SG-009

【 スケベ魚貝類一家 】
その9


※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





【花沢さんの臭いアソコ 1】

「花沢さんのアソコ、臭かったぜ・・・。」
悪友の巨根怪童・中島が、下校する時に何気なく放ったこの一言が、
カTオのエロ・スケベぇ〜な脳ミソを狂わせるのでございます。
それにしても、衝撃的な中島のセリフ・・・。

ザ・衝撃 その1
花沢さんと中島、まだ小○○年生のガキのくせに、もう淫行オマンコ交尾を
やっているのでございます。花沢さんのヤング・ピンク・オメコに、
中島の18cmの巨根マラをハメッチョして、セックス液を滲み漏らしながら、
お互いに腰振りファック・ダンスを踊って、生殖粘膜の快楽を味わっているのでございます。
大人の男と女が、夜になると人知れずこっそり行う、卑猥なチンポマンコ遊びを、
親の目を盗んでやりまくっている、とんでもねぇ〜ガキどもでございます。
まだ親に食べさせてもらっている身のくせに、
早くもポルノな生殖行為モドキに耽っているのでございます。

ザ・衝撃 その2
女のマン香りに異常なほどの興味を持つカTオにとって、
臭いアソコは、まさに極上のセックスごちそうでございます。
「スケベ魚貝類一家 その1」でレポートしましたように、
現在、カTオにとって、毎晩チンポ・オナッチョ手淫をするときのズリネタは、
磯N家に生息する三匹のメス、そう、熟女のFネ、若妻サザE、そしてロリータのワKメが、
オメコに丸一日密着させて洗濯していない、オマンコ・エキス汁がたっぷり染み込んだ、
超クッセぇ〜生パンティーでございます。
もちろん中島から借りた裏DVDや、ネットで集めたモロ画像も“オナおかず”にしますが、
やはり最も興奮して、海綿体の勃起チンポ圧がアップするのが、
女たちが無防備に脱ぎ捨てた、オメコ生牡蠣の1日分の成分液を吸収した、
えげつない匂いを放つ生パンティーでございます。

毎日毎日、そのハードなメス臭い匂いを、クンクン喜び嗅ぎまくっているおかげで、
まるで、好色警察犬のごとく、嗅覚が異様に発達してしまった、エロ坊主・カTオでございます。
布地にベットリ染み込んだ、マン成分をひと嗅ぎしただけで、
それが、3人のうちの、どの女のオマンコ・アロマか、すぐに判別できるほどです。
それどころか、その日、ワカメがマンズったとか、サザエの排卵日、
発情ぶり、マSオとハメッチョ交尾を行った日まで認識できるほどの変態嗅覚でございます。

しかし、同居する3匹のメスのマンコ臭には、そろそろ飽きがきたので、
今度は、他のメスが放つ、ひと味違う生殖プッシー・アロマを嗅いでみたいと
思っていたのであります。
そこで、あの、見るからにオメコが臭そうな、ムチムチ豚のごとく肥えた豊満女体の花沢さんに、
以前から目を付けていたのですが、それをメガネの中島に先を越されてしまったのであります。
カTオは、花沢さんの濡れメコを適当に手マンコいじりしたり、
生臭いメスの臭気を放つ、汁出しベッチョ貝に、
ペロンチョ・クンニ・マン舐めするだけの予定だったのに、
中島の野郎は、なんと彼女のコーマンに、自慢の巨チンボでお注射したあげく、
そのイチモツを出し入れピストンさせて、女の喜びまで教えてしまったのでございます。
中島の話を聞いているうちに、だんだん腹が立ってきて、
カTオの、男としてのプライドにメラメラと火が付いた反面、
「俺もヤりてぇ〜」と、思わずチンポをおっ勃たせてしまう情けなさ。




