SG-013

【 スケベ魚貝類一家 】
その13


※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





【 花沢さんの臭いアソコ 5 】

花沢さんのオマンコは、ちょっぴり毛の生えたピンク・ベッチョでございます。
魚肉ソーセージやスリコギを突っ込むハード・マンズリや、中島の18cmのおペニスを、
マン粘膜がヒリヒリするくらい激しく、強烈なチンポ出し入れピストン交尾されても、
黒オメコの原因である、メラニン色素の沈着が少ない、
色白デブ系女特有の、お得な嘘つきマンチョでございます。

その女と初めてオマンコするとき、股を開かせて、
ピンク色のコーマンだったりすると、男は妙にうれしくなるものでございます。
使い込んでドス黒いブラック・マンコをお持ちのオナゴと交尾している最中に、
己のマラちんちんよりも、はるかに黒い小陰唇が、竿肉に絡み付いている
えげつない実態を目撃して興醒めして、チンポが縮んでしまう殿方もおるようです。
しかし逆に、小陰唇が、まるで炭のように真っ黒けに色素沈着した、
ハードに使い込んだ熟女のオマンコに、異常なほど興奮するマニアな殿方もおるようですが・・・。

さて、本物の女の生牡蠣を見るのは、もちろん初めてのカTオでございます。
今まで、中島から借りた裏DVDやネットのモロ画像で、
大人の女の淫水焼けグロテスク生牡蠣は、散々見まくっておりましたが、
リアルな生マンコは、やはり興奮度が違います。
チンポを欲しがっている証拠の粘液を垂れ流している、ウニョウニョした
ピンクの粘膜を見ただけで、お精液がキンタマからチン亀の先っちょまで一気に上昇して、
チンポ肉に全く触れていないのに、ドピュドッピュと
凄いスペシャルな射精をしてしまいそうです。

さらに、カTオが興奮するのが、花沢さんのオメコからモワ〜っと漂う、
強烈なマン臭でございます。
黄色く熟成したコクがあるチーズの匂いと、鮮魚市場に漂う、あの何とも言えない
生臭い匂いをミックスさせて濃縮したような、少女の生メコの卑猥なるアロマのせいで、
部屋の中まで、なんとなく生臭くなっております。
あまりにもハードすぎて、マン臭フェチのカTオも、なんだか怖くなってくるほどの、
ウルトラ・ベッチョ・スメルでございます。
何度も説明しましたように、カTオがセンズるときのオナおかずは、
Fネ、サザE、ワKメの3匹のメスの一日分のオメコの成分を吸収した、
クッセぇ〜染み付き生パンティーでございまする。
チンポが出る出る射精をする瞬間、その、3枚のベットリ汚れたパンティーの裏地を、
同時に鼻に押し当てて、匂いを3倍増幅させる、例の「マン臭ミックス作戦」を行うのですが、
花沢さんの生ベッチョの香りは、1人分なのに、それよりも強烈ハードな、
もうイヤになるくらいのエゲツなさでございます。

しかし、これが憧れの初めて味わう、血の繋がっていない女、
つまり自分のDNAとは異なるメスの、卑猥な生殖香でございます。
オマンコセックス・アロマでございます。
勇気を出して、その濡れ生牡蠣に顔面を近づけます。
「うぬぅ〜、こりゃスゲぇ〜。」カTオの想像を遥かに上回る、
生殖ベッチョの新陳代謝が一番盛んな時期の、若いメスのハードマン臭でございます。
例えば、中○生の少女に交尾する犯罪援交モノのビデオなどを拝見いたしますと、
男が、可憐な少女の口に、散々チンポを尺八させてるくせに、
自分は、絶対に少女のオメコに口を付けようとはいたしません。
この時期の娘の発情汁出し生牡蠣は、匂いが強烈すぎて、
よほどのマン臭フェチ男か、クンニ好き男しか舐められない、
まさに、コアなマニア向けのマンコ・アイテムなのでございます。




