NMC-006b

新・まんちょシリーズ
少倉優子 (後編)

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





少倉優子の【興奮マンコ分泌汁】
可愛い顔したアイドル・タレントも、チンポが恋しくなってド発情すると、
腐れメコから、交尾用エロ粘液をしっかりと分泌するのでございます。
コーマンの不潔さとは対照的に、ほとんど濁りがない、
芳しき芳香のマンコたれでございます。

時々、まだマン穴ピスり作業も何もやってないのに、いきなり、
精液のような、あるいは、トロロ芋のような、オリモノ汁混じりの、
もの凄くクセぇ〜コロイド状の濃厚白濁マンコ粘液を、
ドロドロ漏らしやがる、はしたない女もおりまして、
それを目撃してしまった殿方が、腰を抜かすほどに“たまげたり”
そのあまりの臭さに、オマンコする気が失せてしまうこともございます。
しかし、少倉優子の場合は安心でございます。
混じり気のない、純粋なフレッシュ女体エキス汁を分泌する体質でございます。
舐めてみますと、ちょっぴり塩辛い、健康なマンコ汁テイストがいたします。
さらに、交尾作業中、コンスタントに一定の量を分泌し続けまして、
殿方のチン肉をヌメヌメと濡らし、これがメコ粘膜と一緒になって絡まり、
とろけるようなオマンコ天国を味わえるのでございます。

しかし、でございます。マン液自体は、フレッシュな香りでも、
マンチョが激しく不潔なため、チンポ抜き差し交尾ピストンを行っているうちに、
クッセぇ〜マンカスやら、しょんべんの拭き残しによる残尿臭やら、
さらにはえげつないアヌス・アロマなどが、マン液と共にミックスされた結果、
メスの動物臭・交尾臭・生殖香がプーンと漂ってくるのでございます。
可愛い顔して、結局はクセぇ〜のでございます。
まぁ、ゆうこりんに限らず、女は、どいつもこいつも、美人でもブスでも、
チンポマンコ絡み遊びに夢中になると、体中から、卑猥なる匂いを
モワ〜と漂わせるものでございますが・・・。

さて、このフレッシュまんちょ液、なにもチン入れの時だけ
威力を発揮するとは限りません。
男がマン肉をいじくる時のスケベ・ローション汁としても活躍するのでございます。
“濡れ”が少ないタイプの乾燥オメコだと、いじっているうちに
ヒリヒリしてきて痛くなるものですが、少倉優子のように、
男とまぐわっている最中、ず〜っと、まるでしょんべんをチビリ漏らすかのように
トロトロと分泌し続ければ、実に手マンコしやすいベッチョ・コンディションが
整うのでございます。
しかも、豆やら穴やらいじればいじるほど気持ちよくなって、
さらに、セックス粘り汁を漏らしまくるという、
数多(あまた)の物理学者が夢見た、あの“永久運動”のごときオマンコ女体でございます。

また、どれだけマン汁を長時間に渡って分泌し続けるか、チャレンジするのもグ〜。
彼女がオメコから液を出しすぎて脱水症状に陥るまで、
マンチョいじりを無限に続けるのでございます。
あわよくば、ギネスブックに載るという、恥ずかしい栄光に輝くチャンスも。
とにかく、エロ・ワレメをイタズラすればするほど、
セックス・エキス汁、“マン喜び涙”を出しまくって、
男を喜ばせる少倉優子なのでございます。





少倉優子の【チンマン接着体位】
ドスケベ女なので、どんな体位でもOK&大好きでございます。
夢見る乙女を装っておりながら、AVでしかお目にかかれないような、
もう笑ってしまうほどにド変態な、アクロバット体位も披露してくれます。
殿方は、一見清純そうな彼女が、スゲぇ〜えげつないハメハメ・スタイルで
自ら腰を使いまくって、達し乱れるポルノな場面を目(ま)の当たりにして
異常に興奮しすぎて、思わずチン液を暴発してしまうこともしばしば・・・。
そう、そのギャップに男のマラがエキサイトするのでございます。

