SJ-001

若い男の精液が飲みたくて、屁理屈をこねるスケベ・ザーメン・ドリンカー。

精飲熟女 Part-1

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





私も、もう35歳。脂の乗った立派な熟女になってしまいました。
恥ずかしいんですが、まだ独身なんです。
それなのに、歳を取るのに比例して、
ますます性欲が強くなっていくスケベぇ〜な私。
女はみんな30を過ぎると、チンポの味を覚えてしまって、
セックス交尾が大好きになって仕方ないんです。
10代の頃は、夢見る乙女だったのが、30を過ぎると、
オチンポとオメコの粘膜結合の気持ちよさに溺れて、もう中毒状態・・・。

この、メラニン色素が染み込んだ赤黒いまんちょに、
男の人の硬くおっ立ったチンポまらを、ネッチョリ差し込んでもらって、
ぬちょぬちょと、ケツの穴まで汁垂れ流しながらオマンコされる事を妄想して、
毎晩、1人で手マンコして性欲を処理しています。
でも、マンずり手マンコだけでは、やっぱり寂しいんです。
男の反り返ったちんちんの肉が欲しくて欲しくて、
体が燃えそうになって眠れない夜もあるんです。

よだれまみれになりながら、一時間以上、尺八チンポ舐めをして、
その後、夜が明けるまで腰を振ってちんぽピストンされて、
私のスケベ赤貝から、もう粘液が出なくなって、
ヒリヒリするくらい激しくオマンコ・ラブして欲しいの。
そして最後に、チンポから弾け飛ぶ濃厚な金玉カルピス原液を、
ゴクゴクって、喉を鳴らして飲むの。私、ザーメン汁飲むの大好き。
私のセックスの仕上げは、オスが出す金玉エキス液を飲む事なの。
そう、私はザーメン・ドリンカー、精飲エロ女なの。
チンポからドピュっと出る、新鮮で濃厚な白い栄養素を早くドリンクした〜い。

**********************************

ある夜、オメチョが疼いて眠れなかったので、
手まんちょ手淫するためのズリネタを、近所のコンビニに買いに行ったの。
私がマスをかくときのマンずりネタは、レディース・コミック。
それも、チンポやマンコがグロテスクなほどモロに描いてあるハードなやつ。
マンコの豆や、肛門のしわまで、えげつなくリアルに描いてある美女が、
男のデカまらを咥えたり、何発もオマンコされたりして、
よだれ垂らしながらヨガり喜んでいる漫画。
私いつも、そんな凄いのを読みながら生臭いべっちょ汁を出している、
自分の生牡蠣を指で慰めるの。
激しく激しく、貝いぢりしちゃうの・・・。

その夜も、マスターベーション用のエロ漫画を買いにコンビニに行ったの。
そしたら、中学生くらいのジャニーズ系美少年が、
レディース・コミックを貪り読んでいたんです。
チンボーやマンチョがしっかりモロに書いてある、
私が毎月買っている女のエロ本を・・・。
股間を見ると、ペニスがおっ勃ちまくって強烈にテントを張っているの。
これがホントの立ち読みです。女の私なら、“濡れ読み”になります。
いいえ、女もレディース・コミックを読むと、発情興奮して
マンコ豆を硬くしこり立たせるので、“濡れ立ち読み”でしょうか・・・。

一通り読み終わると、その美少年は堪らなくなったのか、
店のトイレに入ろうとしました。
きっと、強烈にチンポをしごいて、濃厚な白い精液汁を弾け飛ばすのでしょう。
今見た、男と女がやっている動物のようなオマンコ交尾漫画を思い出して、
若まらの皮を高速センずりして、ピンク色した亀肉の先っちょの割れ目から、
活きのいいスペルマ液を、ピュッピュピュッピュと激しく射精するの。
若いちんちんからドピュッと発射される、新鮮で青臭いたまきんのエキス。
私、その白いの飲みたい!最近、飲んでないの、男の液・・・。
だから、ホルモンのバランスが悪くなって生理の周期も乱れているの。
女は常に、男が金玉で製造する精液カルピスを体内に取り入れていないと、
もうダメになるんです。





その少年がトイレに入るタイミングに合わせて、私も個室に乱入しました。
彼は、かなり驚いている様子。
だって、今からこっそりチンポをしごこうと企んでいたところに、
自分の母親と同じくらいの歳の女が、いきなり入ってきたんですから。
まるで、痴女に襲われる少年です。

