NMC-010e

新・まんちょシリーズ
左藤ゆかりタン (43)
その5

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





左藤ゆかりタン(43)の【オマンコうにょろうにょろ】

さぁ、いよいよ左藤ゆかりタン(43)の使い込んだ黒あわびを頂く時間でございます。
プライドの高い40女のマンコ内臓に、生殖チンポ棒をズッポリ収納して、
&出し入れピストン運動サービスを施し、メスのヌメヌメ生殖粘膜を喜ばせ、
最後に、オスのキンタマ・エキス液をたっぷり注入ピュッピュするチンポマンコ儀式。

淫水焼け黒ベッチョに、チン先をあてがうと「もう、してしてぇ〜ん」と、
東南アジアオカマのようなお下劣なツラをしたババァのくせに、
まるで、桃色マンコの小娘みたいな甘え声セリフをのたまう左藤ゆかり43歳。
彼女の“オマンコおねだり”の誘惑に負けて、「よしよし。」と言いながら、
すぐにチンポ・イレッチョするのは誤りでございます。
そんなダメチンポ野郎は、チン入れした途端、マン肉壷の卑猥なる
“ウニョロウニョロ・マン粘膜絡み付き運動”にチンポマラが襲われ、
あっという間に精を抜かれること必至でしょう。

まぁ、国会議員になで成り上がったインテリ・オナゴに、チンポ交尾をおねだりされただけで、
一応は『勝ち』でございますが、せっかくのマラ&ベッチョ・コミュニケーションのお時間。
もっと熟れた女のセックス&肉体を楽しまないと“オマンコ損で”ございます。

ここで、通なセックス紳士なら、よくご存知の、例の『オマンコ焦らし作戦』を行います。
生殖ハメッチョLOVEの前に、チン棒の先っちょの硬い勃起カメ肉で、
柔らかいマンコのお肉をマッサージして、
女体を焦らしまくる高等オマンコ・テクニックの一つでございます。

これをやりますと、あら不思議・・・どんなにプライドが高い高飛車レディーも、
普段、澄ました顔してクールに気取った優雅な貴婦人セレブも、
早く男のちんちんで、濡れマンチョに“とどめ”を指してもらいたくて、
どスケベ・ストリッパーのごとく、淫らなクネクネ腰振りダンスを踊ったり、
「チンポ」や「マンコ」、「オメコ」や「マラ」と言った、信じられないような、
放送禁止オマンコ言葉を、熱にうなされた病人のうわ言のように口走ったり、
とろけすぎの完全アホづらを晒したり、マンコが我慢できず、とうとう泣き出したり・・・。
ハード熟女マニアの報告によると、政界の黒幕との繋がりも囁かれる、あの悪女フィクサー、
大仏のようなツラしやがった傲慢占い肉豚熟女、細来数子までもが、
「お願いしますぅ〜、ちんちんを下さいまし・・・」と、泣き悶えながら、
脂身だらけの腰&ケツをクネクネ振って、“チンポ乞(ご)い”をしたそうですから、
この『オマンコ焦らし作戦』の威力は大したものでございます。




左藤ゆかり(43)の黒マンにチン先をグリグリ押し付けたり、
デっケぇ〜マンコ・ピーナツの実をコリコリしごいたり、マン穴に入れそうな素振りを見せて、
色素沈着した黒ずみアナル肛門をマッサージしたりと、卑猥なマンチョいたずらを続けると、
「イヤイヤ〜ん、早くぅ〜」と、またもや少女のようなブリッ子声でチンポおねだり。
仕舞いにゃ、「オマンコしてぇ・・・」と、とうとう淫語までしゃべり出す始末・・・。
あの左藤ゆかりタン(43)が、チンポ・マンコを口走る決定的な瞬間でございます。
英語ペラペラの才女でございますので、どうぜなら「ファック・ミ〜」と、
どスケベ英語セリフおねだりをさせるのも、また風流なものでございます。

