MM-004

【ママが雌になる夜】
4


※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





(私)「ママ〜、今夜、トモちゃんちに泊まっていいかなぁ・・・。」

(ママ)「えっ?でも・・・パパが何て言うか・・・。」

(私)「だって、ほら、もうすぐ期末テストでしょ?一緒に勉強しようって約束したの。
   だからぁ〜、いいでしょう・・・ママ。」

(ママ)「もう〜、仕方ないわね。じゃあ、パパにはうまく話しておくわ。
   トモ子さんの家族に迷惑にならないようにするのよ。」

(私)「ヤッタぁー!サンキュ!ママ。」

私からママへの最高のプレゼント、それは、私が今夜、家にいないことなの。
パパとママの、2週間ぶりのチンポマンコ結合LOVE、
それも、パパのチンポ液をママのオメコの中身にドピュッと漏らしてもOKの「中出し安全日」。
それに加えて、邪魔な娘が外泊・・・。うふふっ。
この、3つのスペシャルなおファック条件が揃って、きっとママ、かつてないような、
もの凄い“オマンコ乱れ”を見せるはず。

2週間もマンコがご無沙汰で、チン棒に飢えて、
ひとりで手マンコするくらい、セックスが溜まりまくっていたところに、
やっと巡ってきた、生のマラとオメコの粘膜で“アレ”ができる安全日。
しかも、邪魔な娘がいない、二人っきりのスケベ・ナイト・・・。
いつものように、声を我慢する必要がないので、もう本能のままに、
ケダモノのような凄いオマンコ声を張り上げながら、新婚時代のように時間を忘れて、
朝までたっぷりチンマンを絡めあうポルノな行為に夢中になるの。うふふっ。

いつもだったら、私が外泊するとか言ったら、絶対反対するくせに、
今日は、すぐにOKしてくれたの。
それどころか、交尾セックスの邪魔になる娘がいなくなることに、
大喜びしているのがニヤニヤと顔に出ちゃっててバレバレ。うふふっ・・・。
きっと、内心「やったー!今夜は、思う存分、声を出しながらオマンコできるわ!」と、
凄くうれしいくせに、一応、反対する素振りを見せるスケベ女なの。
ほら、あれと一緒よ。男と部屋で二人っきりになって、男がいざオマンコしようと迫ってきたら、
「イヤっ、やめてぇ〜」とかなんとかわざとらしいことをのたまいながら、
腹の中では、「やったぁ〜、チンポが来た来たぁ〜、うふふ」と、いやらしいことを考えてて、
軽く抵抗する素振りを見せながらも、すぐに股を開いちゃうチンポ好き女。
早く、パパとチンポマンコ遊びをしたくてたまらないくせに、
一応、母親としての顔をするの。うふふっ。とんでもないぶりっ子スケベ女だわ・・・。





でも、私がトモちゃんちで勉強するのは本当なの。
娘がテスト勉強をしているというのに、その同じ時間に、素っ裸になって、
チンポとマンコを舐めあったり、合体させたりして、汁垂れ流しながら喜んでいる、
どうしようもない好きもの夫婦なのよ。

えっ?盗聴音声の録音をどうするかって?
うふふっ、大丈夫。録音には、男子から借りたデジタル・レコーダーを使ってるんだけど、
最近のは凄い機能が付いてて、物音を感知したら自動で録音スイッチが入る優れものなの。
しかも、最長録音時間12時間!
だから、パパとママが寝室に入って、アレをおっ始めてから、疲れ果てて眠るまで、
そのオマンコ交尾の全貌をバッチリ録音できるの。
まさか、12時間以上もマンコすることはないと思うから・・・、
いや、あの2人ならやりかねないわ。うふふっ。
今宵は、邪魔する者がいない、二人っきりのスーパー・オマンコ・ナイト。
私が家に帰るぎりぎりの時間まで、ハメッチョしているかも・・・。
パパ、男の精エネルギーをぜ〜んぶママに抜き取られて、
ミイラみたいに干乾びちゃってるかもよ。うふふっ。

