NMC-007

新・まんちょシリーズ
青気さやか

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





青気さやかの【チンポマンコLOVEしてます。】
今回は、あの、青気さやかでございます、お笑いの。
いつもテレビで毒舌を吐いてやがる、あのうるせぇ〜バカ女でございます。
「なんで、あんな女をテーマにしやがる!」とお怒りの、そこのアナタ。
まだまだ、チンポマンコ・コミュニケーションの修行が足りませぬ。
彼女こそ、極上のオマンコ女なのでございます。
最高級セックス女体なのでございます。顔は、はっきり言ってブスですが・・・。

「あんなブス女を・・・」などと言いながら、彼女の写真集やDVDの
エロ〜いセミ・ヌードをこっそり見て、陰茎チンポをおっ勃たせ、
彼女のオマンコに生殖マラをイレッチョしたり、
あの黒人のごとく分厚い口唇でチンパクされて、チンポ肉竿にねっとりと絡みつく、
情熱的なフェラッチョ尺八演奏されてる感触を妄想しながら、
チン皮を前後にスライドさせるゼンズリング法で、
陰茎手淫摩擦作業を行い、すでに総計1リットル以上もの
キンタマ子種スペルマをお抜きになった、好色な殿方もいるのではないでしょうか?
ブスとかなんとか文句を言いつつも、彼女の「女」の部分に、
男のセックスチンポがしっかり反応し、結局、精を抜かれてしまうのでございます。

その彼女の写真集、ご覧になりましたか?
なかなかのナイス・バディーでございます。
言い換えれば、スケベぇ〜でいやらし〜ぃ、エロい肉体なのでございます。
まるで、男にオマンコされるためだけに生まれてきたような、
もしくは、オスのチンポ・ジュースを抜き出す目的だけに存在するような
えげつない肉付きのセックス女体でございます。

そう言えば、この女「彼氏がいる・・・」とかヌカしておりました。
テレビの前で、さんざん毒舌を吐き、バカ姿を晒した後、
そのチンポ彼氏とオマンコする時は、「ハァ〜、素敵ぃ〜」などと、
まるで別人のような、可愛い女に変身するのでございます。
この、「いつものお笑いの時とは全然違う、いやらしい〜女の姿」に
風流なセックス紳士は興奮を覚えるのでございます。
北陽のやたらとデカい女や、友近(ともちか)などにも同様のことが言えるでしょう。
普段は、アホ〜なキャラを演じている彼女たちも、
オマンコする時は、素(す)の女の顔に戻って、好きな男に、
その極上のエロ・ボディーや、恥ずかしいメスのワレメ肉を晒して見せて、
“チンポマンコ愛し合い行為”に夢中になってのめり込み、
“真面目なセックス液”を垂れ漏らしながら、女に生まれた喜びを味わい、
そして乱れるのでございます。





青気さやかの【迫力ブラックあわび】
すっぴんの時の唇、つまり、口紅をつけていない状態の唇の色を見れば、
その女のオメコの色が分かると申します。
マン・カラーは、唇の色と比例するのでございます。
だから、女は口紅をつけて「美しいマンコの色」を演出するのでございます。

さて、本日のターゲット・メス、青気さやかを見てみましょう。
紫色の唇=オメコ色も、見事なブラックまんちょでございます。
元々、色黒体質で、マン肉周辺のメラニン色素が豊富で、
しかも、チンポセックスの味を知り尽くした32歳の立派な熟女・・・。
生娘のごとき、ピンク色のコーマンのはずがありません。
もう恥ずかしいくらいに、卑猥なマンコ黒ずみ色素の沈着が進んだ、
ド迫力の黒べっちょレディーでございます。
黒人女級のドス黒いセックス生牡蠣でございます。
男とハメ交尾中に興奮して垂れ漏らす、アルカリ性の“マンコだれ”のせいで、
いわゆる、“淫水焼け”現象が進んだ、スーパー・ブラックべっちょ・・・。

