HU-009

白人女 と ウタマロ
9

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





チンポセックスをご無沙汰してた女を上に乗っけたら、もう大変。
アンタよりデカい、白人女のいやらしい肉体が暴れまくるの。
さっき、「座りハメ」をした時みたいに、石臼を挽くように、尻をグリグリと回転させたり、
まるで、餅つきをするように、ケツをジャンプ気味に上下に揺らして、
チンポを激しく出し入れさせたり、アンタの体に覆いかぶさって、
ハァハァ〜と生臭い息を吐きながら、何か英語で囁いたあと、ブチューっと口に吸い付いてきて、
濃厚なベロ絡めキスをやっちゃうの。
まるで、久しぶりに再開した恋人同士が、マラとベッチョを結合させて愛を確かめ合って、
溜まっていたセックス肉欲を発散させるような、濃厚なファック絵巻・・・。
情熱的なオマンコを繰り広げるの。
ほら、彼女の陰毛マン毛、凄〜い剛毛だったでしょう?
女のくせに、アンタのチン毛よりも多毛なブロンド・マン毛・・・。
マンチョロ毛が濃い女は、情が深くて、このように情熱的なハッスル・オマンコ交尾を繰り広げるの。

こんな時に、12cmの粗チンポが威力を発揮するの。
女がメチャクチャに腰を使って、ちんちんがマンコ内臓の奥までめり込んでも、
チン先が、やっと子宮に届く程度だから、
もの凄〜く激しい強烈ジャンピング・チンポ・ピストンをやっても、
マン内を大怪我することがない、安全チンポなの。
アメリカ人の、30cmを越す、もう化け物のようなモンスター巨根コックでこれをやったら、
さすがのデカ・マンコ白人女でも、マン奥を突き過ぎて、誤って内臓破裂しちゃうかも・・・うふふっ。
でも、12cmマラの場合、チンポの「茎(くき)」が短いから、
女が、あまりにも激しく腰を動かしすぎると、すぐにヌルっと抜けてしまい、
ついでに、抜けたチンポ肉が、女の尻やももに激突して、海綿体がニョキッ!とヘシ折れる、
恐ろしい「チンポ捻挫」のアクシデントに見舞われる可能性もあるので要注意よ。

彼女、豆をアンタの恥骨にグリグリ押し付けて、また豆絶頂を目指しているみたいよ。
ハメ入れているチンカメの先端で、子宮口をコリコリと刺激しながら、
セックス豆のほうでも、アクメしちゃおぅ!とはりきっている、貪欲なオルガズム女なの。
豆と穴の同時絶頂を目指して、髪を振り乱しながら、何かに取り憑かれたように、
一心不乱に腰を使いまくる、マラとメコの合体遊びの気持ちよさに溺れている、
この白い女の浅ましい姿をじっくり見るの。
ほら、イッちゃった〜。また、気をやってるみたい・・・。
オメコ仕掛けの痙攣肉人形みたいに、デカい女体をブルブル奮わせたあと、
硬直してやがるの。うふふっ・・・。
しかも、絶頂痙攣&硬直の時間が、最初のベッチョ・アクメより長くなってきているの。
マンコオルガの絶頂度が、だんだん深〜くなってきてる証拠よ。
20秒近くも、イクイク・オルガしちゃってるの。
ちんちんがピュピュッとキンタマ液を発射する、たった数秒間の、男のチンポ・アクメと大違い。
それにしても、これで何度目?イキすぎよ・・・。あきれてしまうわ、もう・・・。
ホントにチンポセックスに飢えていたのね・・・。

あらイヤだ、チンポを見てぇ〜。この女が、はしたなく分泌したドロドロ状のマンコの汁が、
ベットリ付着してるの。もちろん、しっかり白濁。うふふっ・・・。
濃厚な白濁本気液で、チンポ・ゴムの表面が真っ白よ。
予想どおりこの女、オメコから汁を出しまくっているの。
それも、凄く濃くて、クセぇ〜マンチョ汁・・・。
まるで、禁欲した男のタマキンに、濃度の濃いカ○ピス原液が溜まっちゃうように、
この女も、マンコの中身にいっぱい溜まっていたのよ、この精液みたいな濃厚白濁汁が。
それを、アンタがチンポを出し入れして、マン内をお掃除してくれたから、
掻き出されるようにドロンチョと垂れ流れてきちゃったの。
しかも、マラで激しくピスられたもんだから、もうホイップ状になるまでシェークされて、
スゲぇ〜匂うの。ムッとするようなケモノのメスのセックスの匂いが漂うの。
ヤダぁ〜もう、キンマタにまでトロロ芋みたいな「女の精液」がベ〜ットリ・・・。
この女、出しすぎよ、もう・・・。