翌日、お昼頃、家に帰ったの。うふふっ、やっぱりパパ、ダウンしてゴロゴロしてるわ。
きっと、えげつないほどにママにファックおねだりをされちゃって、
体力の限界まで腰振っちゃって、ママの赤黒い濡れマンチョに交尾サービスを施して、
ダウンしちゃったの。
反対にママは、もの凄く上機嫌で、また鼻歌なんか歌いながら家事をしてるの。
いつも、そう。パパとたっぷりマンコした翌日のママは、超機嫌がいいのよ。
ママのほうが、パパの何十倍も激しくて気持ちいい、ウルトラ絶頂オルガを何度も何度も味わって、
もうヘトヘトになって、腰が抜けちゃうくらいに気をやりまくったはずなのに、
翌日になると、ピンピンしてるの。いつもより元気なくらい。不思議だわ・・・。
溜まっていた女のセックス肉欲が、昨夜のハッスル交尾ハメッチョによって、
すべて発散されて、身も心もリフレッシュして、爽やかな朝を迎えたのよ、きっと。
脅威のオマンコ・リラクゼーション効果なの。女は、素敵なオメコをして、心が癒されるの。

あ〜ぁ、私にも、このスケベ女の血が流れてると思うとイヤになっちゃう。
将来、ママみたいに、 旦那のチンポセックス命って感じで、
オマンコされるのが生き甲斐の、いやらしい女になっちゃうのかなぁ・・・。
でも、ちょっぴり楽しみでもあるんだけど・・・。うふふっ。

さてと・・・2人がどんな素敵なオマンコ・タイムを繰り広げたか・・・。
さっそく聴いてみよ〜っと。うぅ〜、わくわくするわ。

「はぁ〜ん、ねぇ〜、今夜は、凄いのしましょう。だって2週間ぶりだも〜ん。
今日は中でね・・・。大丈夫だからぁ、はぁ〜ん。」

あらあら、ママったら、最初にオマンコ中出しOKの合図を出して、
パパの陰茎マラをエキサイトさせる作戦だわ。
このマンコ内発射OKの卑猥なお知らせを聞いたら、どんな男だって、
異常にチンポをハッスルさせて、その女のオメコを強烈に交尾しちゃうの。
だって、いつもはゴム越しにオマンコしているのが、その日は、
生のチンポを生のマンチョに突っ込んで、お互いの粘膜をヌチョヌチョと絡め合うことができるの。
生マンコの粘膜の感触・・・、男にとってはたまらないらしいのよ。
だから、その「マンコえさ」をパパに与えて、凄いチンポ交尾をしてもらおうと企む、
ママのいやらしいセックス戦術なの。

「んグッ、んチュパッ、凄いわ、今日のあなたの・・・。んごんぬぐ・・・。素敵!ハァ〜。」

いやらし〜ぃ。もうポコチンを吸い始めたわ。
チンポに飢えたスケベ熟女の卑猥な尺八サウンドを聴いちゃってぇ。
この前の夜のフェラチオと、全然違うでしょう?
まるで、チンポ肉のごちそうを舐めしゃぶるケダモノのメスって感じのハード・フェラッチョ。
それにしても、咥えているマラを「素敵」とか言っちゃって絶賛するなんて、
いやらしいったらありゃしない。

ママ、美人だから、若い頃から凄くモテて、結構、男関係は派手だったらしいの。
綺麗な顔しているくせに、もの凄くセックスが大好きで、
何十本ものマラチンポを食べまくっていたみたいよ。
でも、パパと知り合ってからは、このちんちん一筋の女になったの。
よっぽど、パパのチンポセックスの味がよかったみたい・・・。
今、その愛しのチンボに口づけLOVEをしちゃってるの。
男がしょんべんやら精液を出す汚い器官を、女が舐めしゃぶって喜ぶ、
不潔でえげつない行為に、もう夢中・・・。

