えげつない女

多重人格淫語レディー

※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像






プルルル〜@電話かける

もしもし・・・、私です。
この前は、どうもありがとうございました。
一言お礼が言いたくて電話しました。

あの夜のこと、私、一生忘れません。ホントに素敵な夜でしたわ。

それで・・・、もしよかったら、
もう一度だけ、お会いできないかな・・・と思いまして・・・。
私の方は、いつでも構いません。あなたの都合に合わせます。
また2人で、素敵な思い出を作りましょう。

それでは、お電話待ってます。

ガチャ@電話切る




プルルル〜@電話かける

もしもし、私です。ごめんなさい、またかけてしまいました・・・。

さっきの話なんですけど・・・、正直に言いますね。
セックス・・・セックスが、凄くよかったの。
あなたのセックス、最高でした・・・。
あんな素敵なセックスをしたの、私、初めてなんです。

今まで私、セックスが好きじゃなかったの。
でも、あなたとセックスしてから、変わったの・・・。
セックスがもの凄く好きになったの・・・。

だから、もう一度だけ、セックスして下さい。
お願いします、私とセックスして下さい。あなたとセックスしたいんです。

セックス・・・セックス・・・セックス・・・。
私の頭の中、もう、あなたとセックスすることでいっぱい。

電話、待ってます・・・。必ず、連絡下さい。
それじゃ・・・

ガチャ@電話切る




プルルル〜@電話かける

ハァハァ〜・・・セックス・・・せっくす・・・SEX・・・。
ハァ〜ん、セックス・・・うぅ〜ん・・・セックス・・・
セックスして・・・セックスして・・・私とセックスしてぇ〜・・・。
セックスよ、セックス。セックスなの・・・。
ハァハァ〜・・・セックス・・・せっくす・・・SEX・・・。
セックス・・・セ〜ックス・・・セ〜ックス・・・ハァハァ〜


ガチャ@電話切る




プルルル〜@電話かける

もしもし、私です。
え?そんなイタズラ電話、私、してません!信じて下さい。

それより、さっきの話なんですけど・・・。もっと具体的に言いますね。
そう・・・あなたのチンポが忘れられないんです。
あんな素敵なチンポでオマンコされたの、私、生まれて初めて・・・。
太くて、長くて、硬くて、反り返って、血管が浮き出て・・・。
今までで、最高のチンポでした。

特に、色が素敵でした・・・、チンポの色が。
凄く黒くて、テカテカ光ってて・・・。
私、黒いチンポが好きなんです。黒光りチンポに弱いんです。
黒〜いちんちんを見ただけで、体の力が抜けちゃって、
マンコが汁を出して濡れ濡れになるの・・・。

だから、もう一度だけ、そのデカマラチンポを、
私のマンコにプレゼントして下さい。
マンコ穴にチンポを入れて、ヌチョヌチョと出し入れして下さい。
私も、あなたのチンポを気持ちよくするために、
マンコからヌルヌルの汁をいっぱい分泌して待ってます。

チンポ MY LOVE・・・。それじゃ・・・。

あっ、言い忘れるとこでした。
キンタマも素敵でした・・・キンタマも。
凄くデカくて、脂ぎっていて・・・最高のキンタマです。
タマ袋もフニャフニャ柔らかくて・・・。
もう一度、あなたのキンタマ袋に、顔を埋めてみたい・・・。

その素敵なキンタマで、『愛のセックス・ミルク』、いっぱい作って下さいね。
私だけのために、キンタマ・ミルク、たっぷり製造して下さいね。
そして、タマキンが満タンになったら、
また、私のオマンコで抜き出してあげますわ。
愛のキンタマ・ミルク、マンコで全部絞り取ってあげる・・・。

キンタマ MY LOVE・・・。それじゃ、電話待ってます。

ガチャ@電話切る




プルルル〜@電話かける

もしもし、私です。

お願いします、早くオマンコして下さい。チンポが欲しくてたまらないんです。
オマンコしたくてしたくて、我慢できないんです。

私、今、発情してるの・・・凄く発情してるの・・・。
マンコ豆が硬〜くおっ勃ちまくって、穴からは、濃くてクセぇ〜汁が、
もうケツの穴までドロドロ垂れ流れちゃって・・・。

だから、あなたのちんちんで、マンコの汁を止めて下さい。
マン汁の出口に、ちんちんでフタをして下さい。

お願いです、早く私とオマンコして下さい。
あなたのチンポ、待ってます・・・。

ガチャ@電話切る




プルルル〜@電話かける

ハァハァ〜・・・おまんこ・・・オマンコしてぇ〜・・・オマンコ。
ハァハァ・・・オマンコよ、おまんこ、オマンコするの・・・。
チンポマンコ合体・・・。チンポマンコ・ドッキング・・・。
チンポマンコ・ハメ・・・チンポマンコLOVE・・・。

