NMC-010c

新・まんちょシリーズ
左藤ゆかりタン (43)
その3

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像






【電動チンポでマンドリル】

豆攻撃は、まだまだ続きます。クリッチョ責めノンストップでございます。
息苦しさに耐えながら、必死にマンコ豆を舐め愛してやっている男の顔に、
まるでエビの腐ったような、ものスゲぇ〜クッセぇ〜下品な体液を
ピュッピュとひっかけやがるとんでもないフィリピン・オカマ・・・
もとい、左藤ゆかり(43)を、さらにヒ〜ヒ〜よがり狂い泣かせ、
『オマンコ・パ〜』『セックス・アホウ』状態に陥れる“復讐セックス”の始まりでございます。

と言いましても、これ以上の手マンコ&口マンコでは、男の身が持ちません。
何しろ、恐るべきセックス・スタミナを秘めた、底無し沼のごときスケベでございますので、
豆をしごいて達しまくっても、一向にオマンコ・ダウンする気配がなく、
これでは、豆やマン穴をマンズる手が、だんだん疲れてきて、
ヘタすると、けんしょう炎や指の関節炎を発症する恐れもございます。
しかも、使い込んだきったねぇ〜淫水焼け黒マンコに舐め舐めサービスをしてやっているというのに、
まるで、“毒液”のごとき、クッセぇ〜不気味な女体液をぶっかけやがる失礼極まりない女。
そのマンコ毒液のあまりの臭さ、苦さに、思わずゲロ吐きそうな気分でございます。

そんな時は、“電動チンポ”“電気マンチョあんま器”・・・
そう、大人のおもちゃを使うのでございます。
勘のいい殿方なら分かると思います。テレビに映る彼女のあの顔、
いやらしい脂でテカり光るスケベぇ〜なツラを見れば、
「“電気を使って”マンコを強烈にしごかないと、満足できない精力絶倫女だな・・・」と。

この期(ご)に及んで、「大人のおもちゃを使うなんて邪道だ!」などと言ってる場合ではございません。
チンポ・セックスの味を知り尽くしたエロ熟女を満足させるには、手でも電気でも、
もうなんでもいいから、とにかくマン肉をしごいてブルブルさせるしかないのです。
そうしないと、オマンコ終了時に不満そうな顔をされるばかりか、
「あなたのセックスには、失望したわ・・・フン!」と、文句を言われ、
その後、すぐに別の男とホテルに直行して、股を開いてオマンコやり直し・・・
などという、とんでもない事態も予想されます。
そうなる前に、“オマンコぶるぶる機械”を使って、もうギネス・ブックに載るくらいに、
何度も何度もマンコ絶頂アクメ天国&オルガ地獄に追い詰め、
女のセックス・エネルギー、マンコの『気』『精』を、綺麗さっぱり抜き取るのでございます。
オマンコ終了時に、達しすぎて腰が抜け、白目を剥いて、口からはヨダレを垂らし、
もはや完全なるアホづらを貴方に晒しながら気絶するまで、
真っ黒〜いグロテスク生牡蠣をヌチョグチョっとしごきいじめる必要がございます。

それに、実は彼女自身も、もの凄く好きなのでございます、電動マンズリされるのが。
かつて、長期間チンポマンコ肉体交尾関係だった男に、
電動チンポの味をたっぷり教え込まれ、それ以来、病みつきになったようでございます。
そのチンポ男が、色々な変態スケベ・マシーンを所有しており、
逢うたび逢うたびに、左藤ゆかり(43)の使い込み黒メコ粘膜をシビレさせていたようでございます。
彼女も、いつの間にやら、ドスケベ・エレクトリック・マンズリ機械の大ファンになってしまい、
「ねぇ〜、またアレでお願い〜ん」と、自ら電動チンポをおねだりするはしたないザマ。
それらのオマンコ玩具に、魚貝類の発酵したような彼女の特殊マン汁のクッセぇ〜匂いが染み付いて、
一度、左藤ゆかり(43)のクサレあわびに押し当てた電動マンズリ器は、
もう他の女には使えないというマヌケぶりでございます。




