NMC-005b

新・まんちょシリーズ
飯嶋直子 (後編)

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





飯嶋直子の【チンマン結合体位】
超ナイスばでぃ〜が自慢ですので、基本的に、どんな体位でもオマンコさせてくれますが、
実は、結構プライドが高く、気が強い部分もありますので、“男のレベル”によって、
「ハメハメ格好の許可」に差をつける、したたかなスケベおなごでございます。

例えば、自分が惚れている男や、カッコいい男とチンポマンコ遊戯する時は、
もうされるがままに、どんなケモノ型交尾スタイルでも許してくれます。
男が、彼女のエロボディを裏返してケツを持って、バック・チン入れしようとすると、
「イヤ、イヤ〜ん」などと、まるで10代の小娘のようなコトをぬかしながら、
使い込んだ黒メコから、♪ブリッブひゅ〜と、お下劣なる「マン屁(ぺ)」を放つ始末。
「イヤ〜ん」とか言ってるくせに、男がチンポを入れやすいように、
マンコの位置を調整するあたり、さすが、ファック・ベテランの37歳のプチ・ババァ。

さらに、この時、おマラの勃ちが少し弱まって、マン穴にハメッチョしづらい時など、
「ちょっと貸して・・・」と、自らチンポを握り、おのれの卑猥な肉穴に、
グニュグニュと無理矢理ねじ込んだり・・・。
それでも、交尾が困難なほどのフニャチン状態の場合、
自分が分泌した、もの凄くクッセぇ〜白濁セックス液がベットリと付着したチン肉を、
ヨダレまみれのスーパー尺八演奏して、再び、交尾可能な状態まで硬くおっ勃たせる
まさに、黒マンコ熟女ならではの変態生殖ポルノ行為を披露するのでございます。

しかし、もっと本気で好きな男とハメLOVEする場合においては、
バック・チン入れする際、色素沈着して黒ずんだクソ穴や、
その周辺にチョロチョロと卑猥に生えた下品なケツ毛を目撃されるのを恐れて、
「恥ずかしいから、電器を消して・・・」などと、ガバガバ・ゆるゆるオメコを持った
バツ1熟女のくせに、一応、乙女の恥じらいを見せるのでございます。
これが、3〜4回目のチンポマンコ合体性交になりますと、最初の恥じらいは何処へやら、
明々と電器がついた部屋で、自ら、ケツ毛の生えた尻を男に向けて、
後ろ向き交尾をおねだりするはしたなさ・・・。

これが逆に、どうでもいい男とのハメLOVE交尾の場合、
例えば、マンコが疼いてしょうがないので、とりあえず、
自分より“身分”が低そうな男とオマンコする場合など、
男がケツ側からマラINしようと彼女を後ろ向きにさせようものなら、
「アンタ何やってんの!バックからなんて10年早ぇ〜んだよ!」と、
女ヤクザのごとき口調で説教を始め、「私が上になってやっからさぁ〜」と、
勝手に男の体にまたがり、豆をゴリゴリと押し付けながら、
相手のことなどそっちのけで、自分勝手にマンコ絶頂しやがる、
とんでもない「セックスじゃじゃ馬女」でございます。

いや、その反対に、どうでもいい男の場合、ケツ毛や紫色のパープル肛門を見られても、
全然平気なので、自ら進んで男に尻を向けて、「バックしてぇ〜」と
ケダモノ交尾スタイルを許す可能性もございます。
男が必死に腰を振って、ハードなマラ抜き挿しピストンをカマしている最中に、
なんと、どす黒いケツ・アヌスから、♪ブ〜と屁を放つこともしばしば・・・。
しょせん、どうでもいい“捨てチンポ男”なので、屁をする姿を見られても、
さっぱり平気な顔をしている、下品な美人女優でございます。
飯嶋直子の屁の、またクセぇ〜こと、クセぇ〜こと・・・。





