KA-04

美形巨根青年 vs 黒あわび熟女
母娘、貝くらべ
4


※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像






21cm君の巧みなエロ作戦に、まんまとハマり、大型キンタマをモミモミしてしまった美咲。
タマの次は、もう『竿』しかありません。チンポを握ってもらうのでございます。
しかし、いきなり美咲のほうから積極的にチンポを握って、
チン皮をスライドしてくれるとは考えられませんので・・・、
いよいよ、本日のクライマックス『抜いてもらう作戦』に移ります。
長さ21cmの極太チンポを、美咲に握らせて、チン皮をスライドしてもらい、
最後に、スペルマをピュッピュ・ピュッピュと飛ばしまくる・・・。
手でセックスしてもらうのでございます。

『手コキ』と言えども、男肉と女肉の触れ合い=性行為には違いありません。
「家庭教師と教え子の母親」の関係から、「男と女」に発展するのでございます。
「手 vs チンポ」の後は → 口 vs チンポ → マンコ vs チンポと、
徐々に段階を踏んでいけばいいわけでございます。

まず「あぁ〜、気持ちいいです・・・」と、あえぎ声を出す21cm君。
男に「気持ちいい」と感想を言われると、妙にうれしくなって、
もっとサービスしたくなるのが女心でございます。
美咲の手も、最初の触診もどきの手の動きから、だんだん、タマキンをマッサージするような、
卑猥な動きに変化してまいりましたが、自らチンポを握ろうとはしません。
本当は、握りたくて握りたくて、たまらないのでございます。
若くてハンサムな男のヤング・マラの感触を握って確かめたいのでございます。
そして、皮をズリズリとスライド移動させて、チン先からスペルマを抜き出してやりたい・・・。
「タネ汁を抜く」・・・それが、勃起チンポを目の前にした時の、メスの本能なのでございます。

「お母さん・・・気持ちいいです、凄く・・・もっと上のほうもお願いします・・・」と、
まるで、精通したて&チン毛生えたてのウブな少年のようなバカ芝居をする21cm君。
「次は、チンポを」という合図なのに、なかなか手が上に移動してくれません。
それでも、何とかチンポの根元の部分にまでは手が伸びてきました。
あともう少しでございます。21cm君の“男”を握るまで・・・。

実は、焦らされているのは美咲のほうなのでございます。
本当は、「早く握らせてぇ〜、しごかせてぇ〜」と思っているのでございます。
チンポマンコ遊びベテランの46歳の熟れ女・・・。
旦那のチンポでも、いきなりパクっと尺八するほどの好きもの・・・。
チンポを握ってしごくなんて、朝飯前でございます。
しかし、相手は娘の家庭教師・・・。
しかも、「絶対に、娘には手を出さないで!」と説教した手前、
自分からチンポコを握りしごくことは出来ません。
と言いつつ、男の生殖器の1つ、キンタマはモミモミ手マンコしているわけでございますが・・・。

美咲が、時計に目をやりますと、すでに午後4時を回っております。
もうそろそろ、娘のマサミが帰宅する時刻でございます。
このまま、延々とタマいじり作業を続けていては、
“手マンコしている現場”を、娘に見つかってしまう恐れもございます。
マサミには、「先生と、Hなことしたらダメ!」と激しく叱ったくせに、
自分は、先生のタマキンをいじって遊んでいる・・・。
もしかすると、我慢できなくなった家庭教師が、襲いかかってくるという最悪の事態も・・・
そんな姿を見られたら、家庭崩壊の危機でございます。

この状況を終らせるには・・・そう、チンポをイカせるしかございません。
タマキンの中に貯蔵された、男の性欲の源である『汁』を放出させるのでございます。
男のアノ液を『抜く』のでございます。
男と女のセックス遊戯が、「チンポから液が出たら終了」ということを十分承知している熟女・美咲。
家庭教師のチンポを射精させて、この場をしのぐほか、手はございません。
今、この男のチンポ絶頂をコントロールできるのは、46歳のセックス・ベテラン女の自分。
自分の卑猥な手マンコで、家庭教師のチンポをフィニッシュさせるのでございます。




ここで、急に美咲がキンタマから手を離し、真面目な顔で21cm君に話しかけます。

「ねぇ、先生。絶対に、マサミに手を出さないって約束してくれます?
それから、このことは、絶対に誰にも言ってはいけません。約束できる?」

何故か、さっき済んだ話・約束した事を、再びぶり返す美咲。
このように、女は、何か「言い訳」を作って、エロ行為をするのが好きなのでございます。
「何々のため」、「誰々を助けるため」などとヌカしながら、
信じられないようなえげつないスケベ・プレイも、平気でやらかしてしまうのでございます。
本当は、チンポが欲しくてしょうがないくせに、「○○のために仕方なく・・・」と称し、
いざオマンコを始めると、無我夢中でチンポを貪り食べ味わう・・・。
悲劇のヒロインを演じながら、実は、男の何倍もセックスを楽しむという、
女の腹黒いオマンコ戦術の1つでございます。

