NMC-009b

新・まんちょシリーズ
伊藤美咲 その2

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像






例の、オタク男とお嬢様の下克上オマンコ・セックス・ドラマ、とうとう最終回でございました。
男衆は、彼女のいやらしい顔をおかずに、優雅なセンズリ・タイムが楽しめたでしょうか?
彼女のスケベづらを拝みながら、チン肉を揉みしごき、
きんたまカルピスを射精するまで、うまくこぎつけたでしょうか・・・?

あの2人、オマンコするのでございます。
なんだかんだ言っても、結局、オマンコするのでございます。
エロメスが細くて長い足をパックリ開き、生臭い汁がケツの穴までトロンチョと垂れ流れている
女の卑猥な生牡蠣を、オタク野郎に舐めさせ、自分も男のサラミ・ソーセージを、
ベロベロ咥えしゃぶって、男のホルモンエキスを舐め取り、
そのあと、生牡蠣のワレメにおっ勃ったサラミ棒を突っ込み、
ヨイショ!ヨイショ!っと、汗みどろになりながら腰振り合戦を繰り広げ、
粘膜をヌチョグチョと刺激しあって、快楽を貪り味わうエロ遊戯に耽るのでございます。

その後は、もう逢うたび逢うたび、チンポマンコ合体遊びに夢中になり、
1〜2か月経つ頃には、上品だったお嬢様エロメスも、ただのチンポセックス大好き女の正体を
平気で晒すようになり、「朝まで、たっぷり愛して・・・」などとヌカしながら、
電車オタク男のタマキンが空っぽになるまで、
何発も何発も交尾おねだり、射精おねだりをする図々しさ。
エロメスから毎日のように男の精エネルギーを絞り抜き取られるうちに、
彼女の底無し沼のごとき、えげつないセックス肉欲に嫌気がさし、
最初の頃は、キスしただけで興奮して、腹に付くほど凄い角度で
おっ勃ちまくっていたチンポマラが、強烈なハード尺八をされても、
もはやフニャマラ状態・・・。吸われれば吸われるほど、萎む海綿体・・・。
「もう私のこと愛してないのね!?」と、チンポを咥えながら怒りだすエロメス・・・。

どうせ、ドラマを放送するなら、そこまで描かないとダメでございます。
男と女の実態=チンポマンコ結合の実態を描いてこそ、真のドラマでございます。





伊藤美咲の【大型マンコ・ピーナッツ】
ヤセ型の長身大女・伊藤美咲のマンコの快楽豆・・・げに恥ずかしき巨豆でございます。
綺麗で小さいお顔のくせに、肥大に発達したクリトリス、成長お豆・・・。
この卑猥なギャップに、男のチンポがエキサイトしまくるのでございます。
クリトリスは医学上にみて、交尾の快楽のためだけに存在する肉パーツでございまして、
それが「凄くデカい女」ということは、それだけスケベということでございます。
大型クリッチョ淫核は、図らずもセックス大好きを女であることを証明してしまう、
本当にはしたないものなのでございます。

お股に手を突っ込み、彼女の毛生え生牡蠣をヌチョグチョと手マンコしていると、
柔らかいマン肉の中で、ひと際コリコリとしこり勃つ部分を捕らえたら、
それが、スケベ顔女優・伊藤美咲28歳の卑猥なセックス・ボタンでございます。
この快楽ボタンをコリコリと上手に操作すれば、彼女のセックスのすべてを
意のままに操ることができる、魔法のオマンコ・スイッチでございます。
それにしても、この勃起淫核の凄まじき硬さ!
まるで『骨かよ』と間違うほどの、えげつないしこり勃ち具合でございます。
硬い豆は、実にコリコリ・コチッリョとシゴき甲斐があります。

指でイジって楽しんだ後は、食べる番でございます。
伊藤美咲のセックス・ピーナッツを舐め味わい食べるのでございます。
ここで、初めて彼女の豆を目撃することになりますが、
まず、その長さに驚かされます。マンコ同様、クリの全長がとにかく長〜いのでございます。
特に、陰毛マン毛に隠れた豆の根元の莢(さや)の部分がロングなエロさ。
先端の皮がズルムケて飛び出た真珠の部分を舐め転がしながら、
このぷっくり盛り上がった根元の莢の部分も、指で揉んだり押したりコリコリしたり、
皮を前後に移動させたり、まるで、チンポをセンズるかのごとく、
ハードにシゴいてあげれば、「ダメっ!イキそうになるの・・・。」と
淫らな『絶頂イクイク予告宣言』をして参りますので、
いよいよセックス豆食べ儀式の仕上げに入ります。

