KA-09

美形巨根青年 vs 黒あわび熟女
母娘、貝くらべ
9


※すべてフィクションです。実在する個人、団体とは全く関係がございません。




熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り映像

熟女倶楽部 】・・・熟年カップル・中年夫婦ラブホテル隠し撮り、消し忘れ流出映像






美咲が単身赴任の旦那が暮らす九州に“オマンコ出張”に行くまで、
いよいよ、あと2日となりました。
娘のマサミに話によりますと、あさっての早朝、新幹線に乗って、
旦那のチンポに逢いに行くようでございます。
ということは、21cm君が美咲とオマンコできるチャンスも、
今日と明日の2日間だけ・・・。
ここらで、21cmチンポをばっちりハメ入れて&抜き差しファックを施して、
美咲のマン穴をガバガバに広げておけば、
いざ、旦那の普通サイズ・チンポコをハメられても、マンコが喜ばないはず・・・。
いよいよ、46歳のチン飢え美熟女、美咲のマンコ貝を頂く作戦に突入でございます。

その日の午後1時頃、美咲の携帯に電話する21cm君。
「いきなり来られると困るから、せめて来る前に電話くらいして・・・」という、
美咲のお願いがあってから、まるで、風俗店に“指名の予約”を入れるかのごとく、
まず電話を入れてから、キンタマ・カルピスを抜いてもらいに・・・
いや、美咲に21cmのマラ肉を食べさせに、若い男の精のエキスを
飲ませに行くようになっているのでございます。

普段は、2時すぎに電話を入れて「3時半に来ていいですか・・・?」と、
“予約”を入れる21cm君でございましたが、
その日は、1時間も早く、しかも「今から来てもいいですか?」と尋ねてみます。
“本番”オマンコするために、いつもより2時間も早く長澤家に乗り込む作戦でございます。

美咲「え?今から?・・・実は、これから、
  ちょっと買い物に出かけようと思ってたところなの・・・」

どうやら、例の『オマンコ出張』の為の、諸々の買い物のようでございます。

21cm君「あっ、そうでしたか・・・。ごめんなさい、いきなりで・・・」

美咲「3時すぎじゃダメ?その頃には帰ってくるわ」

21cm「僕、ちょうど3時から大学の用事が入ってて・・・」

美咲「そうなの・・・」

21cm君「明日は、ダメですか?明日の1時頃・・・」

美咲「明日なら大丈夫よ。1時頃ね、待ってるわ」

21cm君「ごめんなさい、無理言っちゃって・・・」

美咲「ううん、私の方こそ、ごめんなさいね。じゃあ明日、待ってるから・・・
  他の所で出しちゃダメよ・・・うふふ(笑)」

ザーメンを“他の所”=「他の女の粘膜を使って抜き出したらダメ」という、
えげつない約束でございます。
キンタマの中のスペルマを、逆に“予約”されてしまう21cm君でございます。

肩透かしを食らった21cm君・・・。
学内で、ちょっと声をかければ、「憧れの21cm君に誘われた!」と有頂天になって
ホイホイ股を開いて、クッセぇ〜ヌルベチョ貝を晒し出す女子学生は
山のようにいるのですが、ここは一つ、明日の本番チンポマンコに備えて、
彼にしては珍しく、禁欲することにしました。

いつも言っておりますように、21cm君のタマキンは、一種の特異体質でございまして、
たった24時間で、普通の男の3日分の精液を製造可能なのでございます。
ということは、48時間もスペルマを抜かないと・・・
1週間分の量のザーメンが溜まり、タマがずっしりと重くなり、
袋の表面には、メスを発情させるフェロモン成分を含む『タマ脂』が噴き出し、
テカテカ照り輝くほどでなのでございます。

明日、美咲に、そのタマ脂のフェロモンをたっぷり嗅がせ、
頭がボ〜っとトリップしたところで、熟女の黒アワビに21cm肉棒をぶち込み、
互いの生殖粘膜をヌチョヌチョ擦り合わせ、2発も3発もオマンコする作戦でございます・・・。




