NMC-009e

新・まんちょシリーズ
伊藤美咲 その5

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





伊藤美咲の【巨マンコ総括】
先日、かつて映画で共演した、巨根俳優・S藤浩市との不倫オマンコ肉体関係が発覚いたしました。
この男とは、映画の中で、濃厚なラブシーンを演じて、それが話題になったりもいたしましたが、
やっぱり、実際にチンポとマンコをハメッチョ合体させたくてたまらなかったのでしょう。
案の定、マラベッチョ粘膜密着LOVE&生殖体液を飲み合う、
えげつない交尾関係に発展でございます。

いいえ、男はしょうがないのでございます。常に大勢のメスのマン穴にチン入れをし、
きんたまの中に貯蔵された、おのれのタネが詰まったチンポDNA汁をぶちまけたいと思うのが
男の性(さが)、セックス本能なのでございます。
ですから、ドラマや映画の中で、たとえ演技と言えども、交尾シーンを演じて、
その女優の柔肌にむしゃぶりつくと、本当にハメッチョ・ファックしたくなってきて、
思わず、チン肉をおっ勃たせてしまったりするものでございます。

こういうエロ撮影シーンとなりますと、いくら仕事と言えども、
その俳優の奥さんたちは、内心、気が気ではございません。
本当に生殖交尾をやらかすわけではございませんが、「チンポとマンコを合体させて、
汁を垂れ流しながら腰を振り合ってる」という設定には違いありません。
それだけで、妻として、女として嫉妬してしまうものなのでございます。
それに、実際に、その女優の口を吸い、唾液を飲み、首筋を舐め、乳首を吸い舐め転がし、
おファックのようなリズムで、体を揺り動かすのは紛れもない事実でございます。
「もしや、それがきっかけで浮気しちゃって、本当にそんな関係になっちゃうかも・・・」と、
俳優の奥さん連中は心配でございます。
しかも、相手が、あのスケベぇ〜なツラ&スタイル抜群の美人女優・伊藤美咲ときた日にゃ、
絶対に安心できません。

噂によりますと、そんなシーンを演じる前の晩、俳優の奥様連中は、
こってり濃厚なオマンコを要求して、何発も何発もチン汁射精おねだりをして、
旦那のキンタマを空っぽにしてしまうそうでございます。
美人女優の綺麗な肌に喰らいつき、不覚にもチンポをお勃起させないようにするための
妻の意地でございます。
恐らく、S藤浩市も、この撮影の前の晩、もはやチン先から、何も出なくなって、
「もう勘弁してくれよ〜」と言うくらい、嫁さんにチンポを吸われまくられ、
上に乗られて腰を振りまくられて、男の精エネルギーをすべて抜かれまくったことでしょう。

この映画では、中村トオルともオマンコしておりましたが、
きっと、この男も、妻の鳶尾いさ子に、種無しになるのではないかと思われるほどに、
何発も何発もちんちんをピュッピュさせられてしまったはずでございます。
さらに、翌日の朝も、“とどめ”とばかりに、撮影に出かける前に、
「あなた!ちょっと待って!」と、いきなりチンポに吸い付き、
鬼のような濃厚ハード尺八で、2発ほど精を抜き取られる徹底ぶり。

にも関わらず・・・このザマでございます。問題は女のほう、伊藤美咲でございます。
いくら、興奮して本当にオマンコしたくなったS藤に誘われたとしても、
最終的に股を開いて、チンポをハメ入れさせるか否かの決定権は、女が持っているのでございます。
それを、この伊藤美咲は平気でチン入れ交尾OKを出したのでございます。
ファンの夢を裏切ってチンポに走る、とんでもないスケベ女でございます。




きっと、撮影で、S藤に首筋を吸われたり、乳首を舐め転がされて、本当に感じてしまい、
“極太”と評判の、彼のちん棒を突っ込んでもらいたくてたまらなくなって、
オメコからは、本気の発情汁、チンポを入れやすくするためのネバネバを、
とろとろ〜ドクドクと漏らしていたに違いありません。
映画の撮影だというのに、興奮セックス液を分泌しまくる、好色エロ女優でございます。
そして、そのシーンの撮影が終わると、澄ました顔で「お疲れさまでしたぁ〜」とか言いながら、
トイレに駆け込み、ケツの穴まで垂れ流れているクッセぇ〜マン粘液を紙で拭き取り、
もしかすると、そのまま我慢できずに、発情状態のマンコの赤貝の粘膜を
指で激しくいじりシゴいて、性欲を処理していた可能性も・・・。
スタッフの間では、彼女のトイレの時間が長いので、「大便かマンズリのとっちかだ・・・」と、
卑猥な噂が流れていたほどでございます。

