MZ-005

マンズリ・レディー
Act-5 『私の華麗なる手淫遍歴』

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





さぁ、いよいよ、わたくしのおマンズリ、性欲処理のえげつない現場をお見せするわよ?
チンポセックスに飢えて、交尾ハメされたくて、寂しいオメコから
セックス・ヌル液を出している発情レディーたちが、
陰に隠れて、人に見つからないようにこっそりやっている、
淫らなアワビいじり、マンコ・マスターベーション手淫のすべてを披露するの。
女の心の奥底に眠る、オマンコされたい欲望、強烈に反り返り勃起して黒光りする、
惚れぼれするような逞しいオチンボ様で、意識がなくなるまで、
朝までたっぷり、しびれるような交尾LOVEのひとときを夢見るスケベぇ〜なオナゴが、
その、けものメスのごとき性の欲望を、ひとりでこっそり処理している実態を、
実際に、このわたくしが手淫オナをしながら、どスケベぇ〜な解説を交えて、
じっくりお見せいたします。セルフ手マンコポルノなの。
本気でおマスかくから、あなたもチンポに気合を入れてご覧になってね。

まだ女とオマンコしたことがないような、ウブなヤング童貞チンポ君には、
ちょっぴり刺激が強すぎる、ショッキングな、女のオナ自慰の現実かも知れないけど、
将来のための勉強だと思って、我慢して鑑賞してね。
レディーのマンズリのお下品な現実を知っておかないと、交尾オマンコできないわ。
女が激しくシゴキ摩擦していい気持ちを味わう、生牡蠣のごときグロテスクな粘膜、
オマンコに口をつけて、舌をレロレロさせて、舐め喜ばせなければならないの。
臭いわよ・・・オマンコ。うふふ・・・。アンタ、舐める勇気ある?

さらに、そこにチンポを突っ込んで、腰をリズミカル&スピーディーに、
よいしょヨイショと動かしてお交尾するの。大変な肉体労働作業よ。
その時、女が、普段の生活では絶対に見せないような、
まるで別人のようなえげつない痴態を晒して乱れまくるの。
猛獣のように吠えるセックス声を発したり、顔を鬼のように醜く変形させて、
男のセックス=チンポを貪り味わっているの。中には、白目むいたり、
口からヨダレ垂らしたり、しょんべん漏らしたり・・・。
男に激しくおファックされて気をやるあまり、セックスあほうのごとくオマンコ気絶して、
女のえげつない正体を、これでもかと見せつけてくるの。

そんな事態に直面したときに、ポコチンが縮みメリ込んで、
インポチンポに陥って、交尾不能の情けないダメ男にならないためにも、
私がこれから行う、オメコの自家発電性欲処理の実態を目に焼き付けて、
マンコ・セックスに対する免疫をつけておくことが大切。
セックス肉欲の塊(かたまり)のような、女という罪深き淫らな生き物の、
スケベな正体が分かれば、これから先のオマンコ交尾ライフも、楽チン。
ハメ放題よ、もう。んふふ・・・。

まずは、ベテラン・マンズリストとしての、私の華麗なるオメコ・ソロ演奏歴、
手淫オナニズムの歴史からご紹介いたしましょう。
私が、手マンコの味を覚えたのは、小○4年生の春休み。
春・・・そう、動物のメスの本来の発情期なの。
10歳頃からマンズっているから、なんとベッチョいじり歴18年の大ベテランなの。
ヤバい、歳がバレるわ・・・。

きっかけは、ドラマのエッチなシーンよ。
以前、昼の1時半頃から放送されてるエロスケベなメロドラマのベッドシーンが、
暇を持て余している、脂身だらけの好色主婦どものマンズリネタ、手淫スパイスに
なっていることをお話したけど、春休みだったもんだから、私も、それを見てしまったの。
スケベヅラした俳優が、「奥さんッ」とかささやきながら、
これまたスケベそうないやらしいお顔の女優さんの首筋に吸い付いてるシーン。
それを見て、小○4年生の私は、もの凄く興奮してしまったの。性興奮したの。
単に男と女が、キスしたり、首筋に吸い付いているだけのシーンなのに、
10歳の乙女にとっては、強烈なセックス刺激物だったの。
マンコ貝がブラックに色素沈着している、交尾好きスケベビッチ熟女主婦でも、
アレ見て性興奮して、おマンチョから、セックスの汁、チンポ挿入用の特殊液を
トロトロ分泌するくらいだから、10歳の少女が、もう心臓マヒを起こしそうになるほど、
ドキドキするのはあたりまえね。

