NMC-010f

新・まんちょシリーズ
左藤ゆかりタン (43)
最終回

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





左藤ゆかりタン(43)の【ファイナル・オマンコ・・・ババァ丸出し】

オマンコ性交時における【女】は、まさにフェニックス(不死鳥)でございます。
何度も何度も、さんざん気をやりまくって達しやがって、
「もう、ダメよ〜」とグッタリとダウンしているくせに、
男が女体を上に乗っけると、自ら、再び激しく腰を振りはじめるから、あら不思議。
あれほど体の力が抜けて、グンニャリしてたのが、
急に元気になって、オマンコ・パワーが復活し、交尾ファック作業を再開するのでございます。

異常なほどのセックス・スタミナを、その色黒の痩せ女体に秘めたオマンコ・ゾンビ、
左藤ゆかり(43)も、そうでございます。
オマンコ作業開始から、約1時間、トータルで50回近く達しまくったのに、
まだまだ、チンポマンコ遊びの体力が残っていて、HGも顔負けの超高速ハメ腰を使う、
セックス・バカ、オマンコ・バケモノでございます。
全身から塩分濃度が非常に高く、やたらと酸ぅ〜い匂いを放つ“セックス脂汗”を出しきって、
マンチョからも、ワケの分からない異様にクッセぇ〜汁や、
濃厚白濁オマンコとろろ芋(=女の精液)を、どろどろ尻の穴まで出しまくって、
女体汁、マンコの気・精、生体エネルギーを、すべて体外放出したはずなのに、
まだ男の上に乗って、クイクイクイクイ腰を使って、
さらにチンポ肉を味わい尽くそうとする体力だけは残っているのでございます。
いや、男にバレないように、どこかに隠しているのでございます。
セックス底無し沼、異常性欲・精力の持ち主でございます。

『騎乗位』は、男にとって、“省エネ・オマンコ”と言えるでしょう。
女が勝手に腰を振って、勝手イクイク絶頂してくれるのですから。
しかし、だからと言って休憩して、女の“腰振りオマンコ舞踊”を、
ただ眺めているようでは、ゆかりタン(43)とハメッチョする資格はございません。
だいたい、そんなことしてたら、「休んでちゃダメでしょ!
いろいろしてぇ〜、いろいろスケベしてぇ〜」と、
上に乗って激しいオマンコ・スポーツ真っ最中の彼女から、“おねだり説教”されるのがオチ。

ただ、この“女馬乗り交尾”は、『女が好き勝手に自由自在オマンコする』体位なので、
男が、あんまり色々やりすぎるのもいけません。
女が、必死に腰をグリグリとズリ動かす“スライド・ファック”しているのに、
それに反して、男が、チンポの出し入れをさせようと、ハメ腰上下運動をしようものなら、
チンマラ棒がヌチョっとマン穴から抜けて、
「何やってんのよ!もう〜、アンタはじっとしてて!」と、またもや説教をされるハメに・・・。

それでは、何をするかと言いますと、とりあえず腰は、ゆかりタンのAV女優並の、
高速スライド腰振りダンスのリズムに合わせて軽く腰を持ち上げ、
彼女のマンコ奥の感じるポイントに、チン先のカメをヒットさせましょう。
もうそれだけで、「うぃヨっ!ほゲっ!おギョっ!奥に届くぅッ!」と、
例の“カエル声あえぎ”を連発させる、ただの下品なエロ・ババァ状態でございます。

セックス淫核豆ナッツを、男の恥骨こっそりに押し付け、
グリグリと刺激するドスケベ左藤ゆかり(43)。
まるで、男の肉体を使った、セルフ・マンズリのごとき豆シゴき技でございます。
普通の女なら、あれほど豆を集中的に責められれば、“しびれクリ麻痺”状態になり、
「もう、お豆は堪忍してぇ〜」と泣き出すところですが、スケベゆかりは違います。
イッてもイッても、しばらく経つと、豆感度がすぐに復活するという変態体質でございます。
マン穴ではチンポ肉の感触を味わい、さらに、男の恥骨を利用して、
サネこすりマンズリ行為に励んで、豆&穴のWオルガズムを目指す、
貪欲なるオマンコ・レディーでございます。

