NMC-004

新・まんちょシリーズ
吉澤ヒトミ

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





吉澤ヒトミの【陰茎チンポ好きレベル】
最近、例のメス集団のリーダーになってしまった彼女。
チビのくせに、ちんちんがたまらなく大好きな前リーダーの女が、
チンポ男と一緒にいる現場を写真誌に撮られて失脚したため、
図らずも、リーダーの座が転がり込んできたのでございます。

しかし、このメス・グループ、リーダーである間は、男のチンポを味わえないのが難点・・・。
もしくは、ファンやマスコミにはもちろん、他のメンバーにもバレないように、
こっそりと、極秘オマンコしなければなりません。
そのせいで、みんな、リーダーになりたがらないのでございます。
チビ矢口の前にリーダーだった、あの、妙に体が酸っぱい匂いがしそうな
背が高い女などは、リーダーだった間、“チンポ絶ち”が続いて、
もう発情しっぱなしで、オメコが疼いて疼いて、常にベッチョ汁を分泌しながら
仕事をしていたほどでございます。

ちなみに、リーダー以外は、オマンコし放題でございます。
詩の盗作事件でお馴染みの、性格が超悪いことで有名な、例の白豚女なんぞは、
チンポ食べまくりの日々でございました。
もちろん、謹慎中も、チンポ彼氏を部屋に呼んで、
汁が滲み漏れ出る寂しいマン穴に、ちんちんを突っ込んでもっていたのでございます。
ついでに、この盗作メス豚の妹も、やりっ放し状態でございます。
未○年の頃から、タバコ吸ったり、チンポ吸ったり、オマンコしたりの放蕩三昧・・・。
めちゃくちゃな、DQN(ドキュン)姉妹でございます。

失礼しました。本日の主役は、新リーダー吉澤ヒトミでございます。
もちろん、この女も、可愛い顔して、ちんちん大好きのスケベでございます。
チンポセックスを取るか、リーダーとしての自覚を取るか・・・。
オメコから汁を出しながら身悶える日々でございます。



吉澤ヒトミの【ピンク&匂う貝】
まるで白人女のごとき、ピンク色したビューティフル・マンチョでございます。
今まで、何本ものマラ陰茎を突っ込まれて、ヌチョヌチョとヌル液まみれで、
オメコの粘膜薄皮がヒリヒリしてめくれるほどに激しい交尾LOVEをやりまくってるくせに、
コーマンの色素沈着が非常に少ない、“嘘つきマンコ”でございます。

普通、女が交尾中に分泌するアルカリ性の“ベッチョだれ”には、
マン肉にメラニン色素を染み込ませて、ブラック・オメコ変えてしまう作用があるのですが、
例えば、白人女の場合、大量のセックス汁を垂れ流しても、ババァになっても、
まるで、処女マンコのごときピンク・プッシーのままなのでございます。
色白の吉澤も、この「嘘つきマンコ体質」だと思われます。

彼女の場合、マンコ・カラーは綺麗なのですが、匂いが強烈なのが欠点でございます。
美人のくせに、おマンチョ貝がやたらとクセぇ〜のでございます。
男が、口マンコしようと、パンティと脱がして股をガバッと開くと、
生イカとチーズをミックスしたような、卑猥なマン臭がモワ〜と漂ってまいります。
ここで、「うッ!クっセぇ〜・・・」とマン舐めを辞退するようでは、
まだまだオマンコ修行が足りません。
美人のマンチーズ臭、しかも、あの吉澤ヒトミのプレミアムなマン臭でございます。
スケベ警察犬のごとく、匂いをクンクン嗅ぎながら、
匂い立つ発酵チーズ・オメコの粘膜を舐(ねぶ)りまくってあげましょう。
彼女と付き合う男は、この、もう目が充血するほどに臭いマン・アロマも含めて、
吉澤のすべてを愛してあげなければ失格なのでございます。