先ほど申しました豆の根元の皮を、土手の方向にグイーっと引張り持ち上げ、
豆の本体、伊藤美咲の恥ずかしいマンコ・ボタンの全貌を晒し剥くのでございます。
出てまいりました〜。長身ヤセ女の凄い巨クリッリョ・・・。
いやらしくトンガっております。
これを、口でチュ〜っと真空吸引しながらペロペロと舐め転がすのでございます。
これをやられて、平静を保てる女などおりません。
あの美人女優・伊藤美咲が腰をぐるんぐるんウネり回転させながら、
また、細くて長〜い足をバタバタ・ピョンピョンと激しく暴れさせるザマは
見ごたえがあります。
イク寸前だったリビドー状態のマンコ豆を強烈吸い舐めオーラル・セックスされると、
すぐに「イクわ!イッちゃう!」と豆オルガ昇天でございます。

スリムな足腰をビクビク暴れさせる凄まじい絶頂バイオレンス痙攣。
白い腹部には、痩せ女が気をやる時特有の、いやらしい『腹筋』がクッキリ浮き出ております。
気をやる時だけに男に見られる、伊藤美咲の恥ずかしい“オルガズム腹筋”でございます。
豆オルガだけで、この乱れ様ですから、「チン入れファックで達すると、
きっと、凄いことになるぞ」と男の期待が高まります。

イッた後も、休まずに豆を食べ続けていると、「ダメっ!くすぐったいからヤメて!」と、
手足をバタバタさせて、中止命令が下りますが、尚も、強烈真空吸引+舐め転がし
を続けておりますと、やがて、暴れていた手足の動きが静かになり、
次の、“2nd(セカンド)豆オルガ”を目指し、卑猥なオーラル豆舐めを味わいだす始末。
そうして、男に敏感なマンコの淫ら宝石を吸い転がし舐められるがままに、
続けざまに、3rd豆オルガ、4th豆絶頂、5th豆アクメ・・・と、
連続で達しやがる、スケベぇ〜なオナゴ、伊藤美咲でございます。





伊藤美咲の【クソひり出し用の穴】
売れっ子美人女優にも、ブリブリとクソをひり出す穴=肛門がございます。
これについては、一部の男衆の間で、「もの凄い痔だ!」「強烈なイボ痔だ!」
「スペシャル脱肛レディー」などと、何故か“痔”の噂が絶えないのでございます。
「あの綺麗な顔した美人女優・伊藤美咲が、スンゲぇ〜痔・・・」想像しただけで、
笑ってしまうと同時に、妙にチンポが反応して参ります。

今回、実際に彼女と2度ほどオマンコしたことがあるN氏にお伺いしたところ、
「全然、痔じゃなかったよ。割りと綺麗な形のアナルだった。黒ずんでたけど(笑)。」
とのことでした。「痔ではない。」との証言に、ちょっとガッカリでございます。
前回申しましたが、美人なら、どんな下品なザマを晒しても許されるのでございます。
例えば、ちょっとばかり痔のほうが、逆に興奮するのでございます。
『伊藤美咲はイボ痔!』・・・なんだか、男として生きる気力がみなぎって参ります。

風流なSEXベテラン紳士にとっては、チンポマンコ交尾中に、
女の恥ずかしい秘密を知ることが、無上の喜びなのでございます。
その女が、普段の昼の顔とは違う一面、誰にも知られたくない秘密を、
ベッドの中で、貴方だけにこっそり見せてくれる・・・。それに興奮するのでございます。
また、その秘密を知って、男は優越感を覚えるのでございます。
例えば、学校や会社で一番の美女とチンポマンコ遊びをしたとしましょう。
そして、その女のまんちょとケツの穴の中間地点に、デッカいほくろがあったとします。
その秘密を知ってるだけで、男として“勝ち”でございます。
だって、マンコと肛門の中間部分なんて、その女のマンコ貝を、
至近距離でじっくり拝んだ男にしか分からない、極秘オマンコ秘密情報でございますから・・・。