本人は「男にバレないように・・・」と思ってやっているようでございますが、
赤貝食べ慣れした男衆なら、上に乗った女、それもチンポ好き40女が、
こっそり、自ら豆をを刺激してるなんざ、とっくにお見通しでございます。
ただ、ここで、「おっ、豆を擦(こす)りつけてるな・・・」などと口にすると、
インテリ国会議員の機嫌を損ねて、オマンコ中断の憂き目に遭いかねないので、
ここは、さりげなく無言のまま腰を突き上げて、恥骨で豆を擦りやすいようにサービスしてやるのが、
プライドの高い女とオマンコする時の、チンポ紳士としての振る舞いでございます。




余った両手を遊ばせてはいけません。彼女の乳首を摘んだりしましょう。
大型の干しブドウのごとき、熟女の黒ずんだ“レーズン乳首”を、
コリコリつまみ揉んだり、ビヨ〜んと10cmくらい引っ張っても平気。
子供に乳を与えるよりも、男に吸わせる回数の多い、バチアタリな乳首・・・。
えげつなくブラック&肥大化している40過ぎのババァの乳首・・・。
マンコ豆をマンズリ刺激するように、いや、それ以上に激しく、
遠慮なくいじめシゴいてあげれば、左藤ゆかり(43)も、ヒ〜ヒ〜言って大喜びでございます。

そうこうしているうちに、「イク」の、「死ぬ」のヌカしながら、いよいよ達し始めます。
殿方は、このチャンスを逃してはなりません。
彼女の腰をグイっと掴み、グリグリ!グリグリ!と超激しく揺り動かすのでございます。
今まで、男の体を、まるで唯のマンズリ道具のように扱って、
自分勝手に快楽を味わっていたバカ熟女のエロ女体を、今度はこっちが、
まるで唯のダッチワイフ、オマンコ肉人形のように激しく扱う番でございます。
プライドの高いインテリ40女の脂汗まみれの体を、
チンポを突っ込む、唯の“センズリ用の肉道具”のように、高速で揺り動かす、
“復讐オマンコ”でございます。

テメぇ〜で、好き勝手に腰を使いまくって、穴&豆のマンコ絶頂タイミングを
調整している図々しい40女を、絶頂コントロール制御不能状態に陥れる作戦でございます。
優雅に腰振って、いざ、穴&豆オルガのスタンバイをしていたところを、
男に腰をつかまれ、強烈に揺り動かされ、さすがの左藤ゆかり(43)も動揺は隠せません。
例えば、便意を催して、小便or大便をしにトイレに行こうかなぁ〜と思っていたことろ、
いきなり、その場で失禁or脱糞するようなものでございます。
想定外のオマンコ作戦に、完全に交尾ペースを崩されたゆかりタン(43)、
「ダんメっ!いギョ、ほギョ、ウんほゲっ、いくイク、ダメっちょ、イクぅいよ〜。」と、
バカ丸出しの絶頂オルガズム宣言をしながら、男の体の上で気をやって果てるザマ。
チンポを包むマン内粘膜がウニョロウニョロとうごめきながら、キュっキュと締まり、
全身からは、またもや酸ぅ〜い匂いの絶頂脂汗が噴き出し、
オイルを塗ったテカり焼き豚のごとき熟れ女体を痙攣&硬直させ、
マン内から漏れたのか、しょんべん穴からピュッピュしたのか、
例の、エビの腐ったようなスんゲぇ〜クッセぇ〜、謎の交尾ハッスル体液を垂れ流し、
男の大切な子ダネ製造器官=キンタマまでも、濡らし汚しやがる、とんでもないアマでございます。

こんな女には、お仕置きが必要でございます。
この『新・まんちょシリーズ』を読んでいらっしゃる男衆なら、
女がイッてる最中にも、ノンストップで激しく腰を使い、
さらに強烈なオマンコ絶頂地獄に陥れる作戦-----をご存知のことと思います。
左藤ゆかり(43)が、イキ終わる頃(マンコの中身が緩みはじめる頃)を見計らって、
下から腰を突き上げながら、彼女の腰を強制腰振りオマンコ舞踊を踊らせるのでございます。
「もういい!ストップ!ちょっとタンマ!」と、わめき泣きながら、
必死で“オマンコ中止”を訴えるのも無視。チンポ・ファック攻撃の手を緩めません。

