SG-014

【 スケベ魚貝類一家 】
最終回


※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





【 花沢さんの臭いアソコ 6 】

花沢さんとカTオの、禁断の生チンポマンコ淫行交尾でございます。
初めてチンポをつっ込んだ、生殖ベッチョメコのとろけるような感触はたまりません。
さっき、花沢さんがしてくれたフェラッチョ口セックスも、
思わず、声が出てしまうほどのチンポ快感でございましたが、
ヌル汁分泌まみれのオマンチョへの生交尾は、そのオーラル尺八の数倍の
気持ちよさでございます。

オマンコは、生殖用のパーツでございます。
赤子を生み出すための産道膣ホールは、同時に、オスのマラチンポを入れるための
交尾セックス穴でございます。
赤ん坊は、せいぜい多くて2〜3回しかこの穴を通りませんが、
チンポは、何千回、いや何万回も入れたり出したり、
セックス・ピストン・ストロークを繰り返すのでございます。
男とオマンコするのがたまらなく好きな、ヤリマン・スケベぇ女の場合、
ちんちん出し入れ回数が、もはや“億”に達するかも知れませぬ。

結局、オマンコの主な使用法は、チンポを咥え込むための淫らな肉穴なのでございます。
その証拠に、本来の交尾の目的である『子供を作る』に反して、
子種液がメスの体内に射精ピュッピュしないように、
チンポに薄いゴムのバリアを被せたり、スペルマ精子を皆殺しにするスケベ薬品を、
オメコの中にスタンバイしてまで、人は、チンポとマンコの粘膜コミュニケーションを楽しむ、
どうしようもないバチあたりスケベだらけでございます。
そのくせ、チンポをいい気持ちにさせて、タマキンの中のザーメン汁を吸い取り出そうとして、
オメコ粘膜が、イヤらしくマラ肉にニュルニュル絡み付いてくる機能を果たすのでございます。

「たまんねぇ〜や・・・」
センズリオナッチョの何十倍も気持ちよすぎる、花沢さんのマンコ生牡蠣の感触。
メコ粘膜が、カTオのマラチンポを優しくお出迎えしたかと思うと、
ウニョウニョと電動するかのごとく、チンポマラをしごくように
イヤらしくうごめくのでございます。つまり、ヌルベッチョ粘膜が締まったり緩んだり、
バリエーション豊かに交互に繰り返すのでございます。
ひとりでセンズリ手マンコするときは、海綿体のシゴき具合を自分の意思で調整できますが、
本物の女とのお交尾ファックの場合、予期せぬマンコ締まり弛みの
スケベ交互運動が味わえるので、それが楽しみでもあり、
油断すると、思わずチンポ精を漏らしそうになるというスリルもあります。

初めて体験する、男と女のいやらしい交尾遊戯の気持ちよさに、
ウヒョウヒョと有頂天状態のカTオでございましたが、
まだ、マンコをチンポピストンする動きにぎこちないものがあります。
すでに、デッケぇ〜巨根でハードファックされる女の喜びをを知っている花沢さんは、
カTオの、ピョコピョコしたマヌケな腰使いに、だんだんイライラしてまいりました。
カTオの尻肉を手でつかみ、「リズムに合わせて腰動かすの。」と言いながら、
チンポピストン交尾リズムを自分でコントロール制御しようと企むのでございます。
花沢さんに尻をつかまれ、ハメ腰のレッスンを受ける情けない男でございます。
カTオがチンポ腰を突き出すタイミングに合わせて、花沢さんもマンコ腰を突き出す、
男と女の、卑猥なセックス腰振りダンスでございます。
この同時腰突き出しおファックハメは、あんまり激しく行うと、チンポが抜けたついでに、
そのマラ肉竿が女の太モモあたりに激突して、海綿体がボキっとヘシ折れ曲がる、
チンポ捻挫(ねんざ)を引き起こす恐れもございますので注意が必要です。

少しずつ、マンコのピスり方が分かってきて、調子に乗ってハメピストン腰を使う
オマンコ練習生のカTオ。
腰を使えば使うほど、花沢さんが、面白いように乱れまくるのでございます。
交尾がリズムに乗ってきたところで、「そうそう、その調子・・・上手。」と
カTオのチンポ動きを褒め称え、尻をつかんでいた手を離し、今度はその手を背中に回し、
「素敵よ、磯野君・・・もっと抱いて・・・」などと、平日の昼の1時半頃から放送されている、
ブラブラと暇を持て余しているバカ主婦をターゲットにした、
スケベぇなメロドラマのベッドシーンのごとき、鳥肌が立つようなセリフをのたまいながら、
カTオのチンポセックスを貪り食べまくる花沢さんでございます。
「抱いて」などと気取ったことヌカしても、やっていることは、
チンポとマンコを、ネチョリと結合させて、ヨイショヨイショと腰振りあって、
互いの粘膜をヌルッチョしていい気持ちを味わう、ケダモノ・ポルノでございます。



