MC-008

使い込んだ黒アワビで成り上がる三十女。

まんちょシリーズ 藤W紀香

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





紀香の【チンポ好き度】
女の30歳は、チンポの味わい方を知り尽くしたハメ盛りでございます。
美人のくせに、陰に隠れてこっそりチンポ好き。
赤黒い生レバー色のちんちんが大好物の紀香でございます。
仕事続きでセックスが溜まってくると、反り返ったマラがたまらなく欲しくなって、
とりあえず、適当な男のチンポ肉を自分の魚貝類でパックンチョ。
紀香にオマンコ交尾をやらせてもらえる幸運に恵まれた男は、
何発も何発もチンポをドクドクさせて、男の精を吸い取られ、
金玉が空っぽになるまで、腰を振って紀香を喜ばせなければなりません。



紀香の【黒あわび】
使い込んで淫水焼けした見事な黒あわびでございます。
特に、小陰唇の色素沈着ぶりは強烈。三十女ならではのこげ茶色。
軟弱な男のマラよりも黒い、紀香の生あわびでございます。
オメコ・ファックの時、生殖器結合部分を見てみると、
紀香の魚貝類のほうが、チンポ肉より黒くて迫力があるので、
自信をなくす殿方もいるようです。
マンチョロ毛は薄めでございますが、盛り上がった土手のあたりから、
プ〜ンと紀香特有のマン臭フェロモンを漂わせ、
男をおびき寄せて喰らう、食虫植物のような魔性のオマンコです。
この、匂うブラック・プッシーを武器に、
何十本ものマツタケをゲットして成り上がってきた、おまんちょ努力女なのです。



紀香の【オメコ豆】
豆は小粒でございますが、性興奮して「オマンコ・モード」に突入すると、
いきなり血液が豆に集中して、コリコリと硬くしこり勃ち、
豆を包む皮もろとも大きく盛り上がり、恥ずかしいくらいにご立派な豆に変身。
皮ごと、揉むように手マンコしてあげると、「ハァハァ」と息を荒くし、
さらに皮をむいて、お出ましになった紀香のエロ真珠を舌先でコロコロ転がすと、
「ヒ〜ヒ〜」と喜んで、デカい腰とケツが淫らにローリングし始めます。



紀香が【オメコから出す液】
元々、紀香はデブ女でございますので、デブ女特有の、
さらりとして生臭い白濁本気汁を大量分泌してしまいます。
紀香の黒あわびと白い興奮マン汁は、まさに卑猥なブラック&ホワイトです。
オマンコ作業中に、ピストンしているチンポ肉が、
彼女のまんちょ汁で真っ白になるくらいベットリと付着して、
しかも、もの凄く臭いので、殿方は、時々ティッシュで、
オメコの白いよだれを拭いてあげましょう。



紀香の【オマンコする時の格好】
ゴージャスなボディをすべて披露できるオマンコ・タイムなので、
どんな交尾スタイルでも許してくれます。
オマンコ中は、次から次へと体位を変更して、一回のセックスで
10パターン以上の体位を試すことも・・・。
試しに体を持ち上げて「駅弁スタイル」で強烈連続ちんぽピストンをしてあげましょう。
「何これ〜?、すっごーい!」と、大喜びして、
殿方のチンポ・ピストンに身を任せるのでございます。







紀香の【どスケベ・オマンコVoice】
始めは「あ〜素敵」、「いい〜、最高」などと気取ったセリフを言う紀香。
殿方は、これに満足してはいけません。
強烈なノンストップ・ちんぽピストン攻撃をしながら、
豆をコリコリとしごきあげ、口で乳首をチュ〜チュ〜と吸い、
ついでにケツの穴に 指を2cmほど突っ込んで責めてあげれば、
思わず関西弁で、「あかん、イってまう」と、最初の気取ったよがり声はどこへやら、
化けの皮がはがれて、気をヤってしまうのです。



紀香の【イクイクオメコ絶頂】
体がデカい紀香の達する様は強烈でございます。
男の精をすべて絞り取るがごとく、長い足を殿方の腰に絡めたかと思うと、
次の瞬間「イッグぅ〜」と、デカい体をピーンとのけ反らせ、
あの整った美しい顔をお化けのように変形させ、全身をブルブル痙攣させて、
アクメ絶頂の瞬間を貪り味わう三十女でございます。



紀香の【完熟オメコの正体】
藤W紀香も、もう30歳の熟女。使い込んだ生牡蠣は完熟状態なんです。
これを過ぎると、もうSEXババァになってしまいます。
男にオマンコされて、気をヤるたびに、
顔の“ヨガリじわ”がだんだん深くなってまいります。

普段は上品ぶっている紀香も、一皮むけば、ケモノのようなオマンコ交尾を求める
ただの“どスケベ関西女”に成り下がるのでございます。
殿方が耳元で「オメコ・・・」と囁けば、グンニャリと体の力が抜けて、
デブ女特有の、甘酸っぱくて生臭い発情臭が、体からプ〜ンと匂ってくるはずです。
ベテランの殿方なら分かる、女が発情してきた証拠の動物的な香りでございます。
この匂いが漂えば、どんなにプライドが高い女でも、
オマンコおねだりをして、チンポ奴隷に成り果ててしまうのです。

こうなったら、いきなり紀香の顔面にチンポを押し付けても大丈夫でございます。
普段はパッチリとした、あの大きな目をトロ〜ンと潤ませ、
顔面は、女が性興奮した時のイヤらしい脂を分泌して、テカテカに光らせ、
濃厚な尺八チンポ吸いに夢中になるでしょう。

生臭い貝汁を大量に分泌するのも 元デブ女のポイントです。
チンポをインサートするやいなや、紀香の膣内に溜まっていた
臭ぇ〜“女のヨーグルト”が、チンポとオメコが結合している粘膜のすき間から、
ドロリと滲み出てくるのです。
そのまま、男がちんちんの出し入れを続けると、しまいにはケツの穴まで垂れて、
シーツを粘液でベットリと汚してしまう、はしたない紀香でございます。

彼女がイク寸前に、ちょっとチンポを抜いてみましょう。
淫水焼けしたグロテスクな黒あわびの奥から、
面白いように濃厚白濁本気汁がドロリと垂れ出てきます。
その臭ぇ〜こと、臭ぇ〜こと・・・。あの、美人でスタイル抜群の女・藤W紀香が、
こんなにも臭い、激臭オメコ汁を製造分泌する、まさに女体の神秘でございます。
ファック交尾の始めから終わりまで、彼女が垂れ流すマンコ液の総量は、
殿方がお射精するカルピス液の量をはるかに上回ります。
多い時には、100ccもの大量分泌。
性器のどす黒さ、セックス液の分泌量でも殿方を圧倒する、
まさに紀香の生き方そのものです。

そのあと、とどめのちんぽピストンでスパートしてあげると、
普段の上品ぶった彼女の姿からは想像も出来ないような、
下品ではしたない乱れようで、何度も何度も絶頂アクメに達し、
失神寸前まで気をやって、最後には目の焦点も合わなくなり、
顔の筋肉が弛緩して全く表情が作れない、まるでパ〜のような顔になる、
例の“セックスあほう顔”までも男に晒してしまうのです。
テレビで見せる、紀香のキリっとした顔とはまるで別人のようなアホ顔です。
彼女とオマンコなさる殿方は、この“紀香セックスあほうフェイス”を見るまで、
カルピス射精を限界まで我慢して、ノンストップちんぽピストン攻撃で、
黒いオメコを喜ばせましょう。

(完)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




浅倉彩音 初裏無修正 三十路 北原夏美 初裏無修正 四十路