ハァ〜ん、チンメコ・・・うぅ〜ん、マラべっちょ・・・。
ハァ〜ん、チンポマンコ・・・おぉ〜、マンコチンポ・・・。

交尾・・・交尾・・・交尾してぇ〜、交尾・・・。
ファック・・・ファックよ、FUCK・・・おファック・・・。
うぉぉ〜、ファ〜ック!  おぉぉ〜、FUCK!!
ぬぉぉ〜、ファ〜ック!! FUCK!!!


ガチャ@電話切る





プルルル〜@電話かける

ハァハァ・・・もしもし、私、今何してるか、分かります・・・?
そう・・・1人でしてるの・・・。
あなたがしてくれないから、自分でしてるの・・・。
オナニーよ、オナニー。オナニーしてるの、オナニー・・・。
あなたもオナニーするんでしょう?だから、私もするの、オナニー。

私、オナニーが好きなんです、オナニーが。
毎晩、オナニーしてるんです。小○生の頃からオナニーしてるんです。
はぁ〜ん、オナニー好き〜、オナニー大好き・・・
オナニ〜・・・オナニ〜・・・オナニ〜・・・オナニ・オナニ・オナニ〜・・・。

私のオナニー・サウンド、聴かせてあげる・・・。
濡れマンコを指でいじる音、
お豆にマン汁を塗ってコリコリしごく音を聴いて下さい・・・。

ヌチょヌチょ、ニチゃネチゃ・・・

ハァハァ〜・・・どうですか?私のマンズリ・サウンド・・・。
マンコの粘膜を、ヌっチョ・ヌっチョしごく音、ちゃんと聴こえましたか?

イヤ〜ん、マンコからワケの分かんない白〜い汁がいっぱい出て、
手がベットリ汚れてるぅ〜・・・。

ちょっと匂いを嗅いでみますね・・・。

クンクン・・・

ハァ〜ん、クセぇ〜!凄くクセぇ〜!マンコがクセぇ〜!マン汁がクセぇ〜!
この匂いを、あなたに届けられないのが残念です・・・。

その代わり、私のマンズリ・サウンド、もっと聴かせてあげる・・・。
これを聴きながら、あなたもチンポをしごいてぇ〜。
マンズリの音を聴きながら、センズリしてぇ〜。

ニチょネチょ、ヌっチょグチょ・・・

ハァ〜ん、マンズリ・・・。うぅ〜ん、センズリ・・・。
あぁ〜ん、センズリ・マンズリ〜、センズリマンスリ〜・・・。

私、なんだかイキそうになってきました・・・。マンコがイキそうなんです・・・。
ね、イッていいですか? 1発イッていいですか・・・?

こうやて、マンコ穴に指を突っ込んで、
入れたり出したり、激しく指ファックしながら、
マンコ豆をコリコリしごいちゃう。豆の皮をむいて、直接しごいちゃう。

うっ!おぉっ!んグっ!ぬぅおっ!

もうイキますね・・・。マンコ、イキますね・・・。

ハァ〜、イク! うぅぅ〜、イク! おぉぉ〜、イク!
マンズリでイク! マンコしごいてイク! 自分でオマンコしてイク!
おぉぉ〜イクイク! ぬぅおぉぉ〜、イッちゃう!

イク! イク! イク! イク! 


イクぅぅぅ〜〜〜!!! おぅっ!!!


ハァ〜・・・ハァ〜・・・フぅ〜・・・フぅ〜・・・
ハァ〜、もうイッたからいい〜・・・。
電話代がもったいないから、もう切る・・・。


ガチャ@電話切る




プルルル〜@電話かける

もしもし、私です・・・。
あの・・・、私からのプレゼント届いてますか?
そうです、小さな容器に入った液体・・・。それ、何だか分かりますか?

