NMC-001

新・まんちょシリーズ
深田京子

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





深田京子の【チンポ好き度】
ノホホ〜んとしたツラして、チンポ大好き女優として有名でございます。
あなたの周りにも、この手のスケベ女がいるでしょう?
セックスのセの字も知らないようなウブな顔して、男に近づき、
いざオマンコ交尾をおっ始めると、ちんちん好きの正体丸出しで、
ハードなおファックに励む女が・・・。

最初に付き合った男がいけなかったのでございます。
そう、あのSN隊の、ウルトラマンのような顔をした男でございます。
彼の、細いけど妙に長いチンマラで、マンチョ出し入れ作業をされることによって、
男の味、ちんちんの味を教え込まれてしまったのでございます。
しかも、その男の竿師並のエネルギッシュな性交テクニックで、
オメコをドリルのごとくピスられて、もはや、普通の男の
チンタラしたハメッチョ交尾では満足できない、エロ女体と化してしまいました。

彼と別れた後も、激しいチンポマンコ結合LOVEの味が忘れられず、
様々な男に股を開いて、色々なちんちんを試しているようでございますが、
なかなか理想のチンポ・セックスで出会えないようです。
仕舞いにゃ、お笑い芸人のポコチンにまで手を出し、
その男の部屋にマラメコ合体作業をやりに行くところを写真週刊誌の激写されて、
事務所が慌てて、彼女に「チンポ禁止令」を出す始末・・・。
それほど、ちんちんが好き好きでたまらないのでございます。



深田京子の【濡れアワビ】
可愛い顔に惑わされて、気付かない方が多いと思いますが、
実は彼女、大女(おおおんな)でございます。
本人に直接会った方は、みんな驚くのでございます。その女体&顔のデカさに・・・。
当然、アレも大型のアワビとなっております。

しかし、このアマ、自分のセックス道具肉、ワイセツ魚貝類のお手入れが
非常におろそかでございまして、マンズリング手淫終了後に、
マン液をティッシュで拭かずにそのまま眠ったり、
素敵なチンポマンのハメハメ性交儀式を行った後、
マンちゃんをろくに洗いもせずに、次の日、別の男と寝たりするのでございます。
時々、このような、ぐうたらな女がいるのでございます。
自分の大切なセックス肉マンチョに全く無頓着で、とんでもなく不潔な女が・・・。

男が大喜びしながらマン舐めしようとすると、
白いマンチーズが“ビラ裏”にベットリと付着した、激臭オメチョが登場いたします。
ここで、「うっ!クセぇ〜」などと言って、口マンコを辞退していては、
まだ修行が足りません。
あの、アイドル女優の深田京子の不潔なマンカスを舐め取ってあげましょう。
腹痛を起こす可能性もございますので、オーラル・マンコした後、
正露丸を飲んでおくとよいでしょう。





深田京子の【まんこ豆】
マンコ貝は大型でございますが、豆は小粒でございます。
実は、彼女、意外にもセルフ・マンズリ手マンコをほとんど行わないのでございます。
そのため、マンコ真珠が、それほど巨大に発育・成長しなかったもとの推測されます。
性欲を自分で処理&コントロールする術を知らないのか、
巷で囁かれているように、やはりアホなのか、コーマンが疼くと、
手淫よりも、リアル・ペニスのほうがお好きなようでございます。

先ほども申しましたとおり、「マン洗い」がいい加減なため、
包茎気味の淫核クリッチョの皮をズルムケにしてあげると、
豆の周りには、酸っぱい匂いを放つ、乳製品のような固形マンカスが
これまたビッシリ状態の恥ずかしい女でございます。

手淫マンいじりで、豆の感度を磨いていないので、かなり激しい口マンコをしても
全然平気でございます。簡単に言いますと、ちょっと鈍感なのでございます。
まるで、マンコ豆に“気付け”をするがごとき、ハードな豆クンニがオススメでございます。
“むき身”にした豆の実を、チュ〜っと強烈に吸引しながら、
舌先で舐め転がしてあげたり、時々、唇で挟んで強く引っ張ったりして、
豆ショックを与えてヒ〜ヒ〜言わせてやりましょう。



