NMC-002

新・まんちょシリーズ
中間由紀恵

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





中間由紀恵の【ちんちん好きレベル】
いつの間にやら、視聴率稼ぎの大女優に成長してしまった美人女優、
中間由紀恵でございます。
この清楚な装いの黒髪の美人にも、しっかり性欲がございます。
ちんちん&オメコを絡め合う遊びがやりたくてたまらない時があるのでございます。
特に、ハードな撮影が続きますと、セックスが“溜まって”、ハマグリが疼いて、
濃〜いヌルヌル交尾液を垂れ漏らすハシタナサ・・・。
そんな時は、共演しているカッコいい俳優のチンポコを頂くのでございます。
ファンに見ていないところで、こっそり、マラメコ結合作業に勤しむのです。

ただし、チンポ男とのツー・ショットを撮られようものなら、
美人女優のイメージが台無しになってしまう恐れがございますので、
彼女のおファック交尾は、常に厳戒態勢の中、行われているのでございます。
チンポ選びも重要なポイントでございます。
例えば、ヤリチン野郎として有名な、あの、お塩学のような男はダメでございます。
まぐわい性交の後に、周りの男に、「中間由紀恵のプッシー、食っちゃったぜ!」などと、
自慢げに言い触らすからでございます。
たとえ収容所に送られて拷問にあったとしても、美人女優・中間由紀恵の
オメコの秘密を守り通す、口の堅い男じゃないとチンポ入れ失格でございます。

しかし、それほどガードが固いと、オマンコするのにも一苦労。
ますます性欲が高まって、おマンチョから、クセぇ〜発情ベッチョ汁を垂れ漏らし状態。
そんな時は、マネージャーに手配してもらって極秘入手した、
マンズリ用電動チンポをコーマンに突っ込み、自らセルフ交尾を行って、
マンコを自家発電して、えげつない肉欲を処理するのでございます。
マン内に溜まっていた、まるで精液のようにドロドロした性欲汁を、
すべて分泌しきって、チンポ欲を鎮め、翌日、涼しい顔で撮影に望む“隠れスケベ”でございます。



中間由紀恵の【スケベはまぐり】
まんちょシリーズ史上、最も美しいオマンコ貝をしております。
清楚な顔と同様、小さめの「美マン」でございます。
マン色も、何度もチンポを出し入れしている割には、色素沈着が少ない、
思わず、男がしゃぶりつきたくなるビューティフル・オメコでございます。

意外にも、陰毛マン毛は濃い目。美しい黒髪と同じような、マンチョロ毛が、
もじゃもじゃと生えております。
なんと、ケツの穴周辺にまで、チョロチョロと・・・。
クソを拭く時、ケツ毛に「クソの匂い成分」が残る恐れもございます。

アワビのお手入れ状態も良好でございます。
石鹸をつけて、マンカスが付着しやすいメコびらの裏側の溝や、
マンコ豆の皮の隙間なども、わざわざ皮をズルムイて、綺麗に洗うのでございます。
ですから、彼女のコーマンは、いつもフローラルな石鹸の香りに包まれております。
さらに、マンチョ穴から滲み漏れ出る、スケベ液がパンティーに染み込んで、
蒸れムレで臭くならないように、マン汁吸収シート、いわゆる「おりものシート」を
セットして、いつでも、殿方とチンポマンコLOVEができるように、
オメコのコンディションを整えております。

しかし、男とアレをおっ始めた途端、発情興奮して、マン穴から、
チンポ挿入用のクセぇ〜交尾汁を漏らしてしまうので台無しでございます。
彼女とオマンコなさる殿方は、この美人女優が、チン肉が欲しくて分泌する、
メス本来の生殖汁のスケベな匂いを嗅いで興奮しましょう。





中間由紀恵の【マンコ・ピーナッツ】
「あずき」のごとき、小粒のエロ豆をお持ちでございます。
性興奮してくると、皮がちょこっとムケて、光沢があるピンクの真珠のような
セックス豆の芯が、尖がるように顔を出してまいります。