そう、私のマン汁です・・・。マンコから出た汁なんです。
マンズリ・オナニーした時に、
マンコから垂れ流れてきたヌルヌル液を集めて、容器に詰めたんです。
私のセックス液・・・交尾液・・・発情液なんです。

私、すごく濡れやすいんです・・・。
マンコから、いやらしい〜汁がいっぱい出るんです。
1回のマンズリで、100ccくらい出ちゃうんです。
凄く臭くて濃い〜汁が、どろどろドロドロ出てくるの・・・。
ザーメンみたいな白〜いネバネバ汁が、マンコから垂れ流れてきちゃう。

あなたのチンポが欲しくて、マンコが汁を出すの・・・。
素敵なちんちんが恋しくて、マンコが涙を流すの・・・ヌルヌルの涙を・・・。

そのマンコ液の多さで、あなたのことを、
どれだけ愛してるか分かってくれますか?
男の人が、チンポから愛のセックス・ミルクをドクドク出すように、
私も、マンコから愛のジュースをドクドク分泌しちゃうんです。
濃くてクセぇ〜愛のマンコ汁を、どろどろ垂れ流してしまうんです。

よかったら、そのマン汁、チンポに塗りたくってセンズリして下さい。
私のヌルヌルのマンコ液を、
チンポ・センズリのローションとして使って下さいね。
チンポが、発情マンコの匂いに包まれて、
きっと、私とオマンコしているような感覚が味わえると思います。
もちろん、匂いを嗅いだり、舐めたりしても構いません。
私の愛の肉汁、たっぷり味わって下さい。

それで・・・もしよかったら、あなたのチンポ精液を私に送って下さい。
ザーメンの鮮度が失われないように、クール便でお願いしますね。
私も、あなたの精液をマンコ肉に塗りたくって、ハード・マンズリします。
ザーメンを舐めたり飲んだりしながら、マンコ肉を激しくしごきます。

あなたの新鮮な精液、待ってます・・・。それでは・・・。

ガチャ@電話切る




プルルル〜@電話かける

ハァハァ〜・・・もしもし、私です・・・。またマンズリします・・・。
マンコ・オナニーしてます・・・。1人で手マンコしてます・・・。
あなたがセンズリの後始末をしたティッシュの匂いを嗅ぎながら
マンコをいじってます・・・。
ティッシュにベットリ染み込んだ、生乾きの精液の匂いをオカズに、
マンコをいじってます。

クンクン・・・

あなたのチンポ液の匂いに包まれて、私、なんだかトリップしそうです・・・。

ハァ〜、匂う・・・。うぅぅ〜、匂う・・・。
ザーメンが凄く匂っちゃう。ハァ〜ん、ザーメンがクセぇ〜。


そうです・・・あなたが出したゴミ袋の中から発見したの。
いつまでたっても、新鮮なザーメンを送ってくれないから、
私、こんなことするんです・・・。あなたのせいですよ。

こんなティッシュなんかに射精しないで、
私のマンコの中にスペルマ出して下さい。
マンコの中身に、タネ汁を撃ちまくって下さい。
もちろん、口の中でも構いません。
あなたの愛のチンポ・ミルク、ゴクゴク飲んであげます。

それから、ケツの穴でもOKです。
私、あなたのチンポをケツの穴でも受け入れるために、
アナルセックスの練習をしてるんです。
あなたの極太ペニスをケツの穴で包み込んで愛してあげたくて、
毎日、肛門にペットボトルをぶち込んで
クソ穴ファックのトレーニングをしてるんです。

実は、今も、マンコとケツの穴の両方にペットボトルをぶち込んでいます。
私の肉の穴、全部、あなたのチンポを包み込むために存在してるんです。
ついでに、しょんべんの出口にも綿棒を差しこんだりして遊んでいます。

そして、ティッシュに染み込んだザーメンの匂いを嗅ぎながら、
ペットボトルを出し入れすると・・・

うグっ!んゴっ!おぅっ!ぬグぉ!
もうイク! すぐイク!まんちょイッちゃう!
オチンポ汁の匂いでイク! ペットボトルでイク!
おぉ〜、イク! うぅぅ〜、イク! ぬぅおぉ〜、イク!
おわぁぁ〜、イク! んグぅ〜、イク!

私のイク声を聴いて! マンコがイク時の声聴いて!
イクよ、ほらイクよ! イク!イク!イク!イク!


イクぅっ!!!

どぅおわギャ!んガんグ!うぃよほが!んぬぅおわ! うっ!!

ハァ〜・・・ハァ〜・・・フぅ〜・・・フぅ〜・・・
ハァ〜、もういい〜・・・イッたから、もう切る・・・。



ガチャ@電話切る




プルルル〜@電話かける

もしもし、私です・・・。
今、何してるか分かりますか?
実は・・・、他の男のチンポコをしゃぶってるんです。
あなたがオマンコしてくれないから、他の男とオマンコするの・・・。

でも、今ならまだ間に合います。
だって、まだチンポとマンコを合体させてないから・・・。

彼、女の体を舐めるのが好きなんです。
さっき、オマンコはもちろん、ケツの穴から足の指までペロペロ舐めてくれて、
私、10回くらいイッちゃっいました。
そのお返しに、ちんちんをしゃぶってる最中なんです・・・。

彼のチンポ、あなたに負けないくらいのデカマラなの。
凄いちんちんしてるんです。
もしかして、あなたのチンポコより凄いかも・・・うふふっ(笑)。

さぁ、どうしますか・・・?
もし、あなたがオマンコしてくれるって約束するなら、
彼とのチンポマンコ遊び、中断します。
でも、オマンコしてくれないなら・・・このまま、彼とオマンコします。
マンコにチンポを入れちゃいます。チンメコ合体、しちゃいます。
さぁ〜、どうしますか〜・・・?


