NMC-003

新・まんちょシリーズ
上戸 綾

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





上戸 綾の【ポチンLOVE度】
まだまだ幼さも残る19歳の上戸様でございますが、
可愛い顔して、しっかりチンポマンコ結合交尾体験済みでございます。
こんな顔でも、男とアレしたいドロドロの欲望、
男のアレを味わってみたい淫らな欲望、
つまり「性欲」をしっかり持っているのでございます。
男の硬いマラチンポ棒を、キュートなオメコに突っ込まれて、
とっくに“オマンコ・ヴァージン・フィルター”を破られている、
ちゃっかりスケベでございます。

今のところ、まだ、チンポセックスの本当の味、
死ぬほど気持ちいいマンチョ絶頂天国の喜びは知らないようで、
ただいま、交尾作業を勉強中の「オマンコ初心者」でございます。
しかし、根がスケベでございますので、やればやるほど、
ちんちんを出し入れファックされればされるほど、
オメコが気持ちよすぎて、もうわけが分からなくなってきて、
凄い叫び声を放ちながら気絶するほどに達しまくる、
あの、「女に生まれた喜び」を味わうまで、
もう一歩のところまで迫っているようでございます。

ただし、マンコ豆で達する“豆オルガ”は、中○生の頃にこっそり覚えた、
秘密の“豆コリコリしごき遊び”のおかげで、普通の19歳より、
貪欲に味わう術を知っているようでございます。
この絶頂シーンだけ見ると、まるでチンポ好きスケベ熟女のようでございます。



上戸 綾の【卑猥なしじみ貝】
キュートなお顔のくせに、えげつない魚貝類をお持ちの上戸様でございます。
何と言いますか、実に“性格が悪そうな”コーマンでございます。

オマンコ・カラーをドス黒くしてしまう、メラニン色素が沈着しやすい体質なのか、
それほど使い込んでいないのに、やたらとマン色が黒いのでございます。
とくにマンビラちゃんは、まるで、30過ぎのプチ熟女のごとき、
迫力満点の淫水焼け黒オメコでございます。
彼女の“汚マンコ”を見た殿方は、「この女、可愛い顔して
ヤリまくってるな・・・」と、カン違いしてはいけません。
元々、マンチョが色黒なのでございまして、体験チンポ本数も、
ほんの、まだ数本のオマンコ初心者でございますので、
これから、ゆっくりとチンポセックスの味を教えこんであげましょう。

陰毛マン毛は、普通でございます。
少し、天然パーマが入った、卑猥なちぢれ具合のマンチョロ毛が、
いい感じに生え揃っておるマンコ貝でございます。

それから、彼女は、いわゆる“上(うわ)つき”でございます。
普通の女より、ケツの穴とチンポ入れ用の肉穴の距離が離れており、
オメコの位置が、マン土手に近いのでございます。
昔から、「上つきの女は名器」との誉れが高く、
チンポ出し入れピストンのトータル回数が、1万回を超える20代半ばには、
男殺しの必殺マンコを持ったエロ・レディーに成長することでしょう。
ただ、その頃になると、今よりもっとドス黒い、
もう、男の肉マラよりも遥かにブラックな、俗に言う“ドドメ色”のオメコに
なってしまっている可能性もございます。
しかし、「美女の黒マンコ」も、結構、風流で乙なものでございます。





上戸 綾の【感じるオメコ・ボタン】
先ほども申しましたように、中○生の頃から、夜、寝る前に、
こっそりマンコ豆をいじりしごく、淫らな“自家発電”を行って、
豆エクスタシーを味わう遊戯に夢中になっていたおかげで、
セックス豆の感度は抜群でございます。
しかも、その卑猥な豆遊びのせいで、恥ずかしいくらいにご立派な巨豆に成長しております。
いわゆる、「ヤセ女のデカクリ」現象でございます。

股を開いてマンちゃんを丸出しにしてやると、
性興奮して、豆の皮が自動的にズルムケの“剥き身”になっているはずでございますので、
殿方は、それに口をつけて、ベロで転がしたり、チュっと吸ったりしてみましょう。
もうそれだけで、暴れるほどに激しい豆反応を示し、
「それ、好き!」などと言いながら、コリコリとおっ勃ったセックス・スイッチを、
もっと強烈に豆クンニしてもらおうと、男の口にグリグリと押し付けてきます。
「吸う」のと「舐める」のを同時に行う、「必殺・マンコ豆吸い舐め転がし」を施すと、
「もうイクッ!すぐイクッ!」とわめきながら、
早くも豆オルガに達しやがるのでございます。
豆絶頂の味を十分に知っている、隠れスケベ女ならではのスピーディーな豆アクメ。