とろけるように柔らかいマンチョの粘膜を指でいじっていると、
やたらとコリコリと硬くしこり勃つ部分を捕らえたら、
それが、中間由紀恵のセックス・ボタンでございますので、
ひたすら指先で転がしてやりましょう。
きっと、「あッ!オッ!」と、小刻みなエロ声を漏らしながら、
腰をビクビクと暴れるように動かして、豆の喜びを表すことでしょう。
2〜3分、豆をコリコリしてやると、すぐに豆絶頂に達するはずでございます。
さらに、ベロで吸ったり舐めたりしてあげると、もう乱れまくって、
失神するほど強烈な連続豆オルガに達するのでございます。
本番チン入れの前に、続けざまに10回ほど豆絶頂させてやると、
貴方の“豆イタズラ”のテクニックの虜になって、次回のオマンコの際、
彼女のほうから、「お豆をしてぇ〜」と、マンコ真珠を口元に図々しく押し付けて、
豆クンニおねだりをしてくることでしょう。



中間由紀恵の【分泌交尾ジュース】
無色透明のエレガントなマン汁を分泌いたします。“漏らし量”も普通です。
ただ、何故か妙に生臭いのが特徴でございます。
ちんちんに飢えてくると、美しい顔に似合わず、
下品な匂いのベッチョ液を分泌する恥ずかしい女でございます。
先ほど申しましたとおり、マン肉は綺麗に洗浄しておりますので、
石鹸の香りなのですが、マンチョ交尾汁がやたらと匂うので、
結局、同じことでございます。

舐めてみますと、普通の女のマン液より、やたらと塩っ辛いのもポイント。
もう、これだけで、ご飯のおかずになりそうなほど、
塩分を多く含んだ特殊なオメコ液でございます。

全身を30分近くかけて舐め舐め愛撫した後に、股をガバっと開かせて、
コーマンを丸出しにしてやると、可憐なケツの穴にまで、
匂い立つ濃厚なマンつゆが垂れ流れておりますので、
殿方は、そこに口をつけて、漏れ出ている興奮液をチューチューと
全部舐め飲んであげましょう。

この粘液が、激しいチンポピストンで、白濁するまでシェークされると、
チンマン結合部分から、ケモノのような強烈なアロマが漂ってまいります。
美人女優・中間由紀恵が放つ、動物的なスペシャル交尾臭でございます。





中間由紀恵の【ハメッチョ体位】
もちろん、どんなハメ体位も大好きでございますが、
特にお気に入りなのが、男にまたがって腰を振りまくる交尾でございます。
「うぅ〜いい〜、うぅ〜いい〜」と、マンコの気持ちよさを訴えながら、
日頃のストレスを発散するかのように、小粒のセックス豆を
男の恥骨にゴリゴリ押し付け、さらに、チン先のカメを子宮の入り口に命中させて、
自分勝手にスケベ絶頂に達してくれるので、男は楽でございます。

普通、髪が長い女は、オマンコする時、髪を束ねてハメ行為に集中するのですが、
彼女の場合は、その自慢の美しい黒髪を振り乱しながらの交尾イベント大会でございます。
長い髪の女が、髪の毛をグシャグシャに掻き乱しながら、
チンポを味わう姿は、実に興奮いたします。
バックからチン入れ交尾をする時、殿方に、後ろから髪の毛をつかまれて、
背筋がのけ反るような格好にされると、被虐的な自分の姿に興奮するのか、
「ヒ〜ヒ〜」言いながら気をやりまくるのでございます。
さらに、ラブホテルなどで、この己の恥ずかしい姿を鏡に映して見せ付けると、
突然、トランス状態に陥って、白目をむいて気を失うことも・・・。
そんな時は、ケツ毛がチョロっと生えている可憐なクソひり出し穴を、
指でいじってイタズラする“アナル気付け”をしてやると、
意識を回復して、また「ハァハァ〜」言い出し、白い尻をクネクネ振って、
再びチンポを味わい始めるのでございます。


中間由紀恵の【アレをしてる時に出す声】
男が、上手にいやらし〜く演奏してやれば、実に卑猥な声を出してよがり泣く
女体SEX楽器・中間由紀恵でございます。

服の上から貧乳をモミモミしてやれば、すぐに、「はぁ〜」と
甘酸っぱい吐息を漏らし、いやらしくおっ勃たせた乳首を吸われれば、
「あっ、うっ」と小刻みなエロ声を漏らし、ヌルヌル状態の生牡蠣をいじられる頃には、
呼吸困難になりそうなくらいに激しいセックスvoiceを出して乱れます。

