SG-012

【 スケベ魚貝類一家 】
その12


※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





【 花沢さんの臭いアソコ 4 】

自ら上半身丸裸になったくせに、恥ずかしそうにおっぱいを手で隠す、
自作自演の性欲少女、花沢さん。
ホントは早く、この隠す手を、カTオにどかしてもらいたいのでございます。
いざ、カTオが、彼女の手を持って乳首を拝見しようといたしますと、
またもや「イヤっ」とか、しおらしいセリフをのたまって、
男を萌えさせるのでございます。

花沢さんの乳首はピンク色でございます。
もちろん、まだ小○生というのもありますが、
元々、白人女のごとき色白豚体質、いわゆる「白ムチ女」なので、
メラニン色素の沈着率が低いのでございます。
白人女の場合、どんなにハードにオマンコを使い込んだヤリマン・メス豚でも、
淫水焼けしにくい体質なので、いつまでたっても、
オメコは10代の生娘(きむすめ)のようなピンク色なのでございます。

と言うことは、日本人で、肌の色が白い女のコーマンも、
みんな綺麗なピンク・マンコかと言うと、そうとは限りません。
色白の女を、ちょいとナンパして、ホテルに連れ込み、股を開かせて、
生殖ベッチョあわびを確認してみると、もの凄い真っ黒けブラック・オメコだったり
する場合も多いのでございます。
男のチンポマツタケがたまらなく好きで、オマンコばっかりやってるせいで、
肌は白くて綺麗なのに、使い込んだ男の黒マラよりも、さらにドス黒い、
えげつないほどにグロテスクなブラック・マンコを隠し持っている色白ヤリマン女が、
最近、増えてまいりましたので注意が必要でございます。

サクランボのごときピンクの乳頭に口をつけて、ペロンチョ舐めをいたしますと、
すぐに、硬〜くシコり勃ってまいります。コチコチ乳首勃起でございます。
と同時に、彼女の口から、ハァハァ〜とスケベぇなエロ吐息が漏れてまいります。
体からモワ〜っと漂って来る、若いメスの甘酸っぱい肉の香りを、
変態匂いフェチのカTオが嗅ぎ逃すはずがありません。
性興奮した若いオナゴの、汗と発情性臭がミックスされて醸し出す、
まるで発酵乳製品のような、極上のセックス・フェロモンでございます。
インポチンポ気味の、フニャマラ中年ダメ野郎も、この興奮した若いメスの肉体が放つ、
性の匂いをひと嗅ぎすれば、とたんに、チンポ海綿体がスペシャル勃起してしまうほどの、
回春エロ・パワーを秘めた、少女の性臭でございます。

その、生っぽい匂いに酔い痴れながら、カTオも興奮してきて、
今度は乳首をチュ〜チュ〜と吸ってみますと、
花沢さん、「あっ、アッ!」と、小刻みにセックスVoiceを出して
もはや、立っていられないほどの、凄い感じ様でございます。
乳首とマンコは、エロ神経が繋がっているので、乳首をチュ〜チュ〜されると、
オマンコが、特にマンコ豆が凄くウズくのでございます。
我慢できないスケベ女になると、乳を吸われながら、男にバレないようにこっそり、
自分の太モモをスリスリと擦り合わせて、早くイジって欲しくて、
液を出してる恥ずかしい女の生牡蠣を、隠れマンズリ刺激するのでございます。
もしくは、しこり勃ったオメコ豆のあたりを、男の体にグリグリ押し付けたりして、
こっそりマンズるのでございます。男にオマンコされているときでも、
女は、このようにして、隠れオナをするものでございます。

花沢さんも場合も、カTオに乳を吸われながら、
女のいやらしい姫貝をギュッと圧縮して、貝のエキス汁を絞り出すがごとく、
こっそりと、白くて太いムチムチモモを固く閉じて擦り合わせるのでございます。




