NMC-009d

新・まんちょシリーズ
伊藤美咲 その4

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





伊藤美咲の【チンマン合わせ 2】
さぁ次は、お待ちかね、ケツ方向からのチン棒抜き差しファック。
モデル級の長身スリム女とオマンコするというのに、バックからチン入れしないアホはおりません。
それでは、焼肉屋に行って肉を食わないようなものでございます。
抜群のプロポーションを誇る美人女優に、ケダモノのような後ろ向き交尾をカマすのでございます。

今イッたばっかりで、グッタリとダウン状態の伊藤を叩き起こして、後ろ向きにさせ、
ケツを捧げ出すよう指示しますが、達しすぎて全身が弛緩しているため、
体に力が入らず、まるで生まれたばかりの仔馬のごとく、足腰がブルブル震えております。
いわゆる“セックス腰抜け痙攣”でございます。
あのプライドが異様に高そうな女優が、男の上に乗って激しく気をやりまくって、
美しいラインの柳腰(やなぎごし)をプルプルと震わせる様子を拝むのは、男冥利に尽きます。

「ほら、早くしねぇ〜か。」と説教しながら腰を持ち上げ、
ハンバーガーのごとき“閉じオメコ”のワレメにチンポで穴を開けます。
すると、あ〜ら不思議。絶頂弛緩で、あれほど体がグンニャリなっていたのに、
チンポをイレッチョした瞬間、女体が、まるで生き返ったようにピーンと元気を取り戻し、
再び、チンポマンコ・セックスを味わい楽しみ始めるスケベっぷり。マンコ・ゾンビでございます。
チンポの肉から発する男の『気』『生体エネルギー』をマンコ内で感じ取るのでございます。

さぁ、遠慮なく交尾いたしましょう。人気女優をケツ方向から激しく交尾いたしましよう。
パンパンッ!と、肉と肉がヒットし合う、下品なファック音を響かせながら、
伊藤美咲の高飛車なマン肉にチンポの杭(くい)を打ちつけて、お仕置きしましょう。
その頃になりますと、彼女が分泌したサラサラと薄めのマン・ジュースも、
激しいチンポの出し入れでシェークされて、白く泡立つ“セックス・ホイップ”と化しております。
ちょっと指に付けて、匂いを嗅いでみますと、まさに『動物のメスの生殖体液』と言うべき、
えげつない臭気を放っております。いくらマンコを綺麗に洗っていても、
チンポでハードにピスられると、この情けないザマでございます・・・。

おっと、バック・ハメハメの楽しみ、“肛門鑑賞”を忘れてはなりません。
全く脂肪が無い、硬く引き締まったケツ肉をグイっと割り開くと、
見事な紫に色素沈着したパープル・アヌスがお出ましでございます。
プライドが高い女の、恥ずかしいクソひり出し用の肉のすぼみを、じっくりと鑑賞しましょう。
さっきの白いマンコ泡を穴の周りのシワシワに塗りまぶしたり、
調子に乗って、指を、軽く第一関節くらいまで“ファック”させてもOK。
この時、超高速でハードなチンポ出し入れ作業をしながら行うのがコツ。
チンポ・ピストンのどさくさにまぎれて、ついでに、尻の穴もイジる遊ぶ作戦でございます。
もはや、マンコが気持ちいいのか、ケツの穴が気持ちいいのか、訳が分かんなくなって、
さすがの彼女も、抵抗することもできないくらいのトランス状態でございます。



おっ、ナイス!現在、木曜夜10時。例のドラマが始まる時刻でございます。
テレビをつけて、彼女の高飛車な演技を見ながら、オマンコを続けるのでございます。
「あのエロメス伊藤が、後ろ向きでケツを向けて、肛門まで丸出しにして晒す格好で、
俺にオマンコされてやがる!」と思うだけで、チンポの興奮が大爆発。
人気ドラマのヒロインが、その放送時間に、自分とオマンコして、ヒ〜ヒ〜言ってやがる・・・。
男なら、誰でも夢見る、芸能人との究極のオマンコ・シチュエーションでございます。
射精タイミング制御コントロールを身につけた、さすがの貴方も、もうチン液漏れそう・・・。

芸能人といういうのは、恐ろしい商売でございます。
どこの馬の骨か分からないような女が、ヒット作の1、2本だけで、あっと言う間に成り上がり、
いつの間にやら大物扱いされる恐るべき世界でございます。
しかし、風流なセックス紳士は、そのセレブ女優の「どのこの馬の骨か分からない部分」に、
妙に興奮して、それを味わい楽しむものでございます。
例えば、もの凄い美人女優が、聞いたこともないよう地方の言葉であえぎ声を出したり、
清純そうなアイドルのマンコを拝見したところ、炭のごとく真っ黒に色素沈着した
使い込み淫水焼け黒アワビだったり、カマンベールチーズのような発酵マンカスが
ベットリ付着していたり・・・。