例えば淫乱系AV女優が、男にまたがって腰を使ってくれるのも、
もちろん興奮いたしますが、少倉優子のような清純モドキの女が、
上に乗っかって、暴れ馬のごとくクイクイクイっと、ビックリするほどに
もの凄くハードなスーパー・ハメ腰を使いまくって、お下劣なる乱れ痴態を晒し、
自分勝手にセルフ・してオルガ達しまくる姿、そのスケベな意外性に
男は、もの凄く興奮してしまうのでございます。

この女、男に下品なハメッチョ格好をされればされるほど、喜ぶタイプでございます。
もう、されるがままに、チンポとマンコのハメLOVEの型をとっかえひっかえ・・・。
ヒ〜ヒ〜と乱れ泣きながら、マン汁を漏らしまくり、
男の言いなりになって、さらに自らも積極的に体位変更に協力する
エロ肉人形アイドルでございます。

例えば、「立ちバック」などがよろしいでしょう。
立ったまま、後ろ向きの女のケツ方向かチン入れ交尾儀式を行うのでございます。
この「立ちバック」オメコの位置とちんちん肉棒の位置がズレて、
ハメ入れしにくかったりするものでございますが、
そんな時も、この女の場合ですと、しっかり尻の高さ落として、
オマンコの位置をチンポに合わせて、交尾協力するスケベ・サービスを披露。

しかし、この体位の場合、激しくピスると、すぐにチン肉が「ヌルスポっ」と、
抜けてしまうことが多いのでございます。
すると、なんと彼女のほうから、抜けたポコチンを手でつかみ、
自分の生殖マン肉穴に収納し直すのでございます。
可愛い顔して、平気で商売女のごとき、「チンポ入れ直し」をやらかすのでございます。
このスケベ動作に大感激した殿方は、マシーンのように激しく腰を使い、
連続高速チンポ・ピストン攻撃で、彼女のマンチョを喜ばせ泣かせましょう。

さらに、お互いに立ったままで、今度は正面を向いて、
彼女の片足をちょいと持ち上げてマラを出し入れをする
俗名「秘書ハメ交尾」でございます。
「ヤダ〜、こんなの〜」とかヌカしながらも、男の腰の動きに合わせて、
自らも腰をクイクイしちゃう、片足立ちのスケベ・アイドル。

次は、もう一方の足も持って、彼女の体をヒョイと抱え上げ、
チンポマンコ結合スタイルの中で最も卑猥と言われる「駅弁ファック」でございます。
殿方は、少倉優子の小ぶりな尻肉を、まるで性欲処理用のおもちゃのごとく、
自分の“チンポ打ち付け”のリズムに合わせて、揺り動かすのでございます。
これをされると、どんな優雅な貴婦人でも、思わず自分を見失って乱れてしまうと言われる
変態ハメ型でオマンコされて、マラベッチョ合体大好きエロ女の少倉優子が
ハッスル興奮しないはずはありません。
もう、「ウギョホエ〜、ヒギョ!ナヒ〜」という、奇っ怪なるあえぎ声を発しながら、
時々、目ん玉が裏返って白目を向き、口からダラ〜んとヨダレを垂らすほどの、
危ないオマンコ・トランス状態に陥るのは必至でございます。





少倉優子の【アレをしてる時の動物声】
このアマ、どさくさにまぎれて、なんと歌手活動なんかも行っております。
全くもって、「可能姉妹」や「デヴィ腐人」同様、職業不詳状態のバカ者でございます。
ということは、少倉優子とチンポマンコ生殖モドキ作業にありつけた殿方は
一応「歌手のあえぎ声」を楽しむことが出来るのございます。

