MZ-002

マンズリ・レディー
Act-2 『女のズリネタ』

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





さて、男が自らチンポをシゴいて、タマキンの中で製造&貯蔵しているザーメン汁を、
ピュッピュピュッピュと体外に放出射精することを、俗に、センズリって言うでしょう?
センズリ・・・その語源は、チンポを千回擦るって意味なの。
本当に千回も擦るってコトではなくて、一回のオナで、もの凄く何回も
チンポをシゴくって意味なのよ。
それに対して、女の手淫は「マンズリ」よ、「マンズリ」。
マンコをズリズリするって意味もあるけど、チンポオナの10倍である、
1万回も粘膜をいじるって意味もあるかも・・・。うふふっ。
マンコを1万回、ヌチョヌチョと自慰っちゃうの。
もちろん、気持ちよさは10倍どころではなくて、一説によると、50倍も100倍も気持ちいいのよ。

チンポ・センズリで、一番気持ちがいいのは、イク時、
そう、マラ海綿体がビクンビクン震えて、チン先からドピュドピュと
子種カルピス・エキスをお発射する時だけでしょう?
男の場合、お交尾ファックハメ&オナッチョ行為の中で気持ちいいのは、
その、マラ射精の瞬間だけね。わずか数秒間のチンポ快感のために、
女にプレゼントしたり、メシを食わせたりとか、時間と金を使って、
狙った女のオマンコにチンポをハメイレ交尾しようと、命を賭ける哀れな生き物なの。
そのくせ、ちんちんが精を弾け飛ばすときの快感は、せいぜい鼻息を荒くする程度。
可愛そうなバカチンポ男。

女は違うのよ。もうスゲぇ〜の。オメコをいじくると、たまんない気持ちよさなの。
勃起したおセックス豆を、指で数回、コリコリと押し揉むように転がすだけで、
もう、チンポがお射精するのと同じくらいのエロ快楽を味わえるの。
例えば、20分間ぶっ続けで、マンコ豆を指でしごきあげる手マンコ法による、
おマンズリを行ったとするでしょう。と言うことは、なんと、チンポマラが20分間連続で
精液をドピュドピュ射精し続けるのと同じくらいの、凄まじいオマンコ快楽が全身を襲うの。
もし本当に、男が20分も連続でお射精を続けてみなさい。
もう、たまらなくて大声張り上げながら、白目をむいて失神するかも・・・。
うふふっ、タマキン汁出しすぎチンポ気絶よ。
というより、本当にそうだったら、恐らく、死んぢゃうはず。
チンポおっ勃てたまま、ドクドク液を噴出しながら、本当に昇天しちゃうの。
うふふっ・・・射精地獄よ。

だから、女がオマンコ交尾やマンズリに熱中している時に、
全身を暴れさせて、身悶え、ケモノのような雄叫びを張り上げながら、
男があきれ返るほどに、えげつなく乱れてしまうのも分かるでしょう。
それほど気持ちがいいわけ。
さらに、マンコ快感がピークに達して、絶頂オルガ昇天する時が、これまたスゲぇ〜の。
チンポが液出しアクメ射精する時の、50倍から100倍の気持ちよさ。
好色なエロ科学者が、実験用スケベ女のオメコをいじりながら、
イカせまくって脳波を計測した結果らしいのよ。
ちんちんが精ザーメン液をピュッピュと弾け出すときの100倍の気持ちよさって、
想像がつくかしら。だから、メコ絶頂に達する時に「死ぬ死ぬぅ〜」なんて、
大声でわめき散らす女がいるの。
本当に気持ちよすぎて死ぬかと思うくらいの、凄まじいベッチョ喜びなの。
そのほか、なんだかさっぱり意味不明の、まるでエクソシストのような、
ドスの効いた言霊を口走りながら、白目むきながら達しちゃって、
その、あまりにも不気味な、女の絶頂アクメ昇天する姿に、男がビビってしまって、
思わずチンポが縮小して、オマンコを中断してしまうパターンも多いの。

