KA-07

美形巨根青年 vs 黒あわび熟女
母娘、貝くらべ
7


※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像





とうとう、夫以外の男のチンポ肉にベロを絡めてしまった不貞妻、美咲。
しかも、夫のより大きく、若く新鮮なチンポコ・・・。
すでに100人以上の女がベロベロ舐めしゃぶった21cm君のデカマラを、“初物”と思い込み、
「女の粘膜の気持ち良さを教えてあげる・・・」とでも言いたそうな、
情熱的な舌使いを披露する46歳のチン飢え妻。

成人した女のベロには、2つの役目があるのでございます。
1つは、もちろん、味覚を味わうための器官。
そして、もう1つが、男の生殖器を気持ちよくさせるためのセックス器官としての役割でございます。
さらに、女も自らチン肉のプリプリした感触をベロで味わうのでございます。
女のベロは、セックスのための淫らな粘膜触手なのでございます。

21cm君「あっ、うっ、気持ちいいです・・・凄く・・・」

初めてチン舐めをされるウブな青年を装う21cm君でございます。
美咲「あっ、見てはダメ!顔は、見ないで・・・
女はね、コレをしてる顔を見られるのと、凄く恥ずかしいの・・・
だから、ね、お願い・・・目をつぶってて・・・」

若マラにベロを絡めてる顔、夫を裏切って『口マンコ浮気』してる顔を見られるのを嫌う美咲。
でも、これも最初のうち・・・。
いずれチンポマンコ結合関係になれば、
「私が尺八してる顔、たっぷり見てぇ〜」と、デカマラを頬張って、
ゴリラのごとくド変形した脂ぎった熟女づらを見られて、逆に興奮するようになるのでございます。

21cm君「わ、分かりました・・・でも、汚くないですか・・・僕の・・・」

美咲「汚くなんかないわ。これが普通なの・・・。先生も知ってるでしょ?
  女がみんな、コレすること・・・。」

21cm君「知ってます・・・でも、何だか申し訳なくて・・・」
美咲「気にしなくていいのよ。マサミの成績も上がってきたし・・・
  その“ご褒美”だと思って・・・」

『ご褒美』などとヌカしておりますが、美咲のほうこそ、
チンポ舐めたくて舐めたくてしょうがなかったのでございます。
連日のように握ってしごいて精を抜き出している、美青年の新鮮なチン肉に、
ベロを絡めたくて我慢できなかったのでございます。

若マラのカメ肉部分にベロをヌメヌメと絡めながら、
思わず、夫のチンポとの“食感”を比較してしまう美咲。
(凄い・・・張ってるぅ・・・凄く張ってて、弾力があってプリプリしてるぅ〜・・・
夫のよりお肉がプリプリしてて、凄く美味しいの・・・。)

ヤングチンポの素敵な舌触りが嬉しくなって、亀頭のあらゆる部分にベロを絡めます。
プックリ盛り上がったカリ肉に沿ってベロを這わせたり、
その裏側のヌメっとしたチン汚れを舐め取ったり、
もちろん、先っちょのワレメを舌先でチロチロくすぐって、
そこから滲み出る『チンポ愛液』をすくって、こっそり飲んだり・・・
男を喜ばすというより、自分が若いチンポ肉を味わい楽しんでいるような
チン舐め遊戯でございます。

亀頭を一通り舐め終わると、今度は『竿』に移ります。
21cmロングチンポの長〜い竿肉にフルートを吹いたり、
反り返っている裏筋を舌先でツーっとなぞったり、
首と顔をクネクネ動かして、根元 ←→ 先っちょ、と何往復もする
卑猥な『クレオパトラ式フェラチオ』でございます。

今度は、キンタマに顔を埋めます。
そして、まず深呼吸・・・。そう、タマ脂の匂いを嗅ぐのでございます。
若い男のキンタマからモワ〜っと漂う、脂臭〜い男のフェロモンに酔い痴れる46歳の熟れメス。
すでに、マン穴から「ひきわり納豆」みたいなスペシャル交尾粘液をドロリンチョと分泌して、
完全に発情状態にある美咲が、さらに、女を発情させる作用があるタマ・アロマを嗅いだせいで、
もう自分でも、今、何をやっているのか分からないほどトリップしてしまうのでございます。
フニャフニャ柔らか〜いタマキン袋に鼻を密着させ、
クぅ〜ハァ〜クぅ〜ハァ〜と匂いを激しく嗅ぎまくる姿は、
まるで、交尾前に互いの尻の匂いを嗅ぐケモノのようでございます。