声を生業とする女のあえぎ声・・・声フェチの殿方にとってはたまりません。
例えば、女子穴、いや女子アナ、声優、それらの女どもが、
昼間、仕事で出している、お高く澄ました営業ボイスとは、またひと味違った「夜の声」、
豆を転がされたり、チンポの出し入れやを味わう声、
オマンコが気持ちよすぎて思わず発してします動物的な淫らボイスに、
男の海綿体が過剰反応するのでございます。
「歌手」も、その1つでございますが、一口に「歌手」といいましても、
様々なスタイルがございまして、正統的な声楽を学んだクラシックの歌手、
メスのくせしやがって絶叫しまくるハード・ロックのボーカル、
男の精を吸い抜き取るがごとき妖艶さの女性演歌歌手、
さらに、やたらと大声を出しながら交尾ファックしそうな民謡歌手など、
それぞれ、オマンコよがり声が違うものでございます。
真の声フェチ殿方は、これらの様々な「女性歌手」とオマンコする必要がございます。

本日の少倉優子の場合、わけの分からん歌を歌っておりまして、
歌手としての魅力は半減でございますが、
実は、このアマ、可愛い顔してやがるくせに、地声はハスキーな低音なのでございます。
まるで、さきほど申しました、男の精エネルギーを抜き取る和服を着た演歌歌手のごとき
スケベぇ〜な“かすれ声系エロ・ボイス”なのでございます。
これは、別の意味で、声フェチ・スケベ衆にとては、
いや、すべての男にとってたまないボイス・アイテムでございます。
中には、彼女のCDを聴きながらチンポ・ゼンズリング作業を実行する男もいるとの噂・・・。

まず、男に乳をモミモ〜ミされた段階で、「あハァ〜ん」という
かすれ声混じりのドスケベぇ〜な生臭い息を漏らします。
さらに、乳首をチュッパチュッパと吸われたり、
液出しヌルメコをいじられようものなら、「あぐぅ、うぐっ、アウッ」と、
まるで地方のスナックの40過ぎの痩せ型美人ママが、
地元の暴力団員とオマンコしている時のような、エグぅ〜い声を漏らし始めます。

極めつけは、やはりチンポ抜き差し時の強烈にえげつない乱れ声でございます。
ちんちんを激しく出し入れすればするほど、思わず笑ってしまうほどの、
もの凄いよがり声を放つ淫乱エロ娘でございます。
「ウギョハオッ!グヒッヒ〜」と、まるで鳥獣が唸り吠えているかのような、
恐るべきオマンコ声・・・。
あまり“オマンコ慣れ”していないヤング・チンポ・マンが、この声を聴くと、
なんだか怖くなって、ポコチンが縮んでいまうほどの異常なる交尾喜び泣き・・・。
しかし、数々のメスのイソギンチャクにチンポを突っ込んできた経験豊富な、
ベテラン・セックス紳士になりますと、このケダモノ・セックス声を聴いた途端、
さらにチンポマラがハッスル勃起して、もっと交尾奇声を出させようと、
より一層ハードに腰を使いまくって、クッセぇ〜臭気を放つ彼女のヌルグチョ・メコに
強烈な交尾サービスを施すのでございます。
「あえぎ声」とは、女がセックス中に、マンチョが気持ちよすぎて、
思わずだしてしまう、その女のメスとしての本能の声なのでございます。
男のチン肉棒で交尾される快楽を味わううちに、「女」から一匹のメスに成り果て、
我を忘れて叫んでしまう、動物的な鳴き声こそ、真のあえぎ声なのでございます。
ですから、アイドルの仮面をかぶった少倉優子が、交尾好きの動物のメスになって
チンポを味わう声を聴いて、海綿体が萎むようでは、まだまだ修行が足りません。

「ういギャオイッ!ウンモギャニュヒ〜・・・」
それにしても、あまりにも下品すぎて、素人にはとてもオススメできない
少倉優子のオマンコ・ポルノ・ボイスでございます。