飯嶋直子の【交尾淫ら声】
性格なのか、交尾セックスに入るまでの過程で、やたらと軽口を叩く女でございます。
「うるさい女は、ヤだなぁ〜」などと言っているようでは、まだオマンコ修行不足でございます。
やたらと男にケンカを売るような口調の女が、発情してチンポが欲しくなって、
急に“女の声”を出す瞬間に興奮するのでございます。
また、男っぽい口ぶりで、失礼なことをズゲズゲ言う自然体な姿が、
彼女が“癒し系オマンコ女”と言われる所以(ゆえん)かも知れませんが・・・。

例えば、チンポ彼氏と部屋で2人っきりなると、「アンタ、頭悪いねぇ〜」とか、
「最近、ちょっとハゲてきたみたいじゃん」などと、
失礼極まりない暴言を吐いたりしておりますが、気分はもうオマンコ状態・・・。
男が迫ってきますと、「うふふ、一発やる?」と、自らの発情ぶりを照れ隠し笑いで
ごまかすのでございます。
ロマンチックなムードでマラベッチョ交尾遊戯を楽しむよりも、
こんな感じの、開けっぴろげな庶民派オマンコが好みのようでございます。
悪く言えば、DQN(ドキュソ)系のセックスおなごでございます。

あれほど強気のセリフをしゃべっていたくせに、男から口を吸われ、
服の上から、デカいけど、最近垂れ気味の乳をモミモミしてやると、
途端に「ハァハァ」と生臭い吐息を漏らしてしまうのでございます。
その後は、急に無口になって、男にされるがままに身を任せるのでございます。
この瞬間こそ、“通(つう)”な殿方は興奮するのでございます。

いきなり、毛深い熟女アワビを指でいじくってみると、超ヌルヌルの液まみれ状態。
実は、さっき「アンタ、頭悪いねぇ〜」などとホザいていた時から、
既に、その男にケモノような交尾LOVEをされたくて、
濃厚なセックス液を分泌していたのでございます。
男の指が、コリコリした熟女のマンコ・ピーナッツを探し当てて、
コリコリしごいてやると、「アッ、アッ!」と、可愛らしいエロ声を漏らします。
さっきまでの威勢のよさは何処へやら・・・。もう完全に“女の声”でございます。

おファック中も、37歳にしてはキュートな性交ボイスを出して、
チンポの出し入れを味わいますが、さすがにオメコが絶頂する時には、
「オぅいよッ!ウギョッ!ヌグっ!イッッグぅ〜」と、ケダモノが唸るような
恐ろしいオマンコ声を発しながら気をやってしまうのでございます。
さらに、達し終わった後、「うぅ〜、ふぅ〜」と、まるで、一仕事終えた
土木作業のオッサンのごとき、豪快な息遣いで、アクメの余韻を味わうあたりが、
やはり、極太チンポでオマンコされ続けた37歳の黒アワビ熟女の下品さでございます。





飯嶋直子の【オマンコ絶頂天国昇天のご様子】
37歳のバツ1女のセックス・オルガズム・・・。実にお下劣でございます。
さきほども申しました通り、それまで「アン、ア〜ン」とキュートな交尾声で
チンポの抜き挿しを味わっていたのが、ベッチョ絶頂天国が近づくと、
いきなり「オゥッ!」と吠え始め、脂身が適度に付いた完熟黒豚ボディーを、
ピクピク痙攣させて、最後には、「イグイグ、イッグぅ〜」と、
化け物のごとき絶頂アクメ宣言を男に告げた後、体をピーンと硬直させて、
マンコという卑猥なる生殖器官を持った「女」という淫らな生き物に生まれた喜びを
味わう瞬間を迎えるのでございます。

その、あまりにも壮絶なオルガの痴態に、一部のダメ男の場合、完全にビビってしまい、
チンポが縮み上がって、オマンコ続行不能状態に陥ってしまうので、
彼女とハメハメ・コミュニケーションを楽しむには、やはり、相当“オマンコ慣れ”した
ベテランのチンポ紳士でなくては務まらないでしょう。
それほど、強烈な絶頂絵巻を繰り広げるスケベ女優・飯嶋直子でございます。

