HU-006

白人女 と ウタマロ
6

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





ほら、白人女講師が、オマンコの粘膜を必死に洗って、
おファックの準備が完了してシャワー室から出てきたわよ。
とりあえず、あなたも、チンポやきんたまを洗ってきなさいよ。
たぶん、凄い尺八オーラルをしてくれるはずだから、ちゃんと石鹸をつけて洗うの。
初オマンコするときは、男も女も、チンマンをゴシゴシ洗って、
滲み出ている粘膜の汚れ汁や、クセぇ〜匂いを洗い落として、
身を清めてから肉体を絡み合うのが、セックス・エチケットなの。

最初だけでいいのよ。最初の口マンコ・フェラッチョで、
白人男の白チンポの何倍も硬く、ハードにお勃起しまくったウタマロちんちんの、
カメ肉のプリプリした食感を味わえば、それが、病み付き(やみつき)になって、
次回からは、洗っていない汚れた生チンポを、平気で生尺(なましゃく)してくれるわよ。
それどころか、「あなたのチンポの匂いを嗅がせてぇ〜」と、
生ちんちんや、脂ぎったきんたま袋に鼻を密着させて、クンクン匂いを嗅いで、
目がトロ〜ンとなっちゃって、発情トリップしたりするかも。
卑猥な「チンポ・アロマ・セラピー」なの。

実は、タマキンの皮からは、メスを発情させるフェロモンが出ているの。
きんたま睾丸がデカくて、常に脂ぎっている男は、チンポ・フェロモンを大量に出すから、
それを、無意識のうちに嗅いだ女どもが、知らず知らずのうちに
発情して群がってくるの。つまり、モテるのよ。
さらに、この「きんたまアロマ」には、女のセックス・ホルモンのバランスを
整える作用もあるの。
この性ホルモンのバランスが崩れると、なんと女は、体や精神に変調をきたしたりもするの。
アンタ疑っているでしょう・・・。でも、本当なのよ。
例えば、男とさっぱりアレをしていないオールドミスが、
いつもイライラしているのは、そのせいなの。
この白人女も、長期間オマンコしてなくて、男のセックスチンポのアロマに飢えていたから、
あなたのマラやきんたまの匂いを嗅ぎまくって、スケベなセックス・ホルモンを安定させるのよ。
しかも、人種が違って、異国情緒漂う、「オリエンタル・タマキン臭」で、
余計にエロ・ホルモンが活性化されちゃうかも・・・うふふっ。

でも今日は、最初のマラ・ベッチョ交尾だから、とりあえず、清潔チンポのほうが無難。
だから早く、ポコチンを洗ってきなさい。
ほら、彼女がマンチョを湿らせて待っているわよ・・・。




さあ、いよいよ、「チンポマンコ・メイク・ラブ」開始。
まずは、キスからよ、キス。
白人女の口に吸い付いて、ベロを絡めたり、唾液を交換したりする、お口のセックスなの。
キスの本場から来た、アメリカ女に負けないような、濃厚でスケベぇ〜な、
「ベロ絡めチュ〜」をしましょう。
キスも、おセックスの重要なテクニックの1つなの。上手なスケベ・キスをすると、
それだけで、アクメオルガに達しちゃう、超敏感なエロ・レディーもいるほどよ。

この白人女ったら、ハメッチョ・セックスどころか、
お互いのベロをレロレロ絡め合う、猥褻ディープ・キスさえも久しぶりなもんだから、
もの凄く興奮しちゃって、鼻息を荒げちゃって、まるで、ケモノのメスが
エサを貪り喰うような感じで、あなたの口にチュ〜チュ〜吸い付いてくるわ。うふふっ・・・。
いつも気取った顔して英語を教えているけど、
一皮むけば、男と寝るのが大好きな、ただのスケベ女なの。

