MC-016

酒を飲むと、人が変わったようにチンポを欲しがる四十女。

まんちょシリーズ 川島なO美

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





川島なO美の【チンポ好き度】
色白細身の40代の女が、チンポ無しで生きられるはずがありません。
毎日でも殿方にオマンコしてもらわないと、ホルモンのバランスが崩れ、
ヒステリーを起こすほどのチンポ好きで有名でございます。
黒光りするブラック・ペニスが大好きで、ちんちんを見ただけで、
目がトロ〜んとなり、交尾OK状態です。



川島なO美の【熟れアワビ】
セックス・プロフェッショナルの四十女・川島なO美。
使い込んだ魚貝類は、もちろん“黒いムスメ”でございます。
特に、小陰唇の色素沈着ぶりはお見事。
色白女の黒い生牡蠣は、実に卑猥なコントラストでございます。
殿方は交尾の時、彼女の、この黒〜いグロテスクなアワビと、
白く美しいお顔を交互に鑑賞して興奮しましょう。



川島なO美の【豆】
いつも皮から顔を出して、ズルむけ状態のコリコリ豆でございます。
豆ボタンの根元の芯の部分がやたら長〜くて、しかも興奮すると、
硬く盛り上がってくるので、男性は手マンコし甲斐があります。
彼女の分泌したヌルヌル液を手につけて、高速でコリコリっと刺激すると、
喜び乱れる四十女でございます。



川島なO美の【汁】
セックス・ベテランの川島は、口ではクールに気取ったことを言っていても、
殿方と部屋で2人っきりになったとたん、条件反射で“黒いムスメ”から
女の生臭い発情まんちょジュースを分泌させてしまいます。
自分の意志とは関係なく、ダラダラとチンポ挿入用ヌルヌル液体を出してしまう、
淫らな生牡蠣でございます。



川島なO美の【ハメハメ結合体位】
自分のボディラインに自信がある川島なので、
どんな交尾体位も すぐにやらせてくれます。
特にバックから、ゆっくりヌッチョリとチンポ肉を
入れたり出したりするのを楽しみます。
白い背中をグイっとのけ反らせ、体は細いくせにデカい尻を、
ちんぽピストンのリズムに合わせて、オメコ交尾に夢中になります。



川島なO美の【よがりVoice】
普段は上品ぶっている川島も、酒を飲んで酔っ払ってオマンコする時は、
とても信じられないようなイやらしい淫語セリフを
思わず口走ってしまうのでございます。
特に、連続アクメで訳が分からなくなってくると、
「チンポ最高」、「ピストンしてっ!」、「オマンコ死ぬぅ〜」などと、
もうポルノ状態でございます。



川島なO美の【絶頂アクメ状態】
細身のくせに、凄まじいSEXスタミナをお持ちでございます。
豆を刺激して達する“豆オルガ”と、チンポの出し入れで達する“貝アクメ”の、
両方のオマンコ快楽を知っている四十の女が、
それを同時に味わって昇天すると、もう大変。
チンポが抜けるほど全身を激しく痙攣させ、
なんと、しょんべんまで漏らしてしまいます。







川島なO美の【どスケベなオマンコの正体】
先日、テレビの恋愛トーク番組に川島なO美が出演しているのを拝見しました。
その中で、「私はセックスの事を、絶対に“H”とは言いません。
“愛し合う”って言ってます。」と、綺麗な顔で 気取ったことをおっしゃってました。
“愛し合う”と言っても、することは同じでございます。
お互いの、ションベンや粘液を出す器官を口で舐めしゃぶったあと、
それを結合させて、ヌチョヌチョと粘液にまみれて、入れたり出したりさせて、
粘膜を刺激していい気持ちになる変態ポルノ交尾なのです。

さて、川島はワイン好きでも有名でございます。毎晩、ワインを飲んで
酔っ払ってからオマンコ交尾をするのが、大好きな女なのです。
しかし42歳にもなるのに、まだ独身の川島。
一体、どうやって性欲を処理しているのか謎でございますが、心配御無用。
しっかりチンポ彼氏を数人所有して、毎晩ハードファックに励んで、
肉欲を発散しておられるようです。
しかも全員、厳選した黒光りペニスをお持ちのチンポ彼氏ばかりなんです。

なO美は、ことのほか黒いポコチンがお好きなようです。
ブラックペニス・マニアなんです。
酔っ払って、彼氏と2人っきりになると、早くも発情して「あなたの黒いの見せてぇ」と、
ズボンのチャックを自分で下ろし、海綿体を手でつかんで取り出します。
「はぁ〜、いつ見ても黒いのね」と、その黒さにうっとりとして頬擦りをします。
そして、すぐにパックンちょ。
四十女のオーラル尺八演奏は、実に卑猥でございます。
常にベロを動かしながらの出し入れ、カリの回りにベロ絡め、
チュ〜チュ〜と裏筋吸い舐め、尿道口ベロ差し込み、金玉1個丸ごと飲み・・・
まるでヨーロッパ・ポルノのごとき、えげつなさでございます。

さらに興奮してくると、「私のも愛してぇ〜」と、
ヌルヌルするものを出して、しかも風呂にも入っていないので、
もの凄く生臭くなっている黒いグロテスク生牡蠣を、
平気で殿方の顔に押し付ける、図々しいばばあでございます。

興奮すると、とても口に出して言えないような
卑猥な言葉を口走ってしまう、なO美なんです。
初めは「愛して」などと、気取ったことを言ってるくせに、
チンポが欲しくなると「オマンコしてッ!」に変わってしまいます。
殿方が、彼女の魚貝類の入り口に黒棒を擦り付けて焦らすと
「なO美のマンコ泣いちゃうッ」、「早くぅ〜、おチンポ注射してぇ〜ん」などと、
ワイセツおねだりをする始末。
黒いムスメにペニスを入れてやると、いきなり「来るぅ〜」と唸り声を出して、
早くも絶頂アクメ天国へのツアーに出発のご様子。

その後も、なO美スペシャル淫語セックスは続きます。
誰もそんなこと尋ねていないのに「はぁ〜、私は好き者」と言ってみたり、
「マンコトロけそぅ」とか、「黒ちんぽ最高!」、「豆も同時にしてっ!」、
「白いの飲ませてぇ〜」など、とても、あのお美しい顔からは想像もできないような、
淫らな言葉を口走って、生殖器の粘膜刺激の気持ちよさに溺れる、
どスケベ四十女でございます。

川島なO美の、あまりにも激しい絶頂オーガズム痙攣のため、
時々、チンポがヌルっと抜けてしまう事もあるのですが、
そんな時は「ダメじゃない!もぅ〜、じゃあペナルティー・マンコするわよ!」と
殿方にまたがり、自分が分泌したまんちょ液でヌルヌルになった海綿体を、
手でつかんでドドメ色のムスメに入れ直し、自分勝手にハメ腰を使い
アクメ天国に連続昇天するのです。もう達しっ放しのあほう状態。
あまりの気持ちよさに、自分でも気づかないうちに、
なんと殿方の体に、ジョロジョロと小便まで漏らしてしまう下品さ。
濃い化粧も脂汗で全部取れてしまって、四十女の小じわだらけのヨガリ顔の正体を、
殿方にバッチリ見られてしまいます。

(完)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




里中亜矢子 村上美咲 無修正動画 松木さやか 無修正動画