき話した、怪しい外人バーで働く不法滞在っぽい、白人モドキの女たちは、
毎晩のように、お客さんにハメハメ接客しているみたいだけど、
英会話の先生のような、お堅い仕事をしている女は、
そういうわけには行かないでしょう?
たぶん、アメリカに白チンポの彼氏がいると思うけど、ずーっと会ってなくて、
オマンコしていないから、もの凄くセックスが溜まっちゃってる可能性が高いの。
極東の小さな島国に来て、オメコが疼いて疼いて身悶える、
スケベぇ〜な日々を過ごしているの。
だから、声を掛けてみると、もしかすると、日本人のヤリマン・バカ女よりも
簡単に股を開いて、アレをやらせてくれるかも知れないわ。
「日本人のくせに!」とか言いながらも、マンコのセックス欲には勝てないの。

そう言えば、男がチンポをモロに露出して、センズるところを女に見せつけて、
そのエロい反応を楽しむというマニアックなAVがあるんだけど、
その中に、真面目そうな白人女が1人出てくるの。
その女ったら、久しぶりの生チンポ、それも初めてモロに見る、
日本男児の赤黒いウタマロ・マラに、すっかり性興奮してしまったみたいで、
眼球は妖しく濡れ光り、頬っぺたはピンク色に染まって、なんだか様子がおかしいの。
仕舞いには、もうわけが分からなくなったのか、マラしごき作業を手伝ったりもしてるの。
完全に発情しちゃったのよ。
きっと、ピンクの生牡蠣からは、濃厚でクセぇ〜マン液が、ヌルヌルと漏れているはず。
撮影現場内に、男優のマラ臭よりも強烈な、その白人女の発情体臭と、
生臭いセックス液の匂いが、モワ〜っと漂っているの。

きっとその女、家に帰ってから、燃えたぎるセックス欲を1人で手マンコして処理したはずよ。
さっき目の前で初めて目撃した、ビンビンにおっ勃ちまくって、
血管が浮き出た、赤黒いチンポ・ウタマロのご立派な肉茎を思い出しながら、
濃い〜ヌル液を出しまくって、凄〜くクッセぇ〜白人女特有のピンク色のベッチョを、
強烈にフィンガー・マンコして慰めるの。
おマンチョの粘膜が、しごきすぎて、もうヒリヒリするくらいに、
何度も何度も、激しくマンズリまくって、淫らなチンポ欲を鎮めるの。

あの英会話スクールの白人女だって、澄ました顔して英語を教えているけど、
本当は、カッコいいジャパニーズ・チンポ男に、自分の白い肉体を、
ケダモノの交尾のように、激しくおファックされたい欲望を秘めているものなの。
授業が終わって家に帰れば、こっそり買った、チンポやマンコがモロに描いてある、
えげつないレディース・コミックの絵だけ見ながら、
毎晩、卑猥なフィンガー・オメコに耽っているかも知れないわ。
だからアンタが、その淋しいロンリーベッチョを、ウタマロちんちんで満たしてあげるのよ。
白人女の桃色プッシーにマラを突っ込みたい男と、ウタマロ陰茎を、
自分の濡れベッチョに突っ込まれたい白い女の、素敵な肉体交尾関係なの。

デートに誘ったら、まず、メシを食わせてあげましょう。
女をモノにするには、性欲だけではなく、食欲も満たしてあげないといけないので、
オマンコに辿りつくまで、金がかかって大変ネ。うふふっ・・・。
と言っても、別に、おしゃれなレストランなんかじゃなくて、
オヤジ連中が出入りするような、やたらと下品な店に連れて行くのよ。
実はこれが、結構効果的なの。逆に、凄く喜んだりするのよ。
近所の定食屋でもいいし、ラーメン屋でも、焼き鳥屋さんでもOK。
思いっきりファンキーなものを食わせて、白人女をこっちのペースに引き込む作戦。
砂肝(すなぎも)なんか、「What's this ?」とか言いながら、
平気でムシャムシャ食べるかも知れないわよ。何しろ敵は、男の生殖肉・ちんちんを
口に咥えて舐めしゃぶって喜ぶ生き物なんだから・・・うふふっ。
回転寿司にも連れてってあげましょう。砂肝を食べるくらいだから、
食感がコリコリ系のネタ、貝類なんか喜んで食べるかも知れないわ。
赤貝をたらふく食わせて、後で、その女の「赤貝」をたっぷり頂く作戦・・・うふふっ。