もちろん、当時はまだ、あのシーンがどういう意味なのかは理解できなかったの。
まさか、男と女が、勃起チンポと濡れマンコを結合合体させて、腰振り合って、
ヌチョヌチョと出し入れさせて、お互いの粘膜をヌルヌルと擦りあって、
その感触の気持ちよさを味わい楽しんでいるシーンだとは、夢にも思わなかったわ。
でも、それが、いやらしいスケベ・シーン、特に、子供には
絶対に見せられない場面だと言うのは知っていたの。
だって、ドラマでそんなシーンが始まると、ママったら、急にソワソワ慌てだして、
意味もなく怒り出したりするの。
仕舞いには、「見たらいけません!」などと言いながら、チャンネルを変えたりするのよ。
うふふっ、きっとママもそれ見て、コーマンを湿らせてたはず。
チンポセックスがたまらなく好きな、1人のスケベ女として、
ドラマのオマンコ・シーンをじっくり見たい欲望と、
娘の教育上、好ましくない番組を見せてはならぬという、母親としての使命のはざ間で、
思わず、プチ・パニックに陥り、いきなり怒り出したんだと思うの。スケベ・ジレンマよ。

たぶん、その夜、私が寝静まった頃に、パパに抱いてもらったはず。
パパの生レバー色のチンポマラで、たっぷりオマンコしてもらったの。
パパったら、翌日、もうヘトヘトになって会社に行けなくなるほどに、
タマキンの中に貯蔵されてた愛のチンポ・エキス、ザーメン子種スペルマを、
ぜ〜んぶママに絞り吸い抜き取られてしまうの。
一番の被害者は、パパなの。うふふっ・・・。

だいたい、ドラマのエッチ・シーンごときに、もうヒステリックなまでに、
過剰反応しやがって、激しくクレームをつけるPTAの母親連中ほど、
実は、裏を返せば、人一倍、性欲が強いということなの。
あれほど激しく抗議したくせに、夜になると、そのドラマより何倍も卑猥な、
チンポマンコ粘膜の「まぐわい」を楽しんでいるものなのよ。
昼間、子供の教育に厳しい母親を演じて、真夜中になると、
男にオマンコされるのが大好きな、一匹の発情メスに大変身して、
旦那さんのちんちんの精を貪り尽くすの。
そして、次の日には、またドラマのベッドシーンにいちゃもんをつけるのよ。うふふっ・・・。




あらヤダ、話が脱線しすぎ。うふふっ・・・。そう、私のマンズリ初体験のお話。
そのスケベ場面を見てたら、もの凄くドキドキ興奮して、なんだか体が熱くなってきて、
お股のあたりがムズムズしてきたの。オメコが疼くのよ。
モヤモヤとたまらない気分になって、勉強部屋に戻って、思わずマンコを手で触ってみたの。
マンコはしょんべんをジョロジョロ出す器官だから、本当は触ると汚いんだけど、
例えば、蚊に血を吸われて、かゆくて我慢できずに、引っ掻いちゃうのと同じような感じで、
いじらずにはいられなかったの。
そしたら、しょんべんとは別物の、ヌルヌルした不気味な粘液汁が出ているの。
そのヌル液の正体が、チンポをスムーズにイレッチョするための
マンコLOVE汁とは知らないから、最初は、“濃縮しょんべん”かと思ったほど。
指にベットリ付いた、謎の液汁の匂いを嗅いでみたら、
生イカとチーズを混ぜたカルパッチョのような、スゲぇ〜クセぇ〜匂いがするし・・・。
マニアが泣いて喜ぶ、少女の生メコの卑猥なマン香りなの。

でも、そのヌルっとして汚いオマンコの粘膜を指で触っていたら、もの凄く気持ちいいの。
なんだか、スケベぇ〜でいやらしい気分になってきて、
さっきドラマで見たようなエッチなコトを、自分が男にされているような感覚・・・。
私が、おセックスに興味を持って、「女」に目覚めた瞬間なの。
それからは毎晩、夜寝る前に、親に見つからないようにおベッチョをいじって
いい気持ちを味わう、秘密のひとりマンコ遊びに夢中になったの。
私、今も超美人だけど、小さい頃も、凄い美少女だったの。
街を歩けばスカウトされ放題で、学校でも全男子のアイドル、モテモテ天国よ。うふっ。
そんな美少女が、夜こっそり、淫らなヌル液を滲み漏らすクセぇ〜オメコをいじる
卑猥な指遊び、手淫テマンコの快楽に溺れているなんて、
誰も知らない衝撃のスケベ事実・・・。

しばらくすると、まんちょ粘膜のどの部分をフィンガー・マンコすれば気持ちいいかが
分かってきたの。
そう、豆。あの豆。女の交尾喜びのためだけに存在する、淫らな淫核クリトリス、セックス豆よ。
マンコの割れ目の上のほうで、ひっそり佇んでいる、あのマンコ豆を指でいじると、
もうビクンビクン、ものスゲぇ〜気持よさ。
思わず「ハァ〜ン」と、大人の女みたいなスケベぇVoiceも出るほど、
たまんないオマンコ喜びなの。
しかも、いやらしい気分になって手マンコを始めると、このマンコ豆が、
根元部分もろとも、硬〜くなって盛り上がってくるの。
まるで、「ここを重点的に手淫して下さい」と、手マンコのナビゲーションを開始するみたいに。
男が性興奮すると、チンポがお勃起するのと同じように、
女も、豆をコリコリと硬くしこり立たせるの。
美少女でもブスでも、女なら誰しも、オマンコ欲が高まると、セックスのお豆を、
はしたなくおっ勃たせてしまうスケベ女体現象を起こすの。