それにしても、さっきあれほど、濃い〜マン汁を出しやがったくせに、
チンポ・マッサージで、さらにドクドクと漏らしまくる、ジューシー・オメコでございます。
ヤセ女体のくせに、マンコの汁気(しるけ)だけは多い、スケベ女でございます。
マンこすりしているチンポマラ肉に、左藤ゆかり(43)が垂れ漏らした、
真っ白くてクッセぇ〜“女の精液”がベットリ付着してまいります。
このまま生チンでオマンコすると、 なんだか、チンポが汚れてしまうような気も・・・。
体からも、さっきの連続オメコ絶頂で噴き出した、熟女特有の脂汗の酸ぅ〜い酢臭が
ム〜っと漂ってまいります。左藤ゆかり(43)のメス本来の動物臭でございます。
いくらブランド物の香水をつけていても、オマンコする時は、
超クセぇ〜女に変身する・・・これも、チンポマンコ交尾の醍醐味の一つと言えるでしょう。

オナゴのオマンコ我慢が極限に達した頃を見計らって、チンポ・イレッチョ開始でが、
このタイミングが、結構難しいのでございます。
あまりに焦らしすぎて、わんわん泣き出したり、我慢の限界を超えてしまい、
一時的に精神に変調をきたす者。
または、遂にはイライラしすぎて怒りだし、帰ってしまう女も・・・。
左藤ゆかり(43)は、明らかに後者の方と思われます。
男が、なかなかチン入れ本番してくれなくて、オマンコ・ストレスがたまりすぎると、
「もう、いい!他の方にしてもらいますから!」と、怒りわめき、
それまで開いていた黒あわびの穴が、ピタっと閉じて、別のチンポ男の下へ駆けつける始末・・・。
ちんハメ挿入のタイミングを見極める技は、オマンコ性交に熟練した
ベテラン・セックス・チンポ野郎の必須条件なのでございます。

さぁ、本番ちんちんイレッチョ開始。
やはりババァでございます。&チンポ好きヤリマン女でございます。
マン穴が緩めで、しかも挿入用潤滑マン汁が出る出る大量分泌状態ですので、
チン棒の根元まで、ヌチョっと簡単に入ってしまいました。
しかし、これが40女の必殺オマンコ・イソギンチャクの罠なのでございます。
ちんちん肉棒をヌッチョリ・ネッチョリ、マン穴に抜き差し始めた途端、
それまでユルユルだったババァのマンチョ貝の粘膜が、徐々に締まってまいりまして、
チン肉に卑猥に絡み付いてくるのでございます。
オスの精、DNAタネ液を絞り抜き取ろうと企む、腹黒いメスの生殖器官=マンコ粘膜が、
ウニョロウニョロと、ちんちんの肉にワイセツな接待サービスをするのでございます。

こりゃ、たまりません。左藤ゆかり(43)の、チンポ射精を促すオマンコ・ウニョウニョ活動。
油断しておると、早くもピュっと精を漏らしそうでございます。
逆にチンポ海綿体に意識が集中しすぎても、タマキン・ザーメン暴発しそうな予感・・・。
さらに、メコ穴をチン棒でピスりながら、指で巨豆をしごいたり、
貧乳おっぱいの先っちょの、真っ黒い“レーズン乳首”をつまんだりしようものなら、
神経が繋がっているのか、マン穴のウニョロ収縮のスピードが増してきたり、
マンチョの出口と奥が別々にうごめいて、“必殺マンコ二段締め”運動までするという、
まさに、得体の知れない謎の軟体生物のごとき、左藤ゆかり(43)のえげついコーマンでございます。

もし、この卑猥なマンウニョ粘膜に耐え切れず、精を漏らしそうになった場合は、
尺八フェラッチョの時同様、彼女のチンポ味わっている顔を拝めば大丈夫でございます。
まるで、フィリピン・オカマが悶絶しているような、ゆかりタン(43)の
下品すぎる交尾表情・バカ丸出しのオマンコづらをじっくり鑑賞いたしますと、
それまでエキサイトしまくっていたチンポの興奮が半減する効果がございまして、
よって、射精コントロール制御可能な状態になるのでございます。

