NMC-005a

新・まんちょシリーズ
飯嶋直子 (前編)

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





飯嶋直子の【チンポ好きレベル】
今年37歳になるバツ1女が、男とオマンコするのが嫌いなわけがありません。
スーパーちんちん狂でございます。

元々、10代の頃から、チンポマンコ遊びが物凄く大好きなスケベでございましたが、
極太チンポの男と結婚してから、ますます交尾大好き女となってしまいました。
毎晩毎晩、ぶっといチンポマラで、オメコを抜き挿しピストン交尾され続けて、
もはや、ちんちん無しでは生きられない、どうしようもないエロ女体に・・・。
4年間の結婚生活で、さんざんオマンコやりまくったくせに、子供を作らないところに、
この女の、チンポセックスに対する、えげつないまでの執念がうかがえます。
よく、芸能人が結婚する時、レポーターから、「子供を作る計画は?」などと、
スケベぇ〜な質問をされて、「しばらくは、2人だけの生活を楽しみたいので・・・。」と、
これまたドスケベな回答をするいやらしい〜女優がおりますが、
それは、つまり、マンコにチンポを突っ込んでヌチョグチョと汁まみれで出し入れさせる
卑猥な遊戯を、数年間、じっくり楽しみたいというエロい意味なのでございます。
子供が出来ると、おちおちと、そのポルノ遊びが出来なくなるわけですから・・・。

デカマラ男と離婚した後も、常に誰かにちん肉棒を突っ込んでもらわないと、
おマンチョが疼いて、セックス汁を分泌しっぱなしになってしまうのでございます。
発情汁がダラダラ漏れ出す寂しいマンコ穴に、マラ肉棒で「栓」をしてもらうのでございます。
しかし、一度、極太チンポで、マンコ粘膜が破れそうになるほどの、
ハード・ファックの味を知った女が、普通の男の細いポコチンで満足できるはずがありません。
4年間の淫蕩交尾ライフで、はしたなく広がってしまった自分のベッチョ肉穴に
ぴったりフィットする素敵な太マラを求めて、今日も、こっそりと、
臭い生殖マン液を分泌して生きているスケベ女優でございます。

そう言えば、先日、某バラエティー番組で「今、彼氏いますか?」との問いに、
「いるよ・・・。」とクールな顔して答えておりました。
新しきチンポ彼氏を、しっかりと所有しているのでございます。
1本のチンポだけとは限りません・・・。常に数本のチン肉棒男を所有し、
その日のマンコの気分によって、ナイスなちんちんをセレクトして、
何発も何発も、たっぷりとハメッチョしてもらうのでございます。
澄ました顔して、夜になると、その男とヌッチョリ・グッチョリ、
ケダモノのごときポルノ交尾ファック作業に励むのでございます。





飯嶋直子の【剛毛あわび貝】
綺麗な顔とは裏腹に、ものスゲぇ〜毛深いマンコでございます。
芸能界でも、1、2を争うほどの剛毛オメコをお持ちの、実に恥ずかしい女でざいます。
男のチン毛よりも凄い“女ギャランドゥー”でございます。

若い頃は、際どい水着を着て、グラビアの仕事などもヒョイヒョイこなしておりましたが、
(と言うか、元々、それ系の出身でございます。)
あまりにも毛深すぎて、水着からワイセツ毛が「こんにちは」しすぎるので、
事務所からの命令で、マン毛をジョリジョリと剃って処理していたようです。
ツルマン作戦でございます。
しかし、毛と言うものは、剃れば剃るほど濃くなっていく不条理なもの・・・。
剃りまくった結果、さらなるハードな剛毛マン毛化とし、
オマンコが密林ジャングル状態でございます。
しかも最近は、その手の水着の仕事は卒業したので、
もう、“マンコひげ”を生やしっぱなしのボーボー陰毛状態でございます。

さらに、このアマ、元々、色黒(いろぐろ)体質でございますので、
マン肉の色素沈着も著しく、見事なブラック・オメコでございます。
チンポを何万回も出し入れピスられた証拠の、37歳熟女ならではの、
堂々たるグロテスク黒マンチョとなっております。
純情な思春期の少年がコレを目撃してしまうと、あまりにも黒々としたマン肉の不気味さに
チンポが縮み、思わず逃げ出したくなりそうなほどの、ブラック・デビルなマンちゃんでございます。
さらに、それがトラウマになって、女性恐怖症の若年性インポマラに陥る可能性も・・・。

