NMC-010d

新・まんちょシリーズ
左藤ゆかりタン (43)
その4

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像






左藤ゆかりタン(43)の 【フェラッチョ歴20年以上のベテラン尺八演奏】

40女を“電気あんま”で20回もイカせると、もう全身汗ビッショリ。
それも、スポーツをした時などにかく普通の汗と違って、脂(あぶら)成分を多量に含んで、
妙に酸っぱい匂いがする、特殊な“絶頂オルガズム脂汗”でございます。
それが、彼女がつけてるブランド物の高級香水の香りとミックスされ、
えげつないほどの濃厚な女体セックス臭が、部屋中にモワ〜っと漂います。
ハッスル交尾に没頭している好色スケベ熟女が放つ、
動物のメス本来のクッセぇ〜酢脂アロマでございます。
メスの肉体が放つ、すべての匂いに目がないハード匂いフェチの男衆や、
濡れ光る女体に異常興奮する「ウエット&メッシー」のファンにはたまらない、
左藤ゆかり(43)の、まるでオイルや“ニス”を塗りたくったかのごとき、
酸っぱい&テカテカ濡れ光る色黒エロボディーでございます。

さらに、肝心の黒アワビからは、マン内からドロリと漏れ出た濃厚白濁本気トロロ芋や、
例の魚貝類の腐ったようなクッセぇ〜匂いがする正体不明の“女の射精液”で、
ケツの下のシーツまでビッショ濡れ濡れ状態。
まるで寝小便をやらかしたかのごとき、えげつないオマンコ惨状でございます。

清潔好きの殿方なら、脂汗でベトベトでヌメつき、鼻にツンと来る酸ぅ〜い匂いがする
43歳のババァ女体に嫌気が差し、もうこれ以上オマンコする意欲が失せてしまうか、
「気持ち悪ぃ〜!おまえ、1回シャワー浴びて来いよ!」と、
思わず説教をカマしたくなって参ります。
しかし、通のセックス紳士、風流なオマンコ男衆は違います。
これが、最高にいいのでございます。女体から噴き出たこの脂汗、この酸味がいいのでございます。
英語ペラペラのプライドの高い女の“動物”な部分、メスの肉臭を味わい楽しむのが、
オマンコの本道、真のチンポマンコ勝負なのでございます。
さぁ、このクッセぇ〜&ベトベト状態の左藤ゆかりタン(43)とオマンコ続行でございます。

しかし、精力絶倫、オマンコ・スタミナ満点のどスケベゆかりと言えども、
さすがに、強烈電動マンズリによる20回連続絶頂オーガズムは効いたようで、
もうグッタリのオマンコ・ダウン、オメコ・グロッキー、
達しすぎによるプチ・パ〜状態でございます。
凄いブルブルパワーも持った小型ローターを、剥き身にしたデッカいお豆に直接押し当てても、
「う”〜、も〜ぉ、イヤはぁ〜ん、う”〜」と弱々しくうなりあえぎ、
まるで、酒を飲みすぎて、繁華街の片隅で座り込んでゲロ吐いてるような、
酔いどれ女並の反応の鈍さでございます。

とりあえず、体力が回復するまで、ここでちょっと休憩・・・と、
彼女を休ませてはダメでございます。
油断してると、オマンコ・パワーが復活したゆかりタン(43)に
今度は男のほうが、キンタマの中の精エネルギー液を全部吸い抜き絞り取られ、
翌日まで足・腰に疲れが残り、ヘタすると、オマンコ“後遺症”が残る恐れも・・・。
そうなる前に、この精力絶倫エロ熟女をノンストップ・オマンコで容赦なく責め続け、
彼女に「もうセックスは、当分の間、しなくても大丈夫」と言わせるくらいイカせまくるのが、
チンポ戦士、陰茎ファイターの生きる道でございます。

と言いましても、レスポンス(反応)がちょっぴりしかない女体&マンコを、
これ以上いじりシゴくのも、なんだか興醒めでございますので、
とりあえず、マン粘膜の“絶頂シビレ麻痺”が収まるまで、マンズリ責め休憩タイム・・・。

そこで、次は、彼女の口マンコを味わう番でございます。
20年以上のセックスのキャリアも持つ、オマンコ・ベテラン40女の尺八を
たっぷり堪能する時間でございます。
左藤ゆかり(43)の、あの、見るからにチンポを吸うのが好きそうなエロ口唇の粘膜で、
チン肉をいやらしく“接待”してもらうのでございます。