「あなたがエロ漫画を見ながら、チンポコをいやらしくおっ勃たせて、
ズボンがテント張ってたのを、私知っているんだから。
どうせ、これから1人でセンずりしようとしていたんでしょう。いやらしい〜。
店の人には黙っていてあげるから、君のちんちんを
お姉さんに出して見せてぇ〜。」
もじもじしている彼に、我慢できなくなって、
私のほうからズボンのチャックを下ろして、 彼のチンポまらを取り出そうとしました。
でも、まだ海綿体が勃起したままなので、ズボンに引っかかって
なかなかチンポが出てきません。
私、ズボンに右手を入れて、竿を直接ギュッとつかんで取り出しました。

すっ、凄いんです。彼のちんちん、すんご〜いデカまらなの。
まだ中学生のくせに、しかも、可愛い顔した美少年なのにチンポは凄いの。
バナナみたいに反り返ってて、なんと長さが20センチもあるの。凄いっ。
さすがにペニス・カラーは肌色なので、まだ女の生牡蠣に
出し入れしたことがない童貞チンポなのでしょう。
いや、こんな美少年なんだから、同じクラスの女子たちのキュートな生牡蠣を、
腰ふりピストンしてあげて喜ばせてたりして・・・フフ(笑)。
女はみんな、黒〜い色のチンポコが大好きなんですが、
たまには、こんな肌色の新鮮なフランクフルトにベロを絡めてみたいんです。
こんな若い男のまらをパクッと口に咥えただけで、私、若返りそう・・・。

亀頭の“張り”も凄いんです。むき玉子みたいに
てかてかピンク色に光っているの。
うわっ、出てる出てるぅ〜、先っちょから、透明な先走りカウパー液が。
さっきのファック交尾漫画を読んで、男の愛液を分泌したのね?
女用のエロ本を読んで、おペニスからザーメン予告汁を出す、
どスケベ美少年なの。
このカウパーちんぽジュースも、あとでじっくり吸わせて頂くわよ・・・。

どれどれ、金玉も拝ませてぇ〜。
ううっ、でっ、デカい!彼ったら、すんごく大きいタマキンを持っているんです。
ザーメンの生産能力が豊富な精力絶倫な金玉ニンニク。
金玉ニンニクがデカい男は、男性ホルモンが多いので、
ゴリラみたいなごつい顔になるのが普通なんですが、
彼は、女なら誰でもうっとりするほどの美少年なんです。
きれいな顔して、精力絶倫のデカちんぽを持っているの。
そのギャップに女は興奮するんです。
セックスする時、普通、女は目を閉じてチンポの出し入れを味わうんだけど、
きっと彼とオマンコする女はみんな、目を開けて彼の美しい顔を見つめながら、
下半身では、オメコが張り裂けそうなくらいでっかいチンポでピストンされて、
尻の穴まで、ドロリと濃〜い白濁本気汁を分泌するはすです。

あぁ、私も彼みたいな美少年の顔を見つめながら、オマンコされた〜い。
でも、しないの。だって、彼はまだ中学生。
セックスしたら、私、捕まっちゃう。
だから、口マンコしてあげて、精液を飲むだけ。
ちんちんを口に出し入れしたり、ベロを亀頭の肉に絡めたり、
彼が出したカルピス精液を飲むのは罪にならないの。
ヘビに噛まれた時に、応急処置で、毒を口で吸い出してあげるのと
同じようなものよ。
早く、彼の肉欲の原因である、金玉が作りだす男の青春の汁を
吸い出してあげた〜い。
そして、彼のタマキン妊娠汁を飲むことによって、
私の淫らな肉欲も解消されるの。まさに一石二鳥なんです。

早く、ちんちん咥えたいの〜。久しぶりの生ちんぽフェラチオできると思うと、
口の中につばが溜まってしょうがないんです。
チンポ禁断症状なの。もう、たまんな〜い。よだれが出てきちゃう。
尺八フェラッチョするわよ?さぁ、チンポを私に委ねて、
中年女の口マンコ・テクニックを存分に味わってね・・・。

(つづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 精飲熟女2へ →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




里中亜矢子,野宮凛子,山咲わかな アナルファックイベント