『方言』といえば、伊藤は福島県出身。福島と言えば、あの『ベッチョ』でございます、ベッチョ。
女性器を指す言葉の中で、最も卑猥とされる『ベッチョ』。これを利用しない手はありません。
オマンコ中に、「美咲のベッチョはスケベだなぁ〜。」「ベッチョが濡れてるぞ、おい。」と
ベッチョ、ベッチョと何度も耳元で囁くのでございます。この攻撃が効くのでございます。
東京に出てきて、早10年。女優として洗練された標準語を身に付けている女に、
あの忘れかけていた地元のいやらしいオマンコ言葉、『ベッチョ』。
これを聞いたとたん、体の力がグンニャリ抜けて、もう男の成すがまま・・・。
交尾中なら、『ベッチョ』と囁かれる度に、興奮しまくって「ヒ〜っ!イクぅ〜!」と
いきなりマンコ絶頂に達してしまうのでございます。
そのうち、興奮しすぎてセックス阿呆状態に陥り、もう訳が分からなくなった彼女自身も、
「ベッチョ!ベッチョ、ベッチョがいい〜・・・やんだ、イクべっ!」と、
信じられないような卑猥な言葉を吠え叫び、ベッチョ絶頂オルガに達するのでございます。



さて、チンポマンコ大会のトドメは、やはり正常位でございます。
そのままバックで、まるで動物の種付けのごとく、ピュッピュと精を放ってもよいのですが、
やはり美人の女優さんとのオマンコですので、その美しいお顔が、
まるで、化け物のごとく醜く歪みまくるのをたっぷりと拝みながら、
チンポ・ピストンのラスト・スパートをかけるのも、また乙なもの。
しかし、女は正常位でオマンコする時、気持ちよくなってくると、首をのけ反らしてしまうため、
男からは顔がちゃんと見えなくなるという欠点もございます。
(呼吸が苦しくなって、「気道」を確保しようとする働きによるものです。)
ですから、この場合、彼女の後頭部に枕を敷き、卑猥に歪む美人女優のよがり顔を
じっくり鑑賞できるようにいたします。
さらに、こうすることによって、ハァハァあえぐ時、呼吸が楽にできなくなり、
一時的に脳内がプチ酸欠状態に陥り、いわゆる“セックスあほう”
“オマンコ・パァ〜”になった彼女が、一体、どんな痴態を晒すのかも見物でございます。

超高速でチンポを出し入れしながら、さきほどは自由に使えなかった手・指で、
彼女の快楽ポイントをいじくります。
まずは、乳首。女優は、乳首を男に吸わせない場合が多いのでございます。
何故なら、そこも、女優としての大切な“商売道具”だからでございます。
映画などで、乳首を晒してオマンコ・シーンを演じることもあれば、
今後、ヌード写真集を出す可能性もあるからでございます。(しかも、マン毛モロ出しのヤツ。)
その時、さんざん男に吸い舐め転がされて、干しブドウのごとく、ビロ〜ンと肥大して、
黒ずんだ乳首だと、女としての価値、世の男どものチンポの反応度が下がると
考えているからでございます。
まぁ、熟女マニアにとっては、その黒乳首が最高の魅力なのでございますが・・・。
ちなみに、マンコは、どんなにグロテスクになっても、世に晒すことは絶対にございませんので、
もうハメ放題のマンビラ真っ黒け&クリいじり放題の巨豆でも大丈夫なのでございます。

伊藤美咲も、乳首吸い舐め転がし禁止のようですが、そんなことはお構いなしに、
あの貧乳の先っちょについてる性感ボタンを、指でつまんで引っ張ったり、
“こよりをよる”ように、コリコリ刺激しましょう。
「おっぱいはダメ!」とかヌカしながらも、乳首をつまむたびに、
マンコの肉穴がキュっキュっと締まって、抜き差し中のチンポのピストンが困難になるほど。
『禁止』とか言いながら、実はもの凄く感じてやがるエロ女でございます。

次は、マンコ豆でございます。強烈なチンポ・ピストン攻撃をしながら、豆をシゴく・・・。
この作戦に感じない女など、世界中のどこを探してもおりません。
豆を包む皮を、土手方向にグイーっと引っ張り持ち上げて、マンコ真珠の本体・芯を剥きだし、
チンポにベットリ付着した白濁交尾汁を、指ですくって豆の実に塗りまぶし、
コリコリと激しくシゴきまくるのでございます。
伊藤美咲の恥ずかしいくらいに巨大化した、セックス豆を“センズる”のでございます。



