SG-002

【 スケベ魚貝類一家 】
その2


※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





【マンズリング・ワKメ】

この魚貝類一族には、もしかすると、恐るべき淫乱どスケベな血脈が
流れているのかも知れませぬ。
兄のカTオが、家庭内の3人の女の生下着に染み込んだ、
メスのマンコ性臭に異常な興味を示し、その臭い匂いを喜び嗅ぎながら、
若いペニマラをセンずりオナッチョする話を前回いたしましたが、
実は、妹のワKメも、すでにマンズリ手マンコ中毒に陥っているのでございます。

最近の小●生の、性に対する乱れ様は、恐ろしいほどでございます。
巷に氾濫するエロスケベな性の情報に、ワKメの中に眠っていた
淫乱なメスの本能が、早くも目覚めてしまったのでございまする。

家で1人で留守番している時に偶然見つけてしまった、マSオが隠し持っていたエロ本を
貪り読んでいるうちに、無意識に、己の恥ずかしいメスの魚貝類の粘膜を
指でイジりしごく、卑猥な遊びに夢中になってしまったのです。
オシッコをする汚い器官を、指でイジればいじるほど、たまらなくいい気持ちになって、
ますます淫らなセルフ・フィンガーオメコにのめり込む、カリアゲ・ロリータ、ワKメ。
「一体、どこまで気持ちよくなるのかしら?」と、だんだん面白くなって、
可愛いマンコ豆やビラビラちゃんをいじり続けていたところ、
最後の最後に、まるで、気を失ってしまいそうになるほど、
もの凄いオマンコ快楽が電流のように体を駆け抜けていったのでございます。
なんと、まだ小●3年生のしょんべん臭いロリータのくせに、
しっかり、「イク」ことを知っているのでございます。
女の喜びである、マンコ絶頂オルガズム昇天の味を、ちゃんと知っているのでございます。

学校から帰ると、カTオがいないことを確認して、
ひとり勉強部屋でマンズるのでございます。
禁断のセルフ手マンコ儀式をとり行うのであります。
クラスの同級生から借りた、大人の女が読むエロ情報雑誌を読みながら、
ハァハァ〜しながら、うぶ毛の生えたピンクメコを激しくオナするのでございます。
例えば、雑誌「an an」の名物記事「セックスできれいになる」特集は、
まさに、女にとってのエロ本なのです。
世のメスどもは、あの記事を読んで興奮してマンコを濡らし、
彼氏がいる女は、記事に書いてある凄くえげつないセックス交尾を実践して、
汁を垂れ流しながら喜び、反対に男がいない寂しい女どもは、あの記事をズリネタに、
自分のヌルヌルした生殖生牡蠣をいじりシゴいて、1人で慰めるのでございます。

ワKメも、そのスケベな特集記事を読みながら、激しく指を使うのであります。
まず、膨らみかけたおっぱいの先っちょの、小さなサクランボを指でつまんで刺激しますと、
硬くシコり勃ってまいります。性興奮に伴う乳頭勃起現象でございまする。
感じてしまって「ハァ〜ん」と、可愛いロリロリ吐息を漏らしてしまいます。
だんだんイヤらしい気分になると、キュートなマンコプッシーちゃんから、
一丁前に、チンポ挿入用のセックスメコ液を分泌する体になっているのでございます。
しょんべんとは違う、ヌルヌルしたクッセぇ〜マン液を指につけて、
マンコ肉の上にある、女の子の秘密のLOVE豆をコリコリとシゴくのでございます。
なんと、すでにマンコセックス豆をいじるオナッチョ法を心得ているのであります。
もはや、スケベ成人女性が行う手マンコ手淫性欲処理と、なんら変わりない、
カリアゲ・ロリ娘、ワKメの、華麗なるベッチョ生牡蠣ソロ演奏でございます。

興奮して上気した頬っぺたが、ピンク色に染まり、
半開きの口から「ハァ〜ん」と、イヤらしい声を漏らし、
目はとろ〜んととろけ、時々、眉間に淫らなヨガリじわまで刻む様子は、
もはや、大人の女にも負けないエロスでございます。殿方にセックス交尾されて、
オマンコの喜びを味わっている女の顔そのものでございます。

もう、そろそろでございます。手マンコ手淫による豆絶頂アクメ。
ハァハァと荒い息を吐きながら、淫らなフィンガー・バイブレーション作業を
加速させるカリアゲ娘。
「マンズリ」とは、マンコを「ズリズリ」すること・・・。
その名の通り、滲み出たオメコ汁が白く泡立つほどのズリオナ手淫にもう夢中。
チンポを求めるメスの本能からか、小●生のくせに、なんとハメ腰まで使いはじめる始末。
そして、とうとう、イクぅ〜絶頂オルガを迎えるのでございます。
達するのでございます。
体をピクピクとアクメ痙攣させ、大人の女が気をやるのと
同じマンコ絶頂をしっかり味わう、どスケベ少女、ワKメでございます。