やがて、脂ぎったキンタマ袋をベロベロベロンチョと舐め始めます。
新陳代謝が盛んな若い男のタマキン袋の表面に浮き出た脂成分を、綺麗に舐め取る年増女。
さらに、タマを1個、口の中に頬張り、ベロをレロレロ動かして刺激します。
まるで、このタマの中に貯蔵されている『本日のカルピス』、私がもらうわよ・・・、
今日のスペルマ、もう私が“予約済み”なの・・・今日も、精をいっぱい出してね・・・と、
合図してるような、熟女のえげつないキンタマ・フェラチオでございます。




そう言えば、またチンポをパックリ咥えておりません。
カメに肉にベロを絡めたり、竿に横笛吹いたり、キンタマを口に含んだり・・・は、
美咲にとって、口マンコにおける“前戯”なのでございます。
ちんちんをパクっと咥えて、唇やベロを絡めながら出し入れするのが、
口マンコの“本番”と考えている美咲なのでございます。
女の粘膜孔にチンポを出し入れさせるのが“本番”・・・
まるで、本物のオマンコ交尾と同じようなものでございます。

「先生の、包んであげる・・・」と言いながら、巨チンポの先っちょのカメ肉を、
パックリと頬張る美咲。いよいよ、口による『本番オマンコ』の開始でございます。
肉厚の唇がカリのクビレに絡みつき、口の中では、ベロを高速回転させて亀頭を舐め愛します。
やがて、赤黒い蛇を丸飲みする妖怪女のように、長いチンポの肉竿を深〜く飲み込んで、
唇をネットリ絡めながら入れたり出したり、淫らな口マンコ・ストロークを行います。
♪じゅぷちゅぱしゅるちゅぽ・・・
46歳のドスケベ女が、若い男のセックス肉を貪り食べる卑猥なオーラル・サウンドが、
聴こえてまいります。

21cm君が薄目を開けますと、極太の巨チンを口いっぱい頬張り、
まるで出っ歯のメスゴリラのようなバカづらの美咲の顔が見えます。
どんな美人の女でも、チンパクする時は、このようなゴリラ顔にド変形するのでございます。
己のチンポの威力で、女の綺麗な顔が醜く歪むのを観察するのは、男冥利に尽きます。

顔を見られていると気づいた美咲、
「顔見たらダメって言ったでしょ!今度見たら、もうしませんよ!」と、
やかましく注意するのでございます。
先ほどのチンぺろ舐め顔より、このチンパク・ゴリラづらのほうが恥ずかしいようでございます。
『チン舐め』も『チンパク』も、男がしょんべんをする肉器官に
口をつけて舐めしゃぶっている・・・という、えげつないオーラル行為に違いはありませんが
やはり、そこは女。チンポを口いっぱいに頬張っている時の
顔の『歪み』を見られるのは恥ずかしいのでございます。
たとえ、46歳のババァになっても・・・。

実は美咲、チンポを丸飲みするのが大好きなのでございます。
男の“精肉”を口いっぱいに頬張り、『のどちんこ』にチン先が当たるまで
深くファック挿入して、その窒息感に大喜びする、変態ディープ・スロート女なのでございます。
だから、久しぶりに旦那とオマンコする時は、いつも1時間近く、もうチン皮がふやけるまで、
マラ舐めオーラル・セックスに耽る尺八婦人(長時間演奏OK)なのでございます。

(凄いわ・・・奥まで入れても、まだ半分近く余ってる・・・)

旦那のチンポは、丸飲みすると、肉茎がすべて口の中に収納されるサイズですが、
21cm君のロングチンポは、のどちんこに当たるまで挿入しても、根元のほうが、
まだまだ余っているのでございます。
しかも、旦那のチンポコの2倍近くの太さ=直径があるので、
ジュポジュポと激しく出し入れしてると、思わずチン肉に歯が当たりそう・・・
そうならないように、口をより大きく開けると、今度はアゴが外れそうになり、
さらに、ヨダレをダラダラと垂らす始末・・・。
旦那のちんちんなら、1時間咥えっぱなしでも平気なのに、21cm君の巨根マラですと、
たった10分の『口本番』だけで、もう限界でございます。口が“逝って”しまうのでございます。