さあ、気を取り直して、次は、後ろからオメコするの。そう、バックよ。
動物がするみたいに、女を後ろ向きにさせて、ケツからオマンコするの。
これぞまさしく、交尾よ。バックからマンコしてこそ、その女を本当にモノにしたことになるの。
女が、自分の恥ずかしいセックス生牡蠣を捧げ出して、クソをヒリ出す穴まで、
モロに見られながらオマンコされて、その男に征服されるマゾ快楽に酔い痴れるの。
男も、何故だか異常に興奮しまくって、女の白いケツに、大ハッスルしながら
パンパンッ!とチンポで強烈に杭(くい)を打ちつけるの。
男も女も、淫らな気分になって燃えまくる、すんごくスケベな交尾合体スタイルなの。
さあ、達しすぎて、アンタの体にグンニャリとだらしなく覆いかぶさっている女を叩き起こして、
バックからおファックするのよ。

でも、ここで大問題が発生!アンタの足が短いから、マンチョ穴の位置が高すぎて、
ちんちんが届かないのよ。うふふっ、笑っちゃうわ。マヌケなセックス・・・。
でも大丈夫。オマンコは、男と女のスケベな共同作業なの。
ほら彼女、腰を低く落として、マンコの位置をチンポの高さに合わせようとしてるでしょう?
本当は、優しい女かも・・・。
単に、早くチンポをイレッチョされたいだけだったりして・・・うふふっ。

ほ〜ら、入っちゃった〜。ちんちんの根元までズッポリよ。
さあ、餅つきみたいに、ペッタンペッタンと肉と肉がヒットしあう
卑猥なファック・サウンドを響かせて、強烈に交尾しまくって、
彼女の濡れメコを再び喜ばせましょう。
ハード・チンポ・ピストンしながら、脂身が多い真っ白な尻の肉をわしづかみにして、
エロ陶芸家が粘土をこねるがごとく、グニュグニュと激しく揉みほぐしたり、
洋モノのビデオでよくやるみたいに、時々、パシっと引っぱたいてもOKよ。
さらに、チンポに付いているヌルヌル・マンコ液を指ですくって、
丸見えのケツアヌスに塗りまぶして、くすぐったりして悪さするのも効果的。
ケモノみたいなおセックスで、彼女、またもや気をやっちゃってる様子。この女、イキすぎよ。
彼氏が見てないのをいいことに、白人女のくせに、有色人種の粗チン男に
後ろから激しくオマンコされて、尻を引っぱたかれたり、恥ずかしい肛門アナルまで
イタズラされちゃって、大喜びしながら気をやりまくる、どうしようもないスケベぇ〜なの。

さあ、いよいよ、本日のオマンコの総決算。白人女との異人種間交尾の集大成に入るわよ。
ウタマロチンポ・パワーで、この白人女英語教師を、
最後のスペシャル絶頂昇天マンコ気絶状態にさせて、
ただのチンポ好きセックスどアホ〜の白豚女にさせちゃうの。

再び正常位のハメ体位に戻して、ゆ〜っくり、ネ〜ッチョリ、チンポ出し入れピストンしながら、
例の「ちんちん動かし作戦」で、この女のオメコの中身を喜ばせ泣かせるの。
アンタ、ちゃんと練習してきたでしょう?
陰茎マラ肉を、自由自在にビヨ〜ンと上下に動かす必殺テクニック。
ゆっくりとスロー・オメコしながら、彼女のマン内で、それやっちゃうの。
ほら、彼女のセックス淫ら声の音程が上がってきたわ。
ベッチョの中身でちんちんが暴れ回る新鮮な感覚に、驚きながら感じまくっているの。
デカいけど、白くて柔らかいアメリカン・チンポじゃ、とうてい真似できない
ウタマロ・チンポの凄い威力よ。