男に、セックス肉人形のように扱われる強制連続オマンコ戦法に、
完全に自分の絶頂プラン、マンコ昇天ペースを崩され、
「うぃギョ!イクほギョっ!イんグぇほっ!イグいぬ、うぃグー!」と、
未開の孤島に生息する新種の鳥獣のごとき、おマヌケ奇声を吠えながら達し果てるアホ・レディー。
一通り気をやり終わると、「ふぅ〜、イッたぁ〜、ハァハァ、もうイッたぁ〜、ふぅ〜」と、
まるで土木作業に従事するおっちゃんのような態度で、その酸っぱい脂汗まみれの女体を、
男の体の覆いかぶせ、ハァハァ〜と、ハードスポーツ直後特有の、
あの超生臭い呼吸の匂いを平気で男に嗅がせる、ババァ丸出しの図々しさ。
体も臭いし、息も臭いし、オメコからも激臭液を漏らすし・・・。とにかくクセぇ〜女。
最初に、体に着けていた、ブランド物の高級香水の匂いを完全に消し去るほどの臭気を放つ、
クッセぇ〜アマ、左藤ゆかり(43)でございます。




さぁ次は、お待ちかね、後ろ向き交尾でございます。
インテリでプライドの高いオナゴとオマンコして、バックからチン入れしないバカ野郎はおりません。
図々しく覆いかぶさっているゆかりタン(43)のヌメヌメ女体を引き離し、
“尻出しファック”の体勢をとらせます。
すると、さすがの精力絶倫熟女・左藤ゆかり(43)も、あまりにも達しすぎたがため、
絶頂シビレ弛緩状態が、まだ全身に残っていて、まるで、生まれたばかりの小鹿のごとく、
足腰がワナワナと震え、もはや、テメぇ〜の力では、後ろ向きになって、
男にケツを捧げ出すことができません。
これが、通な男衆にお馴染みの“セックス腰抜け痙攣”でございます。
女をここまで絶頂快楽地獄に追いやれば、このオマンコ勝負、男の勝ちでございます。
チンポ・ファックで気をやりすぎた左藤ゆかり(43)の、ひとさまには
絶対にお見せできない情けない姿、“オマンコ要介護5”の哀れな痴態でございます。

「おい、シャンとしねぇか、シャンと!」と、色黒のケツ肉をひっぱたき説教しながら、
バック性交の体勢をとらせて、再び、チンポ・イレッチョ・アゲイン。
あれほど、全身の力がグンニャリ抜けて、オマンコ・グロッキー状態だったのに、
チン入れを開始しますと、突然「うォッ!」と吠え、丸まっていた背筋がピーン!と反り返り、
自らチン肉棒を出し入れするかのように、ケツを前後にフリフリ・ファック舞踊をはじめる、
本当に、無限のオマンコ・スタミナ妖怪女でございます。

恒例の『肛門鑑賞会』『アナル目撃』『ケツ穴視姦』も忘れてはなりません。
クソをブリブリひり出し続けて43年、見事な濃紫色に色素沈着しやがった、
左藤ゆかり(43)の、実にはしたない肛門アヌスをじっくり拝みましょう。
全国の熟女マニアの男衆が、「ゆかりタン萌え〜」などとほざいているすきに、
貴方は、その本人の肛門アヌス、考えようによっては、マンコよりもっと恥ずかしい、
女のクソひり出し用肉穴をバッチリ鑑賞するのでございます。
『肛門閲覧』は、その女とオマンコする幸運に恵まれた男のみに与えられた特権、
真の意味での“勝ち組”でございます。携帯で撮影して、全国に配信したいほどの優越感・・・。
その喜びを噛みしめて、ニヤニヤほくそ笑みながら、左藤ゆかり(43)のパープル・アナルを
心ゆくまで、じ〜っくり視姦して楽しみましょう。

普段、気が強くて、人を見下すような態度を取りまくっている高飛車セレブに、
ケツを丸出しにさせ、後ろ向きでちんちん抜き差しファックをするほど、
男にとって興奮ハッスルする交尾体位はございません。
この期(ご)に及べば、多少、彼女をM奴隷扱いしてもOKでございます。
先ほどの騎乗位の時と同じように、男のチンポマラをヌチョグチョ出し入れさせる目的の
単なる肉の穴を持ったダッチワイフのごとく、ぞんざいに扱うのでございます。
クソひり出し用の穴まで見られながら、チンポ出し入れをされている分際で、
プライドもへったくれもございません。