返事がないようなので、私、オマンコします。
彼と、浮気オマンコやっちゃいま〜す。他の男と交尾ファックしま〜す。
しっかり聴いて下さいね、私がオマンコする時の声・・・。


いいわよ、さぁ、ちんちん入れてぇ〜・・・

うぅっ! んグっ・・・おっ! おぅぅ〜・・・。
入りました・・・チンポが入りました・・・マンコに入りました・・・。
どうですか?他の男に、マンコを奪われた気分は・・・。
あなた専用のマンコの穴に、
他の男のチンポコが入ってきて悔しくないですか?

あなたが悪いんですからね。
あなたがオマンコしてくれないから、私、他の男とオマンコするんです。
あなたのチンポの代わりに、他の男のチンポで、マンコを慰めてもらうんです。

まだ間に合いますよ・・・。
もし、あなたがオマンコしてくれるんなら、
私、この男とのオマンコ作業を中断します。
今ハメてるチンポを抜いて、あなたの元へ飛んで行ってマンコを捧げます。

でも、オマンコしてくれないのなら・・・。
彼と、もっとオマンコします。たっぷりオマンコします。
イクまでオマンコします。気絶するまでオマンコします。
しょんべん漏らすまでオマンコします。
マン肉がヒリヒリするまでオマンコします。

さぁ〜、どうしますか・・・?

返事がないようなので、本格的にオマンコしますね。

ねぇ〜、お願い、チンポを入れたり出したりしてぇ〜。
たっぷりオマンコしてぇ〜。思いっきりオマンコしてぇ〜。
全力でオマンコしてぇ〜。汁が出なくなるまでオマンコしてぇ〜。

うぉぉっ!ぬぅおっ!んグっ!ギョっ!んグぇっ!んゴっ・・・。
すっ、凄い! このチンポ凄い! このチンポ最高!
んぬっ!どぅおっ!ぐゎっ!えギョ!ぬんグぅおっ!


もしもし・・・オマンコが忙しいから電話切りますね・・・。

ガチャ@電話切る




プルルル〜@電話かける

うっ!おっ!うぬぅおっ!んグっ!ふグぅおっ!
ぬヒョっ!んグっ!ぉわっ!うぉっ!

おぉぉ〜、イク! うぅぅ〜、イク! ぬわぁ〜、イク!
ほぉぉ〜、イク! んぎょ〜、イク! どぅお〜、イク!
イク!イク!イク!イク! ハァハァ、ハァハァ・・・


イクぅっ!!!

あギョんガぬぇギョほぬガんぅおわ! うっ!!!

ハァ〜・・・ハァ〜・・・ハァ〜・・・フぅ〜・・・フぅ〜・・・。

ガチャ@電話切る




プルルル〜@電話かける

もしもし、私です・・・。
この前は、他の男とオマンコしてる声を聴かせたりして、ごめんなさい・・・。

でも、安心して下さい。あの男とは、もう別れました。
やっぱり私、あなたのチンポじゃないとダメなんです。
あなたのデカチンポじゃなきゃ、オマンコが喜ばないんです。
あなたのチンポなしでは、私、もう生きていけない・・・。

あなたとオマンコすることが、私の願いなんです。
あなたのチンポと私のマンコを、汁マミレになって、
ヌッチョリベッチョリ絡め合うのが、私の生き甲斐なんです。
ちんちんの先っちょから、どぴゅドピュ飛び出る、濃厚なタネ汁を、
マンコの中身で受け止めるのが、私の喜びなんです。
新鮮なスペルマ汁を、お口の中にドピュドピュって射精されて、
それをゴクゴクって喉を鳴らして飲むのが、私の夢なんです。
チンポマンコ・ドリームス・カム・トゥルー・・・

だからお願いします・・・私とオマンコして下さい。
もし、私のことを嫌いなら、最後に1発だけでいいんです。
お願いです、私とオマンコして下さい。
1発だけ、オマンコして下さい。ボランティアでオマンコして下さい。

