NMC-009a

新・まんちょシリーズ
伊藤美咲 その1

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





伊藤美咲の【強烈にスケベぇ〜なツラ】
最近、『電車内で酔っ払いから助けてくれたオタク野郎相手に、
お礼とばかりに、股を開いてオマンコやらせる』というドラマに出演中の、
女優の伊藤美咲でございます。
なんだかんだと言いながら、結局はチンポが欲しくて、
クセェ〜セックス汁を垂れ漏らしながらオマンコしてしまう、
エマニエル夫人のごときドスケベ女“エロメス”役でございます。
オタクだろうがお嬢様だろうが関係ない、結局この世は、“チンポマンコ合体”を
具現化したような下克上的趣きの高視聴率オマンコ・ドラマでございます。

伊藤美咲と言えば、そう、あの、異常なほどいやらしい面構え(つらがまえ)。
通な顔フェチ男衆が言うところの、いわゆる“オマンコ顔”でございます。
オマンコ顔と言えば、今まで、顔も体も卑猥すぎる『長谷川恭子』、
結婚した後も、夫以外のチンポを平気貪り食べる、オマンコ顔女王『奥奈恵』などが、
登場して参りましたが、今回の伊藤美咲も、負けず劣らずのスケベづらでございます。
さすがに、ハセキョーや奥奈のように、「顔を見ただけで精が漏れる・・・」との、
究極の射精現象は報告されておりませんが、それでも、
「チンポが腹に付くまで凄い角度でおっ勃っちまう!」や、「彼女の顔見ると、
カウパー出まくり状態でチンポが濡れる!」とのマニアならではの報告もちらほら。

凄いマニアになりますと、例のドラマを録ったデータの中から、
彼女の顔だけを編集して抜き出し、自分専用のチンポ・センズリ用DVDを
作って楽しんでいる暇人もいるとの噂も聞きました。
彼女の、猥褻物陳列罪寸前のドスケベなエロ・フェイスを拝みながら、
チンポ海綿体をギンギンにお勃起させ、そのチン皮&チン肉を高速でしごきあげ、
最後にまた、彼女のセックスづらを見つめながら、男の精を飛ばしまくるのでございます。
果たして、彼女自身は知っているのでしょうか・・・?
自分の顔を見ながら、何万人もの男どもが、チンポをシゴいて、
タネ汁を抜きまくっていることを・・・。
何万人もの、スケベ男衆のセンズリ用のおかずになって、辱められているのでございます。
間接的な顔面レイプでございます。
「女の命」である顔を、単なるチンポ快楽のためのネタにされているのでございます。





いや、逆に言うと、我々のほうが、彼女に弄(もてあそ)ばれているのかも知れません。
その卑猥な微笑みだけで、男の大切な精エネルギーであるザーメン子種汁を、
ピュッピュ・ピュッピュと絞り吸い抜き出してしまう・・・。
オマンコ顔ならではの、精抜き魔力でございます。
一説によりますと、どうやら、彼女のデカいギョロ目ん玉に、
一種の催眠作用のような効果があり、その瞳に見つめられると、
思わず、「チンポをシゴかずにはいられない・・・」
「精液を体外に放出せずにはいられない・・・」といった、
オスの生殖本能を促す作用があるようでございます。

それを踏まえて、次回のドラマを見てみましょう。
今まで、彼女の、げに卑猥なるオマンコ顔の魅力に気付かなかった殿方も、
きっと、あのスケベづらを見た途端、マラがニョキニョキっと萌え勃ち、
思わず、チン皮をシュコシュコとスライドさせ、気付いた時には、
濃い〜スペルマ・タネ汁を漏らしていることでしょう。

しかし、それでいいのでございます。
女と言うものは、女の肉体というものは、男の精を抜き取り出すために
存在しておるのでございます。
だから女は、化粧をしたり、ダイエットしたりエステに通ったりして魅力的な体に変身したり、
場合によっては、自らの体を切り刻んで=「整形」までして、
男を喜ばせようとしているのでございます。
これも、すべて、オスを引き寄せ、そのタマキンの中にたっぷり貯蔵されている、
DNAタネ汁を抜き出し、己のマンコの中身に取り込もうと企むメスの生殖本能から
きている、ドスケベぇ〜行為の数々でございます。

ですから、放送禁止寸前なほどに卑猥な顔を、テレビで全国に晒しやがる、
超オマンコ顔女優・伊藤美咲のエロづらを拝みながら、遠慮なく精液を飛ばしまくりましょう。
彼女自身も、それが、女優として、いやSEXメスとしての喜びなのでございます。