深田京子の【分泌セックス汁】
やたらと粘度が濃い〜マンコ・ドレッシングを分泌する女でございます。
ネバネバ・ヌルヌルの交尾用スケベ液が、殿方のマラ竿にネットリ絡みつき、
気持ちいいオマンコ天国を楽しませてくれます。

“マン洗い”がいい加減な臭マン女優でございますが、マン内は、
常に、男のチンマラ棒で出し入れピストンお掃除してもらっているおかげで、
オリモノ混じりの激臭オメコ・ヨーグルトを分泌することはありませんが、
「今日は、いきなり白濁した本気のベッチョ・ヌル液が、やたらと
出る出る分泌状態だなぁ〜。気を入れてオマンコしてる証拠。うひひ〜」と
男が喜んでいたら、そのヌルヌル液の正体、なんと、数時間前にオマンコした男が
中出し射精したカルピス液だったという、ヤリマンならではのハプニングも・・・。
可愛い童顔のくせに、前の男の中出し射精液を吸い飲ませて平気な顔をしている、
悪魔のごときセックス女でございます。



深田京子の【ハメハメ結合スタイル】
男に言われるままに、どんな体位でもOKの肉人形状態でございます。
何も考えていないのか、天然のアホなのか、男がどんなエゲツない体位で
交尾をしようとしても、全然文句は言いません。
「え〜、こんなカッコでするの?うふふ・・・」と卑猥な“オマンコ笑い”を浮かべて、
体位変更に協力するスケベ女でございます。

バックからチン入れしようとすると、自ら腰を浮かせたり下げたりして、
チン棒が入りやすいように、マラの高さに“マン位置”を調整してくれます。
上に乗せると、「いや〜ん、もう〜、うふふっ・・・」と言いながら、
腰に全然「くびれ」がない、ずん胴ボディーをクネクネ動かして
相手の生殖チンポを喜ばせ、自分もしっかりマンコ・オルガを味わいます。
交尾ピストンが激しすぎて、ポコチンがヌチョっと抜けたら、
「うふふっ・・・」とエロ・スマイルを浮かべながら、自分の漏らしたスケベ液で、
ベットリと濡れ光るチンポ・サラミをにぎって、マンちゃんに入れ直してくるサービスも。

ちなみに“隠れ長身”なので、69チンポマンコ舐め合い合戦の時、
背が低いチビ女によくありがちな、「男のベロがマン肉に届かない」という不具合がなく、
男の体に乗ってチンポを咥えると同時に、相手の口唇に生臭いマンチョ肉を
すぐに密着させることが可能でございます。





深田京子の【アレをしてる時に出す声】
この手のパ〜は、やたらとセックス声がデカいのが特徴でございます。
もう本能のままに、オマンコ快楽を声で表すのです。
普通の女なら、例えば、その男とファースト・オマンコする時は、恥ずかしがったり、
また、男の自宅でハメハメする時など、近所に聴こえるのを嫌がって、
交尾声を我慢して押し殺したりするものですが、彼女は違います。
オマンコを始めるや否や、全神経、全エネルギーが交尾作業に集中するのか、
マラメコの初顔合わせの時も、男の自宅でも、車の中での“カー・オマンコ”でも、
まるで、淫乱酔っ払いホステスが、ラブ・ホテルでオメコする時の絶叫のごとき、
もの凄い大声を張り上げて、チンポマンコ融合の喜びを表現するのでございます。

最初は、「おぉ〜!京子ちゃん、感じまくってるな・・・」と大喜びの男も、
あまりのセックスvoiceのうるささ、やかましさに、
「これじゃ、(マンションの)隣の住人に聴こえてしまうぜ・・・」と、
だんだん、心配になってきたり、腹が立ってくるのでございます。

あまりにも、ギャーギャーやかましい時は、彼女の口にタオルを咬ませてから
オマンコするのがよいでしょう。
しかし今度は、鼻から漏れるウナリ声がデカくなるので、安心はできません。
きっと、近所の人は「どこの淫乱女がオマンコしてるんだろう・・・?」と興味を持ち、
行為が終わって、部屋から出てくる女を見て、あら、ビックリ!
あの、おとなしい感じの可愛い顔した女優、深田京子ではありませんか・・・。