―― さて、翌日の午後1時すぎ。――
21cm君の激しくおっ勃った巨マラに、
しょるしゅるペロれろとベロを絡める美咲の姿がありました。
48時間の禁欲で、いつもよりも、さらに反り返っているため、
チン肉を手で掴み、根元の部分を少し“折って”角度を調整しないと、
口に含めないほどのスーパー勃起ぶりに、美咲もニヤニヤと
卑猥な“オマンコ・スマイル”を浮かべて喜んでおります。

それに、「明日、3か月ぶりに夫とオマンコできる・・・」と考えただけで、
身も心も、妙にウキウキして、今、目の前にある、若い男のチンポに、
ハイテンションな尺八演奏をしてしまうのでございます。
東南アジアのどこかの国の舞踊のごとく、首だけを横に振りながら、
柔らかいプチ・タラコくちびるをチン肉にスライドさせたり、
まるで妖怪ヘビ女のごとく、亀頭部分にベロを高速で絡めたり、
さらには、チンポ&キンタマに顔面を密着させて刺激したり・・・。
おかげで、チンポが口紅や化粧で色づいてしまうほどの、激しいチンポ接待でございます。

しばらくチンポに尺八を吹かせた後、
「また、キスしてもいいですか・・・?」とお願いして、
互いの唾液を交換して飲むほどの卑猥なベロ・セックスに興じる家庭教師と母親・・・。
それから、美咲の乳を揉み、熟女ならではの、いやらしい脂身(あぶらみ)が適度についた、
ムチムチの腰&尻&太ももを、痴漢のように撫で撫で愛撫する21cm君。
若くてハンサムな娘の家庭教師に女体をまさぐられて、
女体をクネクネさせながら、「あはっ、うぅ・・・はっ!あぅ・・・」と、
熱くて生臭い吐息を漏らす美咲でございます。

次に、スカートの中に手を入れ、パンティーの上からマンコの部分にタッチしますと、
おとといと同じように、分厚いナプキンの感触が21cm君の手に伝わってきます。
彼が、『女』=マンコを欲しがってることに気づいて、
「うふふ(笑)・・・ここは、ダ〜メ。まだ生理が終わってないの・・・
知ってるでしょ?女のアノ日って、4〜5日続くの・・・」と、
からかうような言い訳をする美咲でございます。

前回も説明しましたように、実は、生理というのはウソで、
若い男のチンポを咥え吸い、新鮮なマラ精液を飲んだりしているうちに、
マンコの中から、濃くてクセぇ〜交尾用粘液が、どろどろと漏れ出てしまい、
パンティーを穿き替えなければならないほど濡らし汚してしまうため、
そのヌルヌル液を吸収するための、『おしめ』の目的で、
分厚いナプキンを付けているのでござます。

実は、21cm君も、薄々それに気づいているのでございます。
おととい、マンコ肉をいじった手に、さっぱり“赤いもの”がついておらず、
しかも、匂いを嗅ぐと、あの錆び鉄のような経血混じりの粘液ではなく、
明らかにナチュラル発情マンコ汁のクセぇ〜匂いでございました。
磯の香りと熟成チーズをミックスしたような、
女の交尾用分泌肉汁のいやらしい匂いでございます。

以前、ある女から、こう告白されたことがございます・・・。

・・・好きな男とデートしていると、どうしても、オマンコすることを考えて、
マンコから汁が滲み漏れ出てきて、パンティーがベッチョリ濡れ濡れになっちゃうの。
おもらししたみたいで、お股が気持ち悪いし、それに、マンコの臭い匂いが、
スカートの中からプ〜ンと匂って来ちゃって、彼に嗅がれそうで恥ずかしいの。
その後、シャワー浴びる前に、急に彼氏に求められちゃったりしたら、
ベチョ濡れの生臭いマンコちゃんを晒すことになるし・・・。