今回の場合で言いますと、「娘を守るために、自分が犠牲になる」という設定で、
結局やることは、卑猥なチンポしごき手淫作業なのでございます。

それから、「誰にも言うな」と“口止め”も忘れないしっかり者。
娘や夫に内緒で、若い男のチンポを、こっそりしごく魂胆でございます。
家族に、世間にバレさえしなければ、女は、メスの本性を丸出しにして、
どんなえげつないプレイでも、平気でやってくれるのでございます。

「約束します・・・。だから、お願い・・・僕、もう我慢できません・・・」

切羽詰まったような21cm君の演技に騙され、
とうとう長さ21cmのロング・チンポを握ってしまう美咲・・・。
しかし、よく考えてみますと、彼は一度も「チンポを握って」などとは申しておりません。
ただ、「上のほう」とリクエストをしただけでございます。
それなのに、勝手に解釈して、チンポを握ってしまうスケベ熟女・美咲でございます。
まぁ、タマキンを揉み揉みマッサージした後、肝心のチンポコを握らない女など、
この世にはおりませんが・・・。

ビンビンに反り勃つ、若い男の長チンポを握った瞬間、
またもや、マンコ穴からヌルヌル状の“糊(のり)”を、ドロっと分泌してしまう美咲。
チンポを握っただけなのに、思わず本気汁を漏らす、情熱的な黒アワビでございます。
彼女のマン汁の匂いと思われる、イカの塩辛と発酵チーズをミックスしたような、
えげつないアロマがモワ〜と漂ってまいります。
成熟したメスの濃厚な性臭をしっかり嗅ぎとる21cm君でございます。

(お、大きいわ・・・凄く大きい・・・太くて長くて、それに重い・・・夫のより・・・。)
心の中で、夫のチンポと長さ&太さ、それに重さまで比較してしまう、いやらしい女でございます。
そして、いつも夫のチンポをしごく時のように、握った手を、亀頭 ←→ 根元と、
ストロークして、チンポの皮をスライド移動させるのでございます。
そう、男の普通のセンズリ方法と同じ。それを、女の手が行う、まさに『手淫』でございます。
46歳の女なら誰でも知っている、チンポしごきの基本テクニックでございます。

「あぁ〜、気持ちいいです・・・もっと、お願いします・・・」
21cm君の手マンコおねだりに、ますますハッスルして、チン皮スライドの速度をアップする美咲。
娘の家庭教師のチンポを無言でしごきまくる46歳の女・・・。
若くい超イケメンの先生と『手で浮気』をしているシーンでございます。

「先っぽのほうも、お願いします・・・」と、今度は『カメ肉しごき』をおねだりする21cm君。
すると、右手のチン皮スライドしごき作業を続けながら、
左手で、カメの部分を優しくナデナ〜デする美咲でございます。
若い女ですと、一度、チン肉しごきを止めてから、カメ肉部門に移るものですが、
やはり、46歳の女は違います。
竿への刺激を中断することなく、カメにも同時に刺激を与えてくれるのでございます。
体のあらゆる部分を使って、男の精のエキスを抜き出そうとする、
チンポ慣れした熟女ならではの手マンコ・サービスでございます。
このように、女は、オマンコ歴が長くなりますと、自然に“風俗嬢化”してしまうのでございます。

すでに、チン先のワレメからは、先走り汁=“チンポ愛液”が、たっぷり分泌されております。
その天然チンポ・ローションを、亀頭全体に塗りまぶしで、手の平&指を使って
ヌルヌルくすぐりしごく・・・手でオマンコするのでございます。
夫以外の男のちんちんから出る汁で、自分の手がベットリ汚れても、
美咲の顔は、全然「汚い」という表情をしておりません。
それどころか、この若い男のチン液を「味見」してみたい・・・というような、
もの欲しそうなスケベづらでございます。

「あぁ〜、気持ちいいです〜、あぁ〜もっと・・・」と、女みたいなあえぎ声を出す21cm君。
その声を聞くと、女は「もっと喜ばせてあげたい、感じさせてあげたい」と、
ますますハードにサービスしてくれるものでございます。
その根底には、「子種汁を体外に放出させる」という女の使命、
メスの生殖本能があるのでございます・・・。
美咲も、「こう?これがいいの?」などと、21cm君の反応を確かめながら、
チン皮スライドのスピードを調整したり、亀頭のくすぐり方を変えたり・・・、
女歴46年の、えげつない手マンコ・テクニックを、 ついつい披露してしまう恥ずかしい女でございます。