このアマの「マンコ・セリフ」の特徴は、やたらと「お願い・・・」を
連発することでございます。
とにかく「お願い・・・」と囁いて、相手の男をハッスルさせて、
さらに激しくチンポマンコ交尾に精を出してもらおうと企む、したたかな女でございます。
黒髪の美人女優に、ベッドの上で「お願い・・・」と言われて、
興奮しない男はいないでしょう・・・。
どいつもこいつも、もう心臓麻痺を起こす寸前まで腰を振って、
彼女のマンチョに交尾サービスを施してしまうのでございます。

しかし、“オマンコ慣れ”した、ベテラン・チンポ男になりますと、
そう易々と、この手には乗りません。
例えば、彼女が「お願い・・・」とチン入れファックを要求してきても、
チン先で、マン粘膜をヌチョヌチョとこねくり回して、極限まで焦らし続けるのでございます。
そのうち、我慢の限界を超えて、とうとう泣き出したり、
仕舞いには、なんと彼女のほうから、チンポをグイッと握ってきて、
自分のベッチョ生殖穴に咥え込んだりすることもございます。
そんな、美人女優が、一匹のメスと化して、冷静さを失うザマを見るのが、
男の風流なオマンコ愉しみでございます。
いざ、ちんちんをハメッチョしても、超スローな抜き差しピストンをしたり、
マラの先っちょだけでオマンコしたりすると、彼女ッたら、もう「お願い・・・」を
連発でございます。
女優・中間由紀恵とオマンコなさる殿方は、この「お願い・・・」を
何回言わせたかで、その価値が決まるのでございます。

ちなみに、マンコが絶頂する時も、何故か、「お願い!」と叫んだりします。
オルガする瞬間に及んで、一体、何を願っているのか・・・謎でございます。





中間由紀恵の【マンコオルガの実態】
色白細身のおなごが、マンコ絶頂オルガに達する様子を拝むほど、
男にとって興奮するものはございません。
デブ女より、アクメに達する様が派手に見えるのでございます。

中間由紀恵のマンコ絶頂も派手でございます。
一言で言いますと、痙攣系のオルガズム絵巻でございます。
なにしろ、痩せていてる女は、全身、これ性感帯でございますので、
乳首を吸われればビクビク痙攣、豆を転がされれてもビクビク痙攣、
ケツの穴をいじられればブルブル痙攣の、痙攣オマンコ女優でございます。

そして、オメコがオルガする時の、もう暴れるような激しい絶頂痙攣は見もの。
達し始めると、「お願い!イクイク」と、絶頂報告しながら、
まるで電気ショックを与えられているかのごとくビクビク・ブルブル震えはじめ、
男が、彼女の腰を押さえておかないと、チンポがスッポ抜けてしまうほどでございます。
やがて、全身がピーンと突っ張って、とうとう素敵なオマンコ絶頂昇天タイム。
まるで木材のごとく全身が硬直して、呼吸も瞬間的に止まって、
女に生まれた喜びを味わっている、スケベぇ〜なひとときでございます。
体からは、生臭いセックス脂汗が噴き出し、胸から上を、まるで茹でダコのごとく、
真っ赤に紅潮させて、気・エネルギー・精を放出するのでございます。
色が白いので、この“茹でダコ度”が非常に高く、
イケばイクほど、実に卑猥に、肌が赤く染まるのでございます。
まるで、焼酎を飲んで酔っ払っている女のようでございます。

殿方は、彼女が1回気をやったからといって、おファックの手を緩めてはなりません。
達し終わってグッタリとダウンしている彼女の乳首を摘んだり、
クリッチョの皮をズルムケにしてしごいたり、ケツの穴に指を突っ込んだりして、
叩き起こし、さっきよりも、さらに強烈なチンポ出し入れ交尾をカマし、
もっと凄いオルガズム絶頂天国に導いてあげなければなりません。
連続で2回、3回と達するごとに、イクイク寸前の痙攣バイオレンス度が増し、
さらに、マンコ・アクメ硬直の時間も長〜くなってまいります。
1回目よりも、さらに深〜いオマンコ大絶頂天国に達しやがった証拠でございます。