しかし、“オマンコ慣れ”した風流な紳士にとっては、たまらなく興奮する
「美女のグロテスクあわび」と言えるでしょう。
37歳のバツ1熟女のくせに、ピンク色の薄毛のベッチョだったら、
何か「裏」がありそうで、逆に気味が悪いですから・・・。
まるで炭のごとくどす黒い小陰唇、赤茶けた大陰唇に、その女の人生&チンポ歴を見るのでございます。



飯嶋直子の【オマンコ・ナッツ豆】
常に皮から顔を出して、セックス真珠が丸出し状態の、恥ずかしいマンコ豆の持ち主でございます。
豆の皮はこげ茶色ですが、さすがに真珠本体は、綺麗なピンク色をしております。

剛毛マン毛を掻き分けると、いやらしいオマンコ・ボタンが登場しますので、
ベロでコロコロと転がしてやりましょう。
どんなに気取って澄ました女でも、気持ちよすぎて乱れ泣く「豆転がし作戦」でございます。
37歳の熟女豆でございますから、少々激しく吸い舐め&転がしても平気でございます。
普段から、もの凄く強烈にブルブルと振動させる卑猥なおもちゃ=ローターを、
セックス豆にグリグリ押し当てて、自らマンズリ性欲処理を行ったり、
おもちゃ好きの好色男に押し当てられて、ヒ〜ヒ〜とよがり喜んでいるくらいですので、
チューっと真空状に激しく吸われたり、押しつぶすほどに強く転がされたりしても、
嫌がるどころか、反対に「素敵〜、もっと、それしてぇ〜」と泣きながら、
男の口に、淫らな快楽豆を押し付けて、“マン舐めおねだり”をしてくるはずでございます。

チン入れ交尾中も、豆をコリコリと手マンチョすることを、どうぞお忘れなく。
元・旦那のデカちんちんでおファックされまくって広がってしまったマン肉穴が、
豆をシゴくと、まるで処女メコのごとくキュッキュッと締まってきて、
抜き挿しピストンしている貴方のポコチンに、マン粘膜がウニョロウニョロと、
卑猥に絡み付いてくるのでございます。
しかし、豆しごきコリコリ作業をやりすぎると、そのまま、勝手に豆絶頂に達してしまい、
女体がグンニャリとアクメ弛緩して、またもやマン穴がフニャ〜っと緩んで、
まるで、水中にチンポを出し入れしているかのような、まったく締まりが無い、
ガバガバ・ゆるゆるマンコになってしまう可能性もあるので、注意が必要でございます。





飯嶋直子の【クソひり出し穴】
今回から登場する「ケツの穴チェック」の項目でございます。
直子の尻の穴、オマンコ同様、華麗なる色素沈着ぶりでございます。
紫色のご立派なパープル肛門でございます。

バックからおファック交尾中に、デカい尻の肉をグイっとわしづかみにして、
ケツの割れ目をパックリ開くと、美人女優の下品なアヌスが、
チンポ抜き挿しのリズムに合わせて、ヒクヒクとうごめいておるのが確認できます。
残念ながら、ケツ穴セックスの経験はございませんので、チン棒は突っ込めませんが、
イタズラされるのは大好きのようですので、指でチョロチョロっとくすぐってあげましょう。
「イヤ〜ん、そこ、イヤん・・・」とか言いながらも大喜びして、
その「肛門いじり」に合わせて、マン肉がウニョウニョとチンポに妖しく絡み付いてきます。

しかし、調子に乗り過ぎて指を突っ込んだりしてはなりません。
このアマ、時々、妙にプライドが高い部分がありまして、
また、“クソ穴バージン”を守り通そうとしているかどうか知りませんが、
「ちょっとアンタ!何やってんのよ!もう!」と、いきなり怒り出し、
おファック中のちんちんを自ら抜いて、男に説教を始めたり、
そのまま怒って帰ったりすることもございますので注意が必要です。