話が逸れてしまいましたが、結局、『伊藤美咲・痔説』はデマという結論に達しました。
そこで、先ほどのN氏の証言の続きでございますが、
バックからオマンコ交尾作業中に、彼女の、小ぶりで引き締まったケツの肉を
手で掴み、グイッっと割り開いたところ、見事な紫色に色素沈着したパープル・アヌスが登場!
「ウォーっ!これが、女優・伊藤美咲の肛門か!」と異常なほどにエキサイトし、
パンパンッ!とハード・ピストン中のチンポから、タネ汁をピュッピュと
漏らし射精しそうになったそうでございます。
美人の恥ずかしいクソひり出し穴をじっくり拝む・・・。
紫色のケツの穴を見つめながら、女の生殖粘膜で、チン肉をヌルヌルとしごかれる・・・。
その女に、ケモノのごとき後ろ向き交尾ハメを許可された男のみが味わえる特権でございます。

美女の肛門アナルを見たら、思わず、イタズラしたくなるのが男の性(さが)。
N氏も、チンポにベットリ付着している、彼女が分泌したヨーグルトのような
濃厚白濁本気汁を指につけ、その可憐なクソ穴に塗りまぶしたところ、
「イヤ、イヤ〜ん・・・」と、甘い声を出して、軽く拒否されたので、
「イヤよ、イヤよも好きのうち」とばかりに、お構いなしに指を突っ込んだところ、
「ヤメてッ!」と本気で怒り出し、ハメッチョしていたチンポを抜いて、
あわやオマンコ中止の憂き目に遭いそうになったため、
さすがのN氏も、あえなくアナル責めを終了せざるを得ない状況に・・・。
しかし、彼女に内緒で、こっそり指の匂いを嗅ぐ変態N氏。
感想を聞くと、ひとこと「クソの匂い」だったそうでございます。
いくら大人気の美人女優と言えども、クッセぇ〜クソ・アロマを匂わせるのでございます。

どうやら彼女、“肛門処女”のようでございます。
あれほど、男とのマラベッチョ粘膜遊びに備えて、ゴシゴシと“マン洗い”をするアマが、
アヌスに指をちょいと突っ込んだだけで、えげつないクソ臭を漂わす・・・。
直腸内の残りグソのせいでございます。
ケツ穴セックスの常習者になりますと、殿方の大切な陰茎チンポ様を汚(けが)さぬよう、
シャワーの時、自らケツの穴に指を突っ込み、“残りグソ”をお掃除するのでございます。
プロ級の女になりますと、男とまぐわう前に、セルフ浣腸をして、
ブリブリとクソをひり出して、直腸内を空っぽにして、チンポ受け入れの準備完了。

ケツ穴セックスの話になりますと、いつも登場するのが、白人のの30cmデカマラでも、
平気で肛門に納め入れるという、まるで曲芸のごときアヌス技を見せる、
例の国際売春婦・可能姉妹の姉(ゴリラ)でございます。
この牝ゴリラのインタビューによりますと、
「いつも、いちじく浣腸を携帯して、カッコいい男とのオマンコ・タイムの前に
セルフ浣腸してブリブリしております。おかげで、便秘も解消されますので、
一石二鳥でございます。」とのこと。バカでございます。どアホウでございます。

よく考えてみますと、女の肛門に指を突っ込んで、何も匂いがしなかったら、
逆に気味が悪くなって参ります。
全く隙(スキ)がない完璧な美人セレブが、恥ずかしきクソ臭を匂わす。
女優・伊藤美咲の、この普通っぽさ、人間的な“だらしなさ”に興奮するのでございます。

さて、N氏の話の続きでございますが、2回目にオマンコした時も、
ケツの穴のしわしわをくすぐったり、汁でヌルヌルとマッサージしたりと、
肛門イタズラをしたそうでございますが、やはり「イヤっ!やめて・・・」と抵抗されたため
アナル遊びを中止し、チンポ出し入れ作業のみに集中したそうでございます。
しかし、N氏の言うには、「この女、『素質』がある!」とのこと。
抵抗しながらも、腰がブルブル震え、明らかに感じていた様子だったそうでございます。
もしかすると、N氏とのチンポマンコ関係の後、他の男に肛門ファックの味を
たっぷり教え込まれ、もはや、ケツ穴をいじったりしてもらわないと満足できない体になり、
「私、最近、ケツの穴に凝(こ)ってるの・・・、ねぇ〜、アナルしてぇ〜」と、
クッセぇ〜紫アヌスを、男の顔面に押し付けているかも知れません。
不倫オマンコ関係が発覚した俳優のS藤浩市の超極太ちんちんも、
根元まで平気で飲み込む、オバケ・アナルと化している可能性も・・・。あの顔で。





