WH-002

せっかくナマガキを洗ってきたのに、すぐに興奮して臭い液を分泌するの・・・。

今度は私の秘密 Part-2

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





もう、朝からドキドキしてます。
だって、1年ぶりに男にオマンコされるんですもの・・・。
そう、今日、奥様専用のヤングチンポ家庭教師を脅して、
気持ちいい〜生殖チンポ・マンコ・ハメ交尾をしてもらう日なんです。
寂しくて、ロンリー・ベッチョ液を垂れ流す赤貝の肉穴に、
若くて活きのいい新鮮なヤング肉棒を突っ込んでもらって、
+出し入れしてもらって、欲深い女のエロ業(ごう)を鎮めてもらうワイセツ儀式なの。

私、待ち合わせのホテルに行く前に、しっかりオマンコを洗いました。
だって、洗ってなくてマン臭がキツい生臭いオメコに、
いきなりオーラル口マンコされたら、私、恥ずかしいもの。
女はいくつになっても、男に生殖器生牡蠣をバッチリ見られて、
しかも、そこにチュ〜っと口を付けられて、舌でレロレロと愛してもらう瞬間、
異常に恥ずかしいの。でも、マン舐めクンニされているうちに、
恥ずかしさより、気持ちよさのほうが上回って、
どんな女でも、仕舞いには、男の顔面&口に自分の毛の生えた
グロテスク・メコあわびを押し付けてしまったりするの。
だから女は、男とアレする前に必ずマンコを洗うの。
小陰唇の裏側の溝に付いた白いマンカスを丁寧に洗い流して、
それから、オマンコ豆を包む皮をズルむいて、飛び出したセックス豆の
根元の部分にこびり付いた酸っぱそうなホワイト・マンチーズも洗い落とすの。
さらに、男がケツの穴も責めてくる可能性があるので、
薬用石鹸ミューズをつけた指をアナル肛門に軽く突っ込んで、
とりあえず、ケツの穴の入り口だけでも殺菌洗浄しておくの。うふふ・・・。

二人、人目につかないように待ち合わせして、ラブホテルに直行します。
凄く安っぽい感じがするセックス専用のエロホテルで、
内緒の禁断交尾ハメをするんです。
彼、私に脅されている立場なのに、なんだかウキウキしている感じ。
新しい女に初めてオメコするとき、どんな男でも心がときめくはず。
もちろん、女の私も、その男のチンポを初めて味わうときの
新鮮な喜びはたまりません。

彼、ホテルに着くなりシャワーも浴びずに、
エロ吸血鬼のごとく、いきなり私の首筋に吸い付いてきました。
やっぱり、このままおっ始まるつもりみたいです。
風呂に入らないままの、ケモノの交尾のような不潔なマンコハメ。
一年ぶりに、男の唇が私の首筋に吸い付いてきて、忘れかけていた
男との燃えるようなマンコセックスの喜びが甦ってきて、
身震いするほどに感じ始めてきました。

きっと、べっちょ生牡蠣からは、興奮セックス液がトロリと
分泌し始めているはずです。せっかく、ここに来る前に、
しっかりシャワーを浴びて生殖器の隅々まで洗ってきたのに、
女は興奮してくると、すぐにマンコから生臭いトロロ汁が出てくるから困っちゃう。
男が液を出すのは、交尾の最後の射精の時だけでしょう?
まぁ、途中でもザーメン予告の先走り汁が亀頭から滲み出る程度よね。
でも、女は違うの。男とオマンコを始めた瞬間、つまりキスしているときから、
もうスケベぇなマンジュースをトロトロと出してしまうんです。
デートしているときから、その男とのセックス交尾のことを考えてしまって、
パンティーを生臭いメコ粘液で、べっとりヌルヌルにしてしまう、
「どスケベ汁出しSEXレディー」もいるの。
男とアレするとき、始めから終わりまで、まるで射精するかのごとく、
はしたなくラブ汁出しっ放しのジューシー・オマンコ体質の女もいるのよ。
分泌するスケベ液の量が、男のきんたまカルピス射精量を上回ったりして、
シーツをヌルヌルに汚しまくるの。

彼の吸血鬼のようなスケベ唇が、肩から降りてきて、
恥ずかしい脇の下に辿りつきます。
脇の下は、女の体の中で、ケツの穴やオマンコ魚貝類に次いで匂いを放つ、
恥ずかしい肉体ポイントなの。毛も生えちゃうし・・・。
夏が近づくと、脇の下の匂いをごまかすスプレーのCMが始まるでしょう?
あれをシュ〜っと脇に吹き掛けて、くっせぇ〜メスの匂いをカモフラージュするの。
性興奮してくると、脇の下から汗に混じって生臭〜いセックスフェロモンを放つ女もいるの。
あなたもオマンコ・ラブするとき、発情した女の脇の下のアロマを嗅いでみるといいわ。
そこから、オスを興奮させるメスのフェロモンが出ているはずだから、
それが、鼻を通って脳を直撃して、ペニス海綿体にスケベ血液が集中して、
マラチンポがビンビンにおっ勃ってくるはず。天然の女体フェロモン・バイアグラなの。
彼の硬い勃起肉が、私の太ももに当たるぅ〜。
その勃起を、後で存分に食べさせて頂くわ・・・。