「ハァハァ・・・ねぇ、あなたぁ〜ん、私のも・・・、ねぇ〜、んごチュパんグ・・・。」

ママ、いつものように、パパの顔に自分の汁出し生牡蠣を押し付けるの。
きっと、異常なほど発情しちゃってるから、マンコから凄い量の興奮汁を分泌しまくってるはず。
そのスペシャルな状態のクセぇ〜オメコを、パパの顔面に平気で持っていって、
口にベチョっとくっ付けて、口マンコをおねだりしちゃうの。
ママの使い込んだ赤黒い濡れベッチョが顔面に迫ってきて、パパも観念して、
唇やベロを駆使して、女房の生臭い生殖部分を口セックスして喜ばせるの。

「んパッ、アゥッ!ハァハァ・・・凄いッ!ハァハァ、んグんご、あぁ〜いい〜、んごチュパッ。」



どスケベ夫婦が、チンポとマンコを舐めしゃぶりあって喜ぶ、
不潔な口マンコ大会の卑猥なオーラル・サウンドを聴いて。
ママったら、マンコ舐められて気持ちよくてたまらないくせに、チンポを離さず舐め続けるの。
オメコが気持ちよすぎて、時々、思わずチンポ尺八演奏をストップしちゃうけど、
また思い出したように、ちんちんを吸い始めるの。
でも、ほら聴いて。とうとう我慢できずに、パパの激しいマン舐めで、
早くも気をやってしまいそうよ。

「んぬチュポッ、アッ!あなた!それ・・・、豆してッ!豆・・・ハァハァ、いい〜、
イヤッ!ダメ!ハァハァ、イクぅッ!・・・・オ〜ゥッ!」

うふふっ、ママったら、マンコ豆を舐められただけで、凄いオルガしちゃってるの。
フェラッチョするのも忘れて、豆絶頂を味わってやがるの。
今から、激しく気をやっちゃって、こりゃ、チンポ入れられたら大変なことになるわ。うふふっ。

「ハァハァ・・・もうお願い〜ん、んぬぐチュポッ、ハァ〜、してッ!うぅ〜ん、してぇ〜。」

うふふっ・・・、ママ、とうとうハメッチョおねだりを始めちゃったわ?
早く、ちんぼで生ハメ合体してほしくなったの。
「してぇ〜」って、いやらしい声なんか出しちゃって、もう・・・。

「ハァ〜、イヤイヤ〜ん、早くぅ〜、ほら、もう・・・。お願い、ねぇ〜、ハァ〜もうイヤ〜ん」
ハメッチョの体勢に入ったみたいだけど、パパったら、例の「オマンコ焦らし作戦」をやってるみたい。
そう、チンポのカメの先っちょで、セックス粘液まみれの柔らかいマンちゃんの粘膜や、
コリコリと硬くお勃起しまくっている女のセックス豆を、ヌルヌルとマッサージする、
交尾直前の卑猥なマンコ遊び・・・。
どんな澄ました女でも、一刻も早く、マラでおファックされたくて、
その男のチンポ奴隷に成り果てちゃう、魔法のオマンコ・テクニックよ。
ママ、2週間ぶりのチンポマンコLOVEなのに、このスケベな遊びをされちゃって、
熟女のくせに、まるで、女の子みたいな甘〜い声でチンポをおねだりしてるの。いやらしい〜。

「ハゥッ!来るッ!オォーゥ!イッ、イグぅ〜・・・。」

スッ、凄〜い・・・。ママ、ちんちんが入ってきた瞬間に、いきなり達しちゃってるの。
パパが一度も交尾ピストンしないうちに、チン先が、オメコのラストの
気持ちいいポイントに届いちゃって、突然スピード絶頂アクメするの。
セックスをご無沙汰してる女のベッチョに、チンポ突っ込んだら、
こんな風にすぐにオルガ昇天するのよね。
ほら、イク時の淫ら声が、この前と比べて、はるかにデカいでしょう。
しかも、「イグぅ〜」なんて、まるで、カエルが鳴くようなエグ〜い声で絶頂報告をしてるの。
これが、ママの正体なの。普段、上品ぶっているママは仮の姿・・・。
この「イグぅ〜」って声こそ、この女の本当の姿なの。うふふっ。