女が、叫び声を出したり、泣いたりしながら全身をのた打ち回らせ、
時には、白目を向いたり、しょんべんジョロジョロ失禁しながら、
気をやりまくるはしたないザマを、チンポ出し入れファックを続行しながら、
冷静に見届けるのが、真のセックス紳士でございます。
「なっ、何なんだ!?この女・・・」と恐ろしくなって、海綿体の勃起力が
弱まってフニャチン化するようでは、まだまだオマンコ修行が足りません。
「ふふふっ、俺様のチンポで、美人女優が、気をやりやがった・・・ふふふっ」と、
彼女が乱れまくるエゲツない姿を、ニヤニヤしながら鑑賞するくらいの
余裕が必要でございます。

このアマの場合、絶頂オルガする瞬間、それまでユルユルだったマン肉穴が、
処女メコのごとく、キュ〜とチンポを“握り締め”
そして、女が達する時特有の、例のいやらしいマンコうごめき、
あの、0.8秒間隔のマン肉穴収縮が始まって、ピスっているチンポ肉にウニョロウニョロと、
卑猥に絡み付いてまいりますので、射精タイミング・コントロール制御テクニックを
まだ習得していないヤング・チンポ男ですと、すぐにチン液をお漏らし射精してしまう
恐れもございますので、注意が必要でございます。

また、オマンコ作業中の顔が、これまたスーパーお下品でございます。
性興奮に伴う熟女特有のセックス脂汗で、顔面をテッカテカに照り光らせ、
作りこんだ濃いメークが全部剥げ落ち、眉毛がないオバケのような素顔が丸出し。
ファンデーションで隠した小じわも晒す、37歳女のセックス顔でございます。
チンポ出し入れを味わっている最中の表情も凄くて、あの綺麗な顔を、
鬼の面のように醜くド変形させて、チンポマンコ粘膜こすり遊びの快楽に溺れるのでございます。
オマンコしている時の顔に、美人もブスも関係ありません。
どいつもこいつも、オバケ顔を男にバッチリ見られながら
無我夢中でマンチョをピスられる感触を味わい楽しむのでございます。
美人の女ほど、その乱れ顔の歪(ゆが)みっぷりが激しく見えたり、
反対に、ブスの女が、意外にも美しい表情・可愛い顔でチンポを味わったりと、
この「女のオマンコ表情」は、実に奥が深いものでございます。

何度も何度も、凄いマンコ・オルガを味わううちに、全身からも、
黒豚体質の女独特の、ねっとりとして生臭いセックス脂汗が噴き出してまいります。
殿方は、女優・飯嶋直子の、ムッとするほどにクッセぇ〜交尾体臭が
部屋中にムンムンと充満するまで、ちんちんIN&OUT作業を続けましょう。





飯嶋直子の【オマンコの実態】(まとめ)
バツ1の30代後半の熟女。これほど美味しいオマンコはございません。
違いが分かる男には分かる、極上の熟れメコでございます。
例えば、先日「旦那がオマンコしてくれないから・・・」という、
もう信じられないような恥ずかしい理由で離婚をいたしました、
女優なのか何なのかよく分からないスケベ女・杉元彩なども同じでございます。
旦那と、毎晩のようにオマンコをやるだけやりまくって、めくるめくような
素敵なチンポ・セックスの味を覚えてしまって挙句の果ての離婚・・・。
まるで、淫乱ドスケベになるためだけの、いやらしい結婚生活でございました。

女の人生の中で、体が熟れて一番のオマンコやり盛り、
毎日でもちんちんが欲しくてたまらない交尾絶頂期に離婚してしまって、
空室状態のマンちゃんの穴ポコに入居してくれるご立派なチン肉を募集中。
寂しいメスのワレメから交尾液を滲み出してしまう日々が続いております。