中島の恐るべきエロ話はまだまだ続きます。えげつない避妊の話でございます。
花沢さんも、すでに生理が始まっているし、もちろん中島のデカチンポからも、
子種精子の詰まったヤングな金玉汁がピュッピュと飛び出るので、
生チンポマンコでハメッチョ交尾をしたら、子供を製造してしまう恐れがございます。
ということは、中島がチンポにセックス・ゴムを被せてオマンコしているのかと思いきや・・・
「イヒヒ、最後に飲ませるのさ・・・。」なんと、チンポお射精の瞬間に、
汁まみれのメコ穴から、巨ペニスマラをスポッと抜いて、
今度は、彼女の口にチンポ亀の頭をハメ込んで、ドピュピュッピュ〜と、
口の中で強烈にザーメン液をブッ放すのでございます。
口内お射精された花沢さんは、大喜びしながら、チュ〜チュ〜・ゴクゴクと
中島のタマキン・スペルマ子種汁を、おいしそうに飲み干すのでございます。

さらに、男が精を放つ時の、あの海綿体ビクビク射精痙攣が収まったと思ったら、
花沢さんが、長い竿肉を手でシゴいて、まだチンポ尿道の中に少し残っている
「残りザーメン」を、一滴残さず絞りとって、チュ〜チュ〜と吸い飲むのでございます。
デカい巨根陰茎を手で握り、そこから滲み出る種汁をチュ〜チュ〜とドリンクする姿は、
まるで部活の途中で喉が渇いた少女が、水分&ミネラルを補給するために、
ペットボトル入りのチンポ・スポーツ・ドリンクを貪り飲んでいるかのようです。
淫らなオマンコ部活動でございます。

中島が完全射精を終えると、花沢さん、今度は「お掃除してあげる。」と言いながら、
チンポやキンタマにまで垂れ流れて付着した、自分がはしたなく分泌してしまった、
もの凄く生臭い白濁濃厚オメコ液を、ペロペロと舐め取る、
不潔なオーラル・チンポ仕上げサービスをするのでございます。
まるで、オマンコ好きの中年夫婦が、場末の低料金セックス用エロ・ホテルで、
BGMに演歌を流しながら、真っ昼間から繰り広げる、濃厚なチンポマンコ交尾と同等の、
ケダモノのごとくえげつない猥褻ポルノ性交でございます。

花沢さんの、スケベAV女優並の、実に卑猥なる口マンコ奉仕テクニックに、
射精後、縮みかけた中島のデカチン海綿体に、再びセックス血液が流れ込み、
ムクムクとチンポ陰茎がおっ勃ちはじめ、そのまま2回戦の交尾ハメッチョに
突入する場合もございます。
花沢さんは、ニヤニヤしながらうれしそうに「中島君て、凄いッ!」と言いながら、
再び股を開くのでございます。
マンコが匂うブスの豚女だけど、情が深いオマンコ好きスケベ女の花沢さんでございます。
男にとって、なかなかアレをやらせてくれない綺麗で可愛い高飛車な女よりも、
いつでもやりたい時に、ホイホイ股を開いて、すぐにやらせてくれる身近なブス女のほうが
重宝するものでございます。
中島も、タマキンの中の精汁が満タンになって、とにかくメスの肉体を使って
精を弾き出したくなったら、すぐにオマンコ・ムチ豚の花沢さんを呼び出して、
ハメッチョ交尾に興ずるのでございます。
クッセぇ〜マン香りを放つブスの豚でございますが、
寂しく自分でセンズるよりも、少しはマシでございます。




「スケベ魚貝類一家 その6」で、中島が、そのデカマラ・チンポを武器に、
近所の高校生や女子大生、果ては、同級生の凄く綺麗な美人のお母さんとまで、
オマンコをやりまくっている話をいたしましたが、どんな美人で気取った女でも、
180ミリチンポ砲を、興奮ヨダレをダラダラ垂らす、彼女たちのヌメりマンコに
ヌルッチョと差し込んで、2〜3回ピストンしてあげれば、途端に化けの皮が剥がれて、
チンポセックスが好きで好きでたまらない、どスケベ・メス豚の下品な正体を
晒してしまうものでございます。

