SG-011

【 スケベ魚貝類一家 】
その11


※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





【 花沢さんの臭いアソコ 3 】

中島の命令で、カTオと強制オマンコすることになってしまった花沢さん。
なんとなくうれしそうでございます。
それもそのはず、実は、花沢さんはカTオのことを昔から好きだったのでございます。
カTオとの、淫らなチンポとマンコの戯れを想像しながら、毎晩、魚肉ソーセージやスリコギを、
ヤング・ベッチョに出し入れするセルフ交尾に励んでいるスケベ豚少女でございます。
好きな男の子のチンポセックスを夢見る、臭マン娘でございます。
さすがに、中島とオメコした日の夜は、彼の18cmデカすぎ巨根マラによる、
ハード・チンポ・ピストンのせいで、オマンチョ粘膜がヒリヒリするため、
ひとり手マンコはお休み。

そして、カTオとハメッチョ性交することが決定した日から、
マンズリ&中島とのセックスマンコも中止して、禁欲生活を送っているのでございます。
カTオとの素敵なオマンコ・タイムのために、一時的に身を清めるのでございます。
しかしそれが、かえって逆効果。
無意識のうちに、ムチムチ肥えた肉体の奥で、ケダモノのごとき激しい肉交尾に備えて、
もの凄ぇ〜セックス・スタミナを蓄えてしまうのでございます。
常に発情状態が続き、体が火照ってしまって夜眠れないほど、
スケベぇな煩悩にのたうち回る性欲少女・・・。
おかげで、ここ2〜3日、寝不足気味でございます。
朝、目が覚めると、男がチンボーを勃起させるがごとく、
マンコ淫核豆を硬く朝勃ちさせ、濃くて粘っこいマンチョ液をはしたなく分泌させて、
パンティーの裏地がベットリヌルヌル状態の、女の「液出し夢精」でございます。

さて、ある日の放課後、花沢さんはカTオを体育館の片隅に呼び出しました。
いきなりのオマンコ召集令状でございます。
「中島君から聞いたんだけど・・・磯Nくんも私とやりたいんでしょう?アレ・・・。
うふふ、アレよアレ。アレのやりかた、私が教えてあげる。うふふっ・・・。」
心の準備もチンポの準備もしていなかったカTオは、
凄〜くイヤらしいほほ笑みを浮かべながら迫ってくる花沢さんに気が動転して、
もう頭ん中が真っ白でございます。
普段の元気な肉豚少女の花沢さんとは、明らかに様子が違います。
このように、女は、発情オマンコ・モードに突入すると、
まるで別人のようにスケベぇ〜に変身するものでございます。
特に、花沢さんのように、いつもニコニコして明朗な女ほど、おセックスしたくなると、
もの凄くイヤらし〜感じの、どスケベぇなオマンコ・メスの顔に変わって、
男が驚くくらい、激しく情熱的なハメッチョ交尾に没頭するものでございます。

例えば、笑顔が素敵なア○ムのお姉さんの、小野M弓の写真集の中に、
全然笑っていない写真がいくつかあるのですが、
それが、妙にエロく感じるのでございます。
まるで、ちんちんが欲しくて欲しくてたまらない、スケベ・オマンコ顔でございます。

小N真弓

   ↓

小野真Y

彼女のファンの殿方は、その写真を見ただけで、海綿体を鋼(はがね)のごとくおっ勃たせ、
そして、その顔を拝みながら、チンポ陰茎マラを激しくセンズって、
最後にまた、その顔を見つめながら、チン先から男の精汁を
ピュッピュと弾け飛ばすのでございます。
オマンコ丸出しで写っているヘタなモロ画像より、よっぽど男をスペシャル勃起させる、
どスケベぇ〜なセックス・メスの表情でございます。

今の花沢さんが、まさにその顔。ヤングなチンポとマンコの、
素敵な粘膜遊戯を期待して胸を膨らませている性欲少女でございます。
彼女のスケベ顔を見ただけで、おチンボが早くもムクムクと半勃ち状態のカTオであります。