食事も済んだし、ちょっとお酒も飲んだし、日も暮れてきたし・・・。
そろそろ、オマンコするお時間・・・と思いきや、その日は、あえて交尾セックスしないの。
これが、ポイントなのよ。
例えば、売れっ子のNo.1ホストは、客の女と、なかなかオメコをしないの。
徹底的に焦らしまくって、若い男のちんちんに飢えた、
金持ちスケベ・ババァ連中の身も心もメロメロにしちゃうの。
すぐに、客の女のコーマンに、チンポをイレッチョしてしまうホストは、
稼ぎが少ないというのが定説なの。
別に、その英語講師の白人女に、金を貢がせるわけではないけれど、
気分が高まって、いよいよこれから、チンポとマンコの粘膜コミュニケーション・タイムに
入ろうかと言うときになって、「今日はこれまで。」となると、
女は、「次のデートの時は、絶対に、この男のマラで激しく交尾されたい・・・」と
思ってしまうものなの。
何日間もかけた、高等オマンコ焦らしテクニックとも言えるわ。




帰り際に、またデートの約束をするの。その時、まぁ、キスぐらいはOKかな。
次のオマンコ・セックスを予感させるような、スケベ・キスをするの。
そしたらもう、あの白人女講師、次のデートまで、発情しっぱなしの状態に陥ってしまうの。
アレをやりたくてやりたくて、興奮ベッチョから、
交尾用のプッシー液を、はしたなく滲み漏らしてしまうの。
ウタマロちんちんによる、素敵なおファックを待ちきれず、
もの凄く激しいマンズリ手淫をやりまくって、性欲処理をしちゃうの。
あなたのチンポマラで、オメコを交尾されるシーンを妄想しながら、
液が出てヌチョベチョ状態のマン穴に、指を2〜3本突っ込んで、
激しくフィンガー・ファックしたり、Gスポットにコリコリっとタッチしたりする、
いわゆる、「指入れ手マンコ」をやっちゃうかも。
彼女の人生で、最もえげつない、スーパー・ハード・マスターベーション・手メコ・・・。
セックス汁で、もう指がふやけちゃうくらい、
強烈なセルフ・フィンガー交尾に耽る、スケベぇ〜な白人女なの。

そして、いよいよ、次のデート。
あの女も、今日こそ、ウタマロ・ペニスでオマンコされる覚悟で来ているはずだから、
アンタも、チンポに気合を入れて望まなきゃダメよ。
デートの日まで、センズリ禁止命令よ。
キンタマの中に、た〜っぷり、日本人のDNAタネ汁、お精液を蓄えてから
白い女のいやらしい肉体に挑むの。
禁欲オナ我慢すると、チンボのおっ勃ち具合もアップするし・・・。

初オマンコの場所は、ちょっと値段が高めの、いわゆる、シティ・ホテルにしましょう。
ファースト交尾から、いきなり、安〜い値段の、セックス専用の低料金ラブ・ホテルだと、
白人女のオマンコのプライドを傷付けてしまう恐れがあるから、
とりあえず、一発目は金をかけましょう。
な〜に、一発目に強烈なオマンコLOVEをしてあげれば、
女は、その男のチンポセックスに夢中になって、2回目3回目からは、
もの凄く汚いラブ・ホテルだって、車の中や、公衆トイレだって、
その男にオマンコされたくて、ホイホイ付いて来ちゃうものなの。
だから、最初のチン入れハメッチョだけは、気合を入れて慎重に行きましょうね。

ホテルに着いたら、たぶん彼女、最初にシャワーを浴びると思うの。
デートの前に、今日のチンポマンコ結合遊戯を期待して、オメコのビラビラのすき間や、
マンコ豆の皮の間に溜まっている、カマンベール・チーズのような白いマンカスを、
石鹸をつけてゴシゴシと洗い落としてきたと思うの。
さらに、マン穴に指を突っ込んで、ドロドロした、クッセぇ〜オリモノ・マン汁を掻き出したり、
ケツの穴まで丁寧に洗って、マンコセックスする時、匂わないように準備してきたはずなの。
ところが、デート中に、数ヶ月ぶりに味わう男のチンポ・セックス、
しかも、初体験の、ウタマロ・マラによる痺れるようなおファック・タイムのことばかり
考えていたせいで、せっかく洗ってきたおマンチョの肉穴から、
大量の交尾用セックス液を分泌しまくって、オメコがヌルヌル・ベトベトの濡れ濡れ状態で、
凄く気持ち悪くて、自分でも匂っちゃうほどに、メス臭〜い卑猥なマン臭が、
プーンと漂ってきたので、オマンコ MAKE LOVEの前にシャワーを浴びたがるの。

そういうアンタも、デート中、目の前にいる白人女の、
チーズ臭いオメコ・プッシーを食べることばかり考えて、チンポコをおっ勃てて、
ズボンの股間部分がテントを張りまくっていたくせに・・・うふふっ。
ほらほら、ちんちんの亀肉の先っちょから、早くも、カウパー・チンポよだれが滲み出ているわよ。
これで、白人メス豚のビッグなオメコを喜ばせることが出来るかしら・・・。
最後までチンポが持つかどうか、心配だわ・・・うふふっ。

(つづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 白人女とウタマロ 6 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




工藤朱里 無修正動画 上原光子 無修正動画 五十路