例えば、それがブス女の場合だったら、最初から、そのブスの怖い顔を見ながら
交尾ハメをしているわけだから、特に驚きもしないし、悦楽に悶絶しまくる形相が、
逆に、普段の顔より色っぽかったりもするの。
でも、美人の場合、オマンコしている最中の、お顔の変形ぶりは強烈。
深〜い“ヨガリじわ”を刻んで、セックス快楽に身悶える、
ビューティ・フェイスの歪みっぷりが、普段、綺麗で美しい顔なもんだから、
そのギャップで、余計に醜く見えてしまうのよ。
でも、顔フェチ男に言わせると、それが、たまらなく興奮するらしいの。
美人の美しくて整った顔が、チンポをハメッチョされて、気持ちよくて、
まるで妖怪オバケのごとく醜く変形するのがいいらしいの。
本気でオマンコやっている最中の、女の顔だけ撮影したマニアックな映像もあるほどよ。
マニアの野郎は、それ見ながらマラしごき作業に励むの。

あと、女が最高絶頂に達した時に、しょんべんを漏らすパターンも多いの。
もう気持ちよすぎてワケが分からなくなって、ジョロジョロっと
しょんべんをチビリ漏らして、男の体にひっかけてしまうの。うふふ・・・。
どんなにチンポが気持ちよくても、まさか、小便を漏らすような情けない男はいないでしょう?
女は漏らすの。チンポとマンコが一生懸命に愛し合っている最中に、
ジョワジョワ〜ッとやっちゃうの。
この気持ちよさ・・・。女にしか分からない、
神様がオマンコを持った生き物・メスだけに与えてくれた、素敵なエロスケベ快楽なのよ。
ほら、女は赤ちゃん産む時、痛いでしょう?
だから、その分、男の何十倍ものマンコ快感を与えてくれたのよ。うふふ・・・。
こんなにも気持ちいいマンコいじり遊び、女がしないわけがないでしょう。

最近の、マンズリスト増加の要因の1つに、過激な性情報の氾濫が挙げられるわ。
つまり、女用のズリネタが豊富になったってこと。
ポルノなスケベ情報がウヨウヨしているこのご時世。
男も、チンポがおっ勃ってしょうがないでしょう。
女も、スケベぇ〜な媒体に接してしまって、性興奮して、豆をしこり勃たせ、
さらに、マンチョがヌルヌルを出すの。マン汁よ。
勃ったおマラは、手淫オナして、タマキン液を抜き出してから処理するしかないように、
女も、ひとりで手淫生牡蠣いじりによるセックス肉欲処理をして、発情興奮を鎮めるわけ。




昔は、女のズリネタ、“オナおかず”と言えば、女性週刊誌のオマンコ交尾特集か、
あとは、平日の昼の1時半ごろから放送される、どスケベな三流メロドラマくらいだったものよ。
仕事もしてなくて、ブラブラ暇を持て余しているバカ主婦をターゲットにした、
あの時間帯のスケベ・ドラマには、必ず、男と女がベッドで絡むシーン、
つまり、オマンコしている場面が登場するの。
と言っても、もちろん、チンポとオメコのモロハメ映像ではないわよ。
首筋を男に吸い付かれた女が、「あ〜ん・・・」とか言っちゃってる、ソフトなスケベ。
そのシーンを見た奥様連中は、さっそく性興奮して、マンコから交尾液を滲み出すの。
そして、その晩、子供が寝静まったのを確認して、
旦那さんの生レバー色のお疲れ気味チンポに手を伸ばし、オマンコを誘うの。
体に発情の火がついて、夜まで我慢できない好色主婦は、番組が終わった後、
部屋のカーテンを閉めて、こっそり、汁を垂れ流しているオメコを手淫するの。
マンズって、性興奮を鎮めるの。

今のお話は、オマンコするしか能がない、スケベ奥様連中のマンズリ・パターン。
そうじゃなくて、最近は、普通のOLや女子大生はもちろん、女○高生や中学○、
果ては、小学○の女子児童まで、手淫マンズリストが急増しているの。
原因は、女用のエロ本がいけないの。女がマスをかくときの、ズリネタNo.1、
そう、レディース・コミックの過激化&出版部数の増加のせいなの。