ちなみに、顔と同様、大陰唇にホクロが何個かございます。
ちんちん大好き女の証拠の、卑猥な「オマンコぼくろ」でございます。





吉澤ヒトミの【セックス豆】
普段は小粒で、皮を被った包茎豆でございますが、性興奮すると、
途端に体積を増し、硬くシコり勃つ巨豆に大変身。女のモッコリ現象でございます。
豆を包む皮=鞘(サヤ)の部分もろとも、ぷっくりと膨れて盛り上がり、
それを見た男どもは、大喜びで手マンコ&口マンコに励むのでございます。

メス集団に入る前から、1人でこっそり豆をシゴく指遊びをやっていたおかげで、
ボタンの感度は極めて良好でございます。
男が、指やベロで豆を転がすと、「うぐぅ・・・」と可愛いオマンコ声を漏らします。
さらに、豆を包む皮をグイ〜ッと根元までズルムケにして、
まるでニスを塗ったかのよにピカーッと光るマンコ真珠を剥き身にして、
チョンチョンと舌先で突っつくだけで、体をのけ反らせて喜び乱れます。

ただ、セックス豆の皮を剥くと、どんな女でも、
あの、恥ずかしいマンカスがベットリと付着しているものでございます。
オマンコを“商売道具”にしているプロの女ならともかく、
普通の女は、なかなか豆の皮を剥いてまで洗ったりしないものですから、
まるで、カマンベール・チーズのごとき白いマンチーズを、
豆の皮のすき間で“製造”してしまうのでございます。
吉澤も、綺麗な顔しているくせに、酸っぱい匂いの白い固形物が、
豆の根元にビッシリ状態・・・。
先ほども申しました通り、オマンコ・ベテランの殿方は、
この美女のマンコ汚れを、しっかり舐め取ってあげなければなりません。
少女の頃からの“ビンテージ・マンカス”も混じって、発酵具合もかなり進んでおり、
舌が痺れるほどに強烈な臭気・酸味を放っておりますが、
もし、マン舐め終了後に、食中毒を起こし腹が痛くなったら、
正露丸を飲めば大丈夫でございますので、豆に残りカスがないように、
すべて舐め取って、綺麗にお掃除してあげましょう。豆クリーニングでございます。

セックス豆の根元まで皮を剥かれて、ナメナメしてあげれば、
彼女は、もう貴方の口マンコの虜でございます。



吉澤ヒトミの【マンコ興奮液】
濡れやすい体質でございます。もの凄く漏らします。分泌しまくりでございます。
部屋で、男と2人っきりになった時から、その男のちんちんを意識して、
既にマン液を漏らし始め、キスされると、もはやドクドクと大量分泌。
パンツを脱がされる頃には、裏地にベットリと糸を引くほどで、
股を開かせてみると、可憐なケツの穴にまでドロリと垂れ流れているはしたなさ。
しかも、本番前から、早くも白く濁っている本気汁状態で、
濃度も非常に濃い下品なマンコLOVE液でございます。
可愛い顔して、濃い〜のを漏らしまくるスケベ女でございます。
匂いも、オマンコ同様、非常に生臭いのが特徴。
ちんちんに飢えた女の、メス本来の卑猥な動物臭がプ〜ンと漂ってまいります。
吉澤のエロ女体のエキスをたっぷり含んだ生殖粘液でございます。

ヌチョグチョ状態のオメコ肉穴にチンポを突っ込んでみると、
このスケベぇ〜な粘液がベットリと付着して、マラ肉を真っ白に汚します。
まさに、オスの生殖チンポをお出迎えする目的の、
いやらしい特濃オマンコ・ドレッシングでございます。