ちなみに、達し終わった後、全身が弛緩して、顔の筋肉のコントロールが全く効かず、
大きな目玉が裏返って、白目をむいてオバケのような顔をしている事がございます。
長い髪の白目女は、まるで幽霊のようでございます。
このオマンコ幽霊女の顔を見て、ビビってポコチンが萎まないように注意しましょう。



中間由紀恵の【ホーミー丸出し】
この手の女の場合、徹底的に恥ずかしいオマンコ・プレイをしてやるのが効果的でございます。
男と女がチンポマンコ丸出しになったら、ヘンに気取っているよりも、
いやらしく、えげつなく下品に責めたほうが、彼女のようなタイプの女は
逆に大喜びするのでございます。

例えば、いきなりビンビンにおっ勃ちまくった硬い黒光りチンポを、
彼女の綺麗な顔にくっ付ける作戦でございます。
男の熱い肉棒を顔面に押し付けられて、思考能力低下のパニック状態でございます。
もう、これだけで全身の力が抜けて、白目むいてぶっ倒れそう・・・。

マンチョを舐め舐めする時も、「マングリ返し」にして、
マンコ貝の肉にしゃぶり付く様子を見せつけるのでございます。
綺麗な顔に似合わないモジャモジャ・マン毛をかき分けて、
赤貝をペロンチョされるポルノなシーンを見せつけられて、ヒ〜ヒ〜よがり泣くのでございます。

正常位でたっぷり交尾ファックしたあと、彼女を後ろ向きさせて尻を持ち上げると、
突然、オメコから「ブリブリ〜♪」という、屁が漏れるような卑猥なサウンドが・・・。
そう、いわゆる「マン屁(ペ)」でございます。
美人女優・中間由紀恵も、下品な「マン屁」を放つのでございます。
自分のえげつない「ぶりぶりマンコ・サウンド」を男に聴かれて、
「イヤ〜ん、もう〜」と恥ずかしそうにしながらも、さらに興奮して、
男に、ケツ毛が生えた肛門アヌスをモロに見られるいやらしい体位で、
「お願い〜」と、激しいちんちん交尾をリクエストするのでございます。

チンポを出し入れしながら、彼女の耳元で「淫語」を囁くのも効果的でございます。
「マンコ」「チンポ」とか、「オメコ」「マラ」とか、禁断のあの「ワイセツ呪文」を
交尾中に囁くのでございます。
実は、彼女、綺麗な顔に似合わず、このスケベなプレイが大好きで、
「もっと、いやらしいコト、いっぱい言って・・・」とか言いながら、
仕舞いには、自分でも「チンポ・・・マンコ・・・」などと、
顔を真っ赤にしながら、しゃべってしまう黒髪のスケベ女。
一番効くのが、沖縄言葉の女性器「ホーミー」でございます。
これを、男に耳元で囁かれると、体をぶるぶる震わせて、
「ヒ〜!イヤ〜ん」と、もの凄く恥ずかしそうな声を上げながら、
なんと、それだけで気をやってしまいそうな勢いのオマンコ・トランス状態に
陥ってしまうのでございます。
最後には、わけの分からない沖縄弁をしゃべりながら、
“ホーミー”を激しくオルガさせるドスケベ女でございます。

このように恥をかかせまくって、女優としての仮面を剥いでやるのでございます。
ベッドで恥をかかせればかかせるほど、大喜びして、一匹のメスに成り果てて、
チンポとマンコの卑猥なる遊戯に夢中になるのでございます。
そうすれば、彼女は、もう貴方のチンポセックスの虜・・・。
オメコが疼いて疼いて汁が漏れてしょうがなくて、忙しいスケジュールの中、
わざわざ、彼女のほうから、「今夜、空いてます?」と
オマンコを誘ういやらしいメールが来るはずでございます。

(END)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




杉山久子 貴美島レイ ワキ毛 五十路 榎本蓉子、山田幸子、山川としえ