深田京子の【イクイク絶頂の様子】
LOVE交尾の最初から最後まで、大声を張り上げて感じまくっている女の場合、
「いつ、イッたか」がはっきり分からないのが難点でございます。
普通の女の場合、ケダモノのごとき淫ら声を叫ぶのは、
絶頂オルガズムの瞬間のみですので分かり易いのですが・・・。
しかし、彼女のようなタイプの女も、しっかりオルガしているのでございます。
達しているのでございます。可愛い顔して、気をやる気持ちよさを知っているのでございます。

マラ棒抜き差しピスりによるマン・アクメの場合は、
マン肉の締まり具合、痙攣ピクピク具合に注意するといいでしょう。
マンチョの肉が、キュッキュとちんちんを断続的に握るように締まってきて、
イクイク絶頂する瞬間、グゥーッとチン肉を握りしめて放さない、
欲張りイソギンチャク現象が起こります。
彼女の様子を見ると、それまで暴れるように動いていたデカい女体が、
一瞬、ピーンと硬直いたします。女が絶頂快楽天国に昇天している真っ最中です。
やがて、イキ終わると、まるで、穴のサイズが広がったかのごとく
マンチョ肉が緩んできて、チンポコを出し入れしても、
まるで水中を抜き差しピストンしているような味気なさでございます。
完全に達しやがった証拠でございます。

豆オルガの場合は、とにかく、マンコ豆を責め続けることによって、
イッたかどうかを確認することができます。
チンポを出し入れしながら、豆の皮をむいてズルムケにして、
指でコリコリと激しくしごきまくると、やがて淫核オルガに達するはずです。
それでも、フィンガー豆しごきを続けていると、クリっちょが
くすぐったくなってきて、「もう、いい!もう終わったから、いい!」と、
しごき作業の中断を要請してくるはずでございます。
男が面白がって、尚も、豆いじりを続けると、「うひゃ〜、もう、いいって!」と
気味悪い声を出しながら、最後には、怒っているのか気持ちいいのか、
わけが分からない状態に陥り、男を足で蹴り飛ばすこともございます。
殿方は、彼女に足蹴りされて打撲傷を負うまで、豆をいじめ続けることが大切でございます。





深田京子の【プチ・ヤリマン生活】
いつも、共演したベテラン年増女優たちから、
「あの娘はトロい」と大ヒンシュクを買っておるようですが、
スケベ俳優たちは、「トロい女だからこそ、簡単にチンポを突っ込める」と思い込んで、
期待と海綿体を同時に膨らませるのでございます。
実際、声をかければ、意外に簡単に股を開いて、チンポを入れさせてくれるので、
業界の男たちから、性欲処理用の女優として重宝がられております。

ハメッチョ行為においては、元々が従順なタイプの女なのか、
または、チンポマンコ性交に対する好奇心が旺盛なスキモノなのか、
それとも真性のアホなのか、とにかく、男の言いなりになって、
どんなにエゲツないプレイもOKのスケベぇでございます。

例えば、男がケツの穴にイタズラしようとすると、抵抗するどころか、
「それ、おもしろそう・・・。やってみて。」と肛門責めのGoサイン。
「うふふっ、なんかヘンな感じ・・・」と、気持ちいいのか、よくないのか、
いまいちはっきりしない反応ですが、次回からは、
ちゃっかり「また、お尻もしてみて。」と、ケツ穴いじりを要求する始末。

また、男がきんたまカルピスを、彼女の口の中にドピュドピュさせて、
飲むように勧めると、「なんかニガいね・・・これ。」などと、
否定的な感想を漏らしますが、次にオマンコする時は、彼女のほうから、
「最後は、口の中でもいいよ。」と、チンポ液飲みOKの許可を出したりするのです。

元々、チンポ好きの素質があった上に、最初に付き合った男の
華麗なる交尾テクニックに溺れて、チンポマンコ交接の味、
楽しみを十分教え込まれてしまい、ちんちん無しでは生きられない
スケベ女体になってしまったのでございます。
そのチンポ男と別れた後は、オメコが疼いて汁を分泌しっぱなしでしょうがないので、
テレビや映画で共演した男に、適当にチンポ肉を突っ込んでもらって、
汁の出口に栓をしてもらう日々を送っております。
自分からは、何もしなくても、海綿体を膨らませた男どもが、
マラを突っ込もうと企んで、勝手に彼女に接近してくるので、
チンポ・セックスに不自由はしておりません。まるでメス・カマキリ状態でございます。