あなた、最近のレディース・コミック、見たことある?
凄いの・・・スゴすぎるの。男のセンズリ用のエロ漫画の何倍もハードなの。
きっと、読んだら、もうチンポが裏返って、腹に付くくらいにおっ勃ちまくって
大変なことになるはず。うふふ・・・。
キャラクターは、少女漫画に出てくるような美少女とハンサムな男なんだけど、
その美少女の、まるで毛の生えたアワビのようなグロテスクなオマンコの形状や、
ケツの穴のシワまで鮮明に描いてあるのよ。
男も、美少年のくせに、ポコチンは、なんと20cmを越すスーパー巨根マラで、
もちろん、チンポの竿肉に浮き出た血管や、きんたまのシワまでクッキリよ。
男のセンズリ用エロ・コミックでも、こんなにまでお下品な作品はないでしょう。
しかも、その美形の男女が、これまたえげつない、
まるで、洋物のハードコア・ポルノのごとき、凄まじいおファック交尾を展開しているの。
尻の穴にちんちんを突っ込んで交尾する、ケツ穴肛門アナルセックスはもちろん、
複数のチンポでレイプ・オマンコされる女や、しょんべん飲んだり、浣腸されたり、
もう何でもありの、スケベ無法状態・・・。
これを、世の女どもは、こっそり隠れて読んでいるの。本当なの。

大人の女が読むなら分かるけど、なんと女子中学○なんかも、
こっそり買ったりしているの。マンズリ用のオナおかずにする目的で・・・。
この前なんか、真面目そうな小学○の女の子が買っているところを目撃したわ。
この子が、これ読みながら、手淫マンズリ性欲処理するの!?と思うくらいの、
優等生タイプの女子児童が、お小遣いでオナ用スケベ本を買うの。
表紙が、普通の女性向けコミックと同じようなデザインだから、
まさか店員も、ハードな交尾描写のある、えげつないポルノ・コミックとは気付かずに
売ってしまうの。ダメ書店よ。

最初のストーリーを読み始めたとたん、マンコ豆を硬〜くお勃起させて、
ベッチョ穴からは、臭くてヌルヌルの生殖液を分泌させるの。
もう、すぐにおセックスできるほどの発情興奮状態。
そして、次のストーリーを読みながら、早速、マンズリ・スタートよ。

最近は、レディース・コミック以外の雑誌でも、強烈なズリネタが、
あちこちに転がっているから、女は大変よ、もう。
一番有名なのが、バカ女が必死になって読む雑誌「an ○n」で、
年1〜2回、必ず特集が組まれる、セックス・スペシャルよ。
これも、かなりスケベぇ〜な記事、もうほとんどエロ本。スゲぇ〜いやらしいの。
例えば、今年の特集では、なんとアンタ、チンポ尺八テクニック講座まで載っていたわ。
まるで、ソープ嬢のごとく、いやらしくマラちんちんを吸い舐めて、
男を喜ばせる方法が書いてあるの。
チンポ亀頭へのレロレロ攻撃はもちろんのこと、裏筋吸い付きフェラッチョ、
きんたまの舐め愛し方まで、チンポのイラスト付きで、
詳しく、えげつなく解説してある、もう、とんでもないスケベ本なの。
以前なんか、アクロバットのような変態体位で、チンポとオメコをハメ結合させる方法や、
男を興奮させて、ポコチンをビンビンにおっ勃たせ、
オマンコ誘惑するテクニックまで載ってたの。

世のメスどもは、これを読んで、またもや、激しく性興奮して、
セックス豆をしこり勃たせ、マンチョから発情メコ液をとろ〜り分泌させちゃうの。
そして、その晩、チンポ彼氏や旦那と、その記事に書いてある、えげつない交尾技法を実践して
マンコ液をダラダラ垂れ流しながら、狂ったようにハメ喜ぶの。
もっともっと強烈な交尾快楽を得ようと、「an-○n」のスケベ記事を必死に読んで、
オマンコ勉強ハメ交尾研究に没頭するの。

でも、マンコしてくれるチンポ男がいない寂しい女は・・・。
そう、その記事を読みながら、自分で手マンコして、寂しいロンリー濡れベッチョを慰めるの。
ご立派に反り返った、逞しい黒光りチンポマラに、激しくオマンコされることを妄想しながら、
クッセぇ〜興奮液を垂れ流す、レディーの淫らな生牡蠣の粘膜を、
指でシゴきいじめるかのごとく、もの凄くハードにマンズって、
チンポセックスへの欲望を、とりあえず手淫処理するの。
澄ました顔して、女はみんな、こっそり、下品なひとりマンコ遊びをしているの。

(つづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ マンズリ・レディー Act-3 へ →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




野宮凛子 千野麗華 矢吹涼子 すけべな痩せ熟女