チンポが欲しくて欲しくて、毛の生えた女の生牡蠣が疼く美人女優・・・。
さぁ、チンポを突っ込む絶好の交尾チャンスでございます。
中には、若い頃、彼女がまだグラビア写真集やイメージ・ビデオに出演していた頃に、
よく“お世話”になっていた同年代の男が、憧れの女の黒アワビにチン入れするという、
感動的な交尾シーンが展開されるかも知れません。
かつて、乳首が見えそうな、もの凄くきわどいギリギリ水着姿の彼女の写真集を拝みながら、
マラ肉をしごいて、ちんちんスペルマを総計何リットルも射精しまくった連中が、
本物の飯嶋直子の毛深いオメコに、チンポで生殖LOVEファック儀式を行うのでございます。

次から次へと、自分のコーマンを狙う好色チンポ・マンの出現に、
彼女も、マンチョ粘膜が乾くヒマもないほどに、マラメコ合体遊びに励む
忙しい日々が続いております。ちんちん、よりどりみどり状態の
人生2回目の発情交尾シーズンの到来でございます。
(1回目は若い頃のグラビア・アイドル時代。)

しかし、元・旦那の極太ペニスで毎晩毎晩オマンコされ続けた結果、
ガバガバのゆるマンと化してしまった、はしたないセックス肉道具に
ピッタリとフィットするデカマラ男にになかなか巡り逢えなくて、最近、イライラ気味・・・。
おマンチョの薄皮が裂けるほどの巨根陰茎で激しくオマンコされる喜びを知った以上、
もはや、並の男のチンポ・サイズでは、さっぱり満足できないのでございます。
でっけぇチンポがたまらなく好きな、スケベ女体なのでございます。

よく“癒し系”などと言われて、もてはやされておりますが、とんでもありません。
彼女の毛深くて黒いオメコ・イソギンチャクに、一度ちんちんを突っ込んだら最後、
タマキンが空っぽになって、フラフラになるまで、男の精、オスのエネルギーを
絞り抜き取られるのでございます。
復活後の杉元彩のように、いかにもマラチンポに飢えて、性欲の塊のような
ギラギラした顔はしておりませんが、股の付け根に隠し持っている
ワイセツな魚貝類は、まるで別の生き物のごとく、餌(えさ)になるポコチンを
ベッチョよだれを分泌しながら待ちわびているのでございます。
オスの精エキスを抜き取り出そうと企む、ヌメヌメしたメスの粘膜生殖器官でございます。

最初は、男も「あの憧れの女優・飯嶋直子のマンコを食っちゃったぜ!」と
有頂天でございますが、実は“喰われて”いるのは男のほうなのでございます。
マンコと言う生殖のお口で、男のセックス・ヘビを丸呑みされてしまったのでございます。
その証拠に、チンポマンコ結合部分を見てみますと、男のペニス色よりも遥かにドス黒い
色素沈着マンチョが、チン肉竿をパックリと食べているポルノなシーンが展開されております。
世の中、黒いほうの勝ち・・・。陰茎マラがオメコに負けてしまっているのです。

いざ、おファック交尾作業を始めると、癒し系美人女優のイメージが
完全に崩壊してしまうほど強烈に乱れ様で、顔面に噴き出した脂汗で、
濃い〜化粧が全部剥がれ落ち、小じわの目立つババァ顔を醜く変形させて、
チンポ・セックスを貪り味わうエゲツない正体に、男は幻滅して、
「俺は昔、こんなブス女の写真集で、タマキン液を抜いていたのか・・・」と、
ピストン腰振り作業を続ける気が失せるほどでございます。
しかも、元・旦那の巨根マラのせいで、ゆるゆるガバガバの“粗マン”。
男は、「俺のチンポ・サイズが小さすぎるのか・・・」と、思わず悩んでしまいます。
“癒し系”どころか、実際にオマンコしてみると、精神的にも肉体的にも
ヘトヘトに疲れてしまう、“ストレス系”の女でございます。

(END)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




四十路熟女 母子相姦