匂いを嗅いでいるうちに、激しいメコ・スメルのせいで、
なんだか頭がボ〜っとしてくるカTオでございます。
オスの思考能力を低下させ、トリップさせる、魔性の「マンコ嗅ぎ媚薬」でございます。
ワケが分からないまま、ヌルヌル状態の生牡蠣に口をつけて、
花沢さんの貝の味を確かめます。
半透明の濃〜いセックス液をベロで舐めすくって飲んでみると、
ちょっぴり酸っぱくて、薄い塩味でございます。
発情興奮している状態の、女の生牡蠣から滲み出るマンコ・ドレッシングの味は、
普通、酸味+塩味なのでございます。
今宵あなたも、奥さん、または彼女が風呂に入る前に、乳をモミモミしたりして十分性興奮させ、
セックス液がトロンチョと出ている状態のコーマンを口マンコ・クンニして、
そのオメコ・ドレッシングのテイストを味わってみるのもいいでしょう。

さて、シャワーも浴びていない、凄〜くクセェ〜自分の生殖肉を、
好きな男に舐め舐め口マンコされて、恥ずかしいやら興奮するやら、
気持ちいいやらで、こちらもオマンコ・トランス状態の花沢さん。
だいたい女は、どいつもこいつも、マン舐めクンニされるのが
好きでたまらないのでございます。女に生まれて一番恥ずかしくて、最も卑猥で、
しかも女体の中で一番クセェ〜生殖粘膜部分を、股を開いて男の目の前に丸出しに晒して、
さらに、その汚い部分に口をつけられて舐め舐めされるという、
一連のセックス行為の中で、一番不潔で猥褻なオーラル遊戯でございます。
男の口にオメコを押し付け、淫らなセックス声を出しながら、
口セックスを味わうのでございます。
クンニ好きスケベ女になると、マンコ貝の貝柱を男のくちびるに命中させようと、
腰を浮かせたりして、自らマンコの位置を調整したりする、
はしたなくて図々しい行為を平気で行うのでございます。

初心者ながらも、オメコの粘膜全体をベロベロと激しく舐めしゃぶる、
カTオの情熱的な口マンコを味わっていた花沢さんでございますが、
そろそろ自分も、チンポをフェラッチョしたくなってまいりました。
中島とオマンコする時は、いつもお互いに69チンポマンコ舐め合い合戦をするので、
マン舐めクンニされながら、チンポ尺八するのがクセになっているのでございます。
このように、女は、前の男に教え込まれたセックスの性癖を、
別の男とオマンコする時に、思わず披露してしまうのでございます。
凄く純情そうな少女と初めてオマンコしたところ、前に付き合っていた野郎に、
完全にSM調教されていたり、ケツ穴肛門セックスの味を教え込まれたりしていて、
「尻の穴にもチンポ頂戴!」などと叫び出し、ビックリする場合もございます。

今まで、女の生殖ハマグリにベロンチョと口マンコ・ディープ・キスをしていたくせに、
いざ、自分のチンポマラを咥えられるとなると、急に恥ずかしくなるカTオでございます。
もじもじしているカTオのブリーフを脱がし、おっ勃ち過ぎて、
完全に裏返って腹に付いている状態の若いチンポ亀に、
顔を近づける尺八愛好家の花沢さん。
10cmミニチンポの裏スジにチュッと吸い付いて、チロチロ舐め始めた瞬間、
いきなり海綿体が、ビクビクドクドクと激しい射精痙攣を開始、
亀の頭の肉のワレメから、凄い量のザーメン子種汁が、次から次へと、
ドピュピュッピュと出る出る射精をしてしまいました。
実は、さっきからクッセぇ〜オメコを舐め舐めしながら、
興奮の極限状態に陥っていたカTオのヤング陰茎ちんちんは、あとひとシゴきもすれば、
すぐにでもお射精ピュッピュしてしまう状態、いわゆる、チンポ・リビドーに
なっていたのでございます。
そこを、花沢さんの柔らかくて分厚い唇が吸い付いてきたもんですから、
ひとたまりもありません。チン亀の先っちょまで昇り詰めて、
精出しスタンバイOKのカルピス汁が、即効ピュッピュでございました。

ここで、普通のオナゴですと、驚いてちんちんから顔や手を離して、
チンポ海綿体が、ひとり寂しくロンリー射精痙攣をしてしまうのですが、
いつも中島とオマンコする時の仕上げで、
最後にタマキン液を飲まされている花沢さんは違います。
ドクドク噴出するカTオの精の液体に気付くと「うわぁ〜、もう出るぅ〜」と、
うれしそうな声を出し、光沢がある亀頭部分をパックリ丸呑みして、
弾け出るカTオのチンポ・エキス液を口の中に受け止め、
それを、リアルタイムでゴクゴクと喉を鳴らしてドリンクするのでございます。
精飲少女でございます。
初めて味わう女の粘膜オーラル精飲の気持ちよさに、
女の子みたいな声を出してしまう情けないカTオ・・・。