私、マンコから特別濃い〜スペシャル本気マン汁を、いっぱい分泌して、
あなたのチンポ、ずっと待ってます・・・。それじゃ・・・。

ガチャ@電話切る




プルルル〜@電話かける

あぁ〜、もうダメ・・・チンポが欲しくて、どうにかなりそう〜。
マン汁が止まらない! オマンコしたくてしたくて、もう暴れそう!
チンポマンコしたくて、私・・・
うひょひょひょえへへへへ〜(狂)

ハァ〜、オマンコ! うぅぅ〜、オマンコ!
おゎ〜、チンポ! ぬぅお〜、チンポ! おぉぉ〜、チンポマンコ!
うぅぅ〜、チンポマンコ! うぉわ〜、チンポマンコ!

もうダメよ!このままじゃ、私、狂っちゃう!
今から行くわ〜、あんたの家に!
オマンコやりに行くわ!ちんちん食べに行くの!
精液を搾りに行くわよ! イッヒッヒッヒヒヒ・・・(狂)

ハァ〜、オマンコ! おぉ〜、オマンコ! うぅ〜、オマンコ!


ガチャ@電話切る




ピンポ〜ン!@女が家にやってくる・・・。

来たわよ〜!オマンコやりに来たわよ〜!
ほら、早くオマンコして!オマンコ!オマンコするわよ!
早くチンポちょうだい!チンポ入れて!ほら、チンポハメて!

あらぁ〜!?
いや〜ん、このバカ、チンポが全然立ってないわ〜・・・もう〜。

ほら、ちょっとチンポ貸して!強制的に勃たせてやっから!

♪んゴんバ、チュポしゅるじゅるんグチュプチュパチュんっぱ!

おぉ〜、このスケベが・・・勃ってきたわ〜。
ちんちんが、おっ勃ってきやがった!
オマンコできる硬さになったわ!
さぁ〜、オマンコするわよ〜!チンポマンコするわよ〜!

うぅ!んグっ!うぉっ・・・イク!イク!イク!イク!


いきなりイクぅぅぅ〜〜〜!!!

ハァ〜・・・ハァ〜・・・ハァ〜・・・フぅ〜・・・フぅ〜・・・
チンポ入れた途端、すぐイッたぁ〜・・・いきなりイッたぁ〜・・・。

ぬぅおっ!うっうっ!おぅっ!んグっ!
ダメ・・・またイク! ハァ〜、イク! おぉぉ〜、イク!
うぅぅ〜、イク! マンコがイク! イク!イク!イク!イク!


マンコイクぅぅぅ〜〜〜!!! おぅっ!!

ハァ〜・・・ハァ〜・・・フぅ〜・・・フぅ〜・・・

おぉ〜、効くぅ〜!マンコ豆コリコリ攻撃、凄く効いちゃうぅ〜!
うぉっ!んグっ!ぬおっ!おゎっ!
ダ〜メ、またイク! またまたイク! イッてもイッてもイク!
おぉ〜、イク! マンコがイク! うぅ〜、イク! お豆がイク!
ぐぉっ!おギョっ!んおっ!ドぅおゎっ!
ハァ〜、イク! ぬぅ〜イク! おぉ〜イク!


イクぅっ!!!

うギョわドぅおっうぃげぬぅグんゴ・・・うっ!!

ハァ〜・・・ハァ〜・・・ハァ〜・・・フぅ〜・・・フぅ〜・・・

ダ〜メダメ!イッたあとは、動いちゃダメ!
マンコが感じすぎちゃってダメ!イキすぎるからダメ!

ぬぃギョ!ほわっ!んグぉわ!ドぅおっ!
ダメ!またまたイク! 連続でイク! イッてまたイク!
ハァ〜、イク! うぅぅ〜、イク! おぉぉ〜、イク!
ぬぅおぉぉ〜、イク! イクイク! イ〜クイク!


マンコイクぅぅぅ〜!!! おぅっ!!!

ダメ!またイクぅぅぅ〜!!! うっ!!

うぉぉぉ〜、イクぅぅぅ〜!!! うぉっ!!

おゎぁ〜、イクぅぅぅ〜!!! おぅっ!!

マンコ終わるぅぅぅ〜!!! うっ!!

しょんべん出るぅ〜〜!! んグっ!!

もうダメ!許して!イキすぎて死んじゃう!ダメよ!ごめんなさい!
んグぇぬドぅおゎんギョほガうおゲニョ!



うぉぉぉ〜!!! イクぅぅぅ〜!!!


この後、さらに達しまくり、もはや手がつけられない状況に・・・



(END)




← 淫語小説2に戻る ↑ 淫声メインページへ