このように、女とファースト・オマンコする際、
その女が、普段、自らマンコをいじくって、こっそりオナしているかどうかは、
豆を吸ったり転がしたりしてやれば、一発で分かるのでございます。
真面目そうな顔をしてる清楚な女が、実は、もの凄いマンズリ好きで、
エッチ豆を、ちょいと指でコリコリされただけで、
悲鳴を上げながら気をやりまくって、そのエゲツない正体を晒すこともございます。



上戸 綾の【ベッチョから滲み漏れる粘液】
可愛い顔しているくせに、発情して男とまぐわいたくなると、
キュートな黒メコから、しっかりとちんちんお出迎え用の、
スケベぇ〜な目的のヌルヌル粘液を出すちゃっかり者でございます。
ヤセ女らしく、分泌量は少なめですが、粘り気が濃い、
納豆のような糸引きマンコ・エッチ液を漏らしてしまします。

実は、マン汁が臭く匂う体質なのですが、決して悪臭と言うわけではなく、
まるで香ばしい樹液のごとき、特殊な芳香のマンコ濃縮液でございます。
彼女と同じブラック・マンコで有名な、あの精液放出用公衆便所女として
お馴染みの職業不詳タレント、優香なども、これと同類で、
まるで松ヤニか、メープル・シロップのごとき、
実に妙なる、いい匂いのオメコ蜜を分泌する変態生殖器でございます。
この匂いに誘われて、男が、黒メコにチュ〜っとディープ・キスをして、
“プッシー・シロップ”を吸い舐め飲んでみると、やはり、そこはマン汁、
普通の女と同じ塩っぱい味で、何だかガッカリ・・・。

しかし、この香ばしい匂いのマンコに、一度口を付けた男どもは、
この特殊なマン液の香りに誘われて、次回も、風呂に入る前の不潔なベッチョに、
いきなり口をつけて、セックス分泌液を飲んでしまうという、
魔性のマンコ液でございます。

普通の女の場合、コーマンから垂れ流れた生殖交尾液が、
男のハードなチンポ抜き差しピストンによって、泡立つほどにシェークされれると、
ものスゲぇ〜クセぇ〜、下品な匂いを放つものでございますが、
彼女の場合、チンポコでピスればピスるほど、甘く香ばしいアロマを放ち、
かつて嗅いだことがないような、トロピカルな交尾臭が部屋中に漂うのでございます。





上戸 綾の【マラメコ接着体位】
チンポマンコLOVEコミュニケーションに対する好奇心が旺盛な時期なので、
男がえげつない交尾格好をしようとすると、恥ずかしがりながらも、
どんな体位でもホイホイ応じてくれます。

正常位で、男に覆いかぶさられて、マンチョの薄皮が破れそうなほどのデカちんちんを
ヌチョヌチョと抜き差しされると、まるでオスの精を抜き取るメス・カマキリのごとく、
細くて長い手足を男の尻や背中に絡めて、強烈なチンポ出し入れピストンを味わう、
情熱的な交尾痴態を晒すのでございます。
彼女のように、手足が細くて長い女は、どんなおファック体位でも「絵」になる、
つまり、ポルノな女体ファック絵巻が拝めるのでございます。

ただ、後ろ向きにして、ケツ方向ファックをしようとすると、
まだ、そんなにチンポセックス慣れしていない女特有の、
「背中が丸くなる現象」を起こし、ケツのワレメの位置が下がり、
チンポが奥まで届かないという不具合も生じます。
バックからオマンコする時は、しっかりと背中をのけ反らせて、
ハンバーガーのように閉じた形状のオマンコ肉を、パックリと開いて男に捧げ出すよう、
交尾指導してあげましょう。
そう言えば、ダウンタウンの松ちゃんも、後ろ向きでオメコする時、
女の背中が丸まっていると、もの凄く腹が立ってきて、
思わずパチッ!と引っ叩くとかおっしゃってました。

彼女を上に乗せて、自由にハメ腰を使わせてみるのも面白いでしょう。
まだ、動きはぎこちないのですが、マンコ豆の“イキ味”を知っているので、
殿方の恥骨に、淫らなセックス真珠をゴリゴリ押し付けて、
夢中で腰を使っているうちに、硬いマラチンポのカメの先っちょが、
マンコの中身の感じるエロ・ポイントに、思わずヒットしてしまい、
豆絶頂の何十倍も気持ちがいい、悲鳴を上げるほどのエロ快楽である、
マンコの中身で達する「真の女の喜び」を知ってしまうのでございます。
そのうち、軽い豆アクメよりも、マン肉をチン棒でピスられて絶頂するほうが好きな、
一人前のオマンコ・レディーに成長することでしょう。