その、おもちゃコレクターのような男と別れた後も、一度覚えた電動マンズリの味が忘れられず、
自ら、ネット通販などでこっそり購入し、オマンコ・マッサージに励む日々でございます。
しかし、今回の選挙で、一躍、全国的に名前が知られてしまったために、
迂闊に、ヘンな業者から購入すると、
「オマエが、極太バイブを買ってるのをバラすぞ!」と恐喝されかねません。
ですから、貴方がおもちゃを取り出した途端、「イヤだ、そんなの・・・」と言いつつも、
久しぶりの“オマンコ電気あんま”で、実は、内心大喜びでなのでございます。
「イヤだ・・・」と言いながら、ほら、目はギラギラと妖しく濡れ光っております。
性欲丸出し女の卑猥な目ん玉濡れ光りコーティング現象でございます。

クリッチョ淫核用ぶるぶる振動ローターを、剥き身にしたマンコ豆に、
いきなり、直接押し当てましょう。
まだピンク色のマンコ貝の少女なら、あまりの強烈な豆シビレに、感じすぎて&驚いて、
思わず腰を引いてしまうところですが、さすが使い込んだ黒あわび40女の左藤ゆかりタン、
「うギョッ!ヒュい〜!」などというバカ声を発しながら、
激しいマンコ電気あんまに身を委ね、強烈な豆のシビレ快楽を味わうのでございます。
1〜2分、マンコに“電気を通す”と、「イグっ!イんグ!イクぅ〜!」と、
またもや豆絶頂を達しやがった模様。通電マンコ豆オルガ昇天でございます。

今度は、マン穴に電動チンポを突っ込む番でございます。
しかし、ここで一つ注意がございます。
それは、あまりにもデカすぎる極太バイブを突っ込みすぎないことでございます。
何故なら、それらの極太電気チンポのせいで、マンチョ肉穴がビロ〜ンと広がって、
デカマン・緩マンと化し、後で仕上げの本番チンポ入れに及んだ際、
マン肉締まり不足の為、チンポがさっぱり気持ちよくないのはもちろん、
彼女自身も、貴方の“普通サイズ”を、なんだか細く短い『粗チン』のように
感じてしまうからでございます。
つまり、本物のちんちん肉棒よりも、デッカいバイブの出し入れピストンのほうが、
マンチョが喜んでしまうという情けないオマンコ・トラブルでございます。

そうとは知らないバカタレ男衆、例えば、「ほらッ!どうだ、ほらッ!」と、
オマンコ中に、やたらとうるさい声を出しながら女を責めるようなバカチンポ野郎の場合、
その女とまぐわうたびに、だんだん電動チンポバイブのデカさがエスカレートして、
遂には、テメぇ〜のチンポ・サイズよりも、遥かに太くて長いのを、
うひょうひょ有頂天になって、マンチョにズボズボやっちゃう過ちを犯すのでございます。
女のマンコ穴は赤子(あかご)を産み出すほどの伸縮可能な驚異の肉穴でございますので、
油断しているうちに、だんだん広がっていくのでございます。
調子に乗って、いつの間にかMyチンポ・サイズよりも巨根な電気チンポを突っ込まないように、
電動マンズリにも冷静さが必要でございます。




というわけで、本日、左藤ゆかり(43)のコーマンに突っ込むのは、
普通サイズ電動ちんちんでOKございます。
指マンだけで、得体の知れない不気味なクセぇ〜汁をピュッピュと発射する
敏感オメコでございますので、普通サイズで十分でございます。
♪ウイ〜ウイ〜言いながらブルブル・クネクネと卑猥な動きを見せる電気仕掛けのエロ・チンポを、
ゆかりタン(43)の使い込まれたマンチョに突っ込めば、
またもや、「うぃヨッ!んぬギョぇ〜」と気味悪いオマンコ言語を唸りながら、
腰をぐるんぐるん淫らに回転させて“マンドリル”を味わい始めるスケベ40女。

バイブの使い方、出し入れピストンの動きも重要でございます。
ただ、ヌチョグチョとマンチョに抜き差しすればいいってもんじゃございません。
(まぁ、スケベ女なので、ヘタクソな電動チンポ交尾でも、一応は、イクイク絶頂しますが・・・。)
本番チンポ・ピストンのように、動きに変化をつけて出し入れするのがコツ。
2〜3回浅くピストンしたあと、4回目にマンコのラストまでグニュ〜とめり込ませ、
“ご褒美”を与えるのでございます。
豆だけの絶頂アクメしか知らない、10代のピンク・マンコ乙女と違って、
今まで、男と何千回とオマンコをやりまくったチンポセックス・ベテラン女ですので、
マン奥の感度も超抜群。いわゆる『ポルチオ絶頂』の味をしっかり知っているのでございます。
「うグっ!ぬゴっ!」と、土木作業のオッサンのごときお下劣な唸り声を放ちながら、
電気マンドリル交尾に溺れるのでございます。