達しすぎて、あれほどグッタリとダウン状態だったのが、
顔に近づいたビンビン勃起マラを見た瞬間、
一瞬、もの凄く卑猥なエロ・スマイルをニヤリと浮かべ、男が何も言ってないのに、
自ら、チン肉棒に顔を持っていく、とんでもない尺八好きドスケベ40女。
まさに底無し沼のごときオマンコ・スタミナを、その痩せ女体に秘めたエロ熟女。
まるで、意識もうろう状態の遭難者に、栄養補給用の流動食のチューブが与えられ、
急に元気になって意識を回復するかのごときセックス女体の復活ぶりでございます。
まぁ確かに、そのチンポの肉チューブから、男の精エネルギー、栄養満点タネ汁、
女を喜ばせる白いセックス・ミルクが出る出るピュッピュするわけでございますが・・・。

この時、彼女がゴクリとツバを飲み込む喉の音を聴き逃してはなりませぬ。
マラチンポに尺八が吹きたくて吹きたくて、いやらしい唾液を分泌するのでございます。
チンポ尺八大好きレディー特有の、勃起ペニスを見た途端、
条件反射で、口の中にツバが溜まりまくる現象でございます。
ちんちんを欲しがる、口から出るヨダレ愛液でございます。
時々、AVなどで、フェラッチョ中に異常なほど大量のヨダレを出しまくる女がおりますが、
左藤ゆかり(43)も、尺八ヨダレ過剰分泌タイプのようでございます。

ある調査によりますと、知能指数の高い女ほど、オーラル・セックス、
つまり、口マンコが大好きという結果で出ているようでございます。
インテリ女ほど、チンポに尺八を吹くのが大好きという、
殿方にとっては、たまらなく嬉しいスケベ結果でございます。
頭のいい女ほど、“男”を、とことん味わい尽くすのでございます。
マンコ穴だけでなく、口でもちんちんを食べて味わうセックス・グルメでございます。

もちろん、英語ペラペラ・インテリ牝の左藤ゆかりタン(43)も、フェラチオ愛好家。
本来は食物を摂取する目的であるはずの器官=口で、男がしょんべんやらタネ汁を発射する
生殖器官をベロベロ舐めしゃぶって大喜びするという変態セックス行為が、
もの凄く大好きなのでございます。
さらに、このタイプのオナゴは、清潔なチンポよりも、
洗っていない男臭〜い生チンポに異常なほど興奮するという報告もございます。
普段、プライドが高くて、ツンと澄ました高学歴インテリ女ほど、
ケダモノの交尾のごとき野性的なチンポマンコ・セックスを好むのでございます。
そのためには、石鹸の匂いのするチン棒肉ではなく、チンカスが付着して、
生イカのような匂いを放つ、またタマキンからは、脂クサぁ〜い男臭がムっと香る、
不潔な汚れちんちんが必需アイテムと言えましょう。
チンポやキンタマからプ〜ンと漂う、オスのフェロモン臭を嗅いで、
自分の中の“生殖メス”が甦り、原始的な交尾作業に燃えまくるのでございます。

ですから、殿方は風呂に入ってなくても全然平気。
何度もしょんべんに行ったあとの濡れチンポ、一日中働いた後の“午後5時のチンポ”、
チンカスまみれの発酵汚れチンポが大好物の、変態匂いフェチ女なのでございます。




かつて、ゆかりタン(43)と、チンポマンコ肉体関係だった、ある男の証言によりますと、
彼が風邪をひいて寝込んだ時、自宅にお見舞いに来てくれたのはいいのですが、
3日間風呂に入っていない、その男の体臭&チンポ臭を嗅いだ途端、
いきなり彼女の目がトリップしたようにトロ〜ンとトロけだし、
「おチンポ、綺麗にしてあげるぅ〜」と、クッセぇ〜不潔マラもなんのその、
あのいやらしい口にチン肉をパックリ丸呑みされ、ヨダレまみれのハード口マンコ開始。
尺八フェラッチョだけで、精を2発も吸い出された挙句、
「体、キツいでしょ?あなたは、じっとしてていいから、私がやったげるぅ〜」と、
図々しくまたがってきて、チンポマンコ合体&激しく腰を振られて、
オスの精エネルギー、栄養カルピスを、2発3発と続けざまに絞り取られる始末。
おかげで彼、高熱が出て風邪が悪化し、そのまま緊急入院するという散々な目に・・・。
しかも普通、風邪をひいてる男とオマンコした場合、女にもが風邪がうつりそうなもんですが、
精液搾り取り魔女・左藤ゆかり(43)は、ピンピンしたまま。
どうやら男のフェロモン・精・気を吸収したおかげで、風邪のウイルスも、
彼女には全然効かなかったようでございます。