そして、ある日の夜、スケベ真珠豆をコリコリいじりしごく、
セルフ・フィンガー・オマンコ発電作業に熱中してたら、とうとうイッてしまったの。
達しちゃったのよ。豆絶頂したの。オルガしたの。
それまでは、いつも10分程度、マンコ豆をコリコリしごいて、
いい気持ちになったまま眠りにつくパターンだったの。
ところが、その夜は、スケベ・フィーリングが高まって、20分近くも連続で、
豆をフィンガー・オマンコしてたのよ。
興奮すれば興奮するほど、オメコの肉の穴から滲み出る、
例の生臭いヌルヌル液体を指につけて、それを豆全体にまぶして、押し揉むように転がすの。
そしたら、どんどん気持ちよくなって、無我夢中で指を使っていたら、
最後の最後に、ものスゲぇ〜マンコ快感電流が、脳天からつま先まで駆け巡ったの。
マンコ・アクメ、豆絶頂オルガ昇天した瞬間なの。
体がビクビク硬直痙攣して、悲鳴が出るくらい気持ちよくて、
もう頭ん中が真っ白になって、オメコ絶頂の喜びを味わうの。

それからは、手マンコする時、必ず、豆絶頂に達しないと満足できない、
スケベ肉体になってしまったの。
男のセンズリマラしごきだって、最終ゴールは、チンポの液出し射精でしょう?
チンポの皮を高速で前後に移動させて、だんだんいい気持ちが増してきて、
ラストで、イクぅ〜&出るぅ〜って感じで、チン先から、男の生殖液、
タマキンで製造した子種エキス汁を、ピュッピュと全部弾き出して、
とりあえずセックス欲が満たされて、オナ終了でしょう?
女のマンいじり・ひとりセックスの場合も同じ、最後の目標はオルガしちゃうことなの。
男のカルピスぶっぱなし射精の数十倍も気持ちいい、強烈なおマンチョ・オルガアクメを目指して、
コリコリ・シコシコと、女のセックス・ピーナッツを、指で淫らにソロ演奏するの。
そして、凄まじいベッチョ絶頂に達して、その強烈なマンコ快楽を貪り味わい、
グッタリ満足して、深い眠りに落ちるの。

ある時なんか、激しくイクイク絶頂に達したあと、なんとオメコを丸出しにしたまま、
気絶したように眠ってしまって、次の朝、私を起こしに来たママに
怪しまれたりもしたわ・・・。うふふ、オナ油断よ。
男の子も、自分の部屋で、必死にチンポをオナッチョ手淫している最中に、
母親に見つかっちゃって、大騒ぎになるケースもあるわよね?
中には「お母さんが手伝ってあげる・・・」などとぬかしながら、
息子の息子、つまり、ちんちんにむしゃぶりついて、
濃厚な口マンコをサービスして、そのまま近親相姦に発展するとんでもないパターンも・・・。
淫乱どスケベ一族なの。

しばらくすると、私も生理が始まったの。
マンコの穴から、ひと月に1回、ドロっとしてクセぇ〜血が滲み出るの。
なんと私、初潮を迎える前から、マンズリ手淫に耽っていた、
とんでもねぇ〜女の子だったの。うふっ。
同時に、乳が膨らんだり、無毛だったマンコ・ハマグリに、
陰毛マン毛がチョロチョロと生え始めたの。
少女の可憐なピンクプッシー・オメコから、大人の女と同じような、
グロテスク毛生えアワビのごとき、見るからにいやらしいマンコ形状に変身していったの。
ハードな手淫マンズリのおかげで、メスのセックスホルモンが活性化され、
ほかの女の子より、大人の体に変身するのが早かったみたい。
そして、そのメス・ホルモンのせいで、ますます美少女ぶりに磨きがかかっていったの。
毎日のように、男子からラブレターを貰うのよ。
私が、毎晩、おマスをかかないと眠れないほどの、マンズリ依存症に陥ってる、
もの凄くスケベぇ〜な女の子とは知らずに、アイドルみたいにモテモテ状態だったの。

この頃になって、はじめて、大人の男と女が、アレをすることを知ったの。
そう、セックス・・・、セックス。オマンコするのよ。大人は、夜になると、
どいつもこいつも、み〜んなオマンコしているという、衝撃の事実よ・・・。

(つづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ マンズリ・レディー Act-6 へ →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




高梨さとみ,新田由加里,中山水穂,北岡弘子 福田静香 小橋早苗 大島恵子 園上町子