チンポとマンコをハメ合ってる現場を見てみると、
男のチンポ肉の色よりも、彼女のマン・カラーのほうが黒くて、
まるで黒くて不気味なヌメヌメ粘膜生物が、オスの生殖マラを咥え込んで、
その精エネルギーを体内に取り入れようとしているかのごとき、
グロテクスな交尾情景が展開されております。
若い娘のキュートなピンクメコにチンポを抜き差ししている場面では興奮できない、
真のハードコア・ポルノマニアが大喜びしそうな、
熟女の黒メコと白チンポの液汁まみれの交尾ピストン・シーンでございます。

ちなみに、マン肉のお手入れ状態はバッチリでございまして、
いつでも殿方の熱いセックスチンポを受け入れる準備が整っております。
常に石鹸をつけて、マン・ビラビラの溝、マンコ豆の皮のすき間、
チン入れ交尾用のセックス穴、さらには、パープル肛門アヌスまで、
丁寧に洗って、いやらしいメス臭さが漂わないように心がけ、
さらに、「今日は、あの男とオマンコするかも・・・」と予感した場合は、
生理でもないのに、タンポンをマンチョにぶち込み、
どんな澄ました顔したクールな女でも、デート中にその男のチンポを意識して、
こっそり分泌するクッセぇ〜発情マンコ液を吸収して、
常に清潔なオメコを殿方に提供する、プロのようなオナゴでございます。
もちろん、チンポマンコLOVE開始直前に、「ちょっと待って」と言ってトイレに行き、
クッセぇ〜発情液がたっぷり染み込んだタンポンをマン穴から抜くのでございます。
前回の、マンコが超不潔で、股を開いただけで、もう目が充血してしまうほどに
もの凄く臭くてたまらない少倉優子とは大違いでございます。

さすがに“マンひげ”は、その男まさりな性格と同様、かなり“硬め”でございますが、
全体的にそれほど濃くはないため、非常に快適なマン舐めオーラルができ、
チン入れ時によく起こる、“マン毛巻き込みトラブル”も少ない、
極上のチンポ突っ込み用コーマンでございます。





青気さやかの【オマンコ・ピーナッツ】
超巨大なセックス豆をお持ちでございます。
体がデカい女特有の、実に恥ずかしきビッグ・オマンコ豆を所有しております。
気が強い女の巨クリ・・・デカクリ・マニアの殿方にとって、
最高の「豆条件」でございます。
男まさりのキツい性格のくせに、女が乱れ喜び泣く目的だけに存在する
卑猥な豆スイッチはやたらと大型・・・。この矛盾がたまりません。

発情して、オマンコしたくなってくると、豆の根元の皮もろとも、
ぷっくりと膨らんで盛り上がって、さらに“包茎”の皮も、
何もしていないのに自然にズルムケて、照り輝くいやらしいメスのエロボタンが
顔を出してまいります。
マンコ真珠のお勃起、セックス・ピーナッツがおっ勃つのでございます。

デカ豆なので、もちろん感度も並の女の数倍はございまして、
男が、その肉の盛り上がり部分もろとも、指で“センズリ”してあげますと、
豆の快楽電流が全身に流れて、デカい女体を暴れさせて、
“巨クリをセンズリされる喜び”を味わうのでございます。

次は、口マンコでございます。
分厚い豆の皮を根元の恥骨側にグイーッとスライドさせ、
デッカい豆の実の正体をズルムケに晒して、そこに口をつけて、
チュ〜チュ〜と吸ったり、ベロの先でコロコロと転がしてあげましょう。
デカ豆なので、コロコロとよく転がり、その度に、
普段テレビでしゃべっている声とはまるで違う、
可愛い“女の声”で乱れ泣く、一匹のエロメスと化するのでございます。