ちなみに、チンポマンコ粘膜LOVEの最中、ず〜っと叫び続けるため、
オマンコ終了時には、まるでコンサートが終わった時のように、
かすれまくったハスキー・ボイスと化しております。
もし、テレビでガラガラ声の少倉優子を見ましたら、
前日、男にた〜っぷりとオマンコされて、吠えまくった証拠でございます。
実に、いやらしいハスキー声でございます。





少倉優子の【達しまくるスゲぇ〜様子(THE 阿呆)】
不思議少女とかなんとかヌカしておりますが、
もうとっくに合法オマンコ交尾可能な22歳のメスでございます。
豆をコリコリされ、ちんちんで穴をピスられて達する悶絶マンコ絶頂の味を、
しっかり知っているエロメスでございます。

このオナゴの腐れマンチョにチンポを突っ込める幸運に恵まれた殿方は、
豆から血が滲む寸前までコリコリとしごきあげ、連続強烈チンポ出し入れピストン攻撃をカマし、
パ〜な頭が、もっとパ〜になってオマンコ白痴トランス状態に陥るまで、
続けざまに絶頂アクメ昇天させまくってあげましょう。
不思議少女とかなんとかヌカしやがるふざけた性根(しょうね)を叩きのめし、
アイドル化けの皮を剥がし、単なるチンポ交尾が大好きな
オメコがもの凄くクッセぇ〜、スケベ女の正体を丸出しに晒してしまうほどに、
仕舞いにゃ、気をやりすぎて泣き出したり、あるいは、達しすぎて失神し、
白目をむきながら、小便を漏らし、口から泡を噴くまで、
オマンコするのみでございます。

まず、前菜としまして、本番チンポ入れの前に、20〜30回は豆絶頂させましょう。
イってもイっても、続けざまにマンコ豆をコリコリしごき上げ、
口でチュ〜チュ〜吸いながらベロで舐め転がしまくれば、
あれよアレヨという間に、3〜4回は立て続けにマンコの生気・エネルギー
=「気」をやるのでございます。男がチンポの精エネルギーを抜き取られる前に、
先に、彼女のオメコの「気」・精エネルギーを抜き取ってやる作戦でございます。

10回も連続豆オルガいたしますと、全身から甘酸っぱい匂いがする絶頂脂汗が噴き出し、
その乳製品のような、彼女の卑猥な発情交尾体臭が、部屋中に充満してまいります。
それでも、なお、「こんにちわりんこ〜!」、「コリン星から来ました・・・」などと、
わけの分からない“少倉優子語”を、のたまうようでございましたら、
まだ、マンチョの生気が完全に放出されきっていない証拠ですので、
今度は、肩こり用の強烈な電気あんまバイブマシーンを、“剥き身”にしたマンコの真珠に
直接モロにゴリゴリ押し当て、ノンストップ豆絶頂地獄を味わせてやるのでございます。
絶頂直後の豆はくすぐったいので、「ダメっ!もういい〜!止めて!」と訴えながら、
殿方の豆攻撃から身をかわそうと必死に抵抗いたしますが、
それでも構わず、「電気あんまショック・クリッチョ押し当て攻撃」を続けますと、
仕舞いには、しょんべんをジョロジョロとチビり漏らしながら、
「ウゲッ!んギョ!ムヒョ〜、イグぅぅぅ〜」と奇っ怪なる吠え声を放ち、
30回目のスーパー豆絶頂昇天しやがるのでございます。

しかし、チン入れ前に、これだけ気をやりまくると、
すでにセックス・スタミナ、オマンコ・エネルギーをすべて使い切ってしまい、
マラベッチョ結合の段階に至ると、ほとんど気を失ったかのようにマグロ女体と化し、
無反応のオマンコ仮死状態に陥って、殿方にとって、せっかくの本番交尾ファック作業が、
さっぱり味気無く、つまらないものになってしまう恐れもありますので、
そんな時は、不潔な肛門アナルにいきなり、第2関節まで指を突っ込み、
再びエロ女体を覚醒させるのでございます。“アヌス気付け作戦”でございます。
ただし、突っ込んだ指に彼女の“直腸残りグソ”が、
ベットリと付着する恐れもございますので、指にコンドームをつけてから突っ込むことを
どうぞお忘れなく。