女優というものは、短期間でドバーッと稼ぐタイプの職業なので、
普段は、ろくに仕事をしていないのでございます。
ヒマな時は何をしているかというと、どいつもこいつも、
とにかくオマンコしているのでございます。
しかも、オマンコすればするほど、男の精を吸収して、
ますます女に磨きがかかって、女優として輝いてくるのでございます。
女優さんがよく使う「充電期間」という言葉、実は、男のチンポ・エキスを
体内に取り入れて「精エネルギー」を充電するという意味でございます。
簡単に言うと、仕事もせずにオマンコばっかりしているのでございます。

さて、彼女にチンポマンコ合体LOVEの許可を貰った哀れなバカ男ども、
最初は、「あの深田京子ちゃんとオマンコできる!」と、
ウヒョウヒョ大喜びでございますが、いざ、おっ始めると、連続チンポ幻滅ショック!
まずは、“マン洗い”が不十分な、マンカスまみれの不潔なクサレ・マンコの出現に、
100年の恋も一瞬で冷めてしまいます。
クセぇ〜汚れマンチョを男に押し付けて平気な顔をしている、
とんでもない女優でございます。まぁ、ハード・マン臭フェチの殿方は、
逆にチンポがエキサイトしまくる可能性もございますが・・・。

しかも、そのマンチョのデカさに圧倒されてしまいます。
顔や足がデカいことでも有名な彼女ですが、コーマンもビッグ・サイズでございます。
あの、巨大オメコとの評判が高い松嶋七子と、いい勝負の
オスのチンポ生殖器を丸呑みしてしまいそうな迫力のデカマンでございます。
この巨メコを見ただけで、ビビってしまって、チンポカメが縮んでしまう男もおるようです。
実際、マラをイレッチョしてみると、やはり少しユルユルで“締まり”が足りません。
「俺のチンポが、小さすぎるのか・・・」と、ちんちんのプライドに傷が付いて、
自信が失くしてしまうのでございます。
彼女とオマンコした後、しばらくインポになった男もいるという噂でございます。

メリハリが全然ない女体も、チンポが萎んでくる要因の1つでございます。
巨乳なのか、単に「胸囲」がデカいだけのか、いまいちはっきりしない胸。
さっぱりクビレていない腰と、異様にデカいケツ&太いもも・・・。
まるで、ずん胴ババァの体型でございます。

それから、どんなプレイでも、すぐにやらせてくれるのは、男にとって、
逆に興醒めなのでございます。
ちょっと変態なオマンコ遊びをやらせて、女が恥ずかしがってる様子を拝むのも、
男の楽しみのひとつなのでございます。
それなのに、彼女ったら、「うふふ・・・」と卑猥に微笑みながら、
男に言われるままに、なんでもかんでも、凄いことを淡々とやってくれるのでございます。
これはこれで、非常に有り難いことではございますが、
このまま行くと、とんでもないド変態セックスのドロ沼にはまって、
抜け出せなくなりそうな予感がして、男は、なんだか怖くなってくるのでございます。

せっかく、彼女とチンポとマンコを絡め合う仲になったのに、
彼女の底なし沼のごときセックス好奇心に、だんだん気味が悪くなってきて、
3〜4回チン入れ交尾をしただけで、すぐに別れてしまう男も多いようです。
しかし、男に捨てられて泣くような彼女ではありません。
すぐに、次にチンポを突っ込んでくれる男が、順番を待っているからでございます。
さらに、常時2〜3本のチンポを同時に所有しており、オメコが乾くヒマもないくらい、
交尾ライフが充実しておるようでございます。
次に、ドラマや映画に出てくる時は、オマンコをやりまくって、
男の精エネルギーを吸収して、より一層、女に磨きがかかった彼女の姿を
見ることができるでしょう。

(END)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




岡本由紀 五十路 無修正動画 橋本恵子 五十路 熟女