特に、同級生の美人お母さん連中のセックスの正体は強烈にえげつないのであります。
セックスを迫ると、最初は、「イヤっ」と抵抗しておりますが、
そのほんの数分後には、もう中島の体の上に乗っかって、まるで暴れ馬ロデオのごとく、
激しくハメ腰を使っているのであります。
美人のお母さんと言っても、その実態は、チンポセックスに飢えた、
ただのスケベ中年女なのでございます。思いがけずハメ入れてしまった、
久しぶりに味わう、旦那以外のチンポセックス、しかも、自分の子供と同じ歳の、
ヤングなチンポをハメッチョしているという、禁断の背徳オメコをやっている自分に
異常興奮してしまい、ケダモノ交尾メスの本性を丸出しに晒してしまうのでございます。
中島の小さな尻の肉をグイっとわしづかみにして、
「ほらっ、もっと高速でオマンコするの!」と、自分でチンポ・ピストンのスピードを調整したり、
中島の出る出るチンポ射精の瞬間が近づくと、「ダメっ、あと5分愛してッ!」と、
オマンコ交尾の時間延長を求める、好きモノお母さん連中・・・。
おかげで交尾ファックが終了すると、中年女たちの指の爪が食い込んだ中島の尻は、
皮がムケて血が滲んでいるほどです。

しかも、凄く綺麗な顔しているくせに、股を開けば、ハードに使い込んで淫水焼けして
黒く色素沈着した、汚ぇ〜グロテスクなオマンコ・アワビが出現するのでございます。
大人サイズの巨チンポを持っているさすがの中島と言えども、そこはまだ小学生。
中年女どもの、赤黒い淫ら生牡蠣には、いい加減に嫌気がさしてきました。
やはり、同じ歳の女の子の、可愛いピンクのハマグリを味わってみたくなってまいりました。
そこで、すぐにやらせてくれそうな、ムチムチ豚のブス少女である花沢さんに
遊びのつもりで手を出したのでございます。

ブスだし、肥えたブタ女体だし、オマンコはやたらと生臭いし、
はじめは、彼女のことを、都合がいい時にやらせてくれる、
ただの精液放出用の肉便器にしか思っておりませんでしたが、
何回もオマンコしているうちに、彼女の情のこもった丁寧な交尾ぶりに、
中島も、だんだんと本気になりそうな今日このごろ。
ピンクのオメコ・プッシーから漂う、激しいマンコ・チーズ臭も、
なんだか、心が癒されるオマンコ・アロマセラピーのごとく感じられます。
・・・とか言いつつも、時々は、化粧が濃〜い同級生のエロお母さん連中とも、
相変わらずコッテリ濃厚なオマンコ交尾ハメッチョをする、
巨根ヤリチンの中島でございますが・・・。

中島の、あまりにえげつないエロ話に、さっきからカTオのチンポは勃起しっぱなしです。
敏感な若い亀の頭がパンツで擦れて、
ピュッピュと液出し射精をやってしまいそうなほどの興奮ぶり。
カTオも、花沢さんのクッセぇ〜生マンコを味見したくなってまいりました。
メス臭い強烈なマン臭を放つ、彼女のヤング・ベッチョの卑猥な香りを
クンクン嗅ぎまくって、そこに口を付けて、若いメスの生殖チーズをペロペロ舐め味わい、
さらに、チンポを初体験交尾イレッチョして、花沢さんの柔らかいヌルヌル生牡蠣の粘膜に
マラチンポが優しく包まれて、ドピュピュッピュとタマキン・カルピス液を
ぶっ放すのでございます・・・。

「カTオも頼んで見ろよ。あの女、やらせてくれるかも知れないぜ。」という中島のアドバイスに、
真顔でうなずく、スケベ坊主のカTオでございました。

(つづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ スケベ魚貝類一家 その10 へ →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




浅倉彩音 初裏無修正 三十路 北原夏美 初裏無修正 四十路