海綿体射精運動が収まった後も、花沢さんは、スッポンのごとくチンポを咥えて離さず、
さらに、陰茎マラ竿の根元部分までディープ・スロート尺八をして、
唇を密着させながらゆっくりねっとり、カメ頭まで引き抜きスライドさせ、
チンポ尿道の中に残っている「残りザーメン」を、絞り取って飲むのでございます。
まるで、どスケベ中年女のごとき濃厚尺八精飲技法でございます。

普通、イキ終わったあとのチンボは、急激に硬さが失われフニャマラになるものですが、
さすがヤング・チンポ海綿体は違います。
完全射精した直後は、少しは勃起角度が“寝て”しまいましたが、
花沢さんの咥えっぱなし口マンコのせいで、再び裏返ってしまうほどの、
強烈お勃起チンポ・エレクト状態でございます。
女はオマンコしている最中、ちんちんのおっ勃ち具合や、
飛び出る精液の濃度や量、飛距離などで、自分への愛を確認するという、
スケベ・カン違いをするのです。
花沢さんも、いきなりの凄い量の出る出る射精&マラ勃起の回復ぶりで、
幸せなオマンコ気分に浸っているのでございます。
そして次は、カTオの生殖シンボル陰茎を、己のマン肉内にイレッチョさせて、
オマンコ交尾の味を教えて男にしてあげる使命感に燃えるのでございます。

カTオの尻に手を回して、自分の発情汁出しマンチョに誘うのでございます。
「次はココ、ここにするの。分かるでしょう?」と言うと、チンポ肉を握り、
興奮ヌルヌル生牡蠣の肉の裂け目にあてがうのでございます。
交尾ハメッチョ誘導でございます。

しかし、ここで、カTオに一抹の不安が・・・。
花沢さんは、いつも、Lサイズ魚肉ソーセージや、スリコギ、果ては、
中島の18cm巨マラでオマンコされまくっているので、
自分の10cmミニペニスでは物足りなくて、全然感じてくれないかも知れません。
オメコ肉内部が巨根チンポ用に出来上がってしまっている可能性もございます。
しかし、心配御無用。女の生殖ベッチョは伸縮自在で、短小チンポでも、
十分快楽を得られるようにスケベに出来ているものでございます。
さすがに、何十年も連れ添った旦那が、もの凄いデカマラの場合、
その女房のおマンチョ穴も、デカマラ交尾用にユルユルに広がっておりますが・・・。
花沢さんと中島の淫行オマンコ回数は、まだ数十回なので大丈夫でございます。
それに、腰と腰が密着しないうちに、すぐにマンコ奥のラストに
チン頭が着いてしまうロング・チンポより、
お互いの腰を密着できる、丁度いいサイズのちんちんのほうが、
オマンコしていて女は燃えるのでございます。
さらに、ミニチンポの場合、おっ勃ったセックス豆を男の恥骨にグリグリ押し付けて、
豆絶頂オルガも同時に味わえるという利点もございます。

カTオが、おずおずと、とりあえず汁が出てヌルヌルしているベッチョ肉のワレメに、
亀チンポの先っちょだけ、試験的にハメッチョしてみます。
もうそれだけで、もの凄い気持ちよさ・・・。
マン粘膜が、ウニョウニョと亀頭に絡み付いてまいります。
カTオは、ちんちんの先端だけの交尾で感動していましたが、
男に激しくオマンコされることの味を知っている花沢さんは、
当然、それだけでは満足できないエロ女体です。
「イヤ〜ん、最後までしちゃう。」と言うと、腰を突き出し、
カTオの10cmを根元までヌッチョリと飲み込んでしまいました。
男の精を吸い抜き取る魔性の少女の生殖粘膜肉が、オスのヘビを丸呑みしてしまう、
衝撃的ポルノ行為でございます。
女の、欲張りで意地汚い粘膜に包まれたヘビは、そのエゲツない肉のうごめきに負けて、
やがて、白い精エネルギーの液体を、キンタマ貯蔵タンクが空っぽになるまで
絞り抜き取られるのでございます。これが、おセックスの本当の姿でございます。

(つづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ スケベ魚貝類一家 最終回 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




野宮凛子 千野麗華 矢吹涼子 すけべな痩せ熟女