カTオの10cmミニペニスも、ビンビンと強烈にお勃起して、
ブリーフから若ガメの先っちょが、コンニチワ露出しそうです。
花沢さんの豊満な豚肉からは、さっきよりも濃厚な、なんともいえない、
ムッとするような生臭い発情体臭がプ〜ンと香ってまいります。
女はセックスに集中すると、スケベ体臭が強くなってくるものでございます。
特に、花沢さんのように若くて肥えた女体は、性興奮に伴うセックス新陳代謝が激しく、
汗と性フェロモンを出しやすい体質なのです。
殿方によっては、ただ単にクセぇ〜女の匂いでも、
カTオのようなド変態な性嗅覚を持った男にとっては、もうたまらない、
メスのセックスそのものでございます。
この女体フェロモンは、人種や体型、年齢、食生活によっても異なってくるので、
究極の、女体性臭フェチの殿方は、世界各国の女どもとオマンコ交尾しながら、
その女が興奮して放つ、えげつない発情セックス体臭を嗅ぐのもいいでしょう。
ついでに、ヤリマン・スケベ白人女どもの間で、「小さいけど硬くて素敵」と評判の、
日本男児特有の硬いチンポ陰茎=“ウタマロ”の威力を見せつけてやりましょう。

もう花沢さん、セルフ太ももマンズリだけでは、オメコの疼きを押さえられない様子。
カTオも、彼女のヌルヌル状態であろう、とろけるマンコあわびの肉粘膜を
いじくってみたいのですが、その度胸&勇気がありません。
とうとう我慢できなくなった花沢さんのほうから、
「次はココに触るの。女の子の一番大事な場所よ。」と言いながら、
カTオの手を取って、自分の液出し生牡蠣に手マンコいじりを促します。
「女の子の一番大事な場所」とか言いながら、魚肉ソーセージやスリコギを突っ込んで、
出し入れハード・マンズリに耽ったり、中島の18cm巨根サラミを、
根元までヌッチョリ飲み込んでいるのでございます。
さらに、そのビッグなイチモツを激しく出し入れされて、マンコLOVE液を
大量分泌しながら、女の喜びを味わっている罪深きエロ少女でございます。
「大事な場所」とやらを使い込んでいるのでございます。

このように、言う事とやる事がバラバラの「詐欺スケベ女」が多いものでございます。
ロマンチックな詩を書いたりしている、ロリータ・ファッションに身を包んだ、
ウブな感じの女の子に声をかけてホテルに誘ったところ、
「何もしないって約束する?」とか抜かしながら、ホイホイついてきて、
いざオマンコしようとすると、「イヤ〜、嘘つき!」などと言いながら、
凄くえげつない、ヨダレまみれ尺八チンポ吸いテクニックを披露したり、
イレッチョ挿入しやすいように、自ら腰を浮かせて、おベッチョをマラちんちんに
当てがったりする、どスケベ・セックス・サービスをするものでございます。
乙女チックな可愛い外見とは裏腹に、実は、チンポセックスがたまらなく好きで、
男性経験100人以上という、恐るべき隠れヤリマンが、
男のタマキン精を絞り抜き取ろうと企んで、巷をウロウロしているのでございます。

さて、花沢さんに手マンコ許可をもらったカTオは、有頂天になって、
大胆にもパンツの中に手を突っ込み、いきなり、汁出し生マンコをいじるのでございます。
「えっ、いきなりなの?」と驚きつつも、うれしそうな花沢さん。
好きな男にコーマン粘膜をいじくられる女の喜びでございます。
実はカTオ、何度か、眠っている妹のワカメの、しょんべん臭いしじみ貝プッシーを
指マンしながら、チンポ手淫オナをした経験はあるのですが、
生殖ポルノ行為の準備が出来ている発情興奮状態の濡れオメコをいじるのは
これが初めてでございます。
液出しジューシー・ベッチョの粘膜の感触は最高でございます。
まさに、新鮮なヌルヌル生牡蠣を指でいじっているようです。
しかもマンコ粘膜が、まるで生きているアワビのごとく、
ウニョウニョと妖しくうごめくのでございます。女は誰でも、股のつけ根に、
卑猥なマンコ貝を隠し持っているスケベな生き物のでございます。

花沢さんも、カTオの、オスのセックス肉の感触を手で確かめたくなって、
「もう、磯N君のエッチ〜、アタシも触っちゃう!」と言い訳のようなことをぬかしながら、
カTオのブリーフにゆっくり手を突っ込み、お勃起海綿体マラをとらえて、
すし職人のごとく、カTオのちんちんをニギニギ握るのでございます。
もう反り返って裏返って、腹に付くほど強烈におっ勃ちまくった、
好きな男のちんちんを手で握ったときの、女の喜びはたまりません。
それだけで、思わず達しそうになる女もいるほどです。
チンポのおっ勃ち具合=「愛の深さ」と勝手に解釈しやがって、
もの凄く興奮して、気合を入れて全力でオマンコ作業にのめり込むのでございます。