伊藤美咲の【凄いセックスあわび】
このアマ、なんと身長171cmの大女でございます。
そのくせ、頭は小さい、スーパー・モデル並のいわゆる『八等美人』でございます。
しかも全身スリムで、特に腰のラインのいやらしさ、足の筋の“浮き出具合”など、
顔だけでなく体までもが、男の精を抜き取り出すために存在するセンズリ・アイテム。

スリムな長身女のオマンコの特徴は、豆やビラビラが非常に発達&肥大化した、
ド迫力あわびでございます。ひと言で言いますと、グロテスクまんちょでございます。
ちなみに、ズングリした体型のデブ体質の女の場合、マンコが『めり込み型』で、
マンびらや豆も小粒で、意外にもキュートな美マンだったりする場合が多いのです。

大女特有のマンチョのデカさ!正確に言うと妙に長〜いのでございます。
豆からビラビラの終わり部分までが、ゆうに10cmは越すのではないかと思われるほどの、
スーパー・ロング・プッシー。ヤセ長身オナゴ特有の“長マン”でございます。
チンポが小さい男では、彼女のオマンコ・パートナーは務まりません。
と思っていた矢先、去年映画で共演し、濃厚なオマンコ・シーンを演じた、
俳優のS藤浩市との不倫チンポマンコ交尾肉体関係であることがバレてしまいました。
S藤と言えば、超極太マラ・・・。きっと、ラブ・シーンを演じている時から、
彼の巨根ちんちんをハメ入れられたくて、生臭いオメコ汁を漏らして、
撮影時にマンコに着ける“前張り布”をビッショリと濡らし汚していたのでしょう。
(この件に関しましては、またの機会に詳しく紹介いたします。)

もし、ファンの若い男が、彼女とチンポマンコLOVEの幸運に恵まれたとしても、
長〜い足を開いた途端に登場する、その、あまりにもデカくて長〜いマンコの
ド迫力に恐れ慄(おのの)き、思わず、チンポが縮み上がり、
素っ裸のまま逃げ帰ってしまう可能性もございます。
それほどのビックリ・マンコでございます。綺麗な顔してるくせに・・・でございます。

さらに、28歳の女優・・・。もう、ハメ盛りオマンコ・エヴリデー状態でございます。
そのおかげで、マンコ・カラーは、見事に淫水焼けした黒あわびとなっております。
ドラマや映画で共演した巨根俳優らに、股を開き、何千回も強烈チンポ・ピストンを施され、
チン肉が出たり入ったりする度に、マン穴から滲み出た濃くてクセぇ〜メスの交尾汁が、
コーマンの肉全体に塗りまぶされ、そのアルカリ性のエロ粘液の作用で、
メラニン色素がマン肉に沈着し、ブラック・オメコ化するのでございます。
ちなみに、生でハメッチョした場合、男のマラ肉までをもドス黒く変化させてしまう、
まるで墨汁のごとき仕業の、女優・伊藤美咲の濃厚マンコ分泌粘液でございます。

びろんちょ陰唇で、デカくて、長くて、真っ黒け・・・。
決してファンには見せられない、美人女優の下品で恥ずかしい秘密・・・
恐るべき粘膜悪魔、グロ・オメコ、ちんちん収納用の肉道具でございます。
昔の川柳で、「その声で、蜥蜴(トカゲ)食うかや、不如帰(ホトトギス)」
というのがございますが、つまり、そのギャップが、通な野郎のチンポを
強烈に萌え勃たす要素なのでございます。美女の凄いオメコ・・・興奮いたします。
伊藤美咲のように、顔が美しければ美しいほど、マンコの卑猥さが強調され、
余計に興奮を誘うのでございます。
美人の場合、どんなにマンコの色や形状がお下劣でも許されるのでございます。
いや、超お下劣なセックスあわびほど、逆に、男に喜ばれるのでございます。
ブスのグロテスク・マンコでは、チンポが勃たないどころか、
思わず、体内にめり込んで隠れてしまうことでしょう。

ライバルのオマンコ顔女優、ハセキョーの場合、顔の卑猥さでは伊藤美咲に勝手おりますが、
何の変哲も無い極々普通のマンコ貝でございますので、
その衝撃度、ギャップ、興奮度では、伊藤のワイセツあわびの方に軍配が上がります。
女優同士のオマンコ対決は、実に奥深いものがございます。





マンチョの姿はグロいですが、さすがセックス好きの28歳、“お手入れ”は完璧。
マンカスのかけらも見当たりません。
毎日のシャワー・タイムでは、“マン洗い”に時間をかけます。
白いマンチーズが溜まりやすいマンびらの裏側のすき間や、
マンコ豆の皮をグイッと引っ張り上げ、高級ボディー・シャンプーを塗りまぶし
ゴシゴシ洗い磨くのでございます。
洗っている最中に、ヌルヌルの泡の感触がだんだん気持ちよくなってきて、
そのまま、マンズリング遊戯に突入することもしばしば。