そんなことより、いよいよ、ゆかりタン(43)がチンポに喰らいついてまいりました。
さすが、フェラチオ歴20年以上を誇る、スケベ40女のベテラン・チンポ尺八有段者・・・。
ダイナミック&超下品な口マンコ・テクニックを披露する恥ずかしいオナゴでございます。
チンポ肉棒に唇をねっとりと絡めながら、入れたり出したりする様は、
まるで、精飲女妖怪が、男のヘビを丸呑みする曲芸マジックのよう。
口の中では、飲み込まれた男のカメにレロレロとベロを絡めるのも忘れません。
マンチョ内部に侵入してきたちんちんを、マン粘膜がウニョロウニョロと絡みつくように、
インテリ40女のベロが敏感なカメの先っちょを舐め舐め接待するのでございます。

口の中からマラ肉棒を引き出すと、今度はチンポの横肉に卑猥なフルート演奏を開始。
首から下は動かず、頭だけクネクネと横にスライド移動してマラチンポに横笛吹く姿は、
まるで、インドかどこかの舞踊のごとき、神秘のフェラチオ・ポルノでございます。
かと思うと、今度はチンポの裏筋に移動し、チュッチュと吸い付いたり、
舌先でツーっとなぞったり・・・。

スケベ唇が、だんだん下に降りてきて、今度はキンタマ吸い舐め儀式の開始でございます。
知能指数が高い女は、タマキン・オーラルがことのほかお好きなようでございます。
脂ぎったしわしわのキンタマ袋に、顔を押し付け、脂臭〜い男のホルモンの匂いを嗅いで、
女体の中のセックス・ホルモンを活性化させて、白目むくほどのトランス状態に陥り、
次に、タマ袋の脂成分をベロベロ舐めまくったあと、
今度は、睾丸1個を皮ごと口の中に入れたり出したり・・・。
フェラチオ大好きドスケベ・レディーがよく披露するテクニックの一つでございます。
正直言いまして、男にとって、この“キンタマ丸呑み”は、それほど気持ちいいものではありません。
それなのに、女がこれをするのは、『自分が興奮するから』なのでございます。
子ダネ汁製造器官であり、またオスの象徴でもあるキンタマを口に含んで、
「あなたの精も子ダネもDNAも、全部私の物よ!」と、その男に対する独占欲を満足させて、
幸せな気分に包まれるのでございます。

しばらく、タマ睾丸丸呑み&タマ袋の脂舐めに興じていた左藤ゆかり(43)でございましたが、
それにも飽きたのか、再びチンポ部門に戻り、今度は亀頭部分のみをパックンチョ。
チンポの中でも一番敏感なカメの部分を集中的に舐め愛す、
本格的な精抜き目的のフェラチオでございます。
カリのプリプリ肉や、裏側のカリ溝(みぞ)に、エロ触手と化したベロが、
ペロペロ・レロレロ這いずり回り、尿道口をチュ〜チュ〜吸引され、
出る出るカウパー汁も、すべて左藤ゆかりタン(43)の胃袋の中に納まります。

口内粘膜の妖しい蠢(うごめ)き&チン肉上で忙しく動き回るベロの感触に
油断していると、大切なキンタマ精エネルギー液を
ピュッピュと漏らし放ってしまいそうなほどの凄い気持ちよさ。
セックス・ベテラン紳士でも、思わず「ぬぅ〜、こりゃ、たまらん・・・」と
唸ってしまうほどの、チンポ吸い歴20年以上の40代オナゴの陰茎尺八演奏。




普通、このように、チンポが射精寸前の絶体絶命リビドー状態に追い込まれた際、
その女の、チンポを咥えしゃぶってる顔、フェラチオづら、尺八フェイスを見たら最後。
昼間の上品でおしとやかな姿とは、まるで別人に変身したかのようなスケベ表情で、
貴方のハード勃起マラを“シャクり”まくるワイセツ・ポルノな光景が
脳みその生殖をつかさどる部分を直撃、ハッスル興奮しすぎて、
イク寸前だった陰茎チンポが、あっと言う間に絶頂アクメに昇りつめ、
海綿体ドクドク痙攣→スペルマ・ピュッピュ射精の憂き目に遭うのでございます。