しかし、自分の好みの俳優なんかとオマンコしている時などは、
37歳の黒マンコ熟女のくせに「イヤ〜ん、ダメ〜。そこは、まだバージンなの・・・。」と、
まるで、10代の小娘のごとき甘え声を出したかと思うと、
「でも、貴方になら、第一関節までは・・・」と、卑猥な肛門指入れOKのサインを出す
ドスケベ女でございます。「第一関節まで」と、具体的な指示を出すあたり、
さすが、バツ1の37歳黒ベッチョ熟女ならではのしたたかさでございます。

ただ、ケツ穴プレイ初心者の女の場合、肛門のコンディション調整が不十分で、
直腸内に“残りグソ”があり、それが、突っ込んだ指にベットリと付着する恐れもございます。
いくら、美人女優と言えどもクソはクソ・・・。
指の匂いを嗅ぎますと、もちろん、あのえげつないクソ臭がムッと匂ってまいりますが、
あの飯嶋直子のプレミアムなクソ・アロマでございますので、
決して「うッ!ウンコくせぇ〜!」などど、お下劣な感想を言ったりせず、
ここはひとつ、我慢して、腰を振りまくって生殖交尾作業を続行しましょう。
それが、風流な交尾ベテラン紳士としての生きる道なのでございます。

ちなみに、ケツの穴の周辺も、しっかりとギャランドゥ〜でございます。
ワイセツなケツ毛が、パープル・アヌスの周辺にワサワサと生えてまくっております。



飯嶋直子の【女の精液】
チンポセックス経験豊富な彼女、男と交尾遊戯を意識しただけで、
もう条件反射のように、おマンチョからチンポマラお出迎え&出し入れ用の、
いやらしい“オマンコ・オイル”をスピード分泌して、
マンコ交尾コンディションがバッチリ整うのでございます。
男の顔が、彼女の剛毛黒マンに到達する頃には、生の魚貝類のような
えげつない発情臭を放つマンコよだれが、尻の穴にまでベットリと垂れ流れており、
それが、剛毛のマン毛&ケツ毛と絡まって、異常なほどの卑猥さを醸(かも)しだしております。

普段は、無色透明でございますが、チンポを激しく出し入れされると、
“交尾シェーク”されて白くホイップ状に泡立って、
まるで、トロロ芋のごとき強烈な臭気を放つ白濁濃厚本気汁と化し、
マラ&メコが愛し合っている粘膜のすき間からドロドロと溢れ出す下品さ・・・。
剛毛黒オメコと、このコロイド状の白い交尾分泌物との「ブラック&ホワイト」な
コントラストが、実に卑猥なポルノ・シーンでございます。

また、長いことオマンコしてなくて、チンポ日照りが続き、性欲が溜まってくると、
いきなり、精液みたいに白い濃厚ベッチョ液を分泌してしまうこともございます。
美人女優のくせに、すんげぇ〜クッセぇ〜下品汁をドロドロと漏らしてしまう
はしたないオナゴでございます。女優・飯嶋直子の女体エキス100%ジュースでございます。
男が、何日間も精液を抜き出さないと、タマキンの中にどんどん溜まってきて、
次回の射精の時、量も濃さも格段にアップしたスペルマ汁をドピュドピュっと
出してしまうのでと同じ現象でございます。女のくせに、「液」が溜まるのでございます。

股を開いて彼女の生牡蠣を丸出しにしすると、まだ何もしていないのに、
ゼリーみたいに濃厚で、白くて生臭い「オメコ糊(のり)」が尻の穴まで垂れて流れていたら、
長期間、チンポセックスをご無沙汰していて、セックスが溜まっている証拠・・・。
貴方のちんちん肉で、ロンリー・ベッチョを“慰問交尾”してあげましょう。
そして、マン膣内にたっぷり溜まっている、フレンチ・ドレッシングのような
えげつない生殖汁=マンコの肉欲液=いやらしい〜「女の精液」を、
チンポを激しく出し入れして、全部掻き出してあげて、
俗に言う“マンコお掃除”してやるのでございます。
そうそれば、溜まりに溜まった、女の腹黒いセックス肉欲がすべて発散されて、
翌日、また爽やかで清々しい顔で、撮影の仕事に集中できるのでございます。
昨晩、汁まみれになって、凄く激しいオマンコをやりまくったくせに・・・でございます。

(飯嶋直子・後編へつづく・・・)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 飯嶋直子・後編 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




平田敦子、田村信江、藤ノ宮礼美 痩せガリ熟女