ちんぼの亀の頭を、上下にピョンピョンと動かして、オメコ穴の上にあるGスポットに
コリコリとタッチするような感じで、ヌチョヌチョとチンポ・ピストンをしてやると、
ほら、とうとうこの女「カム、カム」言い出したわ。
さっき、何度も達した豆アクメと違って、マンコの中身をチンマラでピスられて達する、
本物のマンコ絶頂昇天が近いみたい。
あれほどユルユルだったオメコ内部の肉が、まるで処女ベッチョのごとく締まってきて、
ちんちんの出し入れが困難になるほど、海綿体に絡みついてくるの。
アンタも、もう、思わず、きんたま汁をドピュッ!とやっちゃいそうでしょう。
でも、我慢して。この白いケツの女をオマンコ・パ〜にするまで、極限までお射精を堪えるの。

さらに、もっと凄いスペシャル交尾テクニックを披露するわよ。
チンポ動かしスロー・オマンコしながら、強烈クンニしたときみたいに、
マンコ豆の皮を、また、根元のほうまでグイ〜ッとズルムケにしてやるの。
そして、チンポゴムの表面にベットリ付いちゃってる、この女が分泌した、トロロ芋みたいな
ドロドロしたセックス液を指につけて、飛び出してきた女の真珠に塗りまぶしながら、
コリコリと強烈に手マンコしてしごくの。
うふふっ、見ちゃって!もう。彼女の、狂ったような乱れ様・・・。
「んンッごウイッノっ」と、何語かさっぱりわけの分からない言葉を大声でわめいたあと、
「ウオォ〜ッ!」と猛獣のような、オマンコ声を吠えて、全身をピーンと突っ張らせて、
とうとう達しちゃったみたいよ。しかも、イッてる時間が、今までで一番長いの。
きっと、深い深〜い女のマンコ絶頂昇天の喜びを、たっぷり味わっているんだわ。

アンタは、ここで休んじゃダメ。ファック・マシーンのごとく、チンポ動かしピストンをしながら、
セックス豆を、さらに激しくしごき続けるの。
彼女が、マンコ天国から帰ってきたあと、休む間もなく、連続でベッチョ絶頂オルガに導くの。
ほら、イキ終わった彼女が、まだ豆と穴を同時に責められていることに、ようやく気付いて、
「No Stop No !」と、おファックをひとまず中止するよう、お願いしてきたけど無視するのよ。
女が、おかしくなるまで、気がヘンになるまでハメ倒すの。




いよいよクライマックスよ。チンポ・ピストンのスピードを高速にアップして、
マンコ豆をつまみ上げるように、強烈にしごきまくるの。
これ以上無いってくらいに激しい最終ベッチョ責めに、
彼女、何が何だかワケが分からなくなって、もう抵抗すらできなくなって、
ウタマロ・チンポでメチャクチャにオマンコされる、ただの白い肉人形になっちゃってるの。
とうとう、「んぎょイッ、ンごヒっチョおん」と、まるで本物の白豚が鳴くような、
恐ろしいセックスvoiceをわめき出し、腰を捕まえてないとチンポが抜けちゃうくらいに、
もう暴れるように、全身を激しく痙攣させて、
ファイナル・オマンコ絶頂天国のツアーに出発しちゃったみたい。
そして、見て見て!なんと、しょんべんを漏らし始めたの!うふふっ・・・。
プライドが高い白人女が、日本人の粗チン男に交尾されちゃって、
あげくの果てに、気持ちよすぎて気をやりすぎて、小便まで漏らしやがったの。うふふっ・・・。
ほら、アンタの体に、この女のシッコが、ジョロジョロとひっかかっているわよ。
男と素敵なメイク・ラブしている最中に、しょんべんを漏らして、
パートナーにひっかけるなんて、とんだお下劣な、しょんべんレディーだわ。