「少しずつ教えてあげる・・・。じゃあ、まずキスしましょう、キス。キスするの。」
と言うと、花沢さんはウットリ目を閉じて、カTオの熱い口づけを待つのでございます。
「ここだと、人に見られてマズいぞ。」と思いながらも、
目を閉じて接吻スタンバイOK状態の花沢さんの唇に、
とにかくチュ〜っと口をつけてみますと、花沢さんの唇が開いて、
なんと中からベロが出てきて、カTオの口内に侵入するのでございます。
まるで、オスの生殖チンポに飢えた、セックス・メスの粘膜触手のごとく、
カTオの舌を捕らえてレロンチョと絡めてくる、猥褻なキスでございます。
始めて味わう、メスのとろけるようなオーラルの感触、
しかも、いきなり唾液まみれの舌レロレロ濃厚接吻をされて、
驚きながらも、しっかりチンポマラをおっ勃たせてしまうスケベ・カTオ。
短パンが強烈にテントを張って、モッコリしたチンポ部分が、
花沢さんの「マンコ土手」に当たっております。

すでに、男のチンポセックスの味を知っている花沢さんが、
マン土手にツンツン当たる、カTオの勃起を見逃すはずがありません。
自らマン土手恥骨をグリグリと勃起ちんちんに押し付け、カTオを興奮させるのでございます。
もう、花沢さんの生牡蠣からも、濃くて生臭いマンコ興奮液がとろんちょ分泌でございます。
接吻チュ〜をすると発情興奮して、男は勃起、女もオメコ豆を勃起させ、
さらに、ベッチョ穴からヌル液を出すのでございます。
チンポ挿入用&出し入れ用のマンコ・スケベ液でございます。

花沢さんは、興奮しながら、スピ〜っと鼻息を荒くして、
ますます激しくベロを絡めてまいります。
このまま行けば、お互いに歯止めが利かず、オマンコに突入してしまいそうな勢い・・・。
「そろそろヤバいぞ・・・」とカTオが思っていたところ、
ちょうど、どこかのバカ児童が近づいてくる気配がしたので、
ベロ絡め濃厚チュ〜を中断でございます。
口を離して花沢さんの顔を見ますと、上気した頬っぺたがピンク色に染まって、
目はトロンとトロけて、眼球は妖しく濡れ光っております。
まさに、性興奮して発情したイヤらしいメスの表情でございます。
女がアレをしたくなった時にだけ見せる、いわゆる「オマンコ顔」でございます。
女がこの顔になったら、もうオマンチョ交尾モードに入って、
気分を出している証拠でございます。
きっと、オメコ貝から滲み出たセックス液で、パンティーの裏地が、
べっとりヌルヌルになっているはずでございます。
なんとなく動物のメスの生臭い発情臭が匂ってきそうな感じでございます。

「今日は、父ちゃんも母ちゃんも出かけていて家にいないから、
うちでゆっくり続きをしましょうネ。うふふ・・・。」
好色な笑いを浮かべる肉欲少女でございます。
好きな男とオマンコする時の、女のセックス・ウキウキ有頂天現象でございます。
スケベぇなセックス・ドーパミン脳内麻薬が分泌されて、性ホルモンが活性化されてしまい、
例えば、チンポ彼氏とデートの前など、女は異様にウキウキするものでございます。
オマンコ・パ〜状態でございます。




結局、花沢さんの家に連れ込まれるカTオ、どスケベ・ホイホイでございます。
花沢さんの家は、不動産業を営んでおりますが、確かに今日は休みのようです。
さては、夫婦でホテルに出かけて、汗ダクになりながら、
お互いに、ヨイショヨイショと腰を振りまくって、中年カップル特有の、
濃厚でえげつない、激しいオマンコ交尾に励んでいるのかも知れません。
親も娘も、卑猥なるチンポマンコ遊びの虜になっている、
磯N家に負けず劣らずのスキモノ一家でございます。

