SG-008

【 スケベ魚貝類一家 】
その8


※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





【FネとマSオのえげつない関係・後編】

さぁいよいよ、熟女・Fネのコーマンを、パックリ丸出しオープンでございます。
マSオが予想していたとおりの、使い込んだもの凄い迫力のオマンコでございます。
さすが五十女・・・。強烈淫水焼け黒アワビでございます。
特に、小陰唇の色素沈着ぶりは、まさに黒人女並のエゲツなない
黒(ブラック)ベッチョでございます。
しかも、垂れ流したクセぇ〜セックス興奮液が、さっきの手マンコで、
生牡蠣粘膜の全体に塗りまぶされて、ヌメヌメと濡れ光る、毛の生えた
気味悪い深海軟体動物のごとき、恐ろしいほどのグロテスクさを醸し出しております。

コレを、アイドル水着画像などを見ながらセンズっている、
思春期の童貞チンポ少年に見せたりしたら、きっと、いやらしい〜粘膜器官である
マンコを隠し持っている、女という生き物のエゲツない正体に幻滅して、
精神に変調をきたしてしまう可能性もございます。
ですから、熟女の淫水焼けマンコをモロに見るのは、
女の味が分かる紳士だけ限定の、風流な楽しみなのでございます。

現代日本の若者の性の乱れは激しく、特に若いおなごは、
オマンコ見せ放題でございまして、そのおかげでスケベ男連中にとっては、
ネットやその他で、若い娘のヤング・オメコを見放題のウヒョウヒョ状態でございます。
しかし、よく考えてみますと、例えばFネのような貞淑な一般熟女主婦のオマンコなど、
そう滅多に拝めるものではございません。
実は、もの凄く貴重な、五十女の無修正オマンコもろ出しなのでございます。
マニア向けコレクターズ・レア・ベッチョでございます。

それにしても、クッセぇ〜マンチョでございます。
風呂に入っていない、熟女の液出し生牡蠣でございます。
エゲツないマン臭が漂う、Fネのヌルヌル生殖魚貝類に口を付けるのでございます。
五十女の塩辛い発情マン液も、もうヤケクソで舐め飲んでしまうマSオでございます。
自分はちんちんを咥えしゃぶっているくせに、オメコをナメナメされると、
「汚いからいけません・・・」と、最初は抵抗していたFネも、
おっ勃ったマンコ豆を舌で転がされると、途端に「オォッ、いい〜、おぉっ!」と、
気持ちよさに負けて、娘婿の卑猥な口マンコを味わい出す始末。
男のベロでセックス豆を転がされて、感じない女はおりません。
Fネも感じすぎちゃって、咥えフェラッチョしているマSオのチンポを、
思わず噛んでしまいそうです。

次に生殖肉穴に指を突っ込んで、軽くフィンガー・ピストンしてやると、
もう、すぐにでもマンコ絶頂に達してしまいそうな様子でございます。
長いこと、オマンコに何も突っ込まれていなかったものだから、
指だけで気をやってしまうスケべぇ〜熟女なのでございます。
ここで、1回イかせてもいいのですが、達する寸前で指ファックを中断して、
女体を蛇の生殺しのごとき興奮持続状態にしておいて、
最後にチンポでとどめをさすのも、また乙(おつ)なもの。
イく寸前のリビドー状態のオメコにおっ勃ったチンポをあてがえば、
どんなにプライドが高くて高飛車な貴婦人でも、早くチンポをイレッチョしてもらいたくて、
我慢できず、はしたなく自ら挿入おねだりをしてしまうものでございます。
それに、これ以上、Fネの熟女ならではの濃厚尺八テクニックで
チンポを尺られたら、カメ汁をお漏らし射精しそうな予感でございます。




Fネの口からチンポを抜いて、足をカエルのごとき格好にさせて
ハメッチョ挿入の体勢でございます。
チン亀肉の先っちょで、生牡蠣の粘膜をヌルヌルと擦りあてがうと、
「イヤイヤ〜ん・・・」と、淫水焼け黒マンコの五十女のくせに、
生娘のような甘〜い声を出して、チンポおねだりをする始末。
意地悪なマSオは、義母が我慢の限界でのたうち回る姿を見たくて、
執拗に『オマンコ・ハメ焦らし戦法』を続けるのでございます。
恥ずかしくしこり勃つマンコ真珠や、しょんべんを出す小穴、
本番チンポ入れ専用の穴、さらには肛門ケツアヌスまで、滲み分泌したFネのセックス汁が
泡立つほどにチン先でこすりくすぐる、マンコ悪戯三昧のマSオでございます。
おベッチョを焦らされまくって、たまらなくなったFネの腰が、
どスケベ・ストリッパーのごとく、クネクネといやらしい回転をしております。
マSオは、ウヒョウヒョと調子に乗って、チンポ・メコ焦らしを続けておりましたが、
とうとう我慢できなくなったFネが、「いやいや、もうダメ、お願いッ!」と言うなり、
マラチンポを手で握り、自らマンコの肉の穴にヌルっと飲み込んでしまったのでございます。
マSオが油断した、ほんの一瞬の隙を狙って、女の卑猥なイソギンチャクが、
男の肉ヘビを食べてしまうのでございます。