と、エロいことを考えて油断してたら、いつの間にかブラジャーを外されて、
彼のスケベ・ベロ攻撃が、私の乳首に迫ってきました。
感じる干しぶどう吸い舐め奇襲作戦なの。
本来は、子供にミルクを与えるための女の性器官を、男に吸い舐めされて、
性的に感じてしまうという、神様に怒られそうなエロ遊戯なの。
彼の、強弱を付けた乳首舐めしゅぶり技法・・・、う〜ん、たまんない。
時々、おっぱいをわしづかみにされて 激しくモミモミされたかと思うと、
次の瞬間、またエロ吸血鬼のような唇が、勃起した乳首に吸いついてくる、
いやらしいコンビネーション攻撃。

一年ぶりの、男の口によるペロペロ・チュ〜チュ〜乳刺激で、
私の腰が、まるでスケベぇなエロ・ダンスを踊るように、
淫らにクネクネうねり回転し始めるの。
乳首とマンコはスケベぇな神経が繋がっているので、
自然に腰が動き出してしまうんです。
あなたも、女とアレするとき、乳首をチュパチュパ吸いながら、
こっそり、女の腰の動きを観察するといいわ。
普段、清楚で真面目な女ほど、自分でも気付かないうちに、
もの凄〜く卑猥なエロ・ダンスを見せるはずだから。
もう少し我慢すれば、男がオメコ生牡蠣をたっぷり愛してくれるのに、
もう待ち切れなくなって、思わず自分の太ももをスリスリ摺り合わせて、
隠れマンズリ・オナニーしてしまういやらしい女もいるの。
私も、心の中では分かっちゃいるけど、腰が自然にウネっちゃう。
オスのそそり立つ肉棒を求めて、女の魚貝類がさまようの・・・。

そうこうしているうちに、彼の顔がだんだん下に降りてきて、
私のヌレメコに接近中・・・ゾクゾクするぅ〜。
でも彼、なかなかオメチョ赤貝に口を付けてくれなくて、
私の脂の乗った腰や太もも、裏側のケツ肉に吸い付いたりして、
ひたすら焦らしまくるんです。
私、もう我慢できなくて、口マンコ・クンニおねだりをしちゃいそう・・・。
思わず「口でしてッ!」と言いそうになって、さっきよりもっと、
腰を恥ずかしくクネクネ回転させてしまいました。

せっかく、ばっちりオメコ洗浄してきたのに、きっと生牡蠣から、
トロッとして、くっせぇ〜マンコジュースが垂れ出てきているはずです。
その発情興奮メコよだれでグチョグチョ状態の、マンコのくせぇ〜アロマを、
彼に嗅がれちゃったみたい。
よく、犬が交尾する時に、オスはメス犬の尻の匂いをクンクン嗅いでから、
メスが十分に発情していることを確認して、交尾を始めるでしょう?
人間も同じなの。男がマンコの生臭い匂いを嗅いで、
その女の発情ぶりをチェックするの。
「愛し合う」とか「Make Love」とか、気取ってカッコつけたこと言っても、
結局、することは、動物の交尾と同じことなのよ。

どんなに綺麗な女優さんでも、もの凄く可愛いアイドルタレントでも、
男とアレする時の、まさに動物のメスそのものの発情興奮した
生臭いマンコの匂いは隠せないの。
叶姉妹みたいに、金をかけて全身を整形して、パーフェクトな人造ボディーを作り上げて、
もの凄く高価な高級香水を体に吹き付けて、宝石を散りばめた何千万円もするような
凄いドレスを身に付けても、男にちょっと体をまさぐられただけで興奮して、
ドレスをめくって、ケツを丸出しにさせて、
いやらしい汁を分泌したオマンコの匂いを嗅いでみると・・・、うふふ・・・、
生魚と雪印チーズをミックスしたような、凄〜くくっせぇ〜
下品なメスの発情生殖器のえげつないアロマがプ〜ンと香ってくるの。

オッ!おぉ〜、始まったわ、マンコ・ナメナメ。
食物摂取器官である口で、生殖及び排泄器官であるオマンコをナメナメ愛する、
バチアタリな変態セックス遊戯。
おっ!彼の舌先が勃起状態のマンコ豆に命中。
そして、そのコリコリ豆を舌で転がしてシゴくの。
さらに、すぼめた唇でチュッチュと吸い出されて、
さっきよりも硬くおっ勃ったセックス豆を、
激しく舌でレロレロされる、華麗なる口マンコ技法。
散々焦らされたあとのマン舐め攻撃は効くぅ〜。
おあずけ状態の濡れベッチョに、男の口が付けられた瞬間、
電気ショックが走ったように、全身をビクビクと痙攣させて、
いきなり気をやってしまうスピード昇天女もいるの。
特に、女が一番感じるスケベポイント、マンコ豆に奇襲攻撃されると、
どんな女でも気持ちがよすぎて、もう喜び泣いてしまうんです。
男も、女にいきなりちんちんを尺八されたら、思わずウ〜っと
唸り声を出してしまうでしょう?
メコの肉豆は、チンポの100倍も気持ちがいいから、女がここをペロンチョと舐められて、
凄い声を出したり、いきなり達してしまうのも分かるでしょう。

奥様も、彼の、この口マンコ・テクニックに夢中だったのね・・・。
今日は、私が存分に楽しませて頂くの、彼の素敵なマン舐めクンニリングス・・・。

(つづく)



← 淫語小説1に戻る ↑ 淫声メインページへ 今度は私の秘密 3 へ →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




野宮凛子 千野麗華 矢吹涼子 すけべな痩せ熟女