花沢さんの部屋には、何度か来たことがあるカTオですが、
今日は、初オマンコする目的で来ましたので、凄ぉ〜くドキドキいたします。
部屋に入ると、花沢さん、「今日は、体育で汗かいちゃったから、
あたし、シャワー浴びてくるね。」と言うと、風呂場に行きそうに・・・。
ダメダメでございます。せっかく、花沢さんの若いメス特有の甘酸っぱい肉体臭や、
すんげ〜クセぇ〜と評判の、オメコ・チーズの匂いを堪能しようと企んでいたカTオにとって、
まぐわいセックス交尾前のシャワーは御法度(ごはっと)でございます。
匂いフェチの殿方にとって、無臭女体&無臭オマンコは興醒めでございます。
強烈に生臭い匂いを放つベッチョプッシーほど、大ハッスル異常興奮して、
そのえげつないマンチーズ臭をひと嗅ぎした途端、チンポマラが即効で
ビヨ〜ンとおっ勃つのでございます。オマンコ・フェロモン・バイアグラ効果でございます。

こうなったら、強引に匂い付きメスの肉体を奪うしかありません。
カTオは、「シャワーなんか浴びなくていいよ。」と言うと、
彼女に抱きついて、今度は自らベロ絡めディープ・チュ〜をしたり、
スケベ吸血鬼のごとく、汗臭い首筋にシャブリついたりします。
カTオの積極的オマンコ求愛に、花沢さんは「イヤっ、お願いッ、
汗かいたからシャワー浴びさせて・・・」と、一応、拒否する素振りを見せますが、
実は、腹の底では、「ヤッター!」と大喜びなのでございます。
好きな男に無理やりオマンコを求められる、女のセックスの醍醐味でございます。
自分からオマンコ交尾を誘っておきながら、「イヤっ、ダメっ、」とか抜かす、
腹黒い女のチンポセックス誘導作戦でございます。
本当はうれしくてたまらないくせに、軽く抵抗するふりをして、「イヤっ」と、
わざとらしいセリフを言うと、男がますます興奮して、激しくその女の体を欲しがり、
大ハッスルしながら、もの凄くハードにちんちんでオメコを交尾してしまうのでございます。

カTオにとっては、初めて味わう、血の繋がっていないメスの香りでございます。
すでにCカップもある、マセた少女の巨乳を服の上からモミモミしますと、
花沢さんの口から、ハァハァ〜と甘酸っぱいスケベ吐息が漏れてまいります。
その口に再び自分の唇を密着させ、まるで口マンコのごときイヤらしいキスをします。
アエギ始めた女の口に無理やりキスをすると、一時的に酸欠状態に陥り、
脳みその思考能力が低下し、理性が失われ、
本能のままにセックス・メスと化する効果もございます。
彼女も体から力が抜けていき、グンニャリとなって、カTオにされるがまま、
汗をかいた酸っぱい肉体を預けるのでございます。

乳をモミモミしたのはいいですが、そこから先に進む勇気がカTオにはございません。
すると、もうオマンコされたくてたまらなくなった花沢さんの方から、
「脱ぎっコしましょ。うふ・・・」と服を脱ぎはじめました。
“脱ぎっコ”・・・まさに小○生同士の淫行オマンコ交尾のみに通用する、
バカ言葉でございます。
「見ちゃイヤ〜ん」とかなんとか抜かしながら、服を脱ぎ脱ぎする花沢さん。
これから、乳はもちろん、クセぇ〜オマンコやら肛門ケツ穴まで、
女のワイセツ肉パーツを、ぜ〜んぶ見られるエロ行為をするのに、
一応、乙女の恥じらいをみせるのでございます。

(つづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ スケベ魚貝類一家 その12 へ →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




四十路熟女 母子相姦