だから、マン汁を吸い取るために、ナプキンをつけたりするの。
『おりものシート』でもいいんだけど、濡れやすい人だと、
どろどろ出てくるマン汁を全部吸い取りきれなくて溢れちゃうし・・・。
あと、マン穴にタンポンをぶち込んで、膣壁から滲み出る発情分泌液を、
直接吸い取らせちゃう女もいるみたい。

それで、「今から、オマンコしそうな予感」を感じたら、
その直前に、ナプキンやタンポンを外して捨てるの。
これで一応、『濡れ腐りマンコ』を、彼に見られたり匂いを嗅がれる心配もないし・・・。
でも、セックスが始まると、また新しい新鮮NEWマン汁がとろとろ分泌されて来ちゃって、
結局、マンコがヌルベチョになっちゃうんだけど・・・。


美咲も、交尾用マンコ粘液を吸収する目的で、ナプキンをつけてるに違いない・・・
と確信する21cm君でございました・・・。





・・・さて、ここまでは、おとといと同じパターン。
作戦は、ここからでございます。

「男があきらめてくれた」と美咲が油断した瞬間に、速攻でパンティーの中に手を忍ばせ、
しこり勃った豆を指先に捕らえ、いきなりコリコリしごき始めます。
21cm君の強引な手マンチョ攻撃に、うろたえるながら感じる美咲。
女の弱点である卑猥な豆ボタンを、根元から先っちょまで、
まんべんなくコリコリとしごかれて、気持ち良すぎて、
思わず腰が砕けそうになりながらも、
なんとか嫌がるセリフをのたまう46歳の性欲女。

「あっ、ダメ!ダメだって!あっ、うっ・・・手が汚れるからダメ・・・ハァハァ」

ここで、21cm君が一晩考えて用意した、女泣かせの究極のセリフが飛び出します。

「美咲さんのだったら、全然汚くありません!
いつも、僕の汚いものを口でしてくれて、凄く申し訳なくて・・・。
だから、お礼がしたいんです!美咲さんにも、いい気持ちになって欲しいんです!
それに、僕、女の人の体が“全部”知りたいんです・・・。
お願いします!僕に、女の体を教えて下さい!」

彼が、『美咲』と名前で呼んだのは、初めてでございます。
これによって、『家庭教師と教え子の母親』という関係から、
チンポとマンコでコミュニケーションする『男と女の関係』を、
美咲に再確認する狙いがあります。

それから、「お礼がしたい・・・」この言葉も効くのでございます。
毎日のように、男がしょんべんをする汚い器官を、口に含んで舐めしゃぶってもらって、
しかも、クセぇ〜キンタマ汁を抜き出して飲んでもらっている・・・
性欲処理をしてもらってる・・・その「お礼」というわけでございます。

しかし、その実態は、全くの逆なのでございます。
お礼をしなければならないのは、美咲の方なのでございます。
毎日、活きのいい若マラの肉を食べさせてもらって、
さらに、新鮮な若い男の精をゴクゴク吸い出して飲ませてもらっている・・・
性欲を満たしてもらっているのは、実は、美咲の方なのでございます。

ここで、21cm君からの「お礼」を辞退するのであれば、
「私がチンポを咥えたくて咥えさせてもらっているの!
私が、男のカルピスを飲みたくてしかたないから、
搾り出して飲ませてもらってるの!」と、カミングアウトしなければなりません。
しかし、あくまでも、「娘に手を出さないように、先生の性欲を処理してあげる」
という建て前で始まった卑猥な尺八&精飲作業でございますので、
美咲が「チンポをしゃぶりたかったの!ザーメンを飲みたかったの!」と、
自分のえげつない性欲を告白&懺悔(ざんげ)するとは思えません。
もし告白したならば、それは「オマンコしてして!」の意味でございます。