映画のクランク・アップ後も、彼の極太ちんちんをハメ味わう欲望が日増しに募るばかり。
と思って悶々としていたところに、S藤からの誘いが・・・。
待ってましたとばかりに、マンコをゴシゴシ洗い、デートに出かける好きもの女。
早速、その夜、大喜びで股を開いて、夢に見たぶっといマラ肉を突っ込まれて、
彼女にしては、本気印の濃い目の白い汁を、黒ずんだケツの穴まで垂れ流しながら、
チンマン肉合体フェスティバルに興ずるのでございます。
予想以上に素敵な中年俳優のオマンコ・テクニックに、S藤に妻子がいるにも関わらず、
チンポ泥棒を働く、精盗みオメコ・レディーの伊藤美咲28歳。

女優と言うものは、恐るべき商売でございます。
例えば、役がもらえない時=仕事がない時は、充電期間と称し、
「役者としての勉強のため」などとヌカしながら、大学などに通ったり、
海外に旅行に出かけて見聞を広めたり、お稽古事をしたり、オマンコしたり・・・。
特に、オマンコ=男とのチンポセックスは、ベッド・シーンを演じる上での
大切な“勉強”とばかりに、清純派アイドルなどとは違って、
事務所などでも、自由な“チンポ食べ”を黙認している節がございます。
確かに、ある程度『性的な魅力』も必要とされる職業なので、
実際に男とのまぐわいも許されるかも知れませんが、度を越してはなりません。
例えば、大物女優などと言われながら、最近、さっぱり見かけない独身の熟女女優が
大勢おりますが、彼女たちは、仕事はぜずにオマンコ勉強ばっかりやっているのでございます。
ほとんど仕事がないので、毎日毎日オマンコばっかりの日々でございます。
「あの大物女優、仕事もせずに独身で、一体、どうやってメシを食ってんだろう?」と、
こちらが余計な心配してしまう女優もおりますが、大丈夫でございます。
大会社の社長などとオマンコ・スポンサー関係を結び、その資金で生活しているのでございます。
大物女優と言えども、その実態は、売れなくなって食うのにも困っている中年ババァ。
熟れマンコを武器にするしか、生活する術を持たない哀れな中年女なのでございます。

話がそれてしまいましたが、我らがオマンコ顔女優・伊藤美咲も、
それらのババァ連中と同じようにならないように、男と、たっぷりオマンコ勉強をしたら、
その成果をテレビや映画の中で存分に発揮して、世の男衆のチンポを
もっと楽しませてくれるよう、切に願うのでございます。





【おまけ・・・エロメス特別番組!】
さて、「その3」で申しました、エロメスの特別編でございますが、
“アナザー・ストーリー”と言うくらいですから、オタク男とエロメスの、
えげつないオマンコ性交の実態を描いてくれるものと期待しております。

例えば・・・

以前とは、まるで別人になってしまったかのように、チンポマンコ交尾に対して、
図々しくなってしまったお嬢様エロメス。
チュ〜をする時も、自ら、オタク男の口にベロを突っ込み、
よだれを垂らしながら激しいディープ・キスに没頭するいやらしさ。
口を吸いながら、ジーンズ越しに、男の股間をモミモミと揉みほぐして、
ちんちん海綿体の膨張具合を確認し、すでに硬〜くおっ勃ちまくっていることが手に伝わり、
「はぁ〜ん、うれし〜い・・・」と大喜び。

早速、チャックを下ろし、生尺八演奏開始。
オタク男が、「ダメですぅ〜。洗ってないから汚いですよぉ〜。」と拒否すると、
「いいの。私、風呂に入ってないこのイカ臭〜い生チンポが大好きなの・・・。はぁ〜匂う〜」と、
お嬢様のくせに、クッセぇ〜汚れチンポマニアであることをカミング・アウトしながら、
チンポの汚れエキスを舐め食すエロメス伊藤美咲。
さらに、「あぁ〜ん、キンタマからいやらしい脂の匂いがするぅ〜。
私、この匂いを嗅ぐと興奮しちゃうの・・・」と、卑猥なタマキン・アロマ・テラピーに酔い痴れ、
「ここに、私のための“愛のミルク”が入ってるのねぇ〜」などと訳の分からないことをヌカし、
脂ぎったキンタマの皮袋をベロベロ舐め、タマ睾丸1個を丸呑みするという、
「綺麗な顔して、一体どこで、そんなえげつないこと覚えたのかよ!」と説教したくなるほどの
濃厚なフェラチオを1時間以上続けるスケベさ。

育ちのいいお嬢様のくせに、変態匂いフェチなのでございます。
オスの匂い、チンポの匂いに異常興奮してしまう、恥ずかしい性癖を秘めたオナゴなのでざいます。
例えば、まだ処女の頃から、真夏の炎天下で汗ダクになって働く土木作業のおっちゃんに
レイプされることを夢見て、マンズリ手淫に励んでいたほどでございます。
おっちゃんの不潔なチンポを綺麗な顔に押し付けられて、
「やめてッ!許してッ!」とか言いながらも、キンタマやチンポから漂うオスのセックス臭を
こっそり嗅いで発情興奮して、自ら汚れちんちんを舐めしゃぶりだす・・・。
そんな、ド変態な妄想をしながら、白魚のような細くてしなやかな指で、
おのれのグロテスクな生牡蠣やエロ豆をいじったりシゴいたりして、
マンコを自家発電して絶頂快楽を味わっていたエロお嬢様なのでございます。