本格的にチンポ・ピスり交尾を始めますと、マン内に溜まっていた、
大量のセックス液が、チンポとマンコが愛し合っている粘膜のすき間から、
ドロドロと滲み漏れてまいります。
まるでトロロ芋のように白くで粘り気がある、スゲぇ〜生臭いオマンコ・コロイド溶液を
ケツの穴を通り越してシーツにまで垂れ流す、とんでもないアマでございます。
吉澤ヒトミの“女の精液”でございます。
安全日に、男が中出し射精しようものなら、彼女が分泌しまくったトロロ芋と、
男のチンポ液がミックスされた真っ白いヌル汁が、マン穴からドロドロと垂れ流れてきて、
どちらが精液なのか、見分けがつかないマヌケな交尾絵巻でございます。





吉澤ヒトミの【チンポマンコ合体スタイル】
色白のデカい女体には、どんなハメ体位でもお似合いでございます。
彼女を上に乗っけて、腰を自由に使わせると、
本当は、このハメ型が好きでたまらないなくせに、
「あんまり得意じゃないよ・・・」とか言いながら、最初は、遠慮がちに腰を動かします。
男が、下からチン棒を突き上げてやると、その交尾リズムに合わせて腰を振りはじめ、
仕舞いには、AV女優並のもの凄く激しい高速交尾運動を披露して、
スケベ女の正体が丸出しでございます。

バックからの“ケダモノ・メイク・ラヴ”も大好きでございます。
男が、後ろ向きでチン入れ挿入しようとすると、
「あんまり好きじゃないの・・・これ」とか言いわけしながらも、
その白くて柔らかいケツ肉を捧げ出して、マラとベッチョが結合しやすいように、
腰を落としたりして、オメコの位置を調整するサービスも。
男が、おマンチョ貝の入り口に、チン亀の先っちょをあてがって焦らしまくると、
もう、オマンコされたくてされたくて、我慢できなくなって、
「早くして・・・」と、思わず交尾おねだりをしてしまいます。
「好きじゃないの」とか言ってくせに・・・(笑)。
男が、パンパンッ!と肉と肉をぶつけながら、チンポで杭(くい)を打ち込むように、
激しいケダモノ交尾をカマしてやると、白い肉体を震わせて、
ヒ〜ヒ〜とよがり泣く姿は、まさにメスの白豚でございます。

調子に乗った男が、ケツの肉をグイッとわしづかみにして、
エロ陶芸家が粘土を捏ねるがごとく、白く柔らかい尻肉をグニュグニュと揉みほぐしたり、
パックリと開いて、可憐なピンクの肛門アヌスを丸出しにしてやると、
オマンコよりも恥ずかしい、クソひり出し用の穴を見られている自分に
異常なほど興奮して、狂ったように乱れまくるのでございます。

次に、お互いに座ったまま正面を向いて、腰と腰を突き出して、
マラとオメコが愛し合っている、グロテスクな結合の実態を見せてつけてやると、
「いやね〜、もう〜」と、嬉しそうに言いながら、顔を真っ赤にして卑猥な微笑みを浮かべ、
汁まみれで生臭い匂いを放つ、オシベとメシベの合体部分をマジマジと見つめているうちに、
突然「もうダメ!」と、白目をむいてオバケのような顔を晒しながら、
気をやってしまうのでございます。



吉澤ヒトミの【淫らな交尾声】
いつもテレビでは、マヌケなお笑いコントを演じているくせに、
チンポマンコLOVEでは、妙に恥ずかしがるようなセリフをのたまう女でございます。
しかし、一見、彼女が恥ずかしがっているような、その行為が、
実は、大好きでたまらない証拠なのでございます。
心の中では、「もっと、イヤらしいコトしてぇ〜」と思っている、隠れスケベでございます。

例えば、チンポ彼氏と部屋で2人っきりになって、交尾フィーリングが高まってきて、
男が、耳元で「オマンコしようぜ、オマンコ・・・」と囁くと、
「もう〜、何言ってんのよ。ムードってものを知らないの?」などと、
呆れたようなセリフをヌカしますが、実は、「オマンコ」という言葉を聞いた瞬間、
もの凄く興奮して、もうそれだけで軽くイキそうになって、
オメコからドクドクと交尾汁を漏らしているのでございます。