メリ込んだのは亀頭部分の、わずか4cm程度でございますが、
久しぶりに味わうマラ肉の感触に、Fネは、早くも全身をのけ反り痙攣させております。
マSオも、Fネのマンコ肉壷のハメ具合を味わいたくなって、冷静さを失い、
思わず、チンボーの根元までおファック・イレッチョしてしまうのでございます。
オマンコ肉穴のラストまで、チン入れおファックいたしますと、
「オゥッ!おおぉぉぉ〜ッ!」と、猛獣のごときセックス雄叫びをあげながら、
早くも、マンコ絶頂オルガに達しやがった模様でございます。
誰もオマンコしてくれなくて、寂しくて、いつもロンリー・マン汁を
トロンチョと垂れ流していた五十女の黒アワビに、
久しぶりに逞しい男の肉マラが尋ねてきてくれて、うれしくて、
突っ込んだだけでワン・ピストンもしないうちに、イクイク絶頂昇天してしまった
どスケベ女でございます。

とろけそうな熟れオメコから、ゆっ〜くりとチンポを引き抜いたりメリ込ませたりと、
ちんちん出し入れピストンを始めますと、オマンコ内部に溜まっていたと思われる、
トロロ芋のごときドロドロした白い粘り汁が、チンポとマンコの粘膜の隙間から
滲み出てきて、Fネのアナル肛門を伝わって、畳の上にまで垂れ流れております。
チンポでピスればピスるほど、卑猥な『オマンコとろろ芋』が、
出る出る大量分泌でございます。
長いこと、ハメ交尾していなかった女が、マン内で製造分泌してしまった、
恥ずかしいセックス・ヨーグルトでございます。
禁欲をしすぎて溜まりに溜まった、凄〜くクッセぇ〜『女の精液』でございます。

ちなみに、今回のお交尾ハメ遊戯は、お互いに服を着たまま行うのでございます。
本当は、Fネを丸裸にして、その腐る寸前の果実のごとき熟れ熟れ状態の熟女の肉体を、
じっくりとトロけるまで味わってみたいマSオでございますが、
とりあえず今回はファースト・オマンコ交尾ですので、着物の裾をめくって、
白い尻をムキ出しにして、ハメッチョや、その他諸々のスケベ行為を行うのでございます。
女は男より脂身(あぶらみ)が多いので、興奮してくると肉体から
卑猥なフェロモン性臭をプ〜ンと漂わせるものでございます。
本日のオマンコ・セックスのように、服を着たままですと、
しかもFネのような和服の場合、メスのセックス興奮体臭が服の中で濃縮されて、
時々、ムッとするようなエゲツない匂いが着物から漏れて、マSオの鼻を通って
脳みそを直撃して、その成熟したメスが放つフェロモン成分の効果により、
自然に海綿体の勃起圧がアップしてしまうのでございます。
何よりも、着物をめくって女の尻だけをムキ出しにしてする『和風オマンコ』も、
また風流なものでございます。




本格的なチンポ・ピストンを始めると、もう痙攣しっ放しで、
「うぅッ、スッ、スッゴいッ、んぐッ、ぐォッ、ウォッ、おぉ〜いい〜」と、
マニアが大喜びしそうな、熟女ならではの、あの、ごつい低音唸りアエギ声を出す
Fネでございます。清楚で貞淑な、いつものFネからは想像もできない、
下品なオマンコvoiceでございます。
Fネのエゲツないセックス淫ら声が大きくなるにしたがって、
マンチョ内部のヌルヌル粘膜が、チンポに妖しく絡み付いてくるのでございます。
まるで、オメコの中に、チンポ海綿体を刺激するための、
得体の知れない粘膜生物を飼育してて、それが、マラ肉竿全体をヌッ〜チョリと包み込んで、
ウニョウニョとうごめいているような粘膜快楽なのでございます。
お馴染みの、妻のサザエの使い込んだコーマンも、先日、浮気交尾したヤリマンタI子の、
電動バイブレーターを内蔵したかのようなマンコ痺れも最高でございましたが、
この、Fネの特殊粘膜刺激メコには負けてしまうでしょう。極上の魚貝類でございます。