パンパン!パンパン!と、男と女の肉同士がヒットし合う、後ろ向きハメ特有の
卑猥な交尾サウンドを響かせて、尻肉に挟まれた、グロテスクなブラックあわび、
40女の使い込んだ腐れ生牡蠣のワレメに、ちんちん肉棒で強烈に杭(くい)を打ちつけながら、
その色黒の尻肉を、ペシペシっ!とひっぱたいたり、陶芸家が粘土を捏ねるがごとく、
ケツ肉が肉離れを起こしそうになるほど、強烈なケツ揉みマッサージを施したり、
彼女の両手を後ろ手に掴み、或いは、髪の毛を後ろで束ねてをグイっと掴み、
“女体運転交尾”をカマすのでございます。
いつものゆかり(43)なら、プライドが邪魔して「ちょっと、ヤメテよ!もうー!!」と
大激怒するようなこれらの激しいプレイでも、達しすぎてイキすぎて、
オマンコ・パ〜と化している今の状態なら、
「ヒ〜!好きぃ〜!激しいの好きぃ〜!もっとSMしてぇ〜!激しいのしてぇ〜!」と、
あのフィリピン・オカマのようなツラをド変形させて泣き乱れるのでございます。



やがて、またまた、オマンコ天国の旅に出発しやがる過剰オルガズム女史。
「ま〜たイクっ!イクわギョっ!しゅわ〜イク!にょほイックっ!イグうぇ〜!」などと、
もはや、男を笑わせようとしてるとしか思えないような、
絶頂声をわめきながら達しまくる、IQゼロのパ〜女状態・・・。

さぁ、いよいよ、本日のファイナル・オマンコ、みんなが憧れて「萌え〜」なんぞと騒がれた、
クッセぇ〜匂いを全身から出しまくる下品レディー、左藤ゆかり(43)との最終交尾作業に入りましょう。

最後は、やはり正常位で“タネ出し”するのが、オマンコの作法でございます。
さすがの精力絶倫ゆかりも、もはや完全に全身弛緩して、グンニャリと
情けないタコ女体状態となっておりますので、男の力で、仰向け(あおむけ)にしてやります。
まさに、オマンコ要介護認定が必要なほどの、気のやりすぎバカでございます。

仕上げは、本日最も激しいチンポの抜き差しハード・ファックでキメます。
どちらかの股関節が脱臼するくらい、もしくは、恥骨と恥骨がぶつかりすぎて、
骨折するくらいに、強烈なチンポ出し入れピストンをカマします。
たま〜にAVなどで、実力派チンポ男優が、1秒間に3ピストンもの、もの凄いスピードで、
マラチンポの抜き差しを行っている作品を拝見いたしますが、
左藤ゆかり(43)とオマンコする場合、それを上回る4ピストン〜5ピストン / 秒もの高速で、
ちんちん棒の抜き差しが必要でございます。
動体視力の発達したボクサーでも肉眼で確認できないほどの超高速でチンポの杭を打ち込まれ、
さすがのゆかりタン(43)も、男の、まるで“やんちゃ坊主”のような暴れファックに、
腰を振られるままに、「イクーぅ!・・・またイクぅー!・・・またイクぅー!」
達し次から次へと連続で達し果てるという、もはや覚せい剤中毒女のごときイキまくり地獄。
口内に溜まったツバを飲み込む余裕さえないのか、口からはクッセぇ〜ヨダレをダラ〜んと垂らし、
腐れベッチョからは、例のエビの腐ったような臭気の謎のマン体液
+マン穴から濃厚白濁本気カルピス原液(=女の精液)、
さらには、なんと小便までジョロっと・・・様々なスケベ液をマンチョから垂れ漏らしやがる、
“セックスおねしょ熟女”でございます。
ヘタすると、クソまでブリブリとひり漏らすほどの勢いでございます。

この他、特にヘタな小細工は要りませんが、デカい“巨根マンコ豆”を
コリコリ・コリコリと強烈にシゴきあげることだけはお忘れなく。
もう最後ですので、お豆を包む薄皮から血が滲むほどに、激しくシゴき転がし押しつぶし・・・
豆がヒリヒリして、2〜3日は、他の男とオマンコできないくらいに、
強烈にいじめシゴいてあげれば、マン穴でイッた直後に、今度はマンコ豆で達するという、
穴&豆の連続複合アクメで、遂には、「死ぬシヌ、死にゅ、死んぬぇ、うひょうひょ〜」と、
ちょっと心配になるほどのオマンコ・トランス・バカ声をわめき出す始末状態・・・。
しっかり、白目もむいております。

さぁ、そろそろ、貴方にもチン液発射の番がやってまいりました。
左藤ゆかり(43)とオマンコする幸運に恵まれたラッキー・チンポ野郎ですが、
彼女が100回近く達したあとに、ようやくキンタマ汁を1発だけ発射できるという、
幸運と言うより、ほとんど『不幸なタネ馬』状態でございます・・・。