上戸 綾の【オマンコ淫ら声】
AV女優やキャバクラ嬢のように、フェロモンの塊(かたまり)みたいな
女が出すあえぎ声よりも、彼女のように、あまりセクシーではない女が、
マンコが気持ちよくて、思わず漏らしてしまうエロ声のほうが、
殿方にとっては興奮するものでございます。
少し極端な話でございますが、いつもテレビでギャーギャーとやかましい女、
例えば、北陽のデカいのや、青木さやか、森三中のブス・トリオなどが、
オマンコするとき、急に「女」になって、「あぁ〜ん」と、
恥ずかしそうに甘〜い吐息を漏らせば、それは、AV女優のうるさいあえぎ声よりも、
殿方のチンポコをエキサイトさせるのでございます。

上戸の場合も、これと同じでございます。
デート中は、「キャハハ〜」と、まるで子供のような笑い声を出して
はしゃいでおりますが、男と密室で2人っきりになって、“オマンコ・モード”に入って、
その男のちんちんを意識し出すと、急に無口になって、笑顔も消えて、もうトロケ顔・・・。
男に口を吸われただけで、生臭い吐息を漏らしてしまうスケベ。
このように、「普段の生活とは全く違う淫らな声を出す」というところに、
男は興奮するのでございます。

貧乳をモミモミされれば、息に混じって「あぁ〜」とプチあえぎ声を出し、
セックス豆を指でコロコロといじられる頃には、「アッ!アゥっ・・・」と、
本格的なオマンコvoiceに変わるのでございます。
さらに、豆を転がし続けて絶頂する時や、チン入れ交尾の最中、
オメコの中身の感じるポイントにチン肉がヒットしたりすると、
まるで40過ぎのドスケベ熟女のような「ウグッ!オウッ!」という
低音唸り系のセックス声を漏らして、男を驚かせます。
「可愛い顔して、黒オメコ」、「可愛い顔して、熟女のような唸り声」、
このギャップが実に卑猥に映えるセックス女でございます。





上戸 綾の【イクイク・マンコ絶頂】
中間由紀恵のページでも申しましたが、痩せ女の絶頂オルガの痴態は壮絶でございます。
と言いましても、まだ、マンコ絶頂気絶するくらいに激しい
チンポマンコ交尾の味を知らないので、中間ほどの絶頂全身痙攣現象は起こりませんが、
それでも、豆アクメする時は、一人前のエロ女のように、細い体をビクビク震わせた後、
あばらが浮き出た貧乳ボディーをピーンと突っ張らせて気をやる、
キュートなイキっぷりを披露するスケベ娘でございます。

チンポ抜き差しされる味を覚えたら、もっと卑猥な絶頂絵巻を見せてくれることでしょう。
例えば、正常位オマンコで達する場合、無意識のうちに、男の背中の肉や皮を手でつかみ、
さらに、その長い足を、交尾ピストン運動が出来なくなるくらいに、
男の腰に絡めてくるのでございます。
やがて、気をやり終わると、男の体に絡めていた腕や足の力がグンニャリと抜けて、
宙ぶらりん状態のマヌケな姿を晒してしまいます。

上に乗せて、自由にファック腰を使わせて、マンチョ・オルガさせることを覚えさせると、
この手の「色黒痩せ型女」の場合、絶頂昇天をコントロールする術を知らないのか、
もう面白いように、連続で気をやってしまうのでございます。
殿方が何もしなくても、勝手に達しまくってくれるので、男にとっては楽でございます。
マンコの豆がつぶれるほどに激しくゴリゴリと押し付け、マンコ内では、
硬いチン肉の感触を貪り味わい、「あぁ〜イクイク・・・」と、全身痙攣&硬直したあと、
全身の力が抜けて、グンニャリと男の体に覆いかぶさって、
「ハァハァ〜」と、女がイキ終わったあと特有の生臭い息を吐くのでございます。
気をやりすぎてダウン状態の上戸の腰を揺すって、チンポを突き上げてやると、
再び、オメコの気持ちよさが甦ってくるのか、「もうダメかも・・・」などと言いながらも、
またもや凄いハメ腰を披露してしまう、底無し沼のごときスケベ女でございます。

・・・と、ここまでの話は、あくまでもチンポ大好き女に成長した場合の
絶頂シーンでございまして、現在の彼女は、豆絶頂によるアクメ痙攣のみ。
ただ、上記しましたような、スケベ“素質”は十分に持っている、
淫乱オマンコ女の原石なのでございます。