男が、いきなりギンギンに勃起しまくった黒光りするポコチンをモロ出しにして、
彼女の白い顔に持って行くと、ニヤニヤとスケベぇ〜なセックス・スマイルを浮かべて、
「何よ、いきなり・・・。もう、信じらんな〜い・・・」とか言いながらも、
結局、そのチンポに口をつけて、卑猥なチンポ尺八演奏を開始するのでございます。

股をガバっと開かせて、生臭い汁出しオメコを丸出しにしてやると、
「いや〜ん、もう・・・」とか言いながら、そこにブチュ〜ッと口づけされて、
強烈なマンコ・ハーモニカ演奏をされると、「ハァ〜いい、ハァ〜いい」と
さっきとは、まるで別人のようになって、クセぇ〜マンコ肉をグリグリと男の口に押し付け、
卑猥なマン舐めクンニを味わい出す始末。

チン入れ前に、男がマン肉をカメの先っちょで焦らしまくると、
「な〜にやってんのよ、もう〜」と、呆れたような笑い顔を見せるのでございますが、
おマンチョが我慢の限界を超えると、急に、いやらしいメスの顔になって、
「お願い・・・して・・・」と、チンポ入れをおねだりするのでございます。

さらにハメハメ中、男が「リーダーが、こんなコトして、いいのかなぁ〜?」と
意地悪な質問をすると、「そんなコト言う人、キライ!」とか怒ったような顔しながらも、
禁断のオマンコ交尾をやってしまっているというシチュエーションに、
異常なほど興奮して、突然、キャラが変わり、スケベなオマンコ女に変身して、
「もう、ダメ!お願いッ!」と絶頂報告をして、絶頂昇天してしまうのでございます。

ですから、彼女と、ハメハメ交尾なさる殿方は、このような「マンコ遊び」、
「交尾プレイ」が分かる、ベテラン・チンポ男でなくては勤まりません。
あまりオメコ慣れしていない若い男ですと、彼女も“オマンコ完全燃焼”が、
できないのでございます。





吉澤ヒトミの【絶頂アクメオルガ】
体がデカい女が達する姿を鑑賞するのは、男の楽しみでございます。
しかも、吉澤のような白いエロ女体は、さらに興奮度倍増でございます。

まずは、色白女の交尾興奮による、胸から顔にかけての紅潮状態、
いわゆる、“セックス茹でダコ”現象をたっぷりと鑑賞しましょう。
「な〜に、やってんのよ。」とか、澄ましたこと言ってても、
チンポを激しく抜き挿しされるうちに、だんだんと顔が赤くテカテカと照り輝いてきて、
仕舞いには、茹でダコのごとく真っ赤っ赤になって、その綺麗なお顔を、
般若(はんにゃ)のお面のごとく、醜く歪めてオマンコ絶頂に達する様子は、
実に見ごたえがあるポルノな光景でございます。

デカい女体も、ビクビクと痙攣しまくりでございます。
ズルムケのセックス豆を、指でコリコリとシゴきながら、
激しいチンポ出し入れ交尾ストロークを数分間続けると、
やがて、締まりがないブヨブヨの脂肪体をブルブル震わせて、気をやってしまうのでございます。
2〜3回連続でマンコ絶頂させてやると、体から、生臭い匂いのセックス脂汗が分泌され、
まるで、オイルを塗った白いテカリ豚のように濡れ光るいやらしさ。
気をやった後の、彼女のブヨブヨ女体を触ると、粘り気のあるセックス脂汗のせいで、
冷んやりと吸い付くようなしっとりした感触・・・。

しかし、殿方は、これで満足してはダメでございます。
このいやらしい脂汗が、全身から噴き出してビッショリとシーツを濡らすまで、
さらに、オメコからクッセぇ〜コロイド愛液、セックスとろろ芋が出なくなるまで、
何度も何度も、チンポ出し入れ作業&豆コリコリしごきを繰り返して、
絶頂失神トランス状態に陥ってしまうまで、交尾ファックをノンストップでございます。