【タI子の誘惑・前編】

この、どスケベ魚貝類一家に絡む登場人物の中で、一番の美形、
それが、ノリSケの妻、タI子でございます。
実は、このタI子、とんでもない腹黒い女なのでございます。
美人であることを鼻にかけ、若い頃から男を食い物にし、
チンポ性交男性経験100人以上という、とんでもないヤリマン女なのでございます。
ノリSケと結婚して、ひとり息子のイKラが生まれたあとも、
見知らぬ男と平気で浮気交尾する、恐るべき尻軽女なのです。
カッコいい男を見ると、すぐに、その男とオマンコしたくなって股を開く、
好きモノでございます。
独身時代に身に付けた、男を誘惑する必殺テクニックを使って、
イケメン殿方のマラちんちんを咥え込み、その睾丸に貯蔵されている、
オスの精をすべて抜き取る、えげつないオマンコ魔女でございます。

サザEとは、いつも仲良さそうにしておりますが、
心の中では、ライバル心をメラメラと燃やしているのです。
「私の方が、若くて綺麗で魅力的な女なの!」というのを
サザEに思い知らせるために、なんと、マSオと寝るのでございます。
サザE専用のおチンボを泥棒するのでございます。

ある日の午後、魚貝類一族が全員でお出かけしたのに、
何故か、マSオが1人で家で留守番しているという、
非常においしい情報がタI子の元に入ってまいりました。
チンポを横取りするチャンスでございます。
イKラを人に預け、オマンコをしっかり洗ってから、
マSオのチンポウインナーを盗み食べるために、磯N家に向かうタI子でございます。

そのときマSオは、家族がいないのをいい事に、
なんと、会社の同僚のアNゴ君から借りた裏ビデオを見ながら、
センずりオナッチョに励んでいる真っ最中でございました。
普段は、うるさいバカ家族がいて、エロ・ビデオもろくに見れないので、
こんな時こそ、ポルノな媒体をゆっくり鑑賞しながら、
チンポをセンズるのであります。
そこに、マSオを驚かそうと、玄関のドアをソ〜っと開けて、
忍び入ってくるチンポ・ハンター、タI子・・・。
おお〜、なんというエロ漫画のごときスケベな展開でしょう。
人の旦那のおマラをゲットしようと企む腹黒い女の目の前に、
チンポ丸出しでオナ行為に熱中しているその男がいるのでありまする。

他に誰もいない部屋の中で、アレのことを考えている男と女が2人っきりで、
バッタリと遭遇する、オマンコ・グッドタイミングでございます。
マSオの、イク寸前状態だったおチンボを見つめ、
イヤらしい微笑みを浮かべる、好色女のタI子でございます。
よく、AVで素人女におっ勃ったチンポを見せつけ、
その女の卑猥な表情を楽しむ企画がございますが、タI子のチンポを見つめる顔は、
まさに、そのAVのようなどスケベぇ〜表情なのであります。
目は怪しく濡れ光り、口元は、ニヤ〜ッとイヤらしいセックス・スマイルを浮かべ、
チンポを咥えたくて溢れ出る唾液を、ゴクリと飲む喉の音が聴こえるほどです。

この状況になると、タI子のヤリマン尻軽女としてのメスの本性が
丸出しになってしまうのです。
マSオに近づき、いきなりお勃起ペニマラを手で握り、
チン皮をズリズリと手コキ・ワークしながら、
「思ったより立派なモノを持っているのね。サザEさんがうらやましいわ・・・」と
痴女のごとく、耳元でいやらし〜く囁くのでございます。
マSオも、普段のタI子とはまるで別人のような、積極的セックス誘惑に、
唸り声を出しながら、ただ身を任せるのであります。

ひざまずき、赤黒いチンポに平気で顔を近づけるタI子。
女が、男のちんちんマラに顔を近づけたなら、何をするかもうお分かりでしょう。
そう、尺八フェラッチョでございまする。
カメ汁発射寸前だったマSオの生殖チンマラ、及び睾丸タマタマに鼻を付けて、
人様の旦那の、オスの性臭アロマを嗅いで、女のセックス興奮を高めます。
今まで味わってきた100本以上のチンポタマキンの香りと比較したりもするのでございます。
そして、血管が浮き出たグロテスクな竿肉に頬擦りしながら、
「いつもこれでサザEを愛しているのね?でも今日は私の物・・・。」と言うなり、
パックンチョとチンポ丸呑みでございます。
チンポに絡みつく、タI子の熱いオーラルの感触に、タマキン貯蔵のスペルマ汁が、
チンポのカメ頭の先っちょまで登ってきて、
もう、出る出る射精をしてしまいそうなマSオでございます。

「サザEのくちマンと私のくちマン、どっちがいい?」などと言いながらの、
口マンコ選手権大会でございます。
サザEのラテン系フェラチオ・テクニックも相当なものですが、
タI子の、この、痴女のごとき攻撃的オーラル・チンポ吸い舐めも気持ちよすぎでございます。
唇とベロが、まるでスケベ軟体動物のごとく、ねっとりとちんちんに絡みつき、
かと思うと、舌先を尖らせて、カリとその後ろの溝を、
ネジり込むように責め舐める、凄い尺八秘技・・・。
もうダメです。1発目のカルピス・ドピュドピュ海綿体痙攣射精でございます。
ピュッピュピュッピュと弾け出る、人の亭主のチンポの精を、
うれしそうにドリンクする、精飲女のタI子でございます。
「んふふ・・・濃い〜のが出た出た。1発抜いたほうが、本番で長持ちするの。」と
チンポに休憩を与えず、口セックスを続けるタI子でございます。

(タI子の誘惑・後編につづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ スケベ魚貝類一家 その3 へ →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




里中亜矢子 村上美咲 無修正動画 松木さやか 無修正動画