それから、バイブを突っ込んだまま、グルグル回転させるのもお忘れなく。
こうすることによって、Gスポットをはじめ、マン膣内のあらゆる部分を電気あんまされ、
さらに激しく乱れまくる黒マンコババァ・左藤ゆかり(43)でございます。
この頃になると、このエロ女が分泌した本気印の濃厚な白濁セックスととろ芋が、
電動チンポの竿にベットリ&ケツの穴までトロンチョと垂れ流し状態でございます。
この白い本気オマンコ糊は、最初に申しました、魚貝類の腐ったような匂いの、
謎の“射精液”とは違って、性興奮した女なら誰でも分泌する、ノーマルなマンコ交尾液でございます。
ただ、この液も、普通の女のモノよりやたらと濃〜くて生臭いのが特徴。
左藤ゆかりタン(43)の動物のメスとしてのアイデンティティーを証明をするかのごとき、
げに生臭きオマンコ・コロイド液、げに恥ずかしき“女の精液”でございます。

あれだけ、チンポマンコLOVEの前に、マンチョをゴシゴシ洗って、
さらにマン穴にビデ(膣内洗浄水)を突っ込んで、綺麗に“お掃除”してても、
いざ、エロスケベ行為に没頭して、ハッスル興奮しまくると、
クッセぇ〜マン汁をドロドロ分泌しやがる、下品ではしたないオナゴでございます。

この汁を大量分泌しまくる女として、オマンコ・ヨーグルト垂れ漏らしジューシー女体No.1に輝く
野田性子(45)がおりますが、左藤ゆかり(43)も、彼女に負けず劣らずの凄い量。
痩せ女のくせに、やたらと出しまくるのでございます。
男で言えば、キンタマを5個も6個も体内に隠し持っていて、
出しても出しても、さらに大量のタネ汁をピュッピュしまくる
ビックリ人間大賞受賞、人間タネ馬状態でございます。

そうこうしているうちに、彼女が「イキそっ・・・また」と、息も絶え絶え、
“絶頂オルガ予告”して参りますので、今度は高速チンポピストン交尾よろしく、
手首のスナップを利かせ、もうメチャクチャ激しく、40女のくされマンコをピスってあげましょう。
強烈な電動チンポの出し入れに、またもや、エビの腐り汁のような激臭マン液を
ピュッピュと“射精”しまくり、さらには、濃厚白濁オマンコ・ドレッシングをシーツにまで、
ドロドロ垂れ流しながら、「イック!イクイクっ!死ぬシヌ!イクシヌ!おギョんガぬゲぇ〜」と、
最後は、さっぱりわけの分からない言葉を口走って、色黒の痩せた体をピーンと突っ張らせ、
次の瞬間、ビクっビクっと、電気ショックを与えられた実験女体肉のごとき、
不気味な全身痙攣運動を始め、さっきの豆絶頂の何十倍も気持ちいい、
マン穴ピスりファックによるオルガ絶頂に達しやがる、左藤ゆかり(スケベ歴・43年。セックス7段。)
女の『精エネルギー』、『オマンコ気』を体外に放出するアクメ瞬間でございます。

壮絶なる40熟女のオマンコ絶頂。しかも、まだ本番チンポ入れをする前の、
電気マンコ遊びの段階で、この凄まじさ。
全身をのた打ち暴れさせ、腰を捕まえて押さえつけていないと、
電動ちんちんがスッポ抜けてしまいそうになるほど激しい、迫力満点の絶頂バイオレンス絵巻。
この段階で、彼女の精力絶倫セックス・エネルギーを“抜いて”おかないと、
後で、本番チン入れの時に大変な事態が起こってしまいそうな勢いでございます。
男のほうが、精エネルギーを全部吸い取られ、ヘタすりゃ死ぬ可能性も出て参ります。
そうなる前に、まずここで、最低でも20回はマンコ絶頂快楽地獄に突き落とす作戦でございます。
達しても達しても、体を押さえつけて、黒いマンコ・イソギンチャクのスケベ穴を
マンドリルしまくって、ノンストップでイカせ続けるのでございます。
電気あんまで20回イカせて・・・男に例えると、連続で20回強制射精させて、
ようやく普通の女と同じような精力・性欲レベルに並ぶ、絶倫ドスケベ熟女・左藤ゆかりタン(43)。


(つづく・・・)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 左藤ゆかりタン(43) その4 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




平田敦子、田村信江、藤ノ宮礼美 痩せガリ熟女