もしくは、オマンコ作業に夢中になっている彼女の脇の下に顔を埋め、
匂いを嗅ぐのも効果的。
性興奮状態の熟女の脇が放つ、もの凄く酸ぅ〜い酢臭が鼻を直撃。
100年の恋も一瞬で覚めてしまうような、左藤ゆかり(43)の強烈な酸味脇臭のせいで、
ハッスル・チンポの興奮が治まること間違いなし。
または、ハードなチンポの出し入れピストン交尾ストロークで、
発酵ヨーグルト汁かカルピスの原液のごとき、気合の入った濃厚マン汁が、
ケツの穴にまでトロンチョ状態だと思われますので、それを指ですくって、
匂いを嗅いでみるものいいでしょう。
鼻をつんざくような激臭が襲いかかり、あまりの臭さに、これ以上、
オマンコ性交を続ける気力が失われ、チンポが急速に萎え縮む恐れもございますので、
くれぐれも嗅ぎすぎには注意が必要でございます。
反対に、匂い変態フェチの殿方の場合、ゆかりタン(43)の女体が放つ、
その強烈なセックス臭に興奮しすぎて、秒殺チンポ射精ピュッピュしてしまう恐れもございますので、
これまた注意が必要でございます。




様々な困難に耐えて、チンポを抜き差ししながら、マンコ豆をコリコリしごいたりしているうちに、
マン粘膜がグニュ〜ぅと強烈に締まりだし、とうとう「イクイクっ!イんグぅ〜!」と、
チンポ・ピスりによる初絶頂を迎えるスケベ女でございます。
43歳のオナゴが、全身をピーンとつっぱらせ、次にビクビク痙攣しながら気をやる姿は、
ポルノな光景・・・と言うよりは、恐ろしいホラー痴態でございます。
グラビア・アイドルなんかの画像を拝みながら、若マラをしごいているような青少年が、
左藤ゆかり(43)の壮絶なオルガズムの実態を目撃した場合、
その、あまりにも下品すぎる乱れようにショックを受け、女という生き物の正体に幻滅し、
それがトラウマになり、一生、インポチンポ状態が続くやも知れません。
子供に至っては、きっと、恐怖のあまり泣き出すに違いありません。
それほど凄まじい、ババァ・左藤ゆかりのオマンコ絶頂でございます。

イクイク絶頂する前は、あれほどウニョグニュ締めつけていたマンコの肉壷が、
気をやり終わった途端、急速に緩(ゆる)んで参りました。
この“マン穴緩み”こそ、女が本当にオルガに達した証拠なのでございます。
マン緩みを己のチン肉で感じた時こそ、男が“勝った”瞬間なのでございます。
時々、「イクイク、イクー!」とか大声を出しながらも、マンコが締まったままで、
本当は全然イッてないのがバレバレの詐欺マンコ・レディーもおりますが、
この43歳女・左藤ゆかりの、強烈なマン緩み具合からすると、
かなり本気でマンコ絶頂天国のツアーに出かけやがった模様でございます。
全身全霊をかけて女の『気』『生体エネルギー』を放出しまくった証でございます。

それにしても、あまりにもひどいマンコの緩み・・・。
これでは、ちんちん出し入れ交尾の気持ちよさがまったくありません。
アメリカにいた頃、外人野郎に平気で股を開いて、30cmオバケ巨根も、
平気でヌッチョリ飲み込んだ経験のある左藤ゆかり(43)の
実に情けないユルユル・オメコ状態でございます。
「おいッ!このババァ、ちょっとは締めろよ!」と、思わず腹が立ってくるほど・・・。

しかし、説教したからと言って、達した直後の女体の弛緩は直りません。
こんな時は、“気付け”をするのでございます。
チン棒の先で、マン奥のラストをゴリゴリ突き上げながら、マンコ豆の皮をズリむき、
飛び出た真珠を指でしごき上げ、本来は子供に乳を与える為に存在している器官なのに、
男に吸わせてばっかりいるバチアタリな“レーズン乳首”を引っ張り上げたり・・・。
すると、だんだん女体感覚が甦り、またもや、オメコの粘膜がウニョロウニョロと
チンポに妖しく絡みついてまして、同時にちんちんマラも気持ちよくなってくるという、
オマンコ一石二鳥でございます。