白人女の唾液の味は、どうかなぁ?えっ、「日本の女と変わらない」って?
でも、違う人種の女、そう、アンタが好きな、白いメスの肉体から分泌される
一種のDNA粘液なの。口からでる愛液よ。もっと味わって、有難く吸いなさい。

もうこの女、少しあえぎ声を出し始めたわ。キスだけでこれだもの、
やっぱりセックスが溜まっていたのよ。チンポセックスをご無沙汰してたのよ。
ここで、女をもっと性興奮させる必殺テクニックを教えるわ。
これは、別に白人女だけじゃなくて、チンポに飢えた女なら、
誰にでも凄〜く効く方法だから覚えておくといいわ。
女の手を持って、いきなり勃起したチンポを握らせるの。
そう、いきなり硬いマラ肉をつかませるの。
この日に備えて、ここ数日、アンタもセンズリを我慢したから、
たぶん、チンポがスーパー勃起していることでしょう。
その、男のスケベぇ〜な誠意を、女の手で直接確かめさせるの。

これは、凄い効果よ〜。きっと彼女、握った瞬間、「オォ〜ッ」と、
まるで、マンコにチン入れされたような、アメリカンなセックス声を出して、
もの凄く興奮しまくって、ベロを絡めるのも忘れてしまうほどに、ハァハァあえぎ始めるはず。
この瞬間、彼女の魚貝類からは、さっき洗ってきたばっかりだというのに、
またもや、チンポ挿入用のセックス液が、ヌルヌルと漏れ出してきているはずよ。

性興奮した白人メス豚の、甘酸っぱくて生臭い呼吸の匂いをちょっと楽しんだら、
すぐに、アンタの口をブチュ〜っと密着させて、彼女の口を塞ぐの。
ハァハァあえぐ女の口を塞ぐと、鼻呼吸だけでは酸素が足りず、
一時的に酸欠状態に陥り、脳の思考能力が低下して、理性がブッ飛び、
どんなに知的で上品な貴婦人も、もうワケが分からなくなっちゃって、
一匹のケダモノ・メスと化して、本能のままにオマンコ交尾作業に集中するという、
魔法のキスなの。
でも、あんまりやりすぎると、いきなり失神したみたいになっちゃって、
セックス阿呆(あほう)のような、無反応の「マグロ女体」になる可能性もあるので、
時々は口を離して、息をさせてあげてネ。うふふ・・・。

ほら彼女、握っているアンタの12cmチンポのマラ皮を前後に移動させる、
卑猥な手マンコを開始したわよ。
早くアレをしたくて、ただのセックス・メスに成り果てて、
手につかんでいる、睾丸タネ液を発射してくれる、オスの愛しい生殖肉、オチンポの皮を、
シコシコとセンズッちゃうの。スケベ白人女の、いやらしいチンポ手コキ・ストローク・・・。
彼女の白い手が、アンタの生レバー色した赤黒いマラを握ってシコシコしごく、
卑猥なコントラストなの。

次に、彼女の白〜い首筋に舌を這わせて、べロ〜んと舐め舐めしてあげるの。
時々、スケベ・ドラキュラのごとく、首筋に軽く噛みついたりすると、
女は、ハァ〜と大きな声を出して、異常に喜んだりするの。
スケベぇ〜なセックス吸血鬼に自分の女体を食べられる、
「オマンコ生贄(いけにえ)」になった気分に酔って、燃えまくるの。
でも、2回3回とチンポマンコ肉体関係を続けるうちに、交尾中、女は、
だんだん図々しくなってきて、仕舞いには、連続射精おねだりなんかしちゃって、
男のタマキン睾丸の中に蓄えられた白いチンポ液を、一滴も残さず抜き取り出そうと企む、
精液バンパイヤーに変身したりするの。
男のエネルギー汁、精のエキス液を全部吸い抜き出してしまう、
オマンコ吸血鬼になっちゃうの。