吉澤ヒトミの【エロまんちょライフ】
ファンの方はご存知と思いますが、このオナゴ、太ったり痩せたりする、
謎の体の持ち主でございます。
その理由は簡単、チンポ彼氏がいて、毎日たっぷりオマンコしてもらうと、
汗をかいてカロリーを消費するので、あのブヨブヨの腹が締まって、
痩せてくるのでございます。いわゆる「セックス・ダイエット効果」でございます。
反対に、彼氏と別れて、チンポセックスご無沙汰状態が続いて、
長期間オマンコをしないと、運動不足&イライラして過食になるため、
また、元のブヨブヨ脂肪体に戻ってしまうのでございます。
つまり、彼女の体を見れば、一目で、最近オマンコしているかorしていないかが
分かるのでございます。実に恥ずかしい女でございます。
最近は、割と、痩せている期間が続いているので、きっと、凄くハードに腰を使いまくって、
朝まで、たっぷりとオマンコ交尾をしてくれる素敵なチンポ恋人がいるのでしょう。

しかし、例のメス集団のリーダーなってしまった以上、
簡単にチンポマンコ合体LOVEが出来る環境ではなくなってしまいました。
前リーダーのチビ・スケベ女のように、ちんちん彼氏とのツーショットを撮られれば、
2代続けて「チンポで失脚」という、単なるスケベ女の集まりでございます。
まぁ、実際のところ、メンバー全員、チンポに飢えて、常にパンティーの中では、
こっそりとマンチョ粘液を分泌しているようなメスの集団なのでございますが・・・。

しかし、一度覚えたチンポセックスの味は、なかなか忘れられないもの。
リーダーとして責務に追われ、長期間、男にちんちんを突っ込まれないと、
また、脂身だらけのブヨブヨ白豚に逆戻り。体がデカいので余計に目立ちます。

そんな“チンポ欲”を鎮めるために、最近、ネット通販で「電動チンポ」を
手に入れたようでございます。
マンコが寂しい女が、自ら、液が垂れ出るマン穴に突っ込んで、セルフ交尾を行って、
性欲を処理する、卑猥な電気仕掛けのチンポ型おもちゃ=バイブでございます。
しかし、本名で購入すると、チビ矢口より恥ずかしい「チンポ・スキャンダル」が
発覚する恐れがございますので、マネージャーにチンポ模型の型番を伝えて、
代わりに購入してもらう作戦でございます。

仕事が終わって部屋に戻れば、極太電動チンポをロンリー・オメコに出し入れして、
白く濁ってスゲぇ〜クセぇ〜ドロドロ状態の「よっしぃスペシャル・マンコとろろ芋」を
大量分泌する変態セルフ・セックスに夢中でございます。
可愛い顔をグシャグシャに変形させて、ちんちん模型の凄いブルブル振動を、
ピンク・オメコの粘膜で味わって、何度も何度も激しく気をやって、
性欲や仕事のストレスを発散させるドスケベ白豚でございます。

しかし、やはり、電動チンポによるオマンコ自家発電だけでは満足できず、
本物の男の、硬くて熱い黒光りする肉棒が欲しくてたまらなくなり、
オメコが疼いて疼いて、生臭い生殖汁を漏らしっ放し状態に陥るのでございます。
ケダモノの交尾のような、激しいチンポマンコ・コミュニケーションのことばかり考えてしまって、
常に発情状態が続き、仕事に支障をきたす恐れも出てまいります。
そのうち、また素敵なチンポ彼氏を見つけて、その男の部屋に、ルンルン気分で
オマンコをやりに行く恥ずかしい姿を写真誌に撮られて、またもや「チンポ失脚」でございます。

(END)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




浅倉彩音 初裏無修正 三十路 北原夏美 初裏無修正 四十路