32歳の熟女。今まで、男に、さんざんこの豆をしごかれ、
また、自分でも強烈な“フィンガー豆センズリ手淫”をやっているので、
多少、激しい豆舐め作業を行っても全然痛くありません。
それどころか、逆に大喜びで、「もっと〜、もっとシテぇ〜」と、
男の口に、マン肉をもっと密着させようと、グリグリ押し付けてくる始末・・・。
こうなったら、殿方は、彼女の巨豆クリッチョを“フェラチオ”して、
2〜3回、立て続けに豆オルガさせてあげましょう。



青気さやかの【マンコちゃんから出る出る液】
豚ゴリラのごときツラのお笑いのオナゴも、男とチンポマンコ合体性交をしたくなると、
使い込んだ黒メコから、ちんちん“お出迎え”&“ヌルヌル接待用”の
いやらしいメスのセックス・エキス液を、しっかり分泌いたします。
しかし、この汁、顔の割には濁りが少なく、匂いも控え目でございます。
いきなり精液みたいなコロイド状の白濁ドロドロ汁、それも、ものスゲぇ〜クッセぇ〜のを
ケツの穴まで漏らしやがる深田京子などとは大違いでございます。
白濁本気汁マニアの殿方には、少し物足りないオマンコ・ドレッシングかも知れません。

濃度も薄めで、サラサラと粘り気が少ない“あっさり系マン汁”でございますが、
仕事が続いて、長期間、男のちんちんを味わっていなくて、セックスが溜まってくると、
当然、“マンコ精液”も溜まってまいりまして、ちょっぴり濁った濃い〜バージョンの
性欲ジュースを漏らしてしまいます。

さらに、ハメ相手が好きな男の場合、スペシャルなプレミアム本気粘液を分泌いたします。
男が、女によってマラちんちんの勃起度、海綿体のハッスル度が違ってくるように、
この女も、男によって、分泌する生殖液の本気度が違ってくるのでございます。
バラエティ番組で共演した、“ゲテモノ喰い”のカッコいい男性タレントに声を掛けられて、
ホテルに誘われ、股を開く時、このプレミアム・マンコよだれを分泌いたしますが、
やはり、最も情熱的な汁を漏らすのが、好きな男、チンポ彼氏と交尾する時でございます。
例えば、2週間ぶりに行う、彼氏とのチンポマンコ・ケダモノLOVE、
しかも、男が焦らしまくって、なかなかマンチョをいじってくれないと、
紫色の肛門アナルを通り越して、シーツに染み込むくらいに、
女の興奮汁を垂れ漏らしてしまう、可愛いスケベ・ブスでございます。





青気さやかの【チンポマンコ合体スタイル】
体がでっけぇ〜女の交尾姿は、実に絵になります。ポルノでございます。
上の乗ったり乗られたり、おしべとめしべの粘膜刺激体位をとっかえひっかえ
汗みどろになって、オマンコ・フェスティバル大会を繰り広げるのでございます。

男が特に興奮するのが、後ろ向きのケダモノ・ハメ・・・いわゆるバックでございます。
いつもテレビでやかましい女が、後ろ向きで、男にケツを向けて、
オメコはもちろん、恥ずかしいケツアヌスまで丸出し状態で捧げて、
チンポ出し入れピストンをされて喜び泣くのでございます。
気が強い女に、ケツ方向から交尾するほど、オスの征服欲を満足させるものはございません。
ここまで来たら、ドス黒い尻の穴に“悪さ”したり、デカい尻の肉を、
エロ陶芸家が粘土をコネるがごとくモミモ〜ミ揉みほぐしたり、
時には、筋肉質の尻のミートをパシパシ!っと手で引っ叩いても大丈夫でございます。
彼女、嫌がるどころか、女としての自分を自覚して、
男に強引にオマンコされる被虐的セックスの喜びに目覚め、
「もっとイジメてぇ〜」と、あの恐持て(こわもて)キャラからは想像もできないほどの
可愛い「女の声」を出して、乱れまくるのでございます。