もう、彼女のあえぎ声、完全にセックスVoiceになってきたわ。
女がオマンコ行為に熱中している証拠の淫ら声なの。
それを確認したら、彼女の白いメスの体を、少しずつ舐め味わっていきましょう。
まずは、脇の下よ。舐める前に、匂いを嗅いでみて。
実は、女が発情興奮すると、脇の下から汗に混じって、男を興奮させる
セックス・フェロモンを放ち出すの。
ほら、なんとも言えない、生臭いメスの匂いが漂ってくるでしょう。
さっき、シャワーを浴びたというのに、スケベ・キスや、首筋を舐められただけで、
ド発情しちゃって、白い女体の奥から、オスのセックスをエキサイトさせる、
こってり濃厚で卑猥な性臭を漂わせるの。
日本人の女の匂いとちょっと違って、
なんだか、いやらしい乳製品のようなスケベぇ〜な香りでしょう?
それが白人女特有の、卑猥なセックス体臭なの。
ほら、アンタのチンポマラ、その匂いを嗅いで、ますます「勃ち」がよくなってきたわ。
この脇の下のフェロモンの作用で、興奮しすぎて、
彼女のマラしごきだけで、チン液を暴発したりして・・・。うふふっ。

さあ次は、おっぱいよ、おっぱい。
ほ〜ら、アメリカにいる白チンポ彼氏に、さんざん吸ったりしゃぶられたりしているくせに、
生娘(きむすめ)のようなピンク色の乳首をしているの。
ヤリマンのくせにピンク色の、「嘘つき乳首」なの。
さあ、お仕置きよ。そのサクランボ乳首を、舌で舐め転がしてあげましょう。
うふふっ、ほら、とうとうのけ反り始めちゃったわ。
久しぶりに、女の胸のセックス・ボタンを吸い舐められて、
淫乱どスケベ女のような、ものスゲぇ〜感じっぷり・・・。
「オォ〜、Yes、オォ〜ッ」と、洋物のエロ・ビデオに出てくるスケベ・ビッチのような、
ポルノなセックス声を出し始めるの。




腰の動きにも注目よ。
乳首は、マンコ豆とエロ神経が繋がっているの。
だから、乳をモミモミしたり、乳首を舐め転がしたりすると、マンコ、つまり下半身が、
まるで、いやらしい「交尾おねだりダンス」を踊るエロ・ダンサーのごとく、
ウネリ回転を始めちゃうの。
ほら、よく観察して。白くてデカい腰と尻が、スケベぇ〜な運動を見せるの。
時々、太ももを固く閉じて、スリ合わせるような動きもするでしょう?
うふふっ、それ実は、隠れマンズリしてるの。
まるで、汁まみれの生牡蠣のように、ヌルヌル・グチョグチョ状態になっちゃってる
濡れベッチョを、早くいじって遊んでもらいたくて、
男とまぐわっている最中に、女が無意識のうちにやっちゃう、隠れオナなの。
彼女の場合、久しぶりのオマンコ性交で、もう、わけが分かんなくなっちゃって、
自分のセックス動作がコントロール制御不能の、マンチョ・トランス状態になっているから、
自分でも気づかないうちに、思わず太ももをスリスリさせてマンズッちゃうの。
だから、許してあげてね。うふふっ。

ここで、またさっきの「口密着キス作戦」で、女を、さらにケダモノ・セックス・メスにしちゃうの。
プチ阿呆状態に陥れて、一刻も早くチンポマンコ合体をしたがる、
ハメ好き交尾レディーにさせちゃうの。
ほら、あなたのウタマロ・マラをしごく、彼女の手が止まって、
とうとうチンポを離しちゃったわよ。
早く、オメコをいじくって欲しくてたまらなくなった証拠なの。
さっきより、彼女の体から漂う、ムッとするような発情メスの体臭が濃くなってきたの。
匂いを嗅がせて男をエキサイトさせて、チンポイレッチョを促す、
スケベ女体の交尾欲求現象よ。でも、その手に乗っちゃダメ。
まだまだ、この女の白い肉をしゃぶり舐めて、焦らしまくるの。
おっぱいをモミモミしながら、白い豚女のあばら部分、「スペアリブ」を舐め舐めするの。
普通は、くすぐったい部分だけど、完全発情した女体なら、
もうどこを舐めても、もの凄く感度がよくて、ビクビク反応しちゃうの。