この、オマンコ・ウニョロウニョロ → マンチョ・ユルユルを10回、
つまり、マンコ絶頂アクメに連続10回ほどイカせてあげましょう。
女のオルガズムは、回数を増すごとに大きく&深〜く&強烈になってゆくものでございます。
本番チン入れ交尾だけでも10回目、最初の手マンコ、電動チンポバイブ使用時から考えると、
なんと40回目のマンコ・イクイクで、もう、『エロス』と言うより、
ほとんど『暴力』のような、バイオレンス・オルガズム痴態を晒す40女・左藤ゆかり。
「おギョっ!ヌぅどっ!にょゲっ!」などと、理解不能な唸り吠え声を叫びながら、
腰を捕まえていないと、チンポがヌルっと抜けてしまうほどの激しい暴れっぷりを披露。
油断してると、暴れる足が、男の顔面を直撃する“絶頂キック”のハプニングも。

電動チンポで気をやる時よりも、派手なイキっぷり、達し様でございます。
機能的にみますと、本物のマラちんちんより、電動チンポ・マンズリ器のほうが、
遥かに優れているように思えますが、やはり女は、男のリアル・チンポのほうが
好きなのでございます。
“股を開いてチンポを出し入れされているスケベな自分・・・”、“男にオマンコされて
ヒ〜ヒ〜言ってる、淫らな自分・・・”というスケベ性交シチュエーションに
異常なほどハッスル興奮して燃えまくり、オマンコが大喜びするのでございます。

もしこれが、猪野口邦子(53)や肩山さつき(46)の場合でしたら、
そんなに“女の精力”、“オマンコ・スタミナ”を持っていないため、
達しすぎて完全に失神し、ヘタすると心肺機能停止状態にまで陥る危険性もございますし、
また、濃厚白濁マン汁製造マシーン・野田性子(45)の場合ですと、
彼女の“精”の象徴である、トロロ芋のごとき濃い〜マンチョ液を過剰分泌しすぎて、
オマンコ・終了時には、あの酸っぱそうな熟れチムチ女体から完全に汁気が失われ、
女体が干乾び、ガリガリのヤセ女になってしまう可能性もございます。
男で言えば、キンタマ液を次から次へと無限に射精ピュッピュするのと同じようなもの。
ぷっくらしたジューシーなお顔も、ゲッソリ痩せこけ、小じわが増え、
オマンコすればするほどババァと化してゆく哀れな女でございます。
スカトロ熟女の噂の絶えない藤野魔紀子(56)に至っては、アクメ弛緩しすぎて、
しょんべんはおろか、 なんとクソまでブリブリとひり漏らす恐れも・・・。
介護が必要なほどにオマンコ・ダウンしてしまう、変態料理研究家兼、議員熟女でございます。

ところが、精力絶倫のフィリピン・オカマ・・・いや、左藤ゆかりタン(43)は違います。
男が「もうそろそろ、イキすぎてオマンコ気絶しそうかな・・・」と、思いながら、
豆をコリコリしたりレーズン乳首を摘めば、またもや、マンチョのお肉が、
ウニョロウニョロとチンポに絡み付いてくるという、まさに底無し沼のごとき、
セックス・スタミナを、あの痩せた体に隠し持ったオマンコお化け女なのでございます。

これ以上、こんなことを繰り返していては男の身&チンポが持ちません。
100回でも200回でも、無限にマンコ・アクメしそうな気配のバカ女でございます。
ですから、次に、男にとって“省エネ・オマンコ”と言われる『騎乗位』で、
チンポ・マンコ・ハメッチョいたしましよう・・・。


(最終回につづく・・・)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 左藤ゆかりタン(43) 最終回 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




田中芳江,大川美津枝,藤ノ宮礼美 刹那愛 小橋早苗 三木藤乃 吉行純子