女体のスケベ感覚が甦ったところで、いよいよチンマラ・イレッチョ儀式でございます。
ここでも、殿方は、腰を痛めてしまうほどに激しく“チン突き作業”を行わねばなりません。
不思議系アイドルの化けの皮を剥がすまで、マンチョの奥にある“女の性悪(しょうわる)”部分を、
自慢のマラチンポでお仕置きするのでございます。

この場合、正常位よりも、さっき話しました「立ち系体位」のほうが効果的でございます。
立ちバックで、オスとメスの腰と尻の肉が、パンパン!パンパン!と
ヒットし合う交尾サウンドを響かせて、強烈なちんちん出し入れをカマし、
おマンチョ絶頂天国、“セックスあの世”へのツアーに導くのでございます。
彼女が達した後も、ピスり作業を中断せず、まるで壊れたファック・マシーンのごとく、
さらにオマンコし続けると、気をやっている最中に、さらにもっと凄い、
“2ndオルガズム”が押し寄せ、「うぎゃ!うぎゃ!ホエ〜イヒョ〜!」と、
素っとん狂な奇声を発しながら、強烈スーパー・ウルトラ・ベッチョ絶頂地獄にハマり、
またもやシッコをチビり、それどころか、スゲぇ〜クッセぇ〜得体の知れない謎の絶頂液まで
オメコから“射精”しやがる、実に下品なアイドルでございます。
ようやく体を離してやると、腰が抜けて、まるで生まれたばかりの小鹿のごとく、
腰や足がワナワナと震え、もはや自力ではたっていられないほどのオマンコ・バカ状態・・・。

それでも、今度は彼女を上に乗っけてやると、「死ぬシヌ死ぬシヌ」などとわめきながら、
さっき、あれほど気をやりまくったくせに、AV女優並のすんげぇ〜高速ハメ腰を披露する
底無し沼のごとき貪欲なチンポセックス欲を晒すのでございます。
ざんざんイッたはずセックス豆を、つぶれるほどに
激しく男の体にゴリゴリ押し付けて腰を揺り動かし、さらにマン奥では、
チンポのカメの先っちょを、子宮の感じる「ポルチオ・ポイント」に命中させ、
自ら絶頂オルガを貪り味わい、女の精・気・エネルギーを放出しまくるドスケベ女。

男がちんタネ液をピュッピュとお射精する頃には、もはや、完全なる
セックス・パ〜状態に陥ってしまい、目玉が裏返って白目をむき、
全身がグンニャリと弛緩して、ほとんど身動きもせず、
ただ「う”〜、う”〜」と、気味が悪い唸り声を出す、
ホラー映画のごとき、オマンコ・ポルノのエンディングでございます。
「コリン星」が大爆発して、ゆうこりん滅亡でございます。

・・・翌日、テレビの生番組で、ハスキーなかすれ声でトークをしている少倉優子を見て、
「きのう、俺がよがり泣かせたもんな・・・イッヒッヒ・・・」と、
ほくそ笑むうちは、まだまだ一流のチンポ・マンとは言えません。
本当のスーパー・チンポ・マンになりますと、翌日、彼女が“体調不良のため
出演をキャンセル”してしまうほどの、スペシャル・ハード交尾をするのでございます。
恐らく彼女、腰が抜けて体に力が入らず、ホテルの部屋で、オマンコ終了時の姿のまま、
イビキをかきながらグ〜グ〜寝ていることでしょう。


(END)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




野宮凛子 千野麗華 矢吹涼子 すけべな痩せ熟女