咥える前に、「包んであげる・・・」などと、妙に抽象的なことをヌカしておりましたが、
チンポマラのあまりのデカさに、たっぷり“包み”きれず、
逆に、口を巨チンでレイプされたような状況に陥るバカ女でございます。

しかし、さすがチンポ尺八25年以上のキャリアを誇る女、
息が詰まり、アゴの関節が外れそうになり、ヨダレを垂らしながらも、
(あぁ〜、1時間でも2時間でも、このまま咥えていたい・・・)
などと思う余裕もあるのでございます。
しかし、まもなく、娘のマサミが帰ってくる時間・・・。
咥えているこのチンポを射精フィニッシュさせてあげないと、
チンポに尺八を吹いている淫らな姿、家庭教師のチンポにベロを絡めているえげつない場面を、
マサミに見つかってしまう恐れがございますので、
そろそろ、本格的な“精抜き出しフェラ”に移る美咲でございます。

パックリ咥えたチンポの出し入れ作業を続けながら、口唇で刺激できないチンポの根元部分は、
手を使ってしごき、さらに、もう片方の手で、キンタマをムニュムニュとマッサージして、
カルピス液の噴出を促します。

夫のチンマラをしゃぶる時は、その後、すぐにチンポマンコ・ファックに突入するので、
“口で抜く”ことは滅多にございません。
美咲にとって、久しぶりの『口抜き作業』でございます。
しかも、唇+舌+両手を同時に使ってチンポをイカせるという、
いつも旦那にしているよりも濃厚な口マンコ+手マンコを、
娘の家庭教師にサービスしてしまう、ふしだらな女でございます。

(やっぱ、熟女の尺八は最高だぜ・・・)

カメ肉をベロでレロレロされ、カリ肉からチンポの中間部にかけて唇がネットリ絡みつき、
根元部分を手でしごかれ、おまけに、タマキンまでモミモミされて・・・
男のセックス部分を、すべて同時に刺激されて、さすがの21cm君も、
思わず、「うぅ〜・・・」と、演技ではない、本気の唸り声を出してしまいます。
今まで、100人以上のスケベ女どもに、チン肉を咥えさせてあげた彼でも、
この『口マンコ+手マンコ複合チンポ責め』は効くのでございます。

もう、この頃になると、美咲の尺八バカづらも眺め放題でございます。
超ハードなフェラ+センズリ作業に夢中になってるせいで、
21cm君が目を開けて、自分のフェラ顔を観察していることに気づいていない様子。
いや、実は、とっくに見られていることに気づいていて、
「さぁ、見て見て!私のスケベな顔、たっぷり見て、もっと興奮してぇ〜」と、
“視覚的ズリネタ”を提供しているのかも知れません。

最初は、「うわぁ〜、このババァ、スゲぇ〜顔してやがるぜ・・・」と、
面白がって眺めていた21cm君でございますが、
あの女優の石田Eりのような綺麗な美咲の顔が、ゴリラ妖怪のごとく醜く変形しまくり、
口からはヨダレを垂らし、時々、白目まで剥いてチンポに喰らいついている
あまりにもお下劣すぎる熟女尺八の実態をモロに見て、なんだか恐怖さえ感じてまいりました。
ヘタすると、怖さのあまり、それまでビンビンに反り返っていた自慢のデカチンが、
フニャっと縮み萎んできそうな気がしてまいりましたので、
とりあえず、『美咲のフェラづら鑑賞会』を中断して、
チンポのみに意識を集中することにしました。





やがて、キンタマ袋の皮がだんだん縮んできて、中身のタマが上に移動してまいります。
お射精間近の、例のキンタマずり上がり現象でございます。
タマキンもみもみマッサージをしても、すぐに袋が縮むことから、
カルピス液発射が近いことを察知する美咲でございます。