しかし、左藤ゆかりタン(43)の場合は、そんな心配は全く無用。
試しに、彼女が無我夢中で尺八に没頭しているツラを覗き込んでみましょう。
どう見ても、 フィリピン・オカマがチンポをフェラ吸いしているかのごとき、
性転換トランス変態尺八絵巻でございます。
「何てこったい!俺は今、 東南アジア系のカマにチンポを吸われてるー!」と、
射精寸前だったチンポの性興奮が急激に冷めてまいります。
左藤ゆかりタン(43)の オカマ尺八づらを見た瞬間、ビビり恐れおののき、
タマキンから管(くだ)を通って、チン先カメまで昇ってきて、
お射精スタンバイOK待ちだったザーメン・カルピスが、
なんと管を逆流し、再びタマキンに戻ってしまうのでございます。
射精どころか、みるみるうちにチンポが萎え縮み、瞬間的なプチ・インポに陥るダメ男も。

中には、さっきあんなにオマンコをいじって遊んだくせに、
あまりにもえげつないカマ・フェラ顔を見ているうちに、だんだん、わけが分からなくなって、
「こいつ、ホントにカマじゃねぇか!?俺は、男にチンポ吸われてんじゃ・・・」と不安になって、
彼女の股をまさぐり、ペニスがついてないかどうか、思わず確認してしまうパニック野郎も・・・。
「あぁ〜よかった〜。やっぱりマンコだ・・・こいつ女だった」と安心し、
ついでに、手マンズリしごき再開でございます。

チンポ・フェラッチョにのめり込んでいる間に、達しすぎによる“マン痺れ”が消え、
またもや、感度抜群の敏感オメコに戻ったようで、指先で豆を転がしてあげれば、
チンポを頬張ったまま「ムグっ!おゴっ!んムんゴっ!」と、お下劣な喜び泣き声を漏らします。
勇気のある殿方は、そのまま彼女の酢脂でベトベト&酸ぅ〜い女体を上に乗せ、
69チンポマンコ同時舐めしゃぶり遊戯に突入しても構いませんが、
ほとんどの殿方は、白濁本気マンコ・ヨーグルトとエビの腐り汁のごとき謎の発射液まみれになって、
異常なほどの激臭を放つ腐れオメコに口をつけるのをためらわれることでしょう。
ヘタすりゃ、食中毒を引き起こし、下痢&ゲロが止まらず医者に行くハメに・・・。
ですから、無理してマン舐めせずに、ここは一つ、指や電動マンドリル器を使って、
40女のきったねぇ〜&クッセぇ〜ブラック・ベッチョ粘膜をシゴくほうが無難でしょう。

チンポを口いっぱい咥えたまま、またもや達しやがる底無し沼性欲レディー・左藤ゆかり(43)。
「うぃぐぅ(イクぅ〜)、おゴぅ〜(イクぅ〜)」と、アホのような声を漏らしながら、
イキまくるオマンコ・バカ熟女。
しかし、どんなに激しく気をやっても、決してチンポを噛まない、
チン肉に歯を立てないから大したものでございます。
これが、絶頂マンコ・オルガを覚えたての、若いチーズ臭オメコ娘の場合ですと、
「イクぅ〜」と言いながら、海綿体を思いっきり噛んでしまい、
チンポ出血多量で、救急車で運ばれるというハプニングに見舞われる殿方もおるようです。

しかし、女流チンポ尺八師匠・左藤ゆかり(43)の場合は違います。
「んゴぅ〜(イクぅ〜)」と言いながらも、まだ口の中では、
まだチンポにベロを絡め続けるという、さすがフェラッチョ歴20年の高等スケベ女でございます。
男の精エネルギー、気、栄養カルピス、DNAタネ汁、子孫の素(もと)になる液を、
ピュッピュと世に放つ大切なおチンポ様、陰茎マラ様を、心から敬い奉(たてまつ)り、
決して歯を立てず、代わりにベロを絡めまて感謝の気持ちを捧げます。
彼女にとって、男のちんちんは、この世で最も大切なものなのでございます。
地位より名誉よりプライドより、男の逞しいちんちんで素敵なオマンコされるのが、
真の女の幸せなのでございます。


(その5へつづく・・・)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 左藤ゆかりタン(43) その5 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




四十路熟女 母子相姦