ちなみに彼女のようなタイプの女は、イケばイクほど、アクメ度が深いほど、
全身から、妙に生臭くてネットリとした脂汗(あぶらあせ)を噴き出すのが
特徴でございます。いわゆる“セックス脂汗”でございます。
オマンコが終わる頃には、全身がヌルヌルの汗でびっしょり。
シーツや布団にシミを作ってしまうほどでございます。
しかも、まるでケモノのような、えげつない動物的匂いを放つ特殊な興奮脂汗で、
これが、彼女の付けてるコロンの香りとミックスされると、
匂いフェチの殿方の鼻から脳に伝わって、より一層ハードな交尾を促進させる
強烈な性フェロモンとして作用するのでございます。



上戸 綾の【チンポマンコ・レッスン】
まだまだ発展途上のエロ女体・上戸綾でございます。
チンポ大好き女に成長するかどうかは、これから付き合う男の、
マラメコ合体レッスンにかかっていると言えるでしょう。
ちんちんでマンコを交尾される女の喜びを、じっくりと教え込むのでございます。
ですから、どちらかと言うと若い男よりも、数々の女の毛生えアワビを食べてきた、
オマンコ経験豊富な中年男のほうがよいでしょう。
しかし、スケベ小悪魔・安達祐実のように、中年男に、
さんざんチンポマンコLOVEの気持ちよさを教えてもらったくせに、
その男を裏切って、もっと“勃ち”がいい、若い男のチンポコに手を出す、
とんでもないアマもいるので注意が必要でございます。

上戸の場合、根がスケベで、すでに豆マンズリによる、クリ絶頂をしっているので、
それを利用かして、ちんちんで交尾される喜びを教えるのがよいでしょう。
例えば、チンポをゆっくり抜き差ししながら、常に、豆をコリコリと
手マンコしてやるのでございます。
豆が感じると、オメコの粘膜穴が、ニュギニュギと妖しく締まって、
チンポ液射精を促すような卑猥な動きを見せるので、
やはり、すぐに精を漏らしやがる若い男ではダメでございます。
どんなにマン肉が絡みついてきても、慌てずに、一定のペースで
オメコを交尾し続けることが重要でございます。

やがて、チンポを出し入れされながら、ガキんちょのごとき細い体をピクピクさせて
豆オルガに達することでしょう。でも、チン棒ピスり作業をやめないのでございます。
何百回もチンポを抜き差しされるうちに、マンコの中身を刺激される気持ちよさに
目覚めてくるはずでございます。
ここで、若い男のように、一気に高速交尾をしてしまってはNGでございます。
豆をコリコリしごき続けて、何度も何度も豆絶頂させながら、
ゆっくりとしたチンポ・スライド、いわゆる“スロー・オマンコ”を続けていると、
やがて、マンコの中身で達する、女の本当のセックス絶頂を感じるようになるのです。

チンポ・ピストンで達するようになれば、一人前のオマンコ・レディーでございます。
軽い豆アクメと違う、女が全身全霊をかけて気をやりまくる、強烈なマンコ・オルガ・・・。
その味を知ったら最後、もはや、チンポなしでは生きられない、
男とオマンコするのが趣味・生き甲斐の、スケベぇ〜なセックス女に成長するのでございます。
ちんちん欲しさに、仕事をすっぽかしたり、チンポセックスに溺れて
そのうち、大スキャンダルを巻き起こすかも知れません。

彼女のような痩せ女は、「イキっぷり」が派手で、殿方を楽しませてくれます。
全身から、妙に生臭い“セックス脂汗”が噴き出し、ケダモノのようなアクメ声を叫び
悪霊が乗り移ったかのように、もの凄く激しく、全身を痙攣&硬直させて
不覚にも、マンコを絶頂させてしまうのでございます。
可愛い顔した女が下品に乱れまくる姿を拝むのは、男の交尾楽しみの1つでございます。
上戸の、こんなえげつないスーパー・オルガズム・ショーを鑑賞できる日も近いでしょう。

しかし、常に、中年男に豆をコリコリされながらファック交尾をされていたせいで、
豆&穴の同時オルガ絶頂の味を覚えて、それが病みつきになってしまい、
他の男とオマンコする時も、思わず「クリちゃんをさわりながらして・・・」と、
いやらしいリクエストをして、男に重労働交尾を求める可能性もございます。

(END)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




高坂保奈美 初裏無修正 三十路 翔田千里 初裏無修正 三十路