しかし、このとき、一瞬だけ他の男とチンポのサイズを比較するしたたかさを
見せるのでございます。花沢さんのように、「触っちゃう」などと言いながら、
大胆にチンポを直接握る勇気のない純情そうな女でも、
チラッと薄目を開けたり、偶然を装ってポコチンに手を触れたりして、
チンポのサイズ、勃ち具合、色、形状などを確認するのでございます。
ここで、黒々として、おっ勃ちまくったもの凄い巨根マラだったりすると、
うれしくて思わずニヤニヤと、いやらしい微笑みを浮かべるスケベぇ〜女もおります。
でも実は、どうでもいい男の巨チンポよりも、好きな男の普通サイズ・マラのほうが、
女にとってはうれしいものでございます。
オマンコし終わった後、縮んでフニャフニャになった、好きな男のマラ陰茎を握って、
安心して深い眠りにつく女もおるようです。
花沢さんも、当然、カTオのマラちんちんを握りながら、中島の18cmのオバケ・チンポと
比べたりしますが、その約2分の1のサイズしかない、カTオの10cmミニ・ペニスのほうが、
握っていて心が満たされるのでございます。




さて花沢さん、「触っちゃう。」どころではありません。
カTオの勃起肉竿のチン皮を前後に移動させる運動、
つまり、センズるのでございます。手コキ手淫でございます。
初めて、女の柔らかい手で、ちんちんをセンズられるあまりの気持ちよさに、
男のくせに、思わず声が出そうなカTオでございます。
負けじと、花沢さんのヌルヌルした生牡蠣のあちこちをいじりまくります。
柔らかいオメコ粘膜の中で、しこり勃つ硬い部分を指で捕らえてコリコリしごいてやると、
花沢さんの体がビクビク震えて「あっ、アッ!」といやらしいマンコ・セックス声を発します。
そう、どんな女でも一匹のセックス・メスに変えてしまう、
魔法の発情ボタン、オマンコ豆でございます。
甘酸っぱい匂いのするネットリとした脂汗で、白い豚女体をテカテカに照り輝かせて、
ピクピク痙攣する花沢さんの豆反応が面白くなったカTオ、よりいっそう激しく、
女のセックス・ピーナッツをコリコリしごくのでございます。
カTオの指は、淫らマンコ貝が分泌した液で、凄くヌルヌル・・・。
それをたっぷり指にまぶして豆をいじりシゴくという、女がマンズリ手淫する時と同じ、
手マンコ・テクニックでございます。

もう感じすぎて、ちんちんを握る花沢さんの手コキ運動が止まったかと思うと、
「イヤっ、もうダメぇ〜」と言いながら、腰が抜けたようになって
畳の上に崩れ落ちてしまいました。カTオの手マンコで、豆絶頂オルガしたのでございます。
マンコ豆をいじくられて達したのでございます。
グッタリと横になっている花沢さんのパンティーが、半分ずり下がっております。
カTオが勇気を出してそれを脱がそうとしましたが、
達した直後の女特有の、思考能力が低下して、まるでアホ〜のような状態、
いわゆる「セックス・パー」に成り果ててしもうた花沢さんは、
全く抵抗する様子もなく、簡単にスッポンポンにされるのでございます。
そして、ゆっくり股を開かせて、いよいよカTオが夢に見た、ものすんげぇ〜クッセぇ〜、
リアルなオマンコ生殖粘膜がお出ましでございます。
鼻を近づけていないのに、股を開いただけで、
熟成チーズと磯の香りとしょんべんの臭をミックスしたような、
えげつないほどに、ムッとする、強烈なメスのセックスの匂いが、カTオの鼻腔を直撃し、
そのハードなメコ・アロマを嗅いだだけで、タマキンの中のカルピス液が、
チンポの先っちょまで登ってきて、スペシャルお射精ピュッピュしてしまいそうな予感・・・。

(つづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ スケベ魚貝類一家 その13 へ →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




田中芳江,大川美津枝,藤ノ宮礼美 刹那愛 小橋早苗 三木藤乃 吉行純子