ほ〜ら、もの凄い顔になってまいりました。マン穴と豆の同時攻撃の気持ちよさに、
さすがの美人女優も、顔を鬼のように醜く変形させております。恐るべきドブス女。
ファンには絶対に見せられない、ホラー映画に出てくるグロ妖怪のような気味悪い変形フェイス。
やがて、足腰がビクンビクン震えだし、次の瞬間「イんグぅ〜」と、
まるでメス豚が鳴くような奇声を放ったかと思うと、全身をピーンと突っ張らせ、
マンコ絶頂、いや、ベッチョ絶頂に達しやがった模様。
その時の、彼女のお顔が、これまた強烈なド変形ブス顔。恐怖さえ感じるほどの顔面変形ぶり。
「女のアクメ顔を見て楽しむ」と言いましても、さすがに、
「これはひどい・・・まるで化け物だ。」と思うような、異常なほどの変わり様でございます。
きっと、その顔を携帯で撮った画像を人に見せても、誰も伊藤美咲とは信じてくれないでしょう。
それほどのフェイス変形、アクメ絶頂歪みヅラ、アクメ・ブス顔を晒す、恥ずかしい女でございます。

その状態が30秒ほど続いた後、彼女の体が急にグンニャリなって参りました。
と同時に、マン穴も急激に緩み、IN&OUT交尾しているちんちんが全然気持ちよくありません。
まるで、水の中でピストンしているかのような、とんでもないマンコの緩み具合でございます。
伊藤美咲のスんゲぇ〜“ユルマン”。女が達しやがった後特有の、全身弛緩状態でございます。
彼女自身も、全く反応がありません。乳首を引っ張り上げても、マンコ豆を強く摘んでも、
チン先でマンコ内臓を突き上げても、さっぱり反応がなくて、完全なるマグロ女体と化しております。
さっきまで、凄い形相だった顔も、まるで薬物中毒のようにアホづらと化し、目は半開きで白目をむき、
口からはヨダレまで垂らしております。もはや、介護が必要なほどのセックス弛緩でございます。
気が付くと、心なしか、尻のあたりが濡れているような・・・。
なんと、このアマ、気をやりすぎてしょんべんまで漏らしやがったようでございます。
ビタミン剤を飲んでるのか、やたら真っ黄色なしょんべん。しかも、匂いが、これまた強烈。
達しすぎて気絶し、失禁までするという、とんでもないザマを晒す女優・伊藤美咲28歳でございます。

失神マグロ女と、これ以上オマンコしてもさっぱり面白くないので、最後は、『顔射』でキメます。
女優の命・商売道具である美しいお顔を、クッセぇ〜男のドロドロ性欲汁で汚すのでございます。
タマキンの中の濃厚DNAカルピスを一気にドッピュリひっかけ、最近、ちょっとばかり
人気が出てきたからといって調子に乗ってやがる高飛車な女優を、顔射征服するのでございます。
“おたまじゃくし”のごとき、生きた子種がウヨウヨうごめく己のタネ液を、
美人女優・伊藤美咲のツラにピュッピュして、顔面精液便所に仕立て上げるのでございます。

マン内からチンポを抜いて、彼女の顔に持っていき、射精カウントダウンのセンズリ開始。
おい、大丈夫かよ?このバカ、息してないぞ・・・。
彼女の頬っぺたを、チン肉でペシペシっと往復ビンタして、“気付け”をしながら、
ピュッピュ・ピュッピュと射精しまくり。
禁欲して、キンタマの中にザーメンを満タンにしておいたおけげで、
また、何度もチン液が漏れそうになるのを極限まで堪えたおかげで、
海綿体の射精痙攣運動(=単位:ドク)が強烈。
ドクドク・ドクドクと、もう“20ドク”ぐらいしております。ドクドク出し過ぎでございます。
ピュッピュ・ピュッピュとスペルマをひっかけられ、見る見るうちに、お顔が真っ白けの哀れなザマ。
ツンと上を向いた鼻の穴にまで、濃厚なカルピスが流れこみ、どうやら、そのおかげで、
息を吹き返したようでございます。
大切な商売道具のお顔に、生臭いザーメンがたっぷりひっかけられていることに気付いて、
「イヤ〜ん、もう・・・」と、ちょっぴり怒り気味でございますが、
液を出し終わって縮みかけの不潔なポコチンを平気で口に含み、チン肉に付着した、
自分の分泌したクッセぇ〜白濁マン液を舐め取り、また、尿道内に残っている“残りザーメン”を、
チュ〜チュ〜と吸い出して飲む、えげつない“お掃除フェラ”することも怠りません。

おっと、テレビに目をやると、なんとエロメスがオタク野郎とキスをしてる感動のシーンでございます。
「バカめが・・・本物の伊藤美咲は、平気で男のチンポに尺八を吹き、
そのチンポをマンコに出し入れされて、白目むいてヨダレ垂らしながら気をやったあげく、
顔にザーメンをドッピュリひっかけられて気絶してやがるというのに、
今、この瞬間、全国のみんなは、彼女のキス・シーンだけで感動している・・・。
とんでもない詐欺女優だぜ・・・。」


(その5最終回へつづく・・・)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 伊藤美咲 その5 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




岡本由紀 五十路 無修正動画 橋本恵子 五十路 熟女