ここで一旦、口からチンポを抜いて、

「ね、そろそろでしょ・・・?いつものように、出る時、言ってね・・・」と美咲。

21cm君「えっ、でも、口の中じゃ、汚いですよ・・・」

美咲「いいの・・・。出る時、言ってね・・・」

妙に、言葉の少ない美咲。
チンポを咥えてる最中の女が、「いいの」と言えば、
それは、「口内射精OK!遠慮なくお射精して!豪快に汁出して!マラ汁カモン!」の
合図なのでございます。
そして、それは「貴方の“精”を、飲んであげる・・・」の意味でもあるのです。

いよいよ、仕上げに入ります。
チンポの口内出し入れスピードをアップさせ、同時に、手による“根元しごき”も加速、
さらに、タマキンを揉むのを止めた手で、まるで、幼児にしょんべんをさせる母親のように、
21cm君の太ももや下腹部、尻までナデナデします。

ジュポじゅぽチュっぱチュポという、強烈な尺八サウンドに混じって、
「うんグ、んガっ、ぬグっ」という、美咲の唸り声も聴こえてまいります。
「せっかく咥えた若いチンポ、精を出すまで口から放さなわよ!」と言わんばかりの
すっぽんフェラ女の執念の唸り声でございます。

年増女のえげつない精抜き口淫に、さすがの21cm君も、キンタマ・コンデンス・ミルクが、
管を通って、マラ先まで昇ってきて、お射精カウントダウン状態・・・

「で、出ます・・・」

己のチンポに貪り喰らいついてるスケベ・ババァの口の中に、全く遠慮なく、
まるで、誰もいない野原で、立ち小便でもするように、豪快にピュッピュ・ピュッピュと
男の汁を撃ち放ちまくるのでございます。
いつものように、チンポの海綿体肉を、何回も何回もドクドク痙攣させて、
50cc近くの濃い〜カルピス原液を、美咲の口にプレゼントしてやるのでございます。

やっぱりザーメンは、女の肉の中・女の体内に放出するのが正しい射精なのでございます。
本当は、マンコの奥、女のはらわた=子宮に、直接ぶっかけるのが一番よろしいのですが、
今回のように、“口のオマンコ”に中出しするのも、男にとっては満足なのでございます。
少なくとも、ティッシュにピュッピュとやるよりかは、遥かにマシでございます。
男の大切な精・タネ・DNA汁を一滴の無駄もなく、女肉の中に補充しやるのが、
男の生殖本能なのでございます。

青少年向けの半エロ雑誌などにも、正しいセンスリ射精法といたしまして、
「好きな女の子、または、好きなアイドル・タレントの体内に、
精液を中出しすることを考えながら射精すると、オナニー終了後の罪悪感が薄れる」などと、
『バーチャル種付け』を奨励したりしております。

さて、50ccもの濃厚スペルマを豪快に口内発射された美咲、
チンポだけでも口の中がいっぱいで、よだれを垂らしているほどなのに、
さらに、多くのネバ汁が入ってきたせいで、口内に溜めきれず、唾液とミックスされて、
口から垂れ漏れてまいりました。

さらに、スペルマの直撃を喉の奥で受けたものですから、
どうやら、少量が『気道』に入り込んだらしく、ゲホっ!ゲホっ!と咳き込むマヌケぶり・・・。
21cm君の射精の凄まじさを知ってる美咲でございましたが、
口内に直接ドピュッピュピュっぴゅされた場合、
これほどまでの“圧”があるとは、予想していなかったのでございます。

それでも、またチンポに喰らいついて放さないスッポン尺八女。
ドクドク射精痙攣が終わったことを確認すると、口に咥えたままで、
いつも、手で抜く時のように、竿の根元から先っちょのほうへ、チン肉をしごき上げ、
尿道の中の残り汁をカメの先のワレメから搾り抜き出します。
若い男のタネ汁を、一滴も残さず体内に摂取しようと企む、好色熟女の執念でございます。

ようやく、口からチンポを引き抜きます。
射精直後の新鮮スペルマを、ゴクリと一気飲みするかと思いきや、
まだ、口内に満タンに溜めている様子でございます。
そして、そのまま洗面台のほうへ・・・。水を流しながら、全部吐き出している模様。