男にも、「私を愛してるか、証拠を見せてぇ〜」などと言いながら、
洗っていないスんゲぇ〜メス臭い生マンコを舐めさせたり、クソ臭漂う肛門アナルや、
酢ぅ〜い匂いを放つ汗ばんだ脇の下、微量のゴマが溜まったヘソの穴、
さらには、蒸れてクッセぇ〜匂いを放つ、足の指まで一本ずつ舐め舐めオーラルさせて、
女の体の本物の味を、オタク男に賞味させるのでございます。




それから、毎朝しっかり基礎体温を計り、チンポ・タネ汁中出しOKの安全日をしっかり確認し、
「今日は、生で・・・たっぷり愛して。うふふっ・・・」と、卑猥な笑みを浮かべながら、
生マラ&生メコ合体の合図を耳元で囁きます。
さらに、もの凄い大ハッスル交尾をしてもらおうと企んで、
オタク男を焼肉屋に連れて行き、生レバーやニンニクの塊(かたまり)など、
やたらと精の付くもの、チンポがおっ勃ちそうなメニューを食わせたりします。
それを、チンポ・セックスに飢えた熟女のようにギラギラとしたエロい目で見つめる伊藤美咲。

バックから後ろ向き交尾をしようとすると、オタク男の背が低いため、
チンポの位置が、彼女のケツの高さに届かず、わざわざ腰を落として
交尾しやすいように気を遣ってくれる健気(けなげ)なスケベ女エロメス。

また、「お尻のヴァージン、あなたにアゲル・・・」などとヌカし、
クソの匂いを漂わせる不潔なパープル・アヌスを舐め舐めオーラルさせたり、
指を突っ込ませたり、さらに、「お尻は生でお願い、うふふっ」とのたまいながら、
強制的にゴム無し生チンポ挿入をさせて、直腸内の“残りグソ”で、
オタク男のマラ肉竿をベットリ汚す変態アナル・セックスまでいたします。

オタク男の自宅でも、ホテルでオマンコする時のようなケモノのような大声を張り上げて、
チンポマンコ遊びに没頭するエロメス。
おかげで、「うぉッ!イクぅ〜!あギャ、うギョ!イんっグぅ〜」などという、
信じられないような下品なオマンコ声が、男の家族に丸聞こえ。
「綺麗な顔してるお嬢さんなのにねぇ・・・」と、みんな呆れ顔。
交尾セックスが終わると、満足した顔で、「どうも、お邪魔いたしました。」と、
さっきの乱れ吠え声とは別人のように、上品な挨拶をして帰宅いたします。
最近では、「チンポちょうだ〜い」や「マンコがイクっ!」などの淫語まで、
平気で口走るようになってしまい、彼女がオマンコしにやって来ると、
用もないのに、家族が外出するはめに・・・。

『倦怠期』を迎え、チンポの勃ちが悪くなったオタク男に対し、
こっそり購入した、もの凄い機能を持った大人のおもちゃを使わせたり、
中国製の怪しげな媚薬を、チンポやマンコの粘膜に塗ったり、
イラン人から手に入れた、得体の知れないな錠剤を飲んだり飲ませたり・・・。
クスリの影響なのか、オマンコやりすぎなのか、目の下に隈(くま)まで作ってしまう、
チンポ中毒状態のエロメス。あのオマンコ顔に病的な魅力も加味され、
まるで、男の精を吸い抜き飲んで生き長らえる女妖怪の趣きでございます。
その顔を見ると、「この女に、干乾びてミイラになるまで精を抜き取られたい」と、
思ってしまうほどの、妖艶な色気を放つセックス女妖怪・伊藤美咲でございます。

毎回、射精したザーメンの総量を計量し、「減った!最近、精液の量が減ったわ!」と
ヒステリーを起こし、オタク男が所有するフィギュアや同人誌のコレクションを没収&焼き燃やし、
さらに、「私のマンコ以外で、精液を出しりしたら許さないわよ!」とチンポ精液独り占め宣言。
そのくせ、自分は、知り合ったカッコいい男に誘われるがままに、
ホテルにホイホイ付いて行って、すぐに股を開き、簡単にオマンコされるのでございます。
オタク男には、チンポ・センズリさえ許さないくせに、テメぇのマンコ穴には、
ちんちん入れ放題、おファック交尾ハメ放題の、ヤリマン・エロメス伊藤美咲でございます。

・・・そんな、ディープな内容の放送を期待しております。


(完)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




杉山久子 貴美島レイ ワキ毛 五十路 榎本蓉子、山田幸子、山川としえ