次は、脂の乗った腰を舐めしゃぶって楽しむの。
この肉付きのよさ、どうよ。腰とケツのボリュームが、もう凄いの。
白人女ならではの、デカい骨盤なの。
ここだけ見れば、ただの白デブ女だけど、彼女、背が高いから、全体的にバランスが取れてて、
男のちんちんを欲情させる、ゴージャスなスケベ肉体なの。
おっと、背中を舐め忘れるところだったわ。
体を裏返しにして、首から尻まで、背中のラインを舌でツーっと舐めなぞるの。
これも、凄く効くわよ。舌がケツの近くに接近すると、
感じすぎちゃって、腰をブルブルと痙攣させる、敏感なエロ女もいるほど。

まだダメよ。早く白人女の液出し濡れベッチョを拝みたいからといって、
白いケツの肉を、手でつかんで割り開いたりしちゃダメ。
舐め舐めする舌が、尻の割れ目まで達したら、再び、彼女の体を仰向けにさせるの。
そしたら、ほら、アンタの目の前に、夢にまで見た、
ブロンドの陰毛マン毛に覆われた、素敵なマン土手のお出ましよ。
日本の女の、黒いマン毛もいやらしいけど、陰毛のくせにブロンドというのも、妙に卑猥なの。
しかも彼女、恥ずかしいくらいの剛毛マン毛・・・。
情が深くて情熱的で、男とアレするのが大好きな証拠なの。
しかも毎回、全力で気合を入れて、本気でオメコしちゃうタイプよ。
要するに、ただの「好きもの」ってこと。
だって、アメリカに巨根白チンポの彼氏がいるっていうのに、
アンタみたいな得体の知れないウタマロ男に誘われて、
浮気オマンコしようとしているんですもの・・・。うふふっ。

さあ、ブロンド陰毛マン毛がフサフサ生い茂る、いやらしいマン土手に、
鼻を突っ込んで匂いを嗅ぐの。
実は、毛の生えたマン土手からは、女によっては、脇の下の数十倍の、
メスの性フェロモンを分泌している場合もあるの。
ほら、彼女も、こってり濃厚で、むせ返っちゃうほどの、
生臭くてえげつない、メス臭い匂いがするでしょう?
強力な女体セックス・フェロモンよ。男のタマキン袋から出るやつの女バージョンなの。

脇の下の場合、毛をジョリジョリ剃ったり、
発情性臭を漂わせるスケベぇ〜女と思われないように、
消臭スプレーなんかをシューッと吹き付けたりして、必死にお手入れをするけど、
陰毛マン毛は、風呂に入っても、石鹸をつけて適当に洗うだけだから、
メス本来の、生のセックスの香りが楽しめる、貴重な肉体ポイントなの。
だから、白人女に限らず、女とオマンコする時は、
毛の生えた卑猥なマン土手に鼻を押し付けて、
クンクン匂いを嗅いで、チンポをハッスルさせるのよ。
そこの匂いを嗅ぐと、どんなインポ・マラでも、ムクムクとおっ勃ち始める、
魔法のスケベ性臭フェロモンなの。
アンタの場合、これ以上、マン土手アロマ・セラピーを続けると、
興奮しすぎて、きんたまザー液が、チンポ穴から
出る出るお漏らし射精をしちゃうといけないので、次は、足に行くわよ。
もう透き通るほどに白い、白人女の太ももを、舐めしゃぶって味わうの・・・。

(つづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 白人女とウタマロ 7 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




岡本由紀 五十路 無修正動画 橋本恵子 五十路 熟女