しかも、ベッチョ・アクメに達し始めると、その特殊粘膜チンポ絡み付きに合わせて、
女が絶頂するとき特有の、例の0.8秒間隔のマンコ膣収縮痙攣運動が起こるのでございます。
オスの睾丸タマタマの中に貯蔵されている、子種ザーメン汁を発射させようと企んで、
チンポ海綿体を刺激して射精を促す、いやらしいオマンコ自然現象でございます。
自由自在に射精タイミングをコントロールするテクニックを身につけている
マSオでございますが、この、Fネの特殊粘膜痙攣プッシーには、まるで通用しません。
ハメッチョ・ピストンすればするほど、海綿体マラにヌメヌメと絡み付いてきて、
もはや射精制御不能状態に陥って、思わず精を漏らしてしまいそうです。

勢いに任せて、ゴム無し生チンポで交尾しておりましたが、
よく考えてみますと、Fネは、もう生理がとっくに終わっているのでございます。
“上がって”いるのでございます。
と言うことは、オマンコに中出しし放題なのでございます。
心ゆくまで、生チンポマンコでハメ遊びを味わえるのでございます。
生理が終わった卵無し熟女は、男にとって、精液放出用肉便器なのでございます。
それを思い出したマSオは、うれしくなって、とりあえず1発目の精液カルピスを、
まるで草むらで立ち小便でもするかのように、全く遠慮なしに、
Fネのマン内でドピュッピュピュと、凄く射精するのでございます。

精を放ったあと、一休みするつもりのマSオでございましたが、
しばらく抜かずに、そのままチンポをイレッチョしていたところ、
オスの精をすべて吸い抜き取るかのごとき、Fネのマンチョ肉のうごめきに負けて、
再び、スケベ陰茎をおっ勃ててしまうマヌケぶり。
マラチンポがおっ勃ったついでに、またもや、おファック・ハメをおっ始めるのございます。
Fネも、「マSオさん、もっと、してしてぇ〜」と、なんと交尾ハメッチョおねだりを
リクエストするほど、完全に自分を見失って、一匹のセックス雌に成り果ててしまった模様。

生チンポで中出し射精したあと、抜かずに連続でオマンコすることほど、
エゲツないものはございません。マSオが射精ピュッピュした金玉カルピス汁と、
Fネが分泌した濃厚白濁『セックスとろろ芋』が、コーマン内部でミックスされ、
しかもハードなチンポ・ピストンによって、泡立つほどにシェークされながら、
ドロドロとオメコから溢れて垂れ流れてくるのでございます。
もう、この世のものとは思えない、ものスゲぇ〜クッセぇ〜臭気を放っております。

このエゲツない匂いを嗅いで、ますます興奮エキサイトして腰を振って、
連続で射精しまくるマSオでございましたが、さすがに4発目5発目になりますと、
けものメスのごとく娘婿のマラを貪り味わっているFネの、熟女の性興奮特有の、
セックス脂汗が浮き出て、テカテカと照り輝く小じわだらけの顔を見ていると、
なんだか気力がなくなって、海綿体の勃起圧も弱くなってまいりました。
そこで次は、Fネを後ろ向きにさせて、バック・マンコハメをするのでございます。
和服をめくってケツだけ出して、チンポを出し入れピストンしながら、
Fネと同じ歳くらいの熟女女優、例えば、吉永小Y合とオマンコしていると思うと、
異常に興奮してきて、あら不思議、陰茎チンポ膨張率が大幅にアップして、
より一層ハードに、Fネのおベッチョにチンボを入れたり出したり、
強烈交尾ファックするのでございます。

それにしても、こんないやらしい変態淫ら生牡蠣を隠し持っている妻を、
ほったらかしにしている能無しインポハゲは、男として失格でございます。
磯N家のボスを失脚でございます。
真のボスは俺様だと言わんばかりに、そのハゲ・インポ波Hの妻に、
生チンポでオマンコ交尾してよがり泣かせ、5発6発と、スペルマ子種精液を
平気で連続中出しピュッピュする娘婿でございます。

そろそろ、バカ家族が帰ってくる時間ですので、オマンコを終了して、
達しすぎて気絶して、セックス・アホ〜状態に陥っているFネを叩き起こし、
部屋の中に充満した、もの凄く臭い、ケモノのようなエゲツないセックス・アロマを消すために、
換気扇を回しながら消臭スプレーを噴霧しまくる、新しいボス・マSオでございます。

(完)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ スケベ魚貝類一家 その9 へ →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




高坂保奈美 初裏無修正 三十路 翔田千里 初裏無修正 三十路