さらに、「女の体を“全部”教えて下さい!」これも、効果的でございます。
今までも、「女の体を教える」とか理由をつけて、チンポをしごきしゃぶったり、
キスをしたり、乳をモミモミさせたり・・・様々なエロ行為を行ってまいりましたが、
ずばり『女の体』とは、マンコのことなのでございます。
唯一、男に無くて、女に有るもの、それがマンコでございます。
(その逆で、女に無くて、男が持ってるものが、ペニス・・・。)
そして、お互いが持ってない“モノ”を求めて、見たり触ったり舐めたり、
そこから分泌する“異性の汁”を飲んだり・・・
そして、それを結合させて、相手の“性”を味わうのが、セックスなのでございます。
愛だとか、恋だとかヌカしても、最終的にはチンポ・マンコ・ワールドなのでござます。

いつもとは違う、積極的な21cmの交尾求愛行動に、
「一体、私、どうしたらいいの・・・」とパニック状態に陥る美咲。
本当は、目の前にいる若い男に、自分の使い込んだ“ベテラン生殖器”いじらせ、舐めさせ、
そして、メスの肉穴に、そそりおっ勃つ21cmの肉茎をハメ咥えこんで、
ヌチョヌチョと汁マミレになって擦り合わせたいのでございます。

(でも・・・私は、人妻・・・。夫を裏切ることはできない・・・。)

今まで、散々チンポを咥え舐めしゃぶり、合計総量500mlのペットボトル1本以上の、
濃厚なチンポ・エキス汁を胃袋流し込んでいるくせに、
やはり、理性が邪魔して、最後の一線=チンポマンコ・ハメハメ合体には
踏み切れないのでございます・・・。

美咲のうろたえぶりを確認した21cm君、返事を待たずに、
しこり勃ったマンコ豆を、コリコリ・コリコリ高速でしごきあげます。
実は、女が「どうしましょう・・・」と、オマンコを許すかどうか迷っている時が、
チャンスなのでございます。
この時に、マン肉をヌチョヌチョいじったり、チンポをヌチョとハメ入れて
2〜3回ピストンしてやれば、ほどんどの女が、マンコの気持ちよさに負けて、
ついつい許してしまうものでございます。
女によっては、「男に無理やりオマンコされてる・・・」というシチュエーションに酔い痴れ、
「イヤ!やめてぇ〜」とかヌカしながら、異常なほど興奮して、
本気汁をダラダラ分泌しながら、尻を振りまくる場合もございます。
とにかく、「女が迷っている時」=オマンコ・チャンスなのでございます。

マンコから漏れ出ているヌルヌル糊(のり)を、豆の先っちょに塗りまぶし、
コロコロと転がすようにしごきますと、
「うぅぅ、ダメ・・・ハァハァ、いけないわ・・・あっ、そんなのイヤ・・・あぅっ」と、
抵抗するのもやっとの様子。
発する言葉の50%が、あえぎ声に変わってしまう、スケベ46歳・美咲。
性興奮した成熟メスの生臭い吐息が、21cm君の顔に吹きかかります。

よく観察しますと、太ももをスリスリ擦り合わせ、21cm君の手を股で挟み込み、
さらに、卑猥なオマンコ腰・・・尻&腰をウネリ回転させております。
イヤイヤ言いながらも、21cm君の巧みな豆いじりフィンガー・オマンコを、
しっかり味わっている、どうしようもないスケベ女でございます。

マンコ豆を、2分ほどヌチょコリ・ヌチょコリ集中的にしごき転がして、
美咲が、豆絶頂の6合目あたりまで昇りつめ頃に、
あえて豆から指を離し、マン毛が生い茂ったマン土手恥骨を撫で撫でいたします。
ちょっとしたインターバル、いわゆる焦らし作戦でございます。
手に伝わってくるジョリジョリしたマン毛の感触は、剛毛女のそれ・・・。
どうやら美咲、げに恥ずかしき、『女ギャランドゥー』のようでございます。