美咲が、大喜びしながら、ザーメンをゴクゴクと喉に流し込んでくれるものと思っていた21cm君、
ちょっぴりガッカリでございます。
自分のDNAタネ汁を下水に流され、「作戦失敗かな・・・」と落ち込む21cm君。
しかし、実は、美咲、吐き出していなかったのでございます。
洗面台に吐き捨てるフリをして、口の中の濃厚フレッシュ・マラ汁を、
ぜ〜んぶゴクリと飲み干したのでございます。
何しろ、ティッシュに吐精したザーメンを口に含みんで、チュ〜チュ〜吸い舐めながら、
マンズリ手淫に耽るほどの変態女が、出したて・射精したてで、まだ精子が生きている状態の、
超おいし〜い新鮮スペルマを吐き捨てるなんて、もったいないことはしません。
ゴクっ、ゴクっ、ゴクっと、3回に分けて、精液特有の苦味を楽しみ味わいながら、
胃袋に中に流し込んだのでございます。
ただ、『飲むシーン』を、21cm君に見られるのが恥ずかしかっただけ・・・。
マラチンポを咥えしゃぶった、この期に及んでも、一応、乙女の恥じらいを見せる、
46歳の黒あわび熟女、美咲でございます。

わざとらしく、ガラガラと『うがい』などをして戻ってきた美咲に、
「す、すみません!こんな汚いことしちゃって・・・」と謝る21cm君。

それに対して、美咲は、
「んもう〜、凄いんだから・・・うふふっ」と、さっぱり怒っている様子はありません。
それどころか、妙にニヤニヤと、えげつない“ミルキー・スマイル”を浮かべております。
搾りたての新鮮チンポ・ミルクを飲んで満足した四十路女の卑猥な微笑でございます。




さて、それから24時間後、つまり翌日の午後4時ごろ、
また21cm君のチンポを貪り吸い舐める美咲の姿がありました・・・。
そして、その翌日も、翌々日も・・・毎日、ヤングなチン肉を口に咥え、
最後に、男のカルピス原液をゴクゴクと飲み干して、体内に取り入れるのでございます。

女は、一度その男のチンマラを口に含めば、次回からは、もう何も言わずに、
いきなりチン肉にパックリと喰らいついてくる、図々しい生き物・・・。
最初は、「コレしてる時の顔を見ちゃダメ!」と、やかましく注意する美咲でございましたが、
チンポに尺八を吹き始めてから3回目くらいになりますと、
フェラ顔をじっくり観察しても、もう何も言わなくなったばかりか、
時々、21cm君のほうへ、チラっといやらしい流し目を送り、
「今日のも、凄く張りがあるわ〜・・・」とでも言うような、無言の合図を送るのでございます。

しかも、21cm君が「もう出そうです・・・」と、スペルマ発射の予告をしますと、
「もうちょっと頑張って・・・」と射精を我慢させるのでございます。
1分1秒でも長く、若い男のチンポ肉にベロを絡めていたいと願うスケベ女の本性丸出し・・・。
最初は、「娘に手を出さないように」と手マンコをして、
次に「ご褒美」と言いながら口マンコをする・・・
いろいろ言い訳をしながら、実は、美咲自身の性欲、チンポへ欲望を
満足させているだけのセックス行為なのございます。
娘の家庭教師に“淫行”をしているのは、美咲のほうなのでございます。

さらに、最初は、スペルマを口内発射した後、洗面台に行って
吐き出してるフリをしておりましたが、もうそのような偽装工作もせずに、
その場で、ゴクゴクと精飲するようになったのでございます。
口に溜まった50ccの特濃ザーメンを喉に流し込んだ後、とろけた顔で21cm君を見つめる美咲、
妖気さえ感じられます。男の精を飲んで生きる妖怪ババァでございます。

チンポを手でしごき抜き、その次に、口で吸い舐めしゃぶり、
そして、その男の“成分”をゴクっと飲んで体内に取り入れ・・・
もうその次は、オマンコしかありません・・・。
手 → 口 → マンコ・・・男と女の自然なチンポマンコ行為の流れでございます。
あとは、『チンポ IN マンコ』するのみでございます・・・。


(つづく)




← 淫語小説2に戻る ↑ 淫声メインページへ 母娘、貝くらべ 8 →




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




浅倉彩音 初裏無修正 三十路 北原夏美 初裏無修正 四十路