「ハァ、ウォッ!いい〜、ハァハァ、もっと、ハァ〜、凄いッ!うぅ〜、
アッ!また、また来ちゃうッ!ハァハァ、ウッ、イクッ!・・・オォーゥ!」

ベッチョ絶頂天国から帰ってきたと思ったら、またすぐに昇天しちゃうの。
達しすぎよ、もう・・・。
娘がいないと思って、油断しちゃって、もの凄い大声を張り上げながら気をやりまくるの。
うふふっ、ママのこのオマンコ絶叫、ぜ〜んぶ録音しちゃってるんだから。

「ハァ〜いい!ハァ〜いい〜、いいッ!凄く・・・
あっ!来るッ!来る来るッ!オッ!アーゥッ!・・・ハァハァ、ハァ〜」

ハメッチョ体位を変えたみたいよ。どうやら、ママがパパの体の上に乗っかって、
AVなんかに出てくるヤリマン淫乱女みたいに、自由自在にハメ腰を使いまくるオマンコ・スタイル。
マラの先っちょが、マンチョの感じるいやらしいポイントにヒットするように、
女が自分で調整しながら、さらに、おっ勃ったマンコ豆を男の恥骨にグリグリ押し付けて、
豆と穴の同時マンコ絶頂を目指して、腰を激しく振りまくるの。
オメコがオルガしたあとは、ぐったりと男の体に覆いかぶさって、
まるで、マラソン・ランナーがゴールした後のように、ハァハァと生臭い息を吐きながら、
女の絶頂アクメ昇天の余韻に酔い痴れるの。しばらくすると復活して、
また腰を振り始めて再びオルガしちゃって、またグッタリ・・・。それの繰り返し。
男がハメ体位を変えるまで、何度も何度も、強烈なマンコ絶頂を求めて腰を振り続ける、
スケベ女の実態。うふふっ。

「ねぇ、後ろ・・・して、ハァハァ・・・アッ、あっ、オゥ〜ッ!」

あっ、今度はバック・オメコよ。
しかも、なんとママのほうから、ケモノの交尾スタイルである、卑猥な後ろ向きファックを誘うの。
脂が乗った白い尻をパパのほうに捧げ出して、チンポ・イレッチョしてもらった時の、
ママの下品なオマンコ唸り声・・・。この前のママと全然違うでしょう?

「ハァ、あっ!オッ!ウッ!ハッ、当たるぅ〜、いい〜ん。おっ!オッ!ハゥッ!オッ!」

ちんぼが、ママのマンチョの奥の感じる部分にヒットするたびに、
チンポ出し入れピストンのリズムに合わせた、小刻みなベッチョ喜び声を漏らすの。
私が、オナ手淫したり、彼氏とオマンコするときの「あ〜ん」って声と全然違うのよね。
マンコの中身でちんちんを味わうことを知っているスケベ熟女特有の淫ら声。
さすがのママのファンの男子でも、これ聴いちゃったら、あまりのエグさに幻滅して、
おっ勃ちまくっていたヤング陰茎が縮んじゃうかも・・・うふふっ。
ほら、ママ、またオルガしそうな予感よ。

「オゥ!ハッ!アゥッ!イクッ!イクッ!イクイクイクイクッ!イッグぅ〜!・・・・
ハァハァ、・・・イヤッ、また、イクッ!イクぅ〜・・・アヒャウギョんぐヒィーーッ!」

凄いわ・・・。マンコ絶頂昇天したあとも、パパったら調子に乗っちゃって、
強烈なマラ出し入れファックをやめないもんだから、ママ、連続でオルガしちゃってるの。
こんな風に、マンコ・アクメしたあとも、男がノンストップで腰振り交尾を続けると、
女は、最初のオルガ昇天よりもっと凄いスペシャル・マンチョ絶頂してしまうの。
ママったら、ワケの分からない不気味なオマンコ声を出して乱れまくっているの。
まるで、セックス悪霊が取り憑いたような気味悪い声・・・。もうメチャクチャだわ、うふふっ。