伊藤美咲の【チンポ接待用のスケベ貝汁】
ツンと澄ましてプライドが高い人気女優も、男のチンポセックスが恋しくなって、
発情すると、コーマンから陰茎お出迎え&接待用のいやらしいネバネバ液を分泌いたします。
セックス目的のエロ体液を、グロテスクな魚貝類からニュルニュルと漏らし出すのでございます。
しかも、このアマ、非常に濡れやすいと評判でございます。
痩せ女のくせに汁気が多いという、はしたないオメコ貝を隠し持っているのでございます。
チンポが欲しくて性欲が高まると、まず分泌。マンコをイジられて、また分泌。
チンを突っ込まれて+ピスられて、またまた分泌。マンコ絶頂する時も、ピュっと分泌・・・。
とにかく、男と接すると漏らしまくりの、ジューシーな汁出しベッチョ女でございます。

ただ、痩せ女の特徴としまして、量はやたらと多いのですが、
薄くてサラサラしているのが、ちょっぴり残念でございます。
豊満デブ女のように、動物のメスの生臭さ匂わす、まるで精液のごとく、こってりと濃厚な
コロイド状の白く濁ったマンコ粘液を、いきなりドロドロと垂れ流すことはございませんので、
白濁本気汁マニアの殿方には、ちょっぴり物足りないマン汁レディーかも知れません。

さらに、女として恥をかかぬよう、また人気女優としてのプライドから、
常に携帯用のビデ(膣内洗浄用の道具)を持ち歩き、
殿方とのチンポマンコLOVEコミュニケーションの前に、マン穴に突っ込み、
ピュッピュと、大切なチンポ収納用のメスの肉穴、交尾ジュースが滲み出る粘膜を、
キレイキレイするのでございます。
ですから、以前登場しました、“ぐうたら少倉優子”のように、オリモノ汁混じりの、
吐き気を催すほどの激臭マン汁を垂れ流すこともございませんし、
“やりっ放し深田京子”のように、前の晩に別の男とオマンコして、
中出し射精されたザーメンが混入した白濁マン汁を、
貴方の前で漏らし出して、図々しくも、それを舐めさせる心配もございません。
伊藤美咲のマンコから分泌しているヌル汁は、たった今分泌した“絞りたて”の、
彼女の100%天然マンコ・ジュースでございますので、遠慮なしに舐め飲みましょう。

あの伊藤美咲の新鮮なマンコ液、滅多に飲めるチャンスはありません。
また、雑菌などの混じり気がない、純粋なマンコのセックス絞り汁ですので、
少倉優子の時のように、舐め飲んだあと腹を壊す心配もございません。
まるで、卑猥なる花の蜜に吸い寄せられたチンポ蝶々のごとく、
ベロですくったり、マン穴からチュ〜チュ〜と吸い出して、ごくごく飲みましょう。
飲んでも飲んでも、そのマン舐めの刺激が気持ちよくて、後から後から、
バカみたいに分泌しやがるので、実に飲み応えがあるマンコ汁と言えるでしょう。
ヘタすると、男の精液よりも大量の興奮汁を漏らしまくる、図々しいアマでございます。

無色透明サラサラのマンチョ液でございますが、さすがにチンポを出し入れされて、
激しくピスられると、それがだんだんとシェークされて、
白いホイップ状、もしくは濃厚なクリーム状に泡立って参ります。
オマンコ途中で、チンポとマンコが結合している粘膜のすき間を指ですくってみると、
恥ずかしいホワイト・セックス・クリームがベットリと付着してまいりますので、
ちょっと匂いを嗅いでみると、さすがに匂いが増幅されております。
その濃縮マン汁の生臭さに、女優・伊藤美咲のメスの部分を感じるのでございます。


(その3へつづく・・・)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 伊藤美咲 その3 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




西原志保の初裏動画を独占公開! 中森玲子 初裏無修正動画