今度は上に乗っけてみましょう。
自らチンポ肉をハードに出し入れするように、献身的に腰を使ってくれます。
男のちんちんに快楽を与えつつ、自分も、ちゃっかりと豆をグリグリ押し付け、
さらに、チンポのカメ先をマン奥の感じるポイントに命中させ、
まるでオナ・マンズリするかのごとく、セルフ・オルガしまくりのスケベ中毒状態。
全く体力を消耗せずして、彼女が勝手に達しまくるので、男は楽でございます。
気をやり終わると、デカい女体が男に覆いかぶさってきて、絶頂後特有の
熱くて生臭い吐息に混じって「好きよ〜」などと囁かれた日にゃ、
いくら豚ゴリラのごときツラをしやがったブスとて、男が喜ばないはずがありません。
そのセリフを聞いた男は、異常なほどに燃えまくって、
鋼鉄のごとくおっ勃ちまくったマラ肉棒で、彼女の汁まみれのグロテスク黒ベッチョに、
とどめのファイナル・チンポ出し入れ交尾サービスを施すのでございます。



青気さやかの【別人のような可愛い交尾声】
いよいよお待ちかねの、青気さやかのセックス泣き声についての解説でございます。
と言いましても、特に凄いオマンコVoiceを発するわけではございません。
普通の女と同じような、「あぁ〜ん、あぅぅ〜」という、
可愛い声の“オマンコ泣き”でございます。
これが、いいのでございます。あえぎ声マニアが喜ぶのでございます。
男勝りで気が強い女、いつもテレビで、美人タレントに“ガン”を飛ばしたり、
毒舌を吐きまくったり、そんな強気&おバカな姿を全国のお茶の間に晒しまくっている
豚ゴリラのようなブス顔の青気さやかが、好きな男にオマンコされる時には、
別人のような可愛い女の声を出す・・・。このギャップに男が萌えまくるのでございます。
『あえぎ声ギャップ理論』でございます。

逆の場合もございます。清純そうなスーパー美少女や、すんげぇ〜清楚な雰囲気の美女、
または、前回申しました、「声を職業とする女」例えば、歌手や女子アナ、声優などが、
オマンコしてる時に、気持ちがよすぎて思わず出してしまう
「ウォッ!オゥッ!イグぅ〜」というような、超お下品なエグぅ〜いヨガリ声・・・。
これにも興奮いたします。
普段、上品な佇まいで、クールに澄ましている女が、オメコをデカマラで激しくピスられて、
そのあまりの気持ち良さに、とうとう一匹のケダモノのメスに成り果ててしまい、
ちんちん肉で交尾される気持ちよさに酔い痴れる、動物的な“オマンコ鳴き声”でございます。

青気さやかの場合は、「気が強いブスの可愛い泣き声」のほうでございます。
普段のキャラが強烈なほど、その「あぁ〜ん感じちゃう〜、あぁ〜」などの声の
可愛い「女らしさ」が引き立つのでございます。
北陽のデカいのや、“スナックのママ”友近、芸能人に限らず、
咥えタバコで深夜の繁華街をオラオラ〜言いながら徘徊するDQN娘、
レディースなどとヌカし、単なる道路交通法違反してるだけの珍走団のバカ女どもが、
男のちんちんマラが欲しくなってエロ発情すると、急に無口になって、
女体いじりされると、「イヤ・・・あぁ〜」と可愛い声を漏らす・・・
そのギャップ・瞬間こそ、あえぎ声マニアにとって至福の時なのでございます。

しかし、この青気さやか、豆をコリコリ刺激されて淫核オルガする時や、
交尾ピストン中に、チンポ肉がマンチョ内の感じるポイントにヒットした時など、
思わず、「ウォッ!ウグッ!」とウネリ系のエグぅ〜いセックス声を出してしまうあたり、
さすが32歳熟女、マラベッチョ粘膜遊戯ベテランの証でございます。
時々漏らすケダモノVoice・・・。これはこれで、また風流なものでございます。