それにしても・・・。バック・オメコ特有の、肉と肉がヒットしあう、
パンッ!パンッ!という、いやらしいファック・サウンド・・・、凄いわ。
なんだか、私も興奮しちゃう。もう、私のマンチョからもセックス汁が出てるわ、たぶん・・・。

さぁ、いよいよ、スケベ夫婦のチンポマンコ合体LOVEのエンディングが近いわよ。
再び、正常位でチン入れをして、激しく腰を振り合う「わいせつオマンコ・ダンス」を踊って、
最後に、パパのきんたまの中に貯蔵されているタネ汁を、
ママのオメコの中身にドクドク注ぎ込んで、愛を確かめ合うの。

「ハァハァ、もうダメぇ〜、あぅ・・・、もう、あなたも・・・、
いいのよ〜、ハァ〜、一緒にね・・・一緒に!お願い!」

ほら、いつもの「チンポ液発射許可」の合図をパパに送ったわ。
このチン液射精OKのサインを聞いたパパは、愛のチンポ・ミルク、タマキン男汁を出すために、
ニチャネチャと卑猥な粘液サウンドを響かせながら、猛烈なスピードで
ママの汁まみれのマンコ肉穴に、強烈チンポ出し入れピストンをやっちゃうの。
そして、ママも、パパのスペルマお射精のマラ痙攣のタイミングに合わせて、
ファイナル・ベッチョ絶頂をしようと、マンチョの交尾テンションを高めるの。
マラとオメコの同時絶頂アクメ昇天を目指して、最後に、凄いウルトラ交尾ファックをするの。

「アゥッ!ハァ〜、一緒に!ハァハァ、もうダメッ!オゥッ!オッ!オッ!オォーッ!
イヤっ、ダメッ!終わっちゃう!もぅ〜・・・イクッ!・・・イクイクッ!
一緒に!イグッ!オオォォーゥッ!んがぬウィ、アヒャ〜・・・、
うぅ〜出てる出てるぅ〜、凄く出てるぅ〜、あなたのが出てるぅ〜、ハァハァ・・・
・・・このまま、続けてぇ〜ん、お願い・・・またしてぇ〜ん、ねぇ〜、はぁ〜ん」

スッゲぇ〜。凄すぎるわ・・・。こんな下品な女、私のママじゃない・・・。うふふっ。
強烈なマンコ絶頂に達したあと、チンポ液をマンチョの中で放たれる、
ドピュドピュッという感触を確かめて、パパに報告までしてるの。
「出てるぅ〜」って表現が卑猥すぎ・・・。
もっと凄いのが、お射精が終わったあと、2ラウンド目のおファックをリクエストする貪欲さ。
オメコ中出し安全日だからこそできる、ゴム交換不要の必殺“抜かず連続オマンコ”なの。
自分の精液と女のマンコ絶頂汁にまみれた、とろけるような生殖マン穴の気持ちよさに、
ザーメン発射後、縮みかけた海綿体が、再びおっ勃ちはじめて、
交尾ハメッチョ可能なオチンポ・コンディションが整って、もう一度、マンチョを喜ばせるの。
私の同級生の男子のヤングチンポなら、抜かずに、ピュッピュピュッピュと
続けざまに射精しまくって、連続10回でもオメコ・ファックが可能かも・・・うふふっ。

あぁ〜、なんだか私も、凄く興奮しちゃったぁ〜。
親がオマンコしている音を聴いて発情しちゃうなんて、いけない娘なの・・・。
はぁ〜ん、もう、我慢できない・・・。
セルフ手マンコしちゃう!勃ってるマンコ豆を、指でしごいちゃう・・・。

(終わり)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




高坂保奈美 初裏無修正 三十路 翔田千里 初裏無修正 三十路