まだよ、我慢して!チン液発射を堪えるの。
女にしょんべんをひっかけられながらも、まだまだオマンコ作業を続行するの。
この、どうしようもない淫乱白豚女のオメコを、ハード・チンポ・ピストン交尾でお仕置きよ。
白人オナゴが白目をむいて、口からヨダレを垂らして、マンコ気絶するまで、
硬いチンポをビヨ〜ンと動かしながら、さらに、豆をしごきながら高速でピスりまくるの。
ほら、この女、アンタに向かって、英語で何か叫び出したわよ。
たぶん、この状況なら、「もうヘンになっちゃう!」「死んじゃう!」「一緒にイッて!」という、
ファイナル・オマンコ・カウントダウン状態だと思うの。
でも、大丈夫。「ヘンになっちゃう!」とか言いながら、オマンコしすぎて
“ヘン”になった女はいないし、「死ぬ死ぬぅ〜」などと叫びながら、死んだ女もいないわ。
それに、今まで何度も何度も勝手にマンコオルガ昇天してるくせに、
今さら「一緒にイッて!」と言うのも、虫が良すぎる話ね。
彼女、もう息ができないほどにベッチョが気持ちよすぎて、
ハァハァ〜とあえぎまくりながら叫ぶもんだから、もはや英語かどうかも分からないほどよ。
アメリカ人のくせに、オメコ・ファックがよすぎて、英語もしゃべれなくなるなんて、
英語講師失格だわ。うふふっ・・・。

さあ、そろそろいいわよ。アンタもイクの。
ちんちん液をお射精するの。ファックで精液を出すの。
白人女に交尾して、種付けする醍醐味を味わうの。と言っても、ゴムの中にだけどね・・・。
ほら、1週間センズリを我慢してきんたまの蓄えた、日本人の子種DNA汁、マラ液を、
思いっきり射精しまくるの。
イクのを限界まで我慢してたから、海綿体のチンポ圧が最高潮の状態でしょう。
だから、この一発でタマキンが空っぽになるまで、超完全射精をして、
セックス・ゴムから、チン液が溢れて漏れ出すくらいに、大量にドクドクさせてぇ。
さあ、ファイナル・チンポ出し入れ開始。

あらヤダ、この女、「一緒にイッて!」なんて言ってたくせに、
またもや、先に達したみたいよ。彼女も、これが最終ベッチョ絶頂みたいね。
チンポ・ピストンができなくなるくらい全身痙攣しまくって、
ピーンと体を突っ張らせたのはいいんだけど、
完全に呼吸をしてないみたいなの。大丈夫かしら・・・。
気をやりすぎ、達しすぎの「オマンコ自業自得」よ。うふふっ。
それに、この女ったら、また何かオメコから汁を漏らし始めたわ。
今度のは、しょんべんじゃないみたい。
と言っても、マンコセックス液とも違うわ。一体、何なの?これ。
スゲぇ〜クセぇ〜〜正体不明の謎の絶頂汁・・・。さすがの私も、もうワケが分からないわ・・・。
いずれにしても、マンコから得体の知れない液汁を漏らし出してしまうほど、
女をベッチョ絶頂トランス状態に追い込んだ、アンタのチンポ交尾は最高よ!

さあ、気にせず、オマンコするの。思う存分、液を出すの。
と思ったら、あらあら、チン液が出る瞬間に、ウタマロ・マラをマンコ穴からヌチョっと抜いて、
ゴムを外して、なんと彼女の口にチンポを突っ込んだわ。
ナイス!きんたまスペルマを女に飲ませる作戦ネ。アンタ、なかなかやるじゃん!
彼女、今までオマンコ気絶して、グッタリとなっていたのが、
精液発射寸前のちんぼが目の前に来たとたん、いきなり意識を回復して、
チンパクしてきたわ。うふふっ・・・。
オスの子種ザーメン液を、一滴残さず己の体内に取り入れようと企む、メスの生殖本能が働いたの。
アンタも、セックス・ゴムの中に虚しくドピュッとやるより、
メスの肉の中にお射精できて、オスとしての生殖欲が満足できたでしょう。
しかも、白い体の女に、日本人のチンポDNAエキスを注入できて幸せネ!

ほら、射精しちゃって!凄く射精して!ドクドク射精してぇ・・・。
あらまあ、彼女、精液をドリンクし損なって、咳き込んじゃったわよ。
チンポ液の量が多すぎたのかしら・・・。
しかも、射精チンポ圧が高すぎて、スペルマ・カルピスが喉を直撃しちゃったりして・・・。
それとも、凄く濃度が濃い〜、まるでゼリーみたいな、
「塊(かたまり)ザーメン」が混ざっていたのかも・・・。うふふっ。

(完)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




四十路熟女 母子相姦