さらには、マン毛に“リンス”まで施し、柔らかでつややかな陰毛を目指します。
また、マン穴に『ビデ』を突っ込んで洗浄し、マンコの中身に溜まった、
スンゲぇ〜クッセぇ〜オリモノMIXマン汁=『女の精液』を洗い落とします。
最後に、シャワーをマン肉にジョワジョワ当てて、仕上げ洗いに入りますが、
ここでも、まんちょが気持ちよくなってきて、シャワーの水量を「強」にして、
そのまま、女なら誰でもこっそりやっている、例の『シャワー・マンズリ』に突入です。
あの、美人女優・伊藤美咲が浴室でひとり、腰をいやらしく淫らに回転させながら、
シャワーを己の恥ずかしい毛生えあわびに押し当て、マンコを自家発電して身悶える姿・・・
それを考えるだけで、もう数十発分のズリネタになります。

しかし、この綺麗な『洗浄マンコ』は、通な殿方にとっては興醒めでございます。
美女の洗っていない匂う生マンコのほうが興奮するのでございます。
彼女の筋が浮き出た細くて長〜い足をパックリ開かせて登場するセックス生牡蠣、
そこからプ〜ンと漂ってくる発酵チーズのごとき卑猥なるメスのマン・アロマ・・・。
風流なセックス・ベテラン紳士にとっては、その生臭さがいいのでございます。
伊藤美咲の動物のメス本来の生殖器の匂いに興奮するのでございます。
美人女優の激しいマン臭・・・最高でございます。
この場合、美人であれば美人であるほど、そして、マンコが臭ければ臭いほど、
その美しいお顔からは想像もできないほどのえげつない香りを放つメスのフェロモンに、
オスのチンポ生殖欲がかき立てられるのでございます。

余談になりますが、最近、変態匂いフェチの男衆の間で、
「最もいい匂いを放ちそうな女体」として人気が高いのが、あの藤W紀香でございます。
正直言いまして、彼女、とっくにピークは過ぎているように思われますが、
女体匂いフェチ野郎に言わせると、「若い頃より体が臭く匂う!」そうでございます。
女体が完全に熟れて、完全なる熟女の域に達し、その体から、
若い頃にはなかった、熟メス特有の酢脂(すあぶら)の香りがムンムン漂うのでございます。
動物のメス本来の脂臭い体臭に、酸ぅ〜い匂いがミックスされ、
マニアにとっては、もう最高級の女体セックス・フェロモンでございます。
「真夏の暑い時期に、紀香を1週間ほど風呂に入れず、その全身から漂う、
鼻をつんざくほどの強烈なクッセぇ〜汚れエキスの匂いを嗅ぎながら、
チンポを激しくセンズりたい・・・」といったド変態な妄想で、
マニアのフォーラム・掲示板は、連日の大賑わいをみせております。

結論から申しますと、「美人はお得」ということでございます。
愛のチンポマンコLOVEコミュニケーションの最中に、
どんなに激しいチーズ臭を放つ洗っていない不潔な汚れオメコが登場しようが、
もの凄く気持ち悪い絶頂雄叫びを上げようが、プ〜♪っと屁を放とうが、
しょんべんや得体の知れない不気味なマン汁を漏らそうが、失神して白目を剥こうが、
美人だから許されるのでございます。
これが、大ブス&どブスの場合でしたら、例えば、マンコがチーズ臭いと、
「オマエ、ちゃんと洗えよ!」と小一時間ほど説教したくなりますし、
しょんべんや謎の絶頂液をジョロジョロと漏らしたりしようものなら、
「このアマ!俺のチンポを汚しやがって!」と、もう大激怒モノ。
思わず、往復ビンタを食らわしたくなって参ります。

普段の昼の姿は、、凄く上品で、ツンとクールに澄ました高級美人セレブが、
夜ベッドの中で、男のチンポを味わう時には、もう同一人物とは思えないほどに、
信じられないくらいえげつない痴態を晒してくれたほうが、男は喜ぶのでございます。
美女の下品なセックスの正体に、チンポが大ハッスルして、より一層ハードに腰を振りまくって、
マンコから汁が噴き出すくらいに、激しい交尾活動をやらかしてしまうのでございます。


(つづく・・・)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 伊藤美咲 その2 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




宇田道子 無修正動画 天海ゆり 無修正動画