しかし、ここで焦らしすぎて、美咲が我に返り、
「やっぱり、こんなこと、いけないわ・・・」などとヌカしだすといけないので、
服の上から、乳をギュっと絞り、その先端=乳首をあたりを、
コリコリとつまみあげて、高まった性感を持続させておくのも忘れません。
46歳のババァ、しかも、服の上からですので、多少、強めにつねっても平気。
その証拠に美咲、「あハァ〜ん・・・」と、完全なオマンコ吐息を漏らしだしております。

乳首を責められると、それと『エロ神経』が繋がったマンコ豆が、
またもやビンビンにしこり勃ち、疼きはじめるのでございます。
そのタイミングを見計らい、再び、指を美咲のマンコボタンに・・・。
しかし、いきなり豆ボタンを操作しません。ここでも、ちょっぴり焦らすのでございます。
豆の根元を、マッサージしたり、豆の先っちょを通り越して、
女のしょんべんの出口を、指でくすぐったり・・・。

すると、硬くおっ勃ちまくった豆を、コリコリ転がされたくて、
さっきイキ損ねた豆に、トドメを刺してもらいたくてたまらなくなるのでございます。

「ハァハァ・・・ハァハァ・・・ハァハァ・・・ねぇ・・・ハァハァ」

豆をいじってもらいたくて、つい「ねぇ〜」とおねだりをしてしまう美咲。
無意識にうちに、思わず口走ってしまったのでしょうが、
それを聴き逃すような21cm君ではございません。
そろそろ、美咲を豆でイカせる時間でございます。

さっきよりも粘り気が増した交尾用マンコ粘液を、指に付け直して、
硬〜く勃起しまくったマンコ豆の先っちょに塗りまぶし、
コリコリ・コリコリと激しくしごきあげますと、一瞬、体をビクっと震わせ、
とうとう「ヒィ〜〜!そこっ!そこよ!うぉっ・・・」と、
卑猥な豆おねだりのセリフを吐いてしまう美咲でございます。

「して!そこ!もっとお願い!」
ヌチょコリ、ヌチょコリ、46歳の女の豆をハードにしごき転がします。

「ハァハァ、イキそ・・・もうイキそう・・・」
豆絶頂が近いことを、男に予告するスケベ女でございます。

汗ばんだ美咲の首筋に、エロ・ドラキュラのごとく吸いつき
乳首のあたりを強く摘みあげ、さらに激しく&高速で豆をしごく21cm君。
やがて、
「あっイク・・・うっ・・・うっ・・・あうっ!!!」という、
ババァ丸だしの低音唸り声を吠えながら、全身をビクビク痙攣させ、
強烈な豆オルガに達する美咲。
娘の家庭教師の指で、マンコ豆をしごかれて達してしまう、ふしだらな女でございます。
夫以外の男に、女のセックス・ボタンを操作されるがままに、
豆アクメを味わってしまう不貞妻でございます。

豆絶頂特有の女体硬直痙攣が終わると、後は、全身が弛緩して&腰の力が抜けて、
もう立っていることができす、軟体動物のごとく、グンニャリと、
その場に座んでしまいます。

たった10分ほど前まで、「ダメよ!」などと抵抗していたくせに、
ちょっと豆を刺激されただけで、気をやってしまう、だらしない女・・・。
26歳も年下の男に、豆ボタンを好き勝手に操作されまくった挙句、
明日、夫とオマンコするために蓄えておいたセックス・スタミナ、女体エネルギーを、
ホイホイ放出してしまう、46歳のバカ女でございます。


(つづく)




← 淫語小説2に戻る ↑ 淫声メインページへ 母娘、貝くらべ 10(準備中)




無修正投稿掲示板 CLUB-XXX
【CLUB-XXX】 老舗の会員制投稿掲示板です(無修正動画・画像)




四十路熟女 母子相姦