やがて、花沢さんは、ひたすら交尾に励むカTオの体を、
自分の方に抱き寄せて密着させながら、
ますます気を入れてオマンコに熱中するのでございます。
さらには、足を、カTオの腰にギュッと絡めるという、
まるで、男の生体エネルギーをすべて吸い尽くそうとする、メス・カマキリの交尾でございます。
そして、自らも、ウネるような卑猥なオマンコ腰を使いながら、
カTオの耳元で、そっと、「好き・・・愛してる・・・」などと、
またもや三流メロドラマのごとき、臭いセリフを吐く性欲少女でございます。
オメコも臭けりゃ、セリフもクサい、“クサすぎ娘”でございます。
このように、情熱的なおファック交尾を繰り広げるラテン系のオナゴは、
2、3発、遊びでオマンコする分には結構でございますが、
だんだんハマって本気になってしまい、ヘタに別れ話を切り出そうものなら、
女特有のパニック・ヒステリーを起こし、「一緒に死んで!」などとワメき散らしながら、
包丁を振り回し、パトカーが出動する騒ぎを起こす可能性もございます。
要は、それほどチンポが好きなのでございます。

花沢さんの白い豚肉は、女がオマンコ交尾に本気でのめりこんでいる証拠の、
あのネットリした脂汗でテカテカ濡れ光り、
甘酸っぱいセックス・メスの動物臭が漂ってまいります。
ヌチョヌチョ生殖器粘膜結合部分からは、生魚とチーズをミックスしたような、
もうたまらなくクセぇ〜、えげつないセックス臭もプ〜ンと匂ってまいります。
すべて、白ムチ肉欲娘・花沢さんの肉体が作り出した、
100%天然の若いメスの性臭でございます。
変態匂いフェチのカTオはたまりません。メスが放つ、臭いいセックス臭に包まれながら、
下半身の方も、その女の生殖オマンコ粘膜にヌルヌルと刺激される、
まさにセックス極楽浄土でございます。
もうダメでございます。そろそろ、おザーメン精がチン先から漏れそうです。
またもや、ドピュドピュ射精をしてしまいそうな予感でございます。

その時、思い出したのが、中島の「最後に精液を飲ませる話」でございます。
チンポミルクをお射精する寸前に、花沢さんのメコ肉穴から、おチンボーをスポッと抜き、
彼女の口に突っ込めば、出る出るチンポの精ジュースを、大喜びしながら、
おいしそうにチュ〜チュ〜吸って、ゴクゴクと精飲する、
まるで、ヨーロッパのハードコアポルノのごとき、淫らド変態な、
オマンコ性交ラストシーンで締めくくるのでございます。

カTオは、あと腰をひと振りもすれば、セカンド・チンマラ汁が、
ドピュドピュ弾け出る寸前にチンポピストンをやめ、
ヌルヌルしたマンコ穴からちんちんをヌチョっと抜き外し、
花沢さんの顔に持っていくと、彼女は、待ってましたとばかりに、
自分が出した濃厚白濁本気マン液がべっとり付着した、イク寸前のマラチンポに
食らいついてくるのでございます。
そして、10cmミニマラからピュッピュと威勢よく飛び出る、
半透明のセカンド・ザー汁を、例のスッポンのごとき強烈吸引尺八で
すべて吸い飲み尽くすのでございます。
陰茎ちんちんから射精される、好きな男のDNA汁、子種のエキス液を、
一滴の無駄もないように体内に取り入れようとするセックス・メスの本能による、
ケモノ・フェラッチョでございます。

きんたま精を吸い飲まれながら、「うぬぅ〜」と、おっさんのごときウナリ声を出すカTオ。
海綿体の射精運動が終了したあとも、チンポを吸引し続ける、スッポン尺八娘の花沢さん。
さらに、仕上げのお掃除口マンコも怠りません。
少し、しぼみかけたチンポ肉茎を手で握り、尿道の中の残りスペルマを
カメ頭の先端までシゴきあげ、チン先の割れ目から滲み出た白い雫を、
チュ〜ッと吸い飲んだり、カリの裏側のベトベトヌルヌルを、
舌先でなぞり舐めてチンポ・クリーニングするのでございます。

正直に言って、イったあとのチンポを尺八されるほど、くすぐったいものはありません。
カTオも、思わず、花沢さんの口唇からちんちんを離そうかと思ったほどですが、
彼女の中年スケベ女のごとき巧みなマラ舐めチンポ吸いのテクニックに、
なんと再び、ポコチンがおっ勃ってまいりました。
ヤング・タマキンならではの、驚くべき絶倫チンポでございます。
陰茎サイズでは中島にダブル・スコアで負けておりますが、
チンポ勃起回復パワーでは、カTオのほうが勝っておるようです。

再び、チンポが硬〜くお勃起してくるのを、オーラル口内で察知した花沢さんは、
「スゴ〜い。うふふ・・・」と、ニヤニヤ・スケベな笑みを浮かべるのでございます。
本番オメコの2回戦が出来ると、わくわくする女の、いやらしいセックス・スマイルでございます。
花沢さんは、チンポマラが完全勃起の交尾可能状態になったのを確認すると、
「今度は後ろからしてみる?」と言いながら、自ら後ろを向いて犬のような格好になって、
白くてデカい尻を、カTオのほうに向けるのでございます。