青気さやかの【汗だく絶頂痙攣アクメオルガ】
交尾泣き声は可憐でも、イキ様・達し様は、豚ゴリラ熟女よろしく、
異常なほどに下品&強烈なウルトラ絶頂オルガズム・ショーを展開してくれます。
だいたい、気をやる時に、美人もブスも関係ありません。
どいつもこいつも、バケモノのごとく醜く変形したツラを男に晒しながら、
“オマンコあの世”へのツアーの出発するのでございます。
しかも、“あの世”がよほど好きなのか、「イクぅ〜、またイクぅぅぅー!」と、
男に「マンコ絶頂天国旅行に行ってきます。」宣言をしながら、
何度も何度も気をやって、行っては帰ってを繰り返すスケベ女だらけでございます。

青気さやかの絶頂姿の特徴は、なんと言っても大量の汗でございます。
まず、オマンコ開始時に、異常なほど体が熱くなってまいります。
性興奮に伴う発情体温上昇現象で、なんと40度近くの“オマンコ熱”を発症いたします。
だんだん交尾作業に熱中してくると、全身から妙に酸っぱい匂いのセックス脂汗が滲み出し、
やがて、ベッチョがイクイク絶頂すると、全身から絶頂オルガズム汗が噴き出し、
まるで、オイルを塗りたくったテカリ豚のごとく、色黒のエロボディーを濡れ光らせ、
さらに、イケばイクほど、もう全身汗みどろになって、
チンポマンコ・ヌチョグチョLOVEに夢中でのめり込むのでございます。
オマンコ終了時には、まるでひとっ風呂浴びた後のように、
マン汁やら脂汗やら、得体の知れない“絶頂漏らし液”で
シーツをグショグショに濡らし汚してしまう、はしたない女でございます。

それから、デカい女体なので、「オルガ痙攣」も見応えがあります。
達しそうになると、「お願いッ!ダメッ!お願いッ!」と可愛い声でエロ哀願しながら、
まず、濡れ光る黒豚ボディーを、ビクンビクンとダイナミックに痙攣させ、
いきなり、「ウォッ!オゥッ!イグッッぎょわ〜」と、猛獣が吠えるような
不気味な“絶頂昇天報告”をした後、全身の筋肉が浮かび上がるほどに体を硬直させ、
女に生まれた喜び、オマンコ快楽麻薬に溺れる瞬間でございます。

女が1回気をやったからといって、チンポ・ピストンを休憩しているようでは、
まだまだ修行が足りません。
彼女が全身を突っ張らせて、オメコ天国に行ってる最中に、
さらに強烈な陰茎抜き差し交尾作業を行うのが、真のチンポ野郎でございます。
32歳熟女の硬くシコり勃つ干しぶどうのごとき卑猥な乳首を、指でつまんで引っ張り上げ、
さらに、異様にでっけぇ〜、はしたないマンコ豆のズルムケ実を、
コリコリと激しく“ゼンズリ”しながら、マンコ奥の「はらわた」を突き上げるがごとく、
ちんちん肉棒でハードに杭(くい)を打ち続ければ、
さっきのアクメオルガより、遥かに強烈な“死ぬ死ぬマンコ絶頂”が彼女を襲い、
ほらほら、「ダメ、ヘンになっちゃう!死ぬしんぬイグいぬ死ぐぅ〜」と、
わけが分からないハチャメチャな言語障害のごときオルガズム叫びを上げ、
男に足蹴り&パンチをするようなもの凄い勢いで全身を大暴れさせて、
32歳の女のオマンコから「生体エネルギー=気・精」が放たれるのでざいます。

さんざん達しまくって、交尾スタミナをすべて使い果たし、グッタリなった彼女、
もしかすると、貴方の胸に顔をうずめて、シクシク泣いているかも知れません。
女が、男にもの凄く強烈なオマンコ交尾LOVEファックをされて、
大満足して幸せ気分に包まれている時特有の、喜びのすすり泣きでございます。
オマンコする時だけ可愛い女になる、黒豚ゴリラ顔のブス女、青気さやかでございます。



(END)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




これが熟女の食べ方?50代の貪欲なSEX? アヌス,アナル,ケツの穴,アナルファック