さすがの21cm君も、美咲の卑猥なチンポしごきに、キンタマの中のエロ・カルピスが、
チンポの管を昇ってまいりました。射精ピュッピュしそうでございます。
21cm君は、もう1つ、ある作戦を考えております。
それは、いきなり暴発射精するのでざいます。
普通、スペルマが出そうになると、「出そう」とか「イキそう」などと、
“お射精予告宣言”をして、女に、心の(+ティッシュの)準備をさせてから、
ピュッピュぴゅっぴゅとやるものですが、本日は、いきなりチン先からカルピスを飛ばし、
若いチンポの威力を存分に見せつけて、美咲の度肝を抜く作戦でございます。

今までも、チンポ液をいきなり飛ばして、女に怒られたことが何度かある21cm君でございますが、
どの女も、本気で怒り狂う女などおりませんでした。
逆に、飛べば飛ぶほど、内心喜んでいるようでございます。




そんなことを考えているうちに、もう21cm君のチンポ、射精寸前の限界リビドー状態でございます。
キンタマ袋も縮み上がり、タマも上にズリ上がって、射精の兆候が顕著に見られますが、
若マラしごき作業に没頭してい美咲は、さっぱり気づいていない様子・・・。
今でございます。いきなりチンポを暴発させて、ヤング・チンポの強烈なドピュドピュ痙攣運動を、
たっぷり見せつけるのでございます。

「うっ」と、軽く唸って、チン先からキンタマ・カルピスの原液をドピュどぴゅ!ドピュっ!
ちょうど、カメ肉のワレメから美咲の手が離れた瞬間に、「1ドク目」のスペルマが飛び出たため、
なんと1メートル以上飛んでしまい、フローリングの床にパシャっと着地。
「あっ、ダメ!」と叫ぶ美咲、慌てて亀頭に手をかぶせて、ザーメンが飛ぶのを防ぎます。
おかげで、若い男の凄まじい射精を、手の平で思いっきり感じてしまうのでございます。

亀頭のワレメ、スペルマの発射口を手で押さえたせいで、
水を出している最中の水道の蛇口を塞いだ時のように、
なおさら射精圧がアップし、精液のしぶきが上下右左に飛び散るという大惨事でございます。
そのたびに、「あっ、イヤ!」「ダメ!そんな!」などと悲鳴をあげる美咲。
どこにスペルマが飛んでしまうか分からない、スリル満点、
若い男の元気爆発、チンポ精液スプリンクラー事故を楽しんでいるようでございます。

普通の男ですと、射精時のチン肉ドクドク痙攣は、5回ほどで終了でございますが、
彼の場合、なんと「10〜15ドク」もするのでございます。
しかも、1回のチンポ絶頂での射精総量も50cc以上。オバケ・チンポでございます。
それに加え、実は21cm君、ザーメンの飛距離、チンポのドクドク痙攣を
さらにアップさせるために、4日ほど禁欲して、タマキンがパンク破裂するほど、
大量のエロ・カルピスを貯め込んでいたのでございます。
美咲に、飛び&ドクドク感をたっぷり味わってもらうために・・・。

ひととおりチンポ射精作業を終えて、放心状態の美咲と巨根家庭教師。

21cm君「す、すみません!いきなり出しちゃって・・・」

美咲「もう〜・・・出す前に、言ってくれればよかったのに・・・」

21cm君「すみません・・・でも、あんまり気持ちよかったもんだから・・・」

「気持ちよすぎて」と感想を言われて、悪い気がする女はおりません。
チンポがコントロール不能に陥り、いきなり暴発射精するほど彼を喜ばせてあげたということで、
何とも言えない満足感・幸福感を味わう美咲でございます。
男の精を抜いた後に女が感じる、妙な征服感でございます。

「ほら、後始末しなきゃ・・・」という美咲の顔には、微笑さえ浮かんでおります。
もう何年も前から、21cm君と肉体関係を結んでいるような態度でございます。

まずは、自分の手にベットリついた濃厚ザーメンを、ティッシュで拭きとった後、
射精しても尚、まだおっ勃ったままのロング・チンポを優しく拭いてくれます。
そうでございます。彼のチンポは、射精しても、海綿体のハッスル興奮が納まらず、
なかなかチン肉が縮まない性質も持っております。
その特性を利用して、「抜かずに続けてしてぇ〜」と、
2回も3回も連続でオマンコをおねだりする女もいるほどなのでございます。
この『射精したのに勃ったまま』を美咲に見せつけるのも、今回の作戦でございます。
その策略にハマり、
(凄いわ・・・あんなに出したのに、まだ硬い・・・若いチンポって凄い・・・)
と、硬直マラ陰茎を拭き拭きしながら感動&興奮する美咲。