カTオは、すでに2発もチンポ液体を発射したせいか、
最初のようなオドオドした様子は見られません。
もはや、いっぱしのチンポ竿師になったような態度で、
女の白いケツに挑んでいくのでございます。
勃ちすぎているチンマラボーを少し手で“折って”角度を調整し、
尻の割れ目に隠れているハンバーガー状のオメコを割り開き、
ヌルッとイレッチョいたしますと、汗まみれで濡れ光る、脂身だらけの白い背中を、
グイッと仰け反らせ、「オウッ!」と、まるでどスケベ熟女のごとき、
えげつない交尾声を発する花沢さんでございます。

後ろ向きでオマンコするほど、男が燃える交尾スタイルはございません。
これぞまさしく、人間のオスとメスが行う、スケベ種付けセックス交尾でございます。
女が、肛門ケツアヌスまでモロに見せながら、チンポセックスを求めて尻を突き出し、
発情濡れマンコを男に捧げてハメをいたすのでございます。
男のほうも、パンパンと肉同士がヒットし合う音を響かせて、腰を激しく使って、
おマンチョをチンポ・ピストンしながら、尻の肉をグイッと割り開き、
交尾している粘膜結合部分の衝撃的生ポルノ・シーンを目撃したり、
女がクソをひり出す肛門アナル穴もじっくり鑑賞しながら、
ますます興奮エキサイトして、激しいマンコハメをするのでございます。

カTオも、花沢さんの白くてデカい尻の肉を、グイ〜ッとわしづかみして、
好色陶芸家が粘土をこねるがごとく、尻の脂身をハードマッサージしながら、
ブスの豚少女には似合わない、可憐なピンクのケツの穴をしっかり鑑賞いたします。
2発も精出しピュッピュしたおかげで、コーマン粘膜の妖しいうごめきや、
チンポの出し入れに感じまくる女体の様子なども、
余裕を持って楽しむことが出来るのでございます。
パンパンと激しく花沢さんの尻を打ちつけ交尾ハメッチョしながら、
ユッサユサ揺れる乳に手を回し、強くモミモミするサービスも施すのでございます。

気付いたら、花沢さんの体から発する匂いが、さっきほど臭くなくなってまいりました。
臭さのピークを過ぎたようです。
女の体の奥底に溜まっていた、えげつない肉欲性臭成分が、
汗に混じって、すべて放出されてしまったようです。

やがて彼女は、「もう私ダメ、ダメよ、終わっちゃう・・・」などと言い出しました。
「終わっちゃう」=“達する”のでございます。
それを聞いたカTオも、大ハッスル興奮して、チンポ・ピストンのラスト・スパートをかけます。
花沢さんより先に、出る出る射精をしてしまったら自分の負けだと思い、
キンタマ精が、チンポの先端まで上昇してきて、発射してしまいそうなのをなんとかこらえて、
彼女の生殖ベッチョを激しく交尾するのでございます。

そして、花沢さんは、とうとう、「オッ、終わっちゃう!ウォ〜ッ!」と、
ケダモノのような大声を上げ、尻を捕まえていないとチンポが抜けてしまいそうになるほど、
肥えた全身をブルブルアクメ痙攣させ、強烈なマンコ絶頂オルガに達してしまった模様です。
まだ、小○5○生の女の子のくせに、大人の女と同じように、
オメコをチンポ・ピストンされて絶頂アクメ天国に昇天してしまう、
どうしようもないスケベ豚少女でございます。

花沢さんの激しいオルガぶりを、イッヒッヒと勝ち誇ったように
眺めていたカTオでございましたが、もうそろそろチンポが限界でございます。
本日3発目のきんたまカルピス射精でございます。
さっきと同じように、マンコからイク寸前のマラちんちんをスポッと抜き外し、
絶頂した直後で、グッタリなっている花沢さんの顔に近づけましたが、
もはや、達しすぎて、セックスあほう状態に陥っている彼女には、
チンポに吸い付く力も残っておりませんでした。
さっきは、あれほど大喜びしながら、チンマラ陰茎にスッポンのごとく喰らいつき、
チンポ先からドクドク出てくる男のセックス・ミルクを、
チュ〜チュ〜・ゴクゴクと精飲してたくせに、気をやりすぎて、オマンコ気絶のパ〜状態で、
大好物のはずの精出し寸前のちんちんに、全く興味を示しません。
自分のチンポセックスで、いつもはやかましい豚女が
意識不明のオマンコあほうになっているのに大満足して、
彼女の、上気してピンク色に染まって、テカテカ脂汗が吹き出ているブス顔に、
全く遠慮なしに、チンポ汁をピュッピュピュッピュと顔面シャワーするカTオでございます。

(完)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




これが熟女の食べ方?50代の貪欲なSEX? アヌス,アナル,ケツの穴,アナルファック