チンポ抜き差しピストン交尾スポーツのラスト・スパートをカマし、
いよいよ、溜まりに溜まったチンポ液発射儀式の瞬間でございますが、
なんと、マンコの中身に中出しピュッピュ射精を敢行するのでございます。
まるで、プールや海水浴場の水中で、こっそりしょんべんをする悪ガキのごとく、
チンポ・スペルマを漏らし撃つのでございます。
本当に、種付け生殖交尾行為をやらかすのでございます。

1人の男のセックスでは、とても満足できず、常に2〜3本のちんちんを同時に“所有”する
チンポ・セックス狂スケベ女・・・。
その男のチンポマラ交尾の味が忘れられず、「あなたと1日中、一緒ベッドにいたい」などと、
発情エロスケベ・オマンコ誘惑メールを送りつけるほどの、ちんちん好きハレンチ40女・・・。
それらの前代未聞のオマンコ・スキャンダルが選挙期間中にバレてもなお、
そのいやらしフィリピン・オカマ顔で選挙遊説を平気で行うという、
生き恥晒しまくりの多情な尻軽女、左藤ゆかり(43)の使い込んだグロい黒あわびの内臓に、
男のキンタマDNAタネ汁を、ピュッピュ・ピュッピュと遠慮なくお射精しまくってやりましょう。

いつもは、澄ました顔で「今日は、危ないから、最後は外でね・・・うふふっ」などと
ほざきやがるゆかりタン(43)も、あまりに気をやりすぎて、達しすぎてアホ〜化している為、
男に中出しピュッピュされ放題。種付けされ放題・・・。

もちろん、妊娠の危険性もございますが、そんなこたぁ、知ったこっちゃありません。
とにかく殿方は、「マンコの中身に己のタネを発射!」男の生殖本能を満足させるのでございます。
もし貴方が、現在、彼女が“所有”しているチンポ男たちと連絡が取れるならば、
全員で示し合わせて、ほぼ同時期(1週間以内)に、中出し射精祭りを開催しましょう。
一体、誰のタネで受精するか・・・どのチンポ男のスペルマで妊娠するか・・・。
危険なオマンコ・ロシアン・ルーレット遊びでございます。

しかし、世の大多数の男衆は、「そんな早大スー○ー・フリーのような鬼畜な真似、
俺のチンポマンコ性交ルールに反するぞ!」と仰ることと思います。
その場合、『顔面シャワー』か、『口内発射』が、お勧めの射精法でございます。
精が漏れ出る瞬間に、マンチョからヌッチョと抜いた暴発寸前チンポ水鉄砲を、
ババァのツラに持っていき、顔or口の中、とちらでも、貴方のお好み次第で、
ちんちん液体をピュッピュと射撃しまくりましょう。
と、言いましても、テメぇの唾液さえ飲み込むのもままならならず、
クッセぇ〜よだれツバを垂らす状態のオナゴの口内でスペルマ発射をしようものなら、
濃厚&大量ザーメン・カルピスが、気道に入り込み、ゲボゲボっと咳(せ)き込む恐れもございます。
まぁ、チンポ・タネ汁を喉にひっかけ、息が詰まってのた打ち回る左藤ゆかりの姿を見るのも、
これまた楽しいオマンコ余興でございますが・・・。

ババァがゲボゲボ咳き込む姿を見たくない方には、精液顔面ひっかけドピュ=
顔射(がんしゃ)のほうがベターでしょう。
オマンコ作業に全エネルギーを集中して、浮き出した“セックス脂汗”でベトベト・テカテカに濡れ光り、
化粧がぜ〜んぶ剥がれ落ちた40女の小じわだらけのツラに、精子がウヨウヨ泳ぐチンポ溶液を
ピュッピュ・ピュッピュとひっかけまくるのでございます。
フィリピン・オカマのような下品な彼女のツラを、チンポの性欲汁で汚すのでございます。
色黒の女の顔に、男のちんちんから出る白い汁で、ザーメン化粧、スペルマ・パックするのでございます。
ドモホルNリンクルよりも、アミノ酸、コラーゲンが豊富なチンポ精液を顔面にぶっかけられて、
ババァ、左藤ゆかり(43)も、夢うつつの中で大満足していることでしょう、きっと。
なにしろ女は、最終的に、男がキンタマで製造→チンポから発射する、
この白い液体が欲しくて、股を開いてオマンコするのでございますから・・・。


(END)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




野宮凛子 千野麗華 矢吹涼子 すけべな痩せ熟女