チン拭き作業が終ると、今度は床でございます。
よく見ますと、床以外の箇所にも、ザーメン汁のしぶきが飛び散っております。
「あっ!ここも・・・。あっ!あそこにも・・・」
あちこちに精液の飛び跡を発見し、ティッシュで拭き掃除する美咲。
仕舞いには、「あなたも手伝って、ほら!」と、21cm君にも後始末を手伝わせる図々しさ。

使ったティッシュは、なんと20枚以上!
それほど、大量のちんちんカルピスをぶっ放したという証拠でございます。
21cm君が、拭いたティッシュを、部屋のゴミ箱に捨てようとしたところ、
「ダメよ、匂うから。ちょっと待ってて・・・」と台所から新しいゴミ袋を持ってきて、
「これに集めて入れて」と指示します。
娘・マサミに、精液の匂いでバレることを心配しているようでございます。

さらに、換気扇を回しながら、消臭スプレー噴霧しまくる綺麗好きな母親・美咲。
これには、さすがの21cm君も、ちょっぴり笑いが出てしまいしましたが、
今までの経験では、綺麗好き・清潔好きの女ほど、オマンコする時は、
洗っていない不潔なチンポでも平気で生尺したり、チン臭をクンクン嗅いだり、
大喜びしながらチンカスを食べたり・・・別人のように変身するものでございます。
今後、2人の関係が進んで、美咲が、どのようなお下劣な痴態を見せてくれるか・・・
楽しみでございます。

時刻は、4時半。マサミが帰宅する時刻でございます。
このまま、はち合わせになっても、「謝りに来た」と言えばいいわけですが、
一応、「美咲にチンポをしごかせる」という本日の目的は果たせたので、
とりあえずは、これで帰ることにする21cm君。

美咲「帰ります?まぁ、今日は、そのほうがいいわ・・・」

21cm君「本当に、すみませんでした。それから・・・ありがとうございました」

美咲「いいのよ、気にしなくて。でも、2つの約束、絶対守って下さいね」

チンポしごきを感謝されて、妙にうれしい美咲でございます。
しかし、2つの約束・・・「娘とSEXしない」「チンポ性欲処理は内緒」を、よく考えてみますと、
「あなたのチンポ&精液は、私だけのモノ」というスケベな意味のように思えてまいります・・・。
21cm君が帰ったあと、しばらく腰が抜けたように、ソファーに座っていた美咲。
やがて、フラフラと立ちあがり、トイレに入ります。
別に小便やクソがしたくなったのではございません。
そう・・・、拭くのでございます、マンコを。
マンコから漏れ出た濃厚発情汁を、拭くのでございます。
マンコのヌルヌルを拭き取るのでございます。
若い男のチンポを握って、しごいて、射精を味わって、思わず興奮して、
毛生えアワビのワレメ穴から垂れ漏らしたクッセぇ〜交尾用の液汁を、
トイレットペーパーで吸い取り&拭き取らなければ、お股が気持ち悪いのでございます。

トイレに入り、パンティーを降ろし、マンコが密着する部分の裏地を見ますと、
予想通り、ヌルヌル粘液でベットリ濡れ汚れまくっておりました。
チンポを抜き差しされている時にマン穴からドロドロ漏れ出るクセぇ〜白濁粘液、
あの『女の精液』を、オマンコしていないのに“射精”してしまった46歳の熟れメス。
ヤング・チンポ射精の凄まじい迫力を手で味わいながら、
自分も、『マンコ精液』をこっそり“射精”してしまう、恥ずかしい女でございます。

トイレット・ペーパーで、まずパンティーの裏地を拭き取り、
続いて、汁のまみれたマン毛&マン肉を拭き拭きします。
拭いてる最中に、コリコリおっ勃ったマンコ豆に紙が触れて、思わず感じてしまう美咲。
このまま、豆をしごきまくって、1発“抜いて”、この発情興奮を鎮めようかと思った時、
「ただいま〜」と、娘のマサミが帰ってまいりました。
慌てて、トイレから出るスケベ母でございます。

懸命な消臭作業のおかげで、男の匂い、チンポの匂い、精液の匂いは消えておりましたが・・・。

「あれ?ママ、顔が赤いけど・・・具合でも悪いの?」

性興奮に伴う顔面の火照り・紅潮は隠せません。

「いえ、ちょっと熱があるみたいなの・・・」

「え〜、大丈夫ぅ〜?横になってたら〜」

母親が、『オマンコ性交禁止令』を出した家庭教師の男のタマキンを揉み、
チンポをしごき、ザーメンの“飛び”を味わって、興奮状態が続いていることを知らない
健気なムチムチ処女メコ娘、長澤マサミ・17歳。


(つづく)




← 淫語小説2に戻る ↑ 淫声メインページへ 母娘、貝くらべ 